道北

【フリーサイトに車の乗り入れOK】森林公園びふかアイランドの魅力やおすすめポイント

道北エリアの美深町にある森林公園びふかアイランドは、ファミリーキャンパーにおすすめの人気キャンプ場。

家族みんなで楽しめるアクティビティが豊富なだけでなく、フリーサイトでもオートキャンプ場の様に使えるのが人気の秘密。

今回は、実際に行ってみて分かった森林公園びふかアイランドの魅力やおすすめポイントを紹介します。

※記事内の情報は執筆当時のものです。最新情報は公式サイトをご確認ください。

森林公園びふかアイランドのおすすめポイント

  • キャンプサイトに車の乗り入れOK
  • 格安で利用できるアクティビティが豊富
  • 温泉隣接

森林公園びふかアイランドの行き方マップコード

森林公園びふかアイランド

マップコード 651 489 610*73

問い合わせ電話番号 01656-2-3688(管理棟)

営業期間  5月上旬~10月下旬

チェックイン 8:30~(オートキャンプ場は13時から)

チェックアウト 15時まで(オートキャンプ場は12時まで)

料金 フリーサイトは大人300円/子供150円 オートサイトは2500円

ペット同伴 条件付きで可能

森林公園びふかアイランド公式サイトはこちら

森林公園びふかアイランドカーサイト

札幌から高速利用で約3時間の距離にある、美深町にある「森林公園びふかアイランド」

森林公園びふかアイランド周辺MAP

キャンプ場があるのは道の駅びふかの裏側になります。

札幌方面から高速を利用する場合は終点の士別剣淵ICまで乗り、そこから約1時間で到着します。(2019年5月現在)

剣淵町の道の駅では美味しいパンが買えるので、時間に余裕があれば立ち寄るのがおすすめ。

▼参考記事はこちら

【絶品焼きたてパン】道の駅 絵本の里けんぶちのおすすめや魅力を紹介

続きを見る

周りには食材を買い出しできるようなお店がほぼないので、キャンプ場に着く前に買い物を済ませておきましょう。

※森林公園びふかアイランドはサイト内に車の乗り入れOKなので、特に繁忙期は一度車を駐車した後は動かさない方が無難です

森林公園びふかアイランド(美深キャンプ場)のサイト・コテージを紹介

森林公園びふかアイランドMAP

森林公園びふかアイランドは、大きく分けるとフリーテントサイト・オートキャンプ場・コテージに分かれます。

それそれの特徴を紹介していきます。

フリーサイト(美深キャンプ場)

森林公園びふかアイランドのフリーサイト

森林公園びふかアイランドフリーテントサイトの料金は、大人300円・子供150円

チェックインは8時半から17時まで可能で、チェックアウトは15時まで

森林公園びふかアイランドのフリーサイト

森林公園びふかアイランドのフリーサイトは、一見どこにでもありそうなキャンプサイト。

ですがここのすごいところは、車をサイト内に乗り入れていいということ!

※一部乗り入れ禁止のエリアもあります

格安オートキャンプ場として使えるので、繁忙期はかなりごちゃごちゃした感じになり、あっという間にサイトが埋まります。

なので7月~8月の週末に利用したい場合は、早めに来て場所を確保する必要があるでしょう。

森林公園びふかアイランドフリーサイトの炊事棟

森林公園びふかアイランドフリーサイトの炊事棟

フリーテントサイトに炊事棟は2か所設置されています。

※洗顔や歯磨きは、炊事棟ではなく多目的トイレでするようにという注意書きがあります

森林公園びふかアイランドの多目的トイレ

こちらが多目的トイレで、キャンプ場のトイレとしてはかなり充実。

森林公園びふかアイランドのトイレ

トイレはウォッシュレット完備。

森林公園びふかアイランドのトイレ

多目的トイレももちろん設置されています。

かなり快適に利用できるフリーサイトなので、繁忙期で空きがないような状態でなければあえてオートキャンプ場を借りなくてもいいかなと、個人的には思います。

オートキャンプ場(美深キャンプ場)

森林公園びふかアイランドオートキャンプ場

三日月湖を望む開放的なロケーションにある、森林公園びふかアイランドのオートキャンプサイト。

料金は1泊2500円なので、オートキャンプ場としてはかなりリーズナブル。

チェックインは13時から17時で、翌12時までにチェックアウトです。

森林公園びふかアイランドオートキャンプサイト

森林公園びふかアイランドオートキャンプサイト

各区画には電源が2口完備。

森林公園びふかアイランドオートキャンプサイト

森林公園びふかアイランドオートキャンプサイト

炊事棟は共同ですが、かなり広め。

森林公園びふかアイランドオートキャンプサイト

トイレはオートキャンプサイト内に1か所設置されています。

森林公園びふかアイランドオートキャンプサイト

温泉からは少し離れますが十分徒歩圏内。

予約しておけば場所取りのために早く来なくていいというのは、遠方から来るキャンパーにとってかなり大きなメリットと言えるでしょう。

コテージ(美深キャンプ場)

森林公園びふかアイランドのコテージ

森林公園びふかアイランドにはコテージが4棟設置されています。

このコテージは、キャンプ場管理棟ではなく、びふか温泉が管理しています。

こちらの公式サイトで、コテージの内部写真や詳細を確認可能です。

森林公園びふかアイランドの売店・コインランドリー・レンタル品

森林公園びふかアイランドの売店

森林公園びふかアイランドの売店商品リスト

管理棟の中には売店がありますが、品数はそれほど多くないので、必要なものは持参しましょう。

森林公園びふかアイランドの電子レンジ

ちなみに管理棟には電子レンジがあり、自由に使うことが可能。

森林公園びふかアイランドのコインランドリー

コインランドリーは24時間利用可能で、洗濯機が200円/乾燥機100円。

品目は少ないですが、以下のキャンプグッツはレンタル品も用意されています。

  • テント(4~5人用)1泊1050円
  • 毛布 1枚310円
  • マットレス 1枚100円

森林公園びふかアイランド隣接のびふか温泉

森林公園びふかアイランドの温泉

森林公園びふかアイランドにはシャワールームがありませんが、目の前に温泉があるので不便に感じることはないはず。

温泉の営業時間は11時から21時までで、大人400円/子供200円

森林公園びふかアイランドのちょうざめラーメン

びふか温泉には食堂が併設されていて、1日限定10食のチョウザメラーメンが大人気です。

食堂の営業時間は10時からで、ラストオーダーは19時半です。

森林公園びふかアイランドのペット同伴条件&ゴミ分別

森林公園びふかアイランドはペット同伴可能なキャンプ場ですが、いくつかの条件があります。

  • 放し飼いにしない
  • テントサイトや芝生上の散歩は禁止
  • 散歩時はリードを必ずつける
  • ペットの糞を必ず処理する
  • 施設内でペットを洗うのは禁止

森林公園びふかアイランドのゴミ袋

森林公園びふかアイランドは基本的にゴミを持ち帰らなければいけませんが、管理棟で美深町指定のゴミ袋を購入することにより、キャンプ場で捨てることが可能。

ルール通りしっかり分別して捨てましょう。

森林公園びふかアイランドのアクティビティ

森林公園びふかアイランドのバレーコート

森林公園びふかアイランドには、以下のアクティビティが設置されています。

  • カヌー体験
  • パークゴルフ場
  • ターフゲレンデ
  • テニスコート
  • ビーチバレー
  • ミニバレー
  • ミニサッカー場
  • バスケットコート(半面)

利用料金はかなりリーズナブルで、道具ももちろんレンタル可能。

森林公園びふかアイランドのターフゲレンデ

人工芝でできたターフゲレンデは、夏でもそり滑りが楽しめるおすすめアクティビティ!

ボブスレーの貸し出し(1時間210円)もしているので、気軽に利用できるのが嬉しいポイントです。

チョウザメ館(美深キャンプ場)は無料で入館可能

チョウザメ館(美深町)

キャンプ場内にあるチョウザメ館は、なんと無料で入館可能。

チョウザメ館(美深町)

チョウザメ館(美深町)

無料とは思えない展示内容で

チョウザメ館(美深町)

もちろんチョウザメもたくさんいます。

チョウザメ館(美深町)

チョウザメの年齢ごとに水槽が分けられているので、成長の過程が一目瞭然。

チョウザメ館は、森林公園びふかアイランドに滞在中に絶対に立ち寄るべきスポット、間違いなく言えるでしょう。

道の駅びふかで美深町グルメを満喫しよう

道の駅びふか

森林公園びふかアイランドのほとんどが立ち寄るであろう道の駅びふか。

美深町の特産はカボチャや酪農製品ですが、道の駅びふかで地元の名産品をゲットすることが可能。

道の駅びふかのお土産ランキング1位ブリオッシュ

入り口にある花月堂のパンコーナーで販売されているブリオッシュが、道の駅びふか人気お土産ランキング第1位。

美深町のカボチャパイ

美深町のかぽちゃタルト

美深町の特産品カボチャを使ったスイーツも大人気。

美深町のビウカ・ボッチャ

2種類のカボチャを使ったステッィクタルト「ビウカ・ボッチャ」は、上品なカボチャの甘さが際立っているので、甘いものが苦手な人にもおすすめ。

道の駅びふかのコロッケ

道の駅びふかのソフトクリーム

その場で食べられる美深町グルメも大人気。

道の駅びふかのレストラン

道の駅びふかの2階にはレストランあうるがあります。

道の駅びふかのレストランのジャンボあんかけ焼きそば

ジャンボあんかけ焼きそば(1050円)をいただきましたが、2人がかりでなんとか食べきることができました。

びふかアイランド(美深町キャンプ場)おすすめまとめ

充実したアクティビティと目の前にある温泉、さらにフリーサイトに車の乗り入れが可能ということもあり、ロングステイするキャンパーも多いびふかアイランド。

フリーサイトに30連泊すると料金が半額になる特別割引サービスも!

繁忙期は混みあうので、早めに到着することをおすすめします。

森林公園びふかアイランド

マップコード 651 489 610*73

問い合わせ電話番号 01656-2-3688(管理棟)

営業期間  5月上旬~10月下旬

チェックイン 8:30~(オートキャンプ場は13時から)

チェックアウト 15時まで(オートキャンプ場は12時まで)

料金 フリーサイトは大人300円/子供150円 オートサイトは2500円

ペット同伴 条件付きで可能

森林公園びふかアイランド公式サイトはこちら

おすすめアウトドアグッツ

我が家がアウトドアグッツを買う時に最も重視するのはコスパの良さ!

実際に使ってみて自信を持っておすすめできるモノだけを、姉妹サイト「ジョニコミ」で紹介しています

アウトドアグッツは防災グッツにもなるので、揃えておいて損はないかなと思っています。

※2018年北海道胆振東部地震の時に1日以上停電が続いたときは、いろいろ揃えておいてよかったと本気で思いました!

▼最も役立ったのはこちらのポータブル電源

CHECK!キャンプ以外に災害時にも大活躍!最強ポータブル電源S270を使ってみて分かったメリット&デメリット

我が家はソーラーパネルとセットになったタイプを購入!ソーラーパネルがあった方が災害時は安心

▼停電時には長時間使えるLEDランタンも重要!コスパで選ぶならジェントス EX-V777D Explorerシリーズ一択です

ガスランタンと同じような雰囲気を味わえる「ゆらめきランタン」もかなりおすすめ!

ろうそくの炎のように揺らめきながら点灯しますが、LED電球なので子供でも扱えますし家の中でも使用可能

通常点灯モードもあるので災害時にも大活躍間違いなし

▼クーラーボックスは安くて高性能なIGLOO MAXCOLD シリーズがおすすめ(58リットル以上を買いましょう)

CHECK!【防災にもおすすめ】中級キャンパーの我が家がおすすめする性能とコスパで選んだキャンプグッツ3選!

オートキャンプ場に行くときは屋外でも使える延長コード(10m)もあると便利!黄色など目立つカラーがおすすめ

耐荷重はなんと100㎏!段差や砂利道でも使えるコールマンのアウトドアワゴンは多目的に使えてかなり便利

▼エアーマットがあると車中泊やテント泊でも爆睡可能!ちょっと重くなりますが厚さ10㎝の方が寝心地良いです

CHECK!コスパと寝心地で選ぶならFIELDOORのエアマットが一番おすすめ

▼今イチオシなのがコールマンのこちらのテント!初めてテントを買う人に特におすすめ

コールマン アウトドア 大型テント グランドシート タフスクリーン2ルームハウス+2ルームハウス用テントシートセット 2000031571+2000031860 Coleman

CHECK!【初心者キャンパーにもおすすめ】コールマン タフスクリーン2ルームテントをおすすめする理由

▼FIELDOORのワンタッチタープテントがあると、キャンプ中雨が降ってきても問題なし

CHECK!設置も撤収も超簡単!FIELDOORのワンタッチタープ(3m×3m)を使ってみて分かったメリット&注意点

 

我が家おすすめキャンプ場

支笏湖美笛キャンプ場

ほぼ手つかずの支笏湖湖畔で快適にキャンプ可能

【北海道人気ナンバー1】支笏湖美笛キャンプ場パーフェクトガイド!注意点や覚えておくと良いことを詳しく解説

続きを見る

オートリゾート苫小牧アルテン

圧倒的に充実している設備と、温泉隣接なのが嬉しいポイント

苫小牧漁港で海の幸を仕入れることができるのも嬉しい

オートリゾート苫小牧アルテン徹底ガイド!おすすめのサイトやコテージ・予約方法を紹介

続きを見る

オートリゾート滝野

札幌から気軽に行ける便利なキャンプ場

利用できるアクティビティも多くコスパ高め

どこよりも詳しいオートリゾート滝野ガイド!おすすめキャビンや注意点を徹底解説

続きを見る

浜益海浜公園キャンプ場

海沿いなのに芝生サイトなのでフカフカしていて気持ちいい

厚田漁港でウニやホタテを買って行くのがおすすめ

浜益川下海浜公園
札幌から1時間半で行けるキャンプ場!浜益川下海浜公園の魅力を徹底解説

続きを見る

ベルパークちっぷべつ公園キャンプ場

子供が楽しめる設備が多いので、ファミリーキャンパーにおすすめ

温泉隣接で朝風呂に入れるのも嬉しいポイント

【ファミリーキャンパー必見】ベルパークちっぷべつ公園キャンプ場(秩父別町)に我が家が毎年通う理由とは

続きを見る

月形町皆楽公園キャンプ場

温泉隣接・料金が格安(一人200円)・チェックアウト時間は何時でもOK・ゴミを捨てて帰れる…など言うことなし

【札幌から約1時間】月形町皆楽公園キャンプ場の魅力やおすすめのテント設営場所

続きを見る

宗谷ふれあい公園オートキャンプ場

とにかく一度行ってみて欲しい最北のオートキャンプ場。子供が喜ぶ無料遊具も豊富です

宗谷ふれあい公園オートキャンプ場完全ガイド!おすすポイントや注意点を紹介

続きを見る

旭川市21世紀の森キャンプ場

フリーテントサイトは格安で利用でき、場内にある天然温泉に1回100円で入浴可能

▼参考記事はこちら

旭川市21世紀の森キャンプ場ファミリーゾーン
旭川市21世紀の森キャンプ場徹底ガイド!おすすめのサイトや注意点を紹介

続きを見る

中級キャンパーが独断で選んだ道内キャンプ場おすすめ11選

中級キャンパーが独断で選んだ北海道のキャンプ場おすすめ13選

続きを見る

札幌近郊キャンプ場おすすめ10選(約1時間半圏内)

札幌近郊キャンプ場おすすめ10選!札幌から約1時間半以内で行ける場所だけを厳選

続きを見る

子供と一緒に楽しめる北海道キャンプ場おすすめ7選

【ファミリーキャンパー必見】子供と一緒に楽しめる北海道キャンプ場おすすめ8選

続きを見る

【お酒を飲んでも大丈夫】道内の温泉隣接キャンプ場10選

道内の温泉隣接キャンプ場10選!お酒を飲んでも歩いて行ける場所だけを厳選

続きを見る

北海道の海水浴キャンプができるおすすめキャンプ場8選

北海道の海水浴キャンプができるおすすめキャンプ場8選

続きを見る

北海道の無料&格安キャンプ場おすすめ11選

【後悔先に立たず】ドライブレコーダーを格安で取り付ける方法&失敗しない選び方

【後悔先に立たず】ドライブレコーダーを格安で取り付ける方法&失敗しない選び方

続きを見る

札幌(北海道)の人間ドック(健康診断)おすすめ選び方や料金相場

札幌で人間ドックを受診する女性
札幌(北海道)の人間ドック(健康診断)おすすめ選び方や料金相場

続きを見る

新千歳空港おすすめ完全ガイド!知っておくと役立つ21の事

新千歳空港おすすめ完全ガイド!知っておくと役立つ21の事

続きを見る

新千歳空港グルメ完全ガイド!食べないと後で後悔する本当に美味しいものだけを紹介

新千歳空港グルメおすすめ13選!地元ブロガーが選ぶ北海道で絶対に食べてほしいメニューはこれ

続きを見る

【札幌グルメ完全ガイド】絶対に間違いないお店だけを厳選紹介

札幌グルメパーフェクトガイド
【札幌グルメ完全ガイド】絶対に間違いないお店だけを地元ブロガーが厳選紹介

続きを見る

札幌おすすめ観光スポット20選を地元が大好きなボクが厳選

地元民がお客さんを本気でアテンドする際に外せない札幌おすすめ観光スポット20選

続きを見る

地元民が教える札幌夜景スポットおすすめ7選!深夜ドライブデートにも使える定番から穴場まで

赤れんが庁舎の夜景
地元民が教える札幌夜景スポットおすすめ7選!深夜ドライブデートにも使える定番から穴場まで

続きを見る

北海道観光用の乗り捨て可能な格安レンタカーを探す方法や注意点

北海道観光用の乗り捨て可能な格安レンタカーを探す方法や注意点

続きを見る

小樽グルメおすすめ完全ガイド!地元民が通う間違いないお店や穴場店を厳選紹介

小樽の海鮮丼
小樽グルメおすすめ完全ガイド!地元民が通う間違いないお店や穴場店を厳選紹介

続きを見る

\この記事はどうでしたか/

-道北
-

© 2020 さつろぐ~ジョニーの札幌ブログ