旭川市21世紀の森キャンプ場ファミリーゾーン




道北

旭川市21世紀の森キャンプ場徹底ガイド!おすすめのサイトや注意点を紹介

大雪山のふもとにある旭川市21世紀の森キャンプ場は、豊かな自然や清らかな空気を満喫できるおすすめキャンプ場。

コスパ的にここ以上のキャンプ場は、道内にはなかなかないはず。

というわけで今回は、実際に行ってみて分かった旭川市21世紀の森キャンプ場の魅力やおすすめポイントを紹介します

※記事内の情報は執筆当時のものです。最新情報は公式サイトをご確認ください。

※以前は無料で宿泊可能でしたが、2020年より利用料金が必要になりました(大人1泊300円)

旭川市21世紀の森キャンプ場のおすすめポイント

  • フリーサイトは大人300円という格安料金
  • バンガローやログハウスも格安
  • 施設内温泉♨に1回100円で入浴可能
  • ゴミステーションも無料で利用可能
  • 広大なドックラン・サッカー場・パークゴルフ場などすべて無料
  • ログハウスは通年利用可能

旭川市21世紀の森キャンプ場の行き方マップコード

旭川市21世紀の森キャンプ場

旭川市東旭川町瑞穂937

マップコード 914 157 725*50

営業期間 5月~11月(ログハウスは通年営業)

受付は2か所に分かれています

  • ログハウス 0166-76-2108
  • 総合案内所 0166-76-2454

旭川市21世紀の森公式サイトはこちら

旭川市内中心部から約1時間、豊かな自然の中にある旭川市21世紀の森キャンプ場。

旭川市21世紀の森キャンプ場MAP

http://www.asahikawashi21seikinomori.net/img/20160420_punf.pdf

ペーパンダム

公式サイトにあるMAPを見ていただけると分かるように、旭川市21世紀の森キャンプ場はペーパンダムに沿って走る1周約14㎞の道路沿いに広がっています。

旭川市21世紀の森キャンプ場

旭川中心部から行くと、上の画像の分岐点にぶつかります。

直進するとファミリーゾーンやドッグラン・温泉方面で、左折するとログハウスやふれあい広場方面

どちらに進んでもグルッと回って戻ってこれるのですが、なにせ1周約14㎞もあるので事前に予習して行き先をしっかり決めておくのがおすすめ。

旭川市21世紀の森キャンプ場内には売店などはほぼないので、事前にしっかり買い出しもしておいた方が良いでしょう。

旭川市21世紀の森キャンプ場のサイトやバンガロー・ログハウス

旭川市21世紀の森キャンプ場MAP

初めて行く方はあまりの広さに圧倒され迷うことになると思いますが、旭川市21世紀の森キャンプ場にはフリーテントサイトが大きく分けて3か所あります。

  • ファミリーゾーン
  • ふれあい広場
  • 21の森自然体験ゾーン

それ以外にファミリーゾーン横にはバンガローとキャンピングカー専用サイトがありますし、ログハウスの横にはタルハウスもあります。

そして、旭川市21世紀の森キャンプ場の受付は2か所に分かれているので要注意

ファミリーゾーン・バンガローは総合案内所、ふれあい広場やタルハウスはログハウスで受付と覚えておくと良いでしょう。

ファミリーゾーン(旭川市21世紀の森キャンプ場)

旭川市21世紀の森キャンプ場ファミリーゾーン

ファミリーゾーンには約50張のキャンプ場の他に、バンガロー(6人用)8棟・キャンピングカー用サイト・バーべーキューハウスなどがあります。

利用可能期間は5月1日から11月末日まで。

以前は無料でしたが、2020年度より大人一人300円(高校生200円/中学生以下無料)の利用料金が必要になりました

入り口に総合案内所(0166-76-2454)があるので、受付をしてから利用しましょう(9時から16時半)

旭川市21世紀の森キャンプ場ファミリーゾーン

フリーテントサイトは芝生サイトで、ある程度のスペースを確保できるので団体での利用にもおすすめ。

旭川市21世紀の森キャンプ場ファミリーゾーンのトイレ

旭川市21世紀の森キャンプ場ファミリーゾーンのトイレ

トイレは和式ですが清潔に管理されています。

旭川市21世紀の森キャンプ場ファミリーゾーンの炊事棟

旭川市21世紀の森キャンプ場ファミリーゾーンの炊事棟

炊事棟もかなりの広さがあるため、順番待ちすることはほぼないはず。

旭川市21世紀の森キャンプ場ファミリーゾーンのバーべーキューハウス

旭川市21世紀の森キャンプ場ファミリーゾーンのバーべーキューハウス

バーべーキューコーナーは2棟あり、無料で利用可能(10時~22時の間・要予約)

旭川市21世紀の森キャンプ場ファミリーゾーンのバンガロー

バンガローは全8棟あり、料金は1泊4720円(16時~翌10時)

旭川市21世紀の森キャンプ場ファミリーゾーンのバンガロー

定員は大人6名で、水洗トイレ・キッチン・電気コンロ・冷蔵庫などが完備。

※暖房設備はなし

寝具5点セット(掛布団・敷布団・毛布・まくら・敷パット)は1泊/1000円、電気ストーブは1泊/500円でレンタル可能。

※バンガローの予約状況はこちらで確認可能

旭川市21世紀の森キャンプ場ファミリーゾーン

旭川市21世紀の森キャンプ場ファミリーゾーン

ダムに近い側にはキャンピングカー専用サイトがあります、普通車で車中泊する方もこちらに駐車します。

旭川市21世紀の森キャンプ場ファミリーゾーン

旭川市21世紀の森キャンプ場ファミリーゾーンの炊事棟

こちらサイドにも炊事棟があり、洗濯機も利用することが可能。

※無料で利用できますが時間制限あり

旭川市21世紀の森キャンプ場ファミリーゾーン

旭川市21世紀の森キャンプ場ファミリーゾーントイレ

こちらサイドの方が最近作られたため、トイレも洋式トイレになっています。

旭川市21世紀の森キャンプ場ファミリーゾーン

無料で宿泊できるのに、分別すればゴミステーションも利用できるというのは、かなり嬉しいポイントと言えるでしょう。

ふれあい広場(旭川市21世紀の森キャンプ場)

旭川市21世紀の森キャンプ場ふれあい広場

広々とした芝生サイトが広がるふれあい広場は、開放的な空間で自然を満喫できるだけでなく、セミオートキャンプ場の様に利用することも可能。

利用可能期間は5月1日から11月末日まで。

以前は無料でしたが、2020年度より大人一人300円(高校生200円/中学生以下無料)の利用料金が必要になりました

受付場所は、少し離れているログハウス(0166-76-2108)になります(9時から16時半)

旭川市21世紀の森キャンプ場ふれあい広場

とにかく広々としている芝生サイト。

旭川市21世紀の森キャンプ場ふれあい広場

旭川市21世紀の森キャンプ場ふれあい広場

駐車場と隣接した箇所にテントを立てられるスペースが多いですし、広いスペースを確保しやすいため何家族かでキャンプに行くときなどにもおすすめ。

旭川市21世紀の森キャンプ場ふれあい広場トイレ

旭川市21世紀の森キャンプ場ふれあい広場トイレ

旭川市21世紀の森キャンプ場ふれあい広場トイレ

この規模のサイトにしてはトイレの数が少し少ない気もしますが、清潔なウォッシュレット式トイレが完備。

旭川市21世紀の森キャンプ場ふれあい広場炊事棟

炊事棟も一か所しかないので、繁忙期には多少の順番待ちを覚悟しましょう。

旭川市21世紀の森キャンプ場ふれあい広場

旭川市21世紀の森キャンプ場ふれあい広場ドッグラン

無料で利用できるドッグランも設置されています。

トイレや炊事棟の数は少ないですが、オートキャンプ場の様に利用できるというのはかなり大きな魅力と言えるでしょう。

※ふれあい広場専用のゴミステーションはありませんが、ログハウスまで行けば捨てることが可能。

21(二イペ)の森自然体験ソーン(旭川市21世紀の森キャンプ場)

旭川市21世紀の森キャンプ場

21(二イペ)の森にもフリーテントサイトがあり宿泊することができますが、あまりおすすめはできません。

旭川市21世紀の森キャンプ場

フリーテントサイトはよく整備されていますが、ふれあい広場と比べるとかなり狭め。

旭川市21世紀の森キャンプ場

トイレも和式トイレです。

旭川市21世紀の森キャンプ場

旭川市21世紀の森キャンプ場

炊事棟などもありますが、ファミリーゾーンかふれあい広場に宿泊した方が、よりキャンプを楽しめるでしょう。

ログハウス・タルハウス(旭川市21世紀の森キャンプ場)

旭川市21世紀の森キャンプ場

旭川市21世紀の森キャンプ場ログハウス

ログハウスは通年で利用することができ、なんと一人1泊750円で利用可能(10名以上の利用から)

来年にはきっと値上げされると管理人さんが言っていましたが、たとえ倍の値段になってもリーズナブルな価格だと思います。

※以前は520円でしたが、値上げされて750円になりました

旭川市21世紀の森キャンプ場ログハウス

旭川市21世紀の森キャンプ場ログハウス

広々としたリビングルーム。

旭川市21世紀の森キャンプ場ログハウス

2階にもくつろげるスペースがあります。

旭川市21世紀の森キャンプ場ログハウス

旭川市21世紀の森キャンプ場ログハウス

さらに2階には10畳の部屋が4室あるので、男女で利用する時や数家族で利用する時に、寝室を分けることが可能。

※別料金で寝具のレンタルが可能

旭川市21世紀の森キャンプ場ログハウス

本格的な調理場が付いているので、大人数分の食事を作るのも問題なし。

旭川市21世紀の森キャンプ場ログハウス

バスタブはありませんがシャワーは利用可能(22時まで。翌朝は使用不可)

旭川市21世紀の森キャンプ場ログハウス

トイレはウォッシュレット式。

旭川市21世紀の森キャンプ場ログハウス

コインランドリーや広々とした洗面所もあります。

旭川市21世紀の森キャンプ場ログハウス

ログハウスの近くにはゴミステーションがあり、分別して捨てることが可能。

旭川市21世紀の森キャンプ場ログハウス

他のキャンプ場なら安くても3万円以上するような施設を、格安で通年利用可能なのはかなり嬉しいポイント。

退去時に清掃する必要がありますが、大人数で宿泊したいようなときには最適の施設と言えるでしょう。

※ログハウスの詳細はこちらのページを参照。予約状況はここで見ることができます

旭川市21世紀の森キャンプタルハウス

ログハウスと同じ敷地にはタルハウスという宿泊施設もあります。

1泊780円で宿泊可能(16時から翌10時)

旭川市21世紀の森キャンプタルハウス

旭川市21世紀の森キャンプタルハウス

旭川市21世紀の森キャンプタルハウス

タルハウス専用のトイレや炊事棟も設置されています。

※タルハウスの予約状況はこちらで確認可能

無料の天然温泉♨森の湯(旭川市21世紀の森)

森の湯(旭川市21世紀の森)

旭川市21世紀の森利用者が格安で利用できる天然温泉「森の湯」

以前は無料でしたが、2020年度より中学生以上一人1回100円の入浴料が必要になりました

森の湯(旭川市21世紀の森)

利用時間は13時から20時までで、利用可能期間は5月1日から11月30日まで。

森の湯(旭川市21世紀の森)

中はそれほど広くなく、入るとすぐ脱衣場があります。

森の湯(旭川市21世紀の森)

森の湯(旭川市21世紀の森)

森の湯(旭川市21世紀の森)

浴槽は2種類あり、泉質はカルシウム・ナトリウム-硫酸硫黄(低張生性アルカリ性高温泉)

せっけんやシャンプーの利用はできませんが、キャンプ場内敷地内に無料の天然温泉があるというのは、かなり珍しいと言えるでしょう。

ドッグラン(旭川市21世紀の森)

旭川市21世紀の森キャンプ場MAP

旭川市21世紀の森のドッグラン

ふれあい広場にもドッグランがありますが、本格的に遊ばせたいときはせせらぎ交流広場内のドックランがおすすめ。

利用可能時間は9時から17時までで、もちろん無料で利用可能。

ドックラン(旭川市21世紀の森)

全面天然芝で、ここまで広いスペースが確保されているドッグランは他では見たことがありません。

せせらぎ交流広場内には他にもサッカー場やパークゴルフ場があり、すべて無料で利用可能です。

※詳細はこちら

旭川市21世紀の森キャンプ場おすすめまとめ

予約不要でフリーテントサイトなら料金が格安、さらに天然温泉も設置されていたりゴミも無料で捨てられるおすすめキャンプ場「旭川市21世紀の森」

ファミリーゾーンとふれあい広場のどちらに宿泊するか迷われる方が多いと思いますが、我が家はオートキャンプ場の様に利用可能なふれあい広場を毎回利用します。

旭川市21世紀の森キャンプ場

旭川市東旭川町瑞穂937

マップコード 914 157 725*50

営業期間 5月~11月(ログハウスは通年営業)

受付は2か所に分かれています

  • ログハウス 0166-76-2108
  • 総合案内所 0166-76-2454

旭川市21世紀の森公式サイトはこちら

おすすめアウトドアグッツ

我が家がアウトドアグッツを買う時に最も重視するのはコスパの良さ!

実際に使ってみて自信を持っておすすめできるモノだけを、姉妹サイト「ジョニコミ」で紹介しています

アウトドアグッツは防災グッツにもなるので、揃えておいて損はないかなと思っています。

※2018年北海道胆振東部地震の時に1日以上停電が続いたときは、いろいろ揃えておいてよかったと本気で思いました!

▼最も役立ったのはこちらのポータブル電源

CHECK!キャンプ以外に災害時にも大活躍!最強ポータブル電源S270を使ってみて分かったメリット&デメリット

我が家はソーラーパネルとセットになったタイプを購入!ソーラーパネルがあった方が災害時は安心

▼停電時には長時間使えるLEDランタンも重要!コスパで選ぶならジェントス EX-V777D Explorerシリーズ一択です

ガスランタンと同じような雰囲気を味わえる「ゆらめきランタン」もかなりおすすめ!

ろうそくの炎のように揺らめきながら点灯しますが、LED電球なので子供でも扱えますし家の中でも使用可能

通常点灯モードもあるので災害時にも大活躍間違いなし

▼クーラーボックスは安くて高性能なIGLOO MAXCOLD シリーズがおすすめ(58リットル以上を買いましょう)

CHECK!【防災にもおすすめ】中級キャンパーの我が家がおすすめする性能とコスパで選んだキャンプグッツ3選!

オートキャンプ場に行くときは屋外でも使える延長コード(10m)もあると便利!黄色など目立つカラーがおすすめ

耐荷重はなんと100㎏!段差や砂利道でも使えるコールマンのアウトドアワゴンは多目的に使えてかなり便利

▼エアーマットがあると車中泊やテント泊でも爆睡可能!ちょっと重くなりますが厚さ10㎝の方が寝心地良いです

CHECK!コスパと寝心地で選ぶならFIELDOORのエアマットが一番おすすめ

▼今イチオシなのがコールマンのこちらのテント!初めてテントを買う人に特におすすめ

コールマン アウトドア 大型テント グランドシート タフスクリーン2ルームハウス+2ルームハウス用テントシートセット 2000031571+2000031860 Coleman

CHECK!【初心者キャンパーにもおすすめ】コールマン タフスクリーン2ルームテントをおすすめする理由

▼FIELDOORのワンタッチタープテントがあると、キャンプ中雨が降ってきても問題なし

CHECK!設置も撤収も超簡単!FIELDOORのワンタッチタープ(3m×3m)を使ってみて分かったメリット&注意点

 

我が家おすすめキャンプ場

支笏湖美笛キャンプ場

ほぼ手つかずの支笏湖湖畔で快適にキャンプ可能

【北海道人気ナンバー1】支笏湖美笛キャンプ場パーフェクトガイド!注意点や覚えておくと良いことを詳しく解説

続きを見る

オートリゾート苫小牧アルテン

圧倒的に充実している設備と、温泉隣接なのが嬉しいポイント

苫小牧漁港で海の幸を仕入れることができるのも嬉しい

オートリゾート苫小牧アルテン徹底ガイド!おすすめのサイトやコテージ・予約方法を紹介

続きを見る

オートリゾート滝野

札幌から気軽に行ける便利なキャンプ場

利用できるアクティビティも多くコスパ高め

どこよりも詳しいオートリゾート滝野ガイド!おすすめキャビンや注意点を徹底解説

続きを見る

浜益海浜公園キャンプ場

海沿いなのに芝生サイトなのでフカフカしていて気持ちいい

厚田漁港でウニやホタテを買って行くのがおすすめ

浜益川下海浜公園
札幌から1時間半で行けるキャンプ場!浜益川下海浜公園の魅力を徹底解説

続きを見る

ベルパークちっぷべつ公園キャンプ場

子供が楽しめる設備が多いので、ファミリーキャンパーにおすすめ

温泉隣接で朝風呂に入れるのも嬉しいポイント

【ファミリーキャンパー必見】ベルパークちっぷべつ公園キャンプ場(秩父別町)に我が家が毎年通う理由とは

続きを見る

月形町皆楽公園キャンプ場

温泉隣接・料金が格安(一人200円)・チェックアウト時間は何時でもOK・ゴミを捨てて帰れる…など言うことなし

【札幌から約1時間】月形町皆楽公園キャンプ場の魅力やおすすめのテント設営場所

続きを見る

宗谷ふれあい公園オートキャンプ場

とにかく一度行ってみて欲しい最北のオートキャンプ場。子供が喜ぶ無料遊具も豊富です

宗谷ふれあい公園オートキャンプ場完全ガイド!おすすポイントや注意点を紹介

続きを見る

旭川市21世紀の森キャンプ場

フリーテントサイトは格安で利用でき、場内にある天然温泉に1回100円で入浴可能

▼参考記事はこちら

旭川市21世紀の森キャンプ場ファミリーゾーン
旭川市21世紀の森キャンプ場徹底ガイド!おすすめのサイトや注意点を紹介

続きを見る

中級キャンパーが独断で選んだ道内キャンプ場おすすめ11選

中級キャンパーが独断で選んだ北海道のキャンプ場おすすめ13選

続きを見る

札幌近郊キャンプ場おすすめ10選(約1時間半圏内)

札幌近郊キャンプ場おすすめ10選!札幌から約1時間半以内で行ける場所だけを厳選

続きを見る

子供と一緒に楽しめる北海道キャンプ場おすすめ7選

【ファミリーキャンパー必見】子供と一緒に楽しめる北海道キャンプ場おすすめ8選

続きを見る

【お酒を飲んでも大丈夫】道内の温泉隣接キャンプ場10選

道内の温泉隣接キャンプ場10選!お酒を飲んでも歩いて行ける場所だけを厳選

続きを見る

北海道の海水浴キャンプができるおすすめキャンプ場8選

北海道の海水浴キャンプができるおすすめキャンプ場8選

続きを見る

北海道の無料&格安キャンプ場おすすめ11選

【後悔先に立たず】ドライブレコーダーを格安で取り付ける方法&失敗しない選び方

【後悔先に立たず】ドライブレコーダーを格安で取り付ける方法&失敗しない選び方

続きを見る

札幌(北海道)の人間ドック(健康診断)おすすめ選び方や料金相場

札幌で人間ドックを受診する女性
札幌(北海道)の人間ドック(健康診断)おすすめ選び方や料金相場

続きを見る

新千歳空港おすすめ完全ガイド!知っておくと役立つ21の事

新千歳空港おすすめ完全ガイド!知っておくと役立つ21の事

続きを見る

新千歳空港グルメ完全ガイド!食べないと後で後悔する本当に美味しいものだけを紹介

新千歳空港グルメおすすめ13選!地元ブロガーが選ぶ北海道で絶対に食べてほしいメニューはこれ

続きを見る

【札幌グルメ完全ガイド】絶対に間違いないお店だけを厳選紹介

札幌グルメパーフェクトガイド
【札幌グルメ完全ガイド】絶対に間違いないお店だけを地元ブロガーが厳選紹介

続きを見る

札幌おすすめ観光スポット20選を地元が大好きなボクが厳選

地元民がお客さんを本気でアテンドする際に外せない札幌おすすめ観光スポット20選

続きを見る

地元民が教える札幌夜景スポットおすすめ7選!深夜ドライブデートにも使える定番から穴場まで

赤れんが庁舎の夜景
地元民が教える札幌夜景スポットおすすめ7選!深夜ドライブデートにも使える定番から穴場まで

続きを見る

北海道観光用の乗り捨て可能な格安レンタカーを探す方法や注意点

北海道観光用の乗り捨て可能な格安レンタカーを探す方法や注意点

続きを見る

小樽グルメおすすめ完全ガイド!地元民が通う間違いないお店や穴場店を厳選紹介

小樽の海鮮丼
小樽グルメおすすめ完全ガイド!地元民が通う間違いないお店や穴場店を厳選紹介

続きを見る

\この記事はどうでしたか/

-道北

© 2020 さつろぐ~ジョニーの札幌ブログ