北海道キャンプ場

設備の充実度とコスパの良さで厳選した北海道の無料&格安キャンプ場おすすめ12選

お金を払って高規格キャンプ場を利用するのも楽しいですが、いかにコスパ良くキャンプができるかというのも我が家にとっては重要。

そんなわけで今回は、無料&格安で利用できる北海道のおすすめキャンプ場を紹介

実は道内には無料&格安キャンプ場はたくさんありますが、その中でも設備が充実しているところだけをピックアップしてみました。

※記事内の情報は執筆当時のものです。最新情報は各公式サイトをご確認ください

北海道格安キャンプ場おすすめ「旭川市21世紀の森キャンプ場」

旭川市21世紀の森キャンプ場

旭川市東旭川町瑞穂937

マップコード 914 157 725*50

営業期間 5月~11月(ログハウスは通年営業)

受付は2か所に分かれています

  • ログハウス 0166-76-2108
  • 総合案内所 0166-76-2454

旭川市21世紀の森公式サイトはこちら

旭川市21世紀の森キャンプ場ふれあい広場

旭川市21世紀の森キャンプ場は、宿泊料金だけでなく駐車場も無料で利用できる超おすすめキャンプ場。

無料で利用できますが、管理棟でしっかり受付を済ませてから利用しましょう。

※2020年度より大人300円の利用料金は必要になりました

旭川市21世紀の森キャンプ場MAP

ペーパンダムを囲むようにキャンプサイトが広がっていますが、ふれあい広場かファミリーゾーンがおすすめのサイト。

ふれあい広場だと駐車場のすぐ横にテントを設営でき、セミオートキャンプ場の様に利用することも可能です。

旭川市21世紀の森キャンプ場ファミリーゾーンの炊事棟

格安キャンプ場なのに、炊事棟や清潔な水洗トイレがしっかり完備。

旭川市21世紀の森キャンプ場ファミリーゾーン

さらに、なんとゴミステーションも無料で利用できてしまいます。

森の湯(旭川市21世紀の森)

森の湯(旭川市21世紀の森)

敷地内には天然温泉「森の湯」があり、なんとこちらも中学生以上1回100円で入浴可能。

道内にある格安キャンプ場の中でも、旭川市21世紀の森キャンプ場はトップクラスの充実度を誇るおすすめキャンプ場と言えるでしょう。

▼参考記事はこちら

旭川市21世紀の森キャンプ場ファミリーゾーン
旭川市21世紀の森キャンプ場徹底ガイド!おすすめのサイトや注意点を紹介

続きを見る

北海道無料キャンプ場おすすめ「カムイの杜公園キャンプ場」

カムイの杜公園キャンプ場

旭川市神居町富沢125 カムイの杜公園内

マップコード 79 278 312*86

問い合わせ電話番号 0166-63-4045(体験学習館)

チェックイン・アウト 自由(受付可能時間は9時から17時)

※7月8月は9時から19時まで

利用可能期間 5月~10月

カムイの杜公園キャンプ場公式サイトはこちら

カムイの杜公園キャンプ場

旭川市街地の近くにあるカムイの杜公園キャンプ場も、駐車場代も含め完全無料のキャンプ場。

カムイの杜公園わんぱく広場

カムイの杜公園わくわくエッグ

子供たちが楽しめる屋外・屋内遊具もすべて無料で利用可能。

カムイの杜公園キャンプ場のリヤカー

駐車場からキャンプサイトまで距離があるため、無料のリヤカーを使って計画的に荷物を運びましょう。

▼参考記事はこちら

【充実の屋内&屋外遊具】カムイの杜公園キャンプ場の魅力や注意点

続きを見る

北海道無料キャンプ場おすすめ「山部自然公園太陽の里」

山部自然公園太陽の里

富良野市字山部西19線32

問い合わせ電話番号 0167-42-3445(ふれあいの家)

営業期間 5月1日~10月末日

チェックイン/アウト 自由

山部自然公園太陽の里公式サイトはこちら

山部自然公園太陽の里キャンプ場(富良野市)

富良野市街地から車で約20分ほどの場所にある「山部自然公園太陽の里」は、芦別岳の麓に広がる雄大な自然を満喫できる無料のキャンプ場。

山部自然公園太陽の里キャンプ場(富良野市)

サイトは北側と南側の2つに分かれていますが、景色を楽しむなら南側サイトがおすすめ。

逆に、北側サイトは駐車場からの距離が近く、シャワー(有料)が設置されているふれあいの家にも隣接しています。

山部自然公園太陽の里の炊事棟

山部自然公園太陽の里のトイレ

炊事棟やトイレなどの施設はかなり年季が入っていますが、定期的に清掃されています。

山部自然公園太陽の里キャンプ場(富良野市)

芝生の状態も最高で、もしかしたら有料のキャンプ場よりも手入れが行き届いているかも!

山部自然公園太陽の里キャンプ場(富良野市)

分別することが条件ですが、キャンプ中に出たゴミを捨てることも可能なのも嬉しいポイント。

富良野市街地が近いので、観光の拠点として利用するのもおすすめですよ。

▼参考記事はこちら

山部自然公園太陽の里キャンプ場(富良野市)
山部自然公園太陽の里キャンプ場(富良野)に行ってみて分かったおすすめポイントや注意点

続きを見る

北海道無料キャンプ場おすすめ「はぼろサンセットビーチ」

はぼろサンセットビーチ

苫前郡羽幌町港町6丁目

開設期間 例年7月〜8月中旬

キャンプ場・駐車場共に無料

ペット入場不可

はぼろサンセットビーチ公式サイトはこちら

はぼろサンセットビーチ

札幌方面からは少し距離がありますが、わざわざ行く価値のある充実した海水浴キャンプ場「はぼろサンセットビーチ」

キャンプ場の宿泊だけでなく駐車場料金も無料というのが嬉しいポイント。

※今年の正確な営業日程の問い合わせ先はこちら

はぼろサンセットビーチ

ビーチハウスには水洗トイレや温水シャワー(4分/300円)、炊事場や売店なども完備。

羽幌町の市街地がすぐ近くなので、買い出しに困ることもないでしょう。

渋谷水産直売所・北のにしん屋さん

渋谷水産直売所・北のにしん屋さん

新鮮な海産物を買いたいときは渋谷水産直売所・北のにしん屋さんがおすすめ。

その日の朝とれた新鮮な魚介類を、びっくりするくらい安く購入することができますよ。

北海道無料キャンプ場おすすめ「みさき台公園キャンプ場」

みさき台公園キャンプ場

苫前郡初山別村豊岬

マップコード 692 513 374*56

問い合わせ電話番号 0164-67-2031

営業期間 4月下旬〜10月下旬

フリーテントサイトはチェックインアウトは自由で、料金も無料で利用可能

みさき台公園キャンプ場公式サイトはこちら

バンガローはこちら

オートキャンプ場はこちら

みさき台公園キャンプ場の灯台サイト

初山別村のみさき台公園キャンプ場も、フリーテントサイトは完全無料で利用可能。

サイトによっては駐車場のすぐ横にテントを立てることができ、セミオートキャンプ場の様に利用することも可能。

みさき台公園キャンプ場の灯台サイト

圧倒的に美しいロケーションが大きな魅力。

しょさんべつ温泉岬の湯

徒歩圏内に温泉があるというのも嬉しいポイント。

しょさんべつ天文台

しょさんべつ天文台も同じ敷地内にあるので、時間があれば入館しましょう(大人200円)

巨大望遠鏡で本格的な天体観測を体験することが可能です。

▼参考記事はこちら

【絶景&天体観測】みさき台公園キャンプ場(初山別村)のおすすめポイントや注意点

続きを見る

北海道無料キャンプ場おすすめ「ゴールデンビーチるもい」

ゴールデンビーチるもい

留萌市沖見町地先

マップコード 416 331 214*15

駐車場料金 普通車700円 大型車1000円

※宿泊の場合2日分必要

問い合わせ先(留萌観光協会)0164-43-6817

留萌ゴールデンビーチ画像

ゴールデンビーチるもいは、砂浜サイトに宿泊すれば無料で利用可能なキャンプ場。

※駐車場料金は普通車1泊1400円・大型車は2000円

留萌ゴールデンビーチのシャワー

特に7月8月は混雑しますが、かなり広いビーチなのでテントを立てるスペースが皆無ということはまずないはず。

温水シャワーや炊事棟もしっかり完備されています。

留萌ゴールデンビーチの夕陽

美しい夕陽が魅力的なゴールデンビーチるもい。

タイミングが良ければ、花火大会も楽しむことができますよ。

▼参考記事はこちら

【北海道海水浴キャンプ】ゴールデンビーチるもいのおすすめポイントや注意点

続きを見る

北海道格安キャンプ場おすすめ「クッチャロ湖畔キャンプ場」

クッチャロ湖畔キャンプ場

枝幸郡浜頓別町クッチャロ湖畔40番

マップコード 644 747 783*54

問い合わせ電話番号 01634-2-4005

※17時以降は01634-2-4141(はまとんべつ温泉ウイング)

営業期間  4月下旬~10月末日

チェックイン・アウト時間/フリー(管理棟の営業時間は9時から17時で、それ以降は温泉で受付)

料金 中学生以上200円 小学生100円

ペット同伴 野鳥飛来時期(春・秋)は禁止

クッチャロ湖畔キャンプ場公式サイトはこちら(管理しているはまとんべつ温泉ウイングのサイト)

クッチャロ湖キャンプ場

浜頓別町にあるクッチャロ湖畔キャンプの宿泊料金はなんと大人一人200円。

クッチャロ湖畔キャンプ場の炊事棟内コインランドリー

クッチャロ湖畔キャンプ場のトイレ

設備は1泊200円とは思えない充実度で、炊事棟やコインランドリー・ウォッシュレット式トイレなどが設置されています。

クッチャロ湖畔キャンプ場のゴミ箱

そして、可燃ごみと不燃ごみに分別すれば、なんとゴミも無料で捨てることが可能です。

はまとんべつ温泉ウイング

温泉もすぐ近くにありますし、無料で利用できる足湯も徒歩圏内に!

クッチャロ湖畔キャンプは、道内のキャンプ場の中でも特にコスパが良いと言えるでしょう。

▼参考記事はこちら

【圧倒的なコスパの良さ】クッチャロ湖畔キャンプ場の魅力やおすすめポイント

続きを見る

北海道格安キャンプ場おすすめ「森林公園びふかアイランド」

森林公園びふかアイランド

マップコード 651 489 610*73

問い合わせ電話番号 01656-2-3688(管理棟)

営業期間  5月上旬~10月下旬

チェックイン 8:30~(オートキャンプ場は13時から)

チェックアウト 15時まで(オートキャンプ場は12時まで)

料金 フリーサイトは大人300円/子供150円 オートサイトは2500円

ペット同伴 条件付きで可能

森林公園びふかアイランド公式サイトはこちら

森林公園びふかアイランドのフリーサイト

森林公園びふかアイランドのフリーテントサイトは、大人一人300円で宿泊可能。

森林公園びふかアイランドのトイレ

森林公園びふかアイランドのトイレ

炊事棟や清潔なウォッシュレット式トイレが設置されていますし、美深町指定のゴミ袋を購入すればゴミステーションも利用可能。

森林公園びふかアイランドの温泉

目の前にびふか温泉があるというのも嬉しいポイントです。

そして、森林公園びふかアイランドの大きな魅力の一つが、フリーテントサイト内に自由に車を乗り入れていいということ

なので車のすぐ横にテントを立てることができ、格安のオートキャンプ場として利用することが可能です。

▼参考記事はこちら

【フリーサイトに車の乗り入れOK】森林公園びふかアイランドの魅力やおすすめポイント

続きを見る

北海道格安キャンプ場おすすめ「皆楽公園キャンプ場」

皆楽公園キャンプ場

マップコード 575 322 483*42

利用可能期間 例年4月下旬~10月末

料金 一人200円(清掃費)

チェックイン・アウト時間 基本的に自由 

皆楽公園キャンプ場公式サイトはこちら

皆楽公園キャンプ場

札幌近郊で最もコスパがよくおすすめなのが、月形町にある皆楽公園キャンプ場。

宿泊料金は大人一人200円で駐車場はもちろん無料、チェックインやアウトの時間も基本的に自由という、至れり尽くせりのキャンプ場。

月形温泉ホテルゆりかご

月形温泉やコンビニも徒歩圏内にあります。

皆楽公園の炊事棟

皆楽公園のトイレ

清潔なトイレや炊事棟もありますし、ゴミステーションも利用可能です。

予約不要で利用できるので、いい場所にテントを立てたいときは、気合を入れて早めに到着できるよう計画しましょう。

▼参考記事はこちら

【札幌から約1時間】月形町皆楽公園キャンプ場の魅力やおすすめのテント設営場所

続きを見る

北海道格安キャンプ場おすすめ「ベルパークちっぷべつ公園キャンプ場」

ベルパークちっぷべつ公園

北海道雨竜郡秩父別町1264

マップコード 495 040 356*65

料金 テント・タープ各1張り500円

問い合わせ電話番号 0164-33-2555

秩父別キャンプ場の管理棟

秩父別町にあるベルパークちっぷべつ公園キャンプ場も、コスパがいいおすすめキャンプ場。

高速道路のインターチェンジのすぐ近くにあり、札幌方面から1時間少しで行けるというのも大きな魅力。

ベルパークちっぷべつ公園キャンプ場

テント・タープ各1張り500円という格安料金で、駐車場は無料で利用可能。

ベルパークちっぷべつ公園キャンプ場の炊事棟

ベルパークちっぷべつ公園キャンプ場のトイレ

清潔なウォッシュレット式トイレや炊事棟もしっかり完備しています。

秩父別町ちっくる内部画像

秩父別町キュービックコネクション

道内最大級の屋外遊具「キュービックコネクション」や屋内遊技場「ちっくる」が隣接していて、どちらも無料で利用可能。

徒歩圏内に温泉やセイコーマートもあり、コスパ・利便性ともに高いおすすめキャンプ場です。

▼参考記事はこちら

【ファミリーキャンパー必見】ベルパークちっぷべつ公園キャンプ場(秩父別町)に我が家が毎年通う理由とは

続きを見る

北海道格安キャンプ場おすすめ「鶴沼公園キャンプ場」

鶴沼公園キャンプ場

樺戸郡浦臼町キナウスナイ鶴沼第2

マップコード 360 100 474*11

問い合わせ電話番号 0125-67-3109(受付時間 8時半~17時)

利用可能期間 4月28日~10月20日(2019年度)

チェックイン 11:00~16:00

チェックアウト 10:00まで

ペット 禁止

鶴沼公園キャンプ場公式サイトはこちら

鶴沼公園キャンプ場フリーテントサイト

浦臼町にある鶴沼公園キャンプ場のフリーテントサイトは、テント1張600円で宿泊可能。

なので4人家族でテントとタープを立てた場合は、一人300円で宿泊することができるということに。

鶴沼公園キャンプ場フリーテントサイト

駐車場に近い位置にテントを立てれば、セミオートキャンプ場の様に利用することも可能。

温泉までは少し距離がありますが十分徒歩圏内。

鶴沼公園キャンプ場スワンボート

鶴沼では電動スワンボートに乗ることもできますよ。

▼参考記事はこちら

【電動スワンボートが楽しい】鶴沼公園キャンプ場(浦臼)の魅力や注意点を紹介

続きを見る

北海道格安キャンプ場おすすめ「ポロトの森キャンプ場」

ポロトの森キャンプ場

白老郡白老町白老ポロト自然休養林

マップコード 545 252 612*24

問い合わせ番号 0144-85-2005

営業期間 4月1日~11月30日

料金 大人400円/小中学生300円 バンガロー5000円

チェックイン 9:00~17:00

チェックアウト 15時まで

※バンガローはチェックインは15~17時で、チェックアウトは10時まで

ペット同伴 不可

ポロトの森公式サイトはこちら

ポロトの森キャンプ場のフリーサイト

白老町にあるポロトの森キャンプ場は、大人一人400円で宿泊可能。

営業期間が4月から11月とかなり長めで、さらにチェックアウト時間が15時までというのが嬉しいポイント。

ポロトの森キャンプ場のゴミ箱

分別すればゴミステーションも利用可能。

ポロトの森キャンプ場のシャワー

温泉は近くにありませんが、センターハウス内に温水シャワー(1回200円)があるので、特に不自由を感じることはないでしょう。

▼参考記事はこちら

【4月~11月末までキャンプ可能】白老ふるさと2000年の森 ポロトの森キャンプ場の魅力や注意点を紹介

続きを見る

無料&格安で利用できる北海道のおすすめキャンプ場11選まとめ

北海道内の無料&格安キャンプ場の中でも、特におすすめのところだけを厳選紹介しました。

どこも大好きなキャンプ場なのですが、特におすすめは「旭川市21世紀の森キャンプ場」「皆楽公園キャンプ場」「ベルパークちっぷべつ公園キャンプ場」

コスパの良さでは、道内キャンプ場の中でもトップクラスと言えるでしょう。

おすすめアウトドアグッツ

我が家がアウトドアグッツを買う時に最も重視するのはコスパの良さ!

実際に使ってみて自信を持っておすすめできるモノだけを、姉妹サイト「ジョニコミ」で紹介しています

アウトドアグッツは防災グッツにもなるので、揃えておいて損はないかなと思っています。

※2018年北海道胆振東部地震の時に1日以上停電が続いたときは、いろいろ揃えておいてよかったと本気で思いました!

▼最も役立ったのはこちらのポータブル電源

CHECK!キャンプ以外に災害時にも大活躍!最強ポータブル電源S270を使ってみて分かったメリット&デメリット

我が家はソーラーパネルとセットになったタイプを購入!ソーラーパネルがあった方が災害時は安心

▼停電時には長時間使えるLEDランタンも重要!コスパで選ぶならジェントス EX-V777D Explorerシリーズ一択です

ガスランタンと同じような雰囲気を味わえる「ゆらめきランタン」もかなりおすすめ!

ろうそくの炎のように揺らめきながら点灯しますが、LED電球なので子供でも扱えますし家の中でも使用可能

通常点灯モードもあるので災害時にも大活躍間違いなし

▼クーラーボックスは安くて高性能なIGLOO MAXCOLD シリーズがおすすめ(58リットル以上を買いましょう)

CHECK!【防災にもおすすめ】中級キャンパーの我が家がおすすめする性能とコスパで選んだキャンプグッツ3選!

オートキャンプ場に行くときは屋外でも使える延長コード(10m)もあると便利!黄色など目立つカラーがおすすめ

耐荷重はなんと100㎏!段差や砂利道でも使えるコールマンのアウトドアワゴンは多目的に使えてかなり便利

▼エアーマットがあると車中泊やテント泊でも爆睡可能!ちょっと重くなりますが厚さ10㎝の方が寝心地良いです

CHECK!コスパと寝心地で選ぶならFIELDOORのエアマットが一番おすすめ

▼今イチオシなのがコールマンのこちらのテント!初めてテントを買う人に特におすすめ

コールマン アウトドア 大型テント グランドシート タフスクリーン2ルームハウス+2ルームハウス用テントシートセット 2000031571+2000031860 Coleman

CHECK!【初心者キャンパーにもおすすめ】コールマン タフスクリーン2ルームテントをおすすめする理由

▼FIELDOORのワンタッチタープテントがあると、キャンプ中雨が降ってきても問題なし

CHECK!設置も撤収も超簡単!FIELDOORのワンタッチタープ(3m×3m)を使ってみて分かったメリット&注意点

我が家おすすめキャンプ場

支笏湖美笛キャンプ場

ほぼ手つかずの支笏湖湖畔で快適にキャンプ可能

【北海道人気ナンバー1】支笏湖美笛キャンプ場パーフェクトガイド!注意点や覚えておくと良いことを詳しく解説

続きを見る

オートリゾート苫小牧アルテン

圧倒的に充実している設備と、温泉隣接なのが嬉しいポイント

苫小牧漁港で海の幸を仕入れることができるのも嬉しい

オートリゾート苫小牧アルテン徹底ガイド!おすすめのサイトやコテージ・予約方法を紹介

続きを見る

オートリゾート滝野

札幌から気軽に行ける便利なキャンプ場

利用できるアクティビティも多くコスパ高め

どこよりも詳しいオートリゾート滝野ガイド!おすすめキャビンや注意点を徹底解説

続きを見る

浜益海浜公園キャンプ場

海沿いなのに芝生サイトなのでフカフカしていて気持ちいい

厚田漁港でウニやホタテを買って行くのがおすすめ

浜益川下海浜公園
札幌から1時間半で行けるキャンプ場!浜益川下海浜公園の魅力を徹底解説

続きを見る

ベルパークちっぷべつ公園キャンプ場

子供が楽しめる設備が多いので、ファミリーキャンパーにおすすめ

温泉隣接で朝風呂に入れるのも嬉しいポイント

【ファミリーキャンパー必見】ベルパークちっぷべつ公園キャンプ場(秩父別町)に我が家が毎年通う理由とは

続きを見る

月形町皆楽公園キャンプ場

温泉隣接・料金が格安(一人200円)・チェックアウト時間は何時でもOK・ゴミを捨てて帰れる…など言うことなし

【札幌から約1時間】月形町皆楽公園キャンプ場の魅力やおすすめのテント設営場所

続きを見る

宗谷ふれあい公園オートキャンプ場

とにかく一度行ってみて欲しい最北のオートキャンプ場。子供が喜ぶ無料遊具も豊富です

宗谷ふれあい公園オートキャンプ場完全ガイド!おすすポイントや注意点を紹介

続きを見る

旭川市21世紀の森キャンプ場

フリーテントサイトは格安で利用でき、場内にある天然温泉に1回100円で入浴可能

▼参考記事はこちら

旭川市21世紀の森キャンプ場ファミリーゾーン
旭川市21世紀の森キャンプ場徹底ガイド!おすすめのサイトや注意点を紹介

続きを見る

中級キャンパーが独断で選んだ道内キャンプ場おすすめ11選

中級キャンパーが独断で選んだ北海道のキャンプ場おすすめ13選

続きを見る

札幌近郊キャンプ場おすすめ10選(約1時間半圏内)

札幌近郊キャンプ場おすすめ10選!札幌から約1時間半以内で行ける場所だけを厳選

続きを見る

子供と一緒に楽しめる北海道キャンプ場おすすめ7選

【ファミリーキャンパー必見】子供と一緒に楽しめる北海道キャンプ場おすすめ8選

続きを見る

【お酒を飲んでも大丈夫】道内の温泉隣接キャンプ場10選

道内の温泉隣接キャンプ場10選!お酒を飲んでも歩いて行ける場所だけを厳選

続きを見る

北海道の海水浴キャンプができるおすすめキャンプ場8選

北海道の海水浴キャンプができるおすすめキャンプ場8選

続きを見る

北海道の無料&格安キャンプ場おすすめ11選

【後悔先に立たず】ドライブレコーダーを格安で取り付ける方法&失敗しない選び方

【後悔先に立たず】ドライブレコーダーを格安で取り付ける方法&失敗しない選び方

続きを見る

札幌(北海道)の人間ドック(健康診断)おすすめ選び方や料金相場

札幌で人間ドックを受診する女性
札幌(北海道)の人間ドック(健康診断)おすすめ選び方や料金相場

続きを見る

新千歳空港おすすめ完全ガイド!知っておくと役立つ21の事

新千歳空港おすすめ完全ガイド!知っておくと役立つ21の事

続きを見る

新千歳空港グルメ完全ガイド!食べないと後で後悔する本当に美味しいものだけを紹介

新千歳空港グルメおすすめ13選!地元ブロガーが選ぶ北海道で絶対に食べてほしいメニューはこれ

続きを見る

【札幌グルメ完全ガイド】絶対に間違いないお店だけを厳選紹介

札幌グルメパーフェクトガイド
【札幌グルメ完全ガイド】絶対に間違いないお店だけを地元ブロガーが厳選紹介

続きを見る

札幌おすすめ観光スポット20選を地元が大好きなボクが厳選

地元民がお客さんを本気でアテンドする際に外せない札幌おすすめ観光スポット20選

続きを見る

地元民が教える札幌夜景スポットおすすめ7選!深夜ドライブデートにも使える定番から穴場まで

赤れんが庁舎の夜景
地元民が教える札幌夜景スポットおすすめ7選!深夜ドライブデートにも使える定番から穴場まで

続きを見る

北海道観光用の乗り捨て可能な格安レンタカーを探す方法や注意点

北海道観光用の乗り捨て可能な格安レンタカーを探す方法や注意点

続きを見る

小樽グルメおすすめ完全ガイド!地元民が通う間違いないお店や穴場店を厳選紹介

小樽の海鮮丼
小樽グルメおすすめ完全ガイド!地元民が通う間違いないお店や穴場店を厳選紹介

続きを見る

\この記事はどうでしたか/

-北海道キャンプ場

© 2020 さつろぐ~ジョニーの札幌ブログ