北海道 北海道グルメやおすすめスポット 札幌近郊のおすすめ

讃岐うどんの本場四国に行けない人はかばと製麺所に行こう。おすすめメニューや注意点もまとめました

投稿日:2018-06-22 更新日:

日テレドラマ

国道275号線沿いにあるお店の中で、おそらく最も行列のできる飲食店だと思われるのが、当別町にあるかばと製麺所

店名からも分かるように、北海道では珍しい本格的な讃岐うどん専門店。

さぬきうどん専門店と言えば、一番先に思い浮かぶのは現在飛ぶ鳥を落とす勢いで出店している丸亀製麺かもしれませんが、かばと製麺所のうどんや天ぷらも満足度が高く、多少並んででも食べて欲しいおすすめのお店です。

かばと製麺所の場所や営業時間

かばと製麺所

石狩郡当別町樺戸町355

0133 22 3377

営業時間 11:00~15:00

営業期間 春から秋まで

国道275号線を札幌方面から走っていくと、左側に見えるかばと製麺所

看板は目立つのですが、建物はそれほど大きくありません。

通り過ぎてしまわないよう、近づいたらスピードを落としながら運転しましょう。

なお、かばと製麺所がこの場所で営業しているのは、雪のない期間だけ

例年積雪のある期間は、地下鉄北18条駅近くで「まんでがん外伝」という名前で営業します。

「まんでがん」とは香川の方言で全部という意味。

大体の目安ですが、例年12月初旬~4月中旬まではまんでがん外伝での営業になります

どちらで営業していても営業時間は11:00~15:00までで、平日でもほぼ間違いなく行列が出来ます

比較的早くうどんにありつけるのは開店食後。

たいてい開店時間の15分前くらいには入店することができます。

いずれにしても時間に余裕を持った訪問がおすすめです

かばと製麺所のメニューやシステム

基本的にかばと製麺所のシステムは、丸亀製麺と同じようなスタイルで、食べたいうどんと天ぷらを選んでお金を払うシステム

ただ人の動線が少し複雑で、かつ混雑しているので、初めて行った時はおそらく戸惑うはず。

かばと製麺所で注文してお金を払う場所は、カウンターの一番奥

手前の方で天ぷらを揚げていたり、うどんを茹でたりしているので、なんとなくその辺で注文したくなりますが、一番奥にたどり着くまで我慢。

そして商品の受け取り場所は、カウンターのすっと手前部分のお盆が積んでいるあたり

なので、緑の「注文の流れ」というボードのSTEP1に書かれている、「お盆の前を開けてください」という文言が重要になってきます。

行列がどんどん後ろにできるので、前に詰めなければと多くの人は思うのですが、詰めると店員さんに注意されるので要注意

本当は人の流れがスムーズになるような動線にするのが一番良いと思うのですが、この店舗の大きさだと改善するのは難しそうです。

丸亀製麺だとよほどのことがない限りお金を払うタイミングで商品をもらえますが、かばと製麺所はお金を払うタイミングでもらえるのは番号札だけ

その番号札をもって席を探しに行き、番号が呼ばれるまで席に座って待っていましょう。

気になるうどんメニューですが、あつあつ釜メニューと冷たいうどんメニューに分かれていてこんな感じ

さらにうどんにかかせない天ぷらメニュー

ただこれはほんの一部で、季節によって旬の野菜や山菜の天ぷらが並びます。

恐らくたくさんの人が並んでいて、考える時間はたくさんあるのでじっくり考えましょう。

注意ポイント

行列が出来ていて、一旦会計を終わった後にさらに追加注文するのはかなりハードル高め。

頼み忘れがないように注意しましょう。

かばと製麺所のおすすめメニュー

私がかばと製麺所で毎回頼んでしまうのが、ぶっかけ(冷)2玉490円

毎回違うものを食べようと思うのですが、結局いつものぶっかけ(冷)を頼んでしまいます。

コシの強いうどんの美味しさを最高に味わえるメニューの一つ。

私は丸亀製麺も大好きなのですが、かばと製麺所に来るとやはり違いを感じてしまいます。

丸亀製麺だと楽勝で食べられる2玉のうどんが、かばと製麺所だと食べ応えがありすぎてギリギリだったりします。

かばと製麺所で欠かせないのが当別産の野菜の天ぷら。

この日は春菊・アスパラ・なす・ゴボウの4種類を注文。

特にゴボウの天ぷらは毎回注文します

うどんと比べると分かるようにかなり大きいので、2人でシェアしてちょうどいい感じ。

妻がこの日頼んだのは、自分で醤油をかけながら食べる熱々の釜たまうどん490円

釜たまを頼むと自分でタマゴを投入するお店も多いですが、かばと製麺所は店員さんがタマゴを入れて混ぜてから渡してくれます。

冷たいうどんに比べると、熱々の分うどんのコシは少し弱くなりますが、モチモチふわふわのうどんはやはり絶品。

特に少し肌寒い季節は、釜たまうどんもかなりおすすめです。

まとめ

かばと製麺所の店主橋本さんは当別町出身で、サラリーマン時代に赴任した九州で讃岐うどんの魅力を知り30代で脱サラ。

わざわざ本場高松や大阪で修業したあとに、2011年7月に地元当別町にかばと製麺所をオープンさせました。

なかなか讃岐うどんの本場四国に行くことはできませんが、かばと製麺所は札幌からなら1時間以内で到着することが可能。

うどんが大好きという方は、絶対に一度は足を運ぶべきお店と言えるでしょう。

季節の変わり目の営業日程などは、お店のFaceBookページで要確認です

かばと製麺所のFBはこちら

かばと製麺所に行ったついでに立ち寄りたいおすすめスポットはこちら

札幌から1時間以内で行けるおすすめの道の駅や穴場野菜直売所4選

昨年から札幌近郊には、立て続けに道の駅や農産物直売所などがオープン 札幌から30キロ圏内、約1時間あれば行けるような気軽に行けるお店も多く、スーパーに野菜を買いに行く感覚で直売所で新鮮な野菜を買えたり ...

続きを見る

2018年にオープンした道の駅「石狩あいろーど厚田」も、かばと製麺所からなら約40分で到着

実際に行ってみて分かった道の駅「石狩あいろーど厚田」の魅力や絶対に食べた方が良い地元グルメとは

2018年4月27日にオープンした、今最も熱いスポットの一つ「道の駅 石狩あいろーど厚田」 オープン直後のGW期間中にはお客さんが殺到し、駐車場が最大2時間待ちで国道231号線が大渋滞になった、という ...

続きを見る

U-NEXTで見てみる(๑╹ω╹๑ )

孤独のグルメ

31日間無料お試しキャンペーン中

Huluで見てみる(๑╹ω╹๑ )

獣になれない私たち

2週間無料トライアル中

-北海道, 北海道グルメやおすすめスポット, 札幌近郊のおすすめ

Copyright© ジョニーさんは北海道タイ間をパイパイマーマー , 2018 All Rights Reserved.