北海道のおすすめ 北海道アウトドア情報

【キャンプ大作戦2018年版】北海道で海水浴キャンプするなら留萌ゴールデンビーチでしょう。料金や温泉情報、海の日やお盆の混み具合をまとめました

投稿日:2017-03-09 更新日:

北海道の夏は本当にあっという間。

快適に海に入れる期間は、7月中旬~9月の始めくらいまでなので賞味2か月弱ということになります。

しかし、だからこそ北海道民は海が大好き。

今回は短い夏を満喫するために道内各地から多くの人が集まる、夕陽が綺麗なことで有名な留萌ゴールデンビーチを紹介します。

留萌ゴールデンビーチの基本情報

高速を使えば旭川から約80分、札幌からは約130分

道央道を使うと、札幌からも旭川からもそんなに時間はかかりません。

深川で、深川留萌自動車道の分岐の方に曲がりましょう。

深川留萌自動車道は無料なので助かります。

営業期間 7月~8月
(詳しい日程はTEL 0164−43−6817(留萌観光協会)にお問い合わせください)

料金

砂浜テントは無料
有料緑地サイト テント1張500円/タープ1張500円
・貸出テントA(6~8人用)1泊5,000円【5張限り】
・貸出バンガロー(4~6人用)1泊8,000円【1棟限り】
・貸出テントB(6~8人用)1泊8,000円【3張限り】

私たちはいつも砂浜にテントを立てるので使用料は無料。

火を使うことが多いと思うので、砂浜に建てたほうがなにかと便利ですよ。

北ビーチと南ビーチ

看板を見ると分かるように、留萌ゴールデンビーチは北ビーチと南ビーチに分かれています

どちらも泊ったことがありますが、設備は同じなのでどちらに泊まってもいいでしょう。

どちらかというと、北ビーチの方が空いていることが多いです。

駐車場

普通車 1日 600円 (宿泊だと1200円になります)

大型車 1日1000円 (宿泊だと2000円になります)

出入りは自由。

さらに、お得な割引クーポンも付いてきます。

ビーチ内の売店で氷を安く買えるクーポンと温泉のクーポンが嬉しいです。

駐車場は840台分あるのですが、海の日とかお盆時期だと満車になる時間があります。

ただ出入りが結構あるので、少し待てば停められるでしょう。

温水シャワー

ゴールデンビーチには残念ながら温泉が併設されていませんが、温水シャワーがあります。

使用可能な時間は9時~17時まで

1回5分300円です

写真は夕方撮ったものなのでかなり混雑していますが、夕方以外はそこまで混んでいません。

なので、少し時間をずらして使用するとよいでしょう。

私は朝一で使ったり、16時以降が混みだすのでその前に使うようにしています。

ちなみに子供と一緒に使うときは5分だと足りないかもしれないので、小銭を多めに持っていくとよいでしょう

5分と言っても途中でシャワーを止めることもできるので、うまく使えば普通の人なら十分全身洗うことができます。

トイレ・炊事場

シャワーの横には男女別の水洗トイレがあります。

清掃も定期的に入るので、比較的綺麗な方でしょう。

シャワー・トイレの右側にあるのが炊事場。

ここで足くらいなら洗うことも可能です。

売店

トイレやシャワーの左側の方にあります。

ソフトクリームが美味しかったです。

また、この売店の横で氷も買うことができます。

ゴミ

駐車場の一角にゴミステーションがあるので、持ち帰る必要はありません。

きちんと分別しましょう。

また、使用済みの炭を捨てるスペースもあるので安心してください。

海の日やお盆はどれくらい混むの

大人気の海水浴場&キャンプ場なので、どれくらい混むかは気になるところです。

留萌ゴールデンビーチが一番混むのは、おそらく海の日の3連休

そして、次に混むのがお盆時期だと思います。

私たちは、海の日やお盆などに何度も行っていますが一番混んだ時でこんな感じ

結構密集していますね。

もし3~4家族くらいでキャンプする予定の方は、かなり広いスペースが必要だと思います。

ある程度トイレや水場に近い好立地の場所にテントを設置したければ、連休初日の昼前には着くのがおすすめ

ただゴールデンビーチはかなり広いので、端の方に行けば空いている場所もかなりあります。

テントを設置するスペースが全くないということは、おそらくないので安心してください。

また、日帰りの人もかなりいます。

それで、日が落ちるころになると結構スペースが空いてきます。

いい場所が空いたら、そこに移動するという選択肢もあるでしょう。

ここ数年お盆時期には、ちょっと怖い系の人たちが水場やトイレに近い一番いい場所を占領している状況が見られます。

そういう人たちは禁止されている発電機を使うなど夜もうるさいので、少し離れて設置する方が無難でしょう。

留萌ゴールデンビーチ近くの温泉

駐車料金を払うと、近隣にある神居岩温泉の10%割引クーポンがもらえます。

【神居岩温泉】アクセス・営業時間・料金情報 - じゃらんnet
神居岩温泉の観光情報 交通アクセス:(1)留萌駅からバスで15分。神居岩温泉周辺情報も充実しています。北海道の観光情報ならじゃらんnet 留萌駅の東方約3km、国道2...

営業時間は10:00~23:00(月曜・金曜は22:00まで)

留萌市内唯一の温泉施設。

留萌の街の規模からいうと、スーパー銭湯が一つくらいあってもいいと思うのですが、残念ながらここ以外には小さい銭湯もありません。

私はいつも留守番なのですが、妻を含め一緒にキャンプに行く女性陣は毎回ここの温泉に行きます。

結構いいお湯らしいので、疲れを癒したい人は是非行ってみてください。

夜も遅くまでやっているのが嬉しいですね。

お昼ご飯におすすめのラーメン屋さん

ゴールデンビーチにキャンプに行ったときに、我が家がよく昼ごはんで利用するのが、留萌駅の目の前にある海栄というラーメン屋さん

本当に駅の目の前なので、車も駅の駐車場に停めることができます。

なんとこのお店、2012年のミシュランガイド北海道版のビブグルマンを獲得したお店です。

ランチ時間は行列ができるお店ですが、並ぶ価値があるお店です。

店内はいつも混雑しています。

待っている間に、壁のメニューを確認しておきましょう。

海栄のチャーシューは分厚くしかもおいしいので、チャーシュー麺やチャーシュー炊き込みご飯がおすすめですが、限定メニューなので売り切れていることが多いです。

写真は、醤油ラーメン煮卵トッピングです。

30分くらい待ちましたが、待ってよかったと思えるラーメンです。

留萌市内に買い出しに行く途中に立ち寄るのにおすすめのラーメン屋さんです。

ゴールデンビーチの近くのお店

お店に関しては、そこまで困ることはないでしょう。

歩いても行ける距離のところにコンビニがありますし、ドラックストアも近くにあります。

まとめ買いしたいときなどは、マックスバリューとDCMホーマックが一つの敷地にあるのでそこまで行くとよいでしょう。

10~15分もあれば着くでしょう。

北海道の海水浴は料理します

これは北海道独自の習慣のようですが、海に行ったらほぼ間違いなく焼肉をします。

本州ではそういう習慣がないので意外だとよく言われます。

本州の人は、食べ物は海の家で買うそうです。

特に海水浴キャンプとなると、北海道民は焼肉以外にもいろいろ料理をします。

お米を鍋で炊くのはもちろん、かなり本格的な料理をしちゃいます。

私たちのキャンプだと、毎回こんな感じです。

留萌に行くときには、札幌を出たところにある厚田の漁港で新鮮な魚介を買ってきて、生で食べたり、火を通して食べる事が多いです。

そして、これを食べながら料理を開始します。

たこ焼きと焼き鳥

焼き鳥はコストコで鶏肉2キロ買ってきて、自分で串に刺します。

スモーカーで燻製も作ります。

100円で4個入っているようなチーズでも、燻したら高級つまみに変身します。

炭焼きビビンバ。海で食べると何でもおいしいです。

もちろん、朝にはカレーも作ります。

前の日に残った魚介やお肉を全部入れて作るので、複雑な味になって朝からご飯が進みます。

こんな感じで、北海道の海水浴キャンプはめちゃくちゃ料理します(笑)

北海道に遊びに来られた方で、海でキャンプされる方は是非料理も頑張ってみてください。

夕日がきれい

多くの人が留萌ゴールデンビーチに集まる理由の一つは、夕日がきれいということ

天気が良ければ、心が洗われるような素敵な夕陽を見ることができます。

実はもっときれいに見えるキャンプ場も近くにあるのですが、便利さなどトータル的に考えるとゴールデンビーチをおすすめします

留萌ゴールデンビーチの花火大会

土曜日に宿泊する方は、かなりの確率で打ち上げ花火を見ることができます。

留萌海岸花火が6月下旬~8月中旬の間の土曜日に、毎週ではありませんが全6回行われるからです。

花火大会は20時からスタート

ちなみに、結構本格的な花火です

お盆時期の宿泊であればほぼ間違いなく行われるでしょう。

詳しい日程は、0164−43−6817(留萌観光協会)にお問い合わせください。

まとめ

留萌ゴールデンビーチは、全長1000mの突堤と潜堤(水中リーフ)に囲まれている人口の海水浴場なので子供でも安心して泳ぐことができます。

(もちろん、場所によっては深くなっているところもあるので、注意が必要ですがほとんどが水深130センチくらい)

海も比較的きれいなので、北海道の短い夏を楽しむにはお勧めの海水浴場です。

我が家が留萌ゴールデンビーチに行く前に絶対に立ち寄る漁港がこちら

【2018年版】朝市価格でウニやホタテが買える厚田漁港、おすすめメニューやお得に買い物する方法をまとめました

今回は我が家がキャンプに行くときに、必ず立ち寄って新鮮な海鮮物を仕入れる大好きな漁港を紹介します。 その漁港とは、シーズンになると札幌周辺に住んでいる人たちがこぞって押し寄せる厚田漁港朝市 なぜ多くの ...

ちなみに、我が家が海水浴キャンプに行くときに、留萌ゴールデンビーチと迷うのがこちらの2つのキャンプ場

海水浴キャンプができる豊浦海浜公園キャンプ場に我が家がよく行く理由を4つ紹介しようと思う。ついでに残念なところも教えちゃいます

北海道の海キャンプと言えば、大きく分けると日本海側と太平洋側に分かれます。 今回は、我が家が太平洋側にキャンプに行くときに毎回お世話になっている、豊浦町にある豊浦海浜公園を紹介します。 たくさんあるキ ...

札幌から1時間半で行ける浜益川下海浜公園の魅力を徹底解説。コンビニや温泉も近くにあり、キャンプ初心者や子供連れにもおすすめです

札幌から1時間半程のところにあり、気軽に行けるということで道央圏のキャンパーに人気なのが浜益川下海浜公園(ピリカビーチ) 日帰りキャンプから本格的なキャンプまで、いろいろな楽しみ方ができる浜益海浜公園 ...

昨年購入したワンタッチタープが想像以上に使い勝手が良かった件

もっと詳しく

実際に使ってみてよかったキャンプグッツがこちら

もっと詳しく

ひとつ注意点ですが、留萌ゴールデンビーチの周りはよく警察がネズミ捕りを行っています。

走りやすい道なので、スピードが出がちになるので充分に注意しましょう。

近いからと言って買い物などに飲酒運転で行って捕まったら、楽しいキャンプも台無しになるので絶対にやめましょう。

我が家がすでに4年使っているタッチオーブンビギナーセットがこちら。1万円以下ですがきちんと手入れすれば十分使えるおすすめの一品

The following two tabs change content below.
ジョニー

ジョニー

北海道とタイが大好きで、行ったり来たりしているアラフォー男子で、妻と二人暮らし。
フリーランスの整体師で、いずれタイマッサージも極めてみたいと思っている。
夫婦とも、美味しいものとお酒が大好きで、スマホのアルバムも気づけば食べ物の写真ばかり。コスパが良いものにも目がない。

-北海道のおすすめ, 北海道アウトドア情報

Copyright© ジョニーさんは北海道タイ間をパイパイマーマー , 2018 All Rights Reserved.