パイパイマーマーとはタイ語で行ったり来たりという意味。北海道とタイをこよなく愛するジョニーのブログです。お得な情報や、目からウロコの情報を中心に更新中

ジョニーさんは北海道タイ間をパイパイマーマー

北海道のおすすめ

藻岩山だけじゃない!地元民がおすすめする、札幌絶景夜景をリーズナブルに楽しめるあまり混んでいない穴場スポット3か所とは

投稿日:2017-08-09 更新日:

アドセンス728×90

「夜景サミット2015in神戸」で、札幌市の夜景が長崎・神戸と並んで、「日本新3大夜景」に認定されたというのは、記憶に新しいかもしれません。

今までは、夜景と言えば函館でしたが、最近は札幌の夜景も非常に注目されています。

札幌の絶景夜景スポットといえば、藻岩山を思い浮かべる方は多いでしょう。

ただ、近年アジア系の観光客が爆発的に増えているのと、ロープウェイで往復すると大人一人1700円かかるということもあり、少し足が遠のいているという方も少なくないでしょう。

ちなみに、藻岩山に車で登られる方も多いと思いますが、山頂まで行くには普通車だと駐車料金660円+駐車場から山頂までモーリスカー往復料金一人600円がかかります。

そんなわけで今回は、藻岩山よりリーズナブルに楽しめる、札幌市内の絶景スポットを3か所紹介したいと思います。

【スポンサーリンク】

無料で藻岩山とほぼ同じ夜景がみられる旭山記念公園

旭山記念公園は、1970年に札幌市創建100周年を記念して建設した公園です。

展望台は、標高137.5メートルに位置しており、札幌市内だけではなく石狩平野・日本海まで見渡せる絶景ポイントです。

旭山記念公園の場所や行き方

住所:札幌市中央区界川4丁目4

駐車場が119台分用意されています。

札幌中心部からだと、車で15分ほどで到着します。

かなり急な坂を上ることになるので、徒歩や自転車で行くのはかなり厳しいでしょう。

観光客の方は、バスかタクシーを使うことをおすすめします。

バスで行かれる方は、地下鉄東西線「円山公園駅」から出ているJR北海道バス旭山公園線(円13)に乗りましょう。

約15分で上の写真にも写っている「旭山公園前」停留所に到着します。

車で行かれる方は、上の写真の旭山記念公園の入り口を、そのまま車で通過してください。

そのまま道なりに進むと、左側に駐車場が見えてきますが、こちらは第二駐車場です。

第一駐車場の方が近いので、道なりに右の方に進んでください。

レストハウスがあるところが、第一駐車場です。

ここから少しだけ歩きます。

階段を上る道と、スロープ状の道がありますが、元気な方なら階段を上る道がおすすめです。

結構ハードな階段ですが、階段の終わりが近づくにつれ見えてくる景色は、筆舌しがたい美しさです。

旭山記念公園は無料の夜景スポット

レストハウスは営業時間が決まっていますが、展望台に関しては24時間利用可能です。

自力で旭山記念公園で行くことさえできれば、深夜でも早朝でも夜景を楽しむことができます。

見える夜景は、藻岩山とほとんど変わりません。

藻岩山に比べると、人もかなり少ないので、穴場スポットとして札幌市民には人気の場所です。

ロマンチックなデートスポットとしても大人気。

カップルがいっぱいいるので、一人で行くのはちょっと勇気がいるかもしれません。

そして、ここは夜景だけではなく日中行くのもおすすめ。

ハイキングコースもあるので、気軽に登山もでき、いい運動になります。

テーブルとイスも何セットかあるので、天気の良い日はお弁当を持ってきて、ここで食べるのも最高です。

天気が良い週末の夜は、第一駐車場がいっぱいになって、第二駐車場に停めなければいけないこともしばしばあります。

ただ、基本的には空いているのでおすすめですよ。

24時間いつでも車に乗ったまま夜景が見れる幌見峠

2番目に紹介するのは、なんと車に乗ったまま夜景が見れる、カップルに大人気の夜景スポット「幌見峠」です。

日本夜景遺産にも認定された、札幌市民でも知らない人が多い穴場中の穴場です。

幌見峠の場所や行き方や料金や営業時間

住所:札幌市中央区盤渓471−110

幌見峠は、公共の交通機関では行くことができない場所です。

舗装こそされていますが、かなり険しい山道をくねくね上っていくので、運転に自信のない方は、特に夜間に行くのは控えた方がよいでしょう。

といっても、地下鉄円山公園駅から車で10分ほどと、距離的にそれほど遠いわけではないので、普通に運転できる方なら大丈夫です。

幌見峠に通じる道に曲がるポイントは、円山西町簡易郵便局前の信号です。

夜は分かりにくいので、ナビを起動させておくことをおすすめします。

山道をしばらく走ると、幌見峠展望駐車場入り口が見えてきます。

急な坂道をさらに上ると、料金精算所が見えてきます。

料金は、昼の部が1回500円、夜の部は800円です。

2017年8月より、24時間営業に変更になっています。

昼の部は、3:00~17:00(退場は18:00)、夜の部は17:00~3:00です。

徒歩での入場は9:00~17:00(退場は18:00)までとなります。

昔は人がいたのですが、今は完全に無人の受付に代わっています。

千円札は使えましたが、高額紙幣はもしかしたら使えないかもしれないので要注意です。

そして、ゲート式の清算システムに変わったため、以前は可能だったオートバイや自転車は入場が禁止になりました。

ちなみに、昔は領収書がもらえて、それを5枚集めると一回無料で入場できるというシステムだったのですが、現在も領収書5枚ある人や割引券を持っている人は、インターホンで係員を呼び出せば対応してもらえます。(9:00~24:00の間限定)

今でも、領収書5枚で駐車場1回無料サービスは継続中のようですが、前回私が行った時には領収書はもらえませんでした。

天気が悪くて景色が見えない時に、以前配布されていた次回使える割引券制度は、廃止されました。

なお、この先飲み物などを買うことはできないので、喉が渇いている方は受付横の自動販売機で購入しておきましょう。

幌見峠の注意点や楽しみ方

お金を払ってゲートを通過した後は、展望台へ続く坂道をさらに上っていくことになります。

展望台には、素晴らしい夜景以外にはなにもありません。

トイレは、料金所から展望台に通じる道の間にある、仮設のものしかないので注意しましょう。

売店なども一切ないので、必要なものは事前に買っておくことが必要です。

展望台はこんな感じで、車を夜景が見えるポイントに停めることができるような作りになっています。

実際に車の中から撮った写真がこちら。

こんな感じでフロントガラス越しに夜景を楽しめるスポットは、私が知る限り北海道には他にないのではないかと思います。

週末の夜になると、多くの車が出入りする幌見峠。

余計な明かりなどがなく、夜景をゆっくり楽しめるスポットなので、不要な車のライトを消灯したり、爆音を立てないといった気遣いも大切でしょう。

24時間営業になったので、早朝も楽しめるようになりました。

3:00以降に入場して、車の中で爆睡してしまっても、追加料金がかからなくなったのも嬉しいですね。

ちなみに、幌見峠の営業期間は、毎年4月1日から11月30日です。

詳しくは、「夢工房さとう」(011)622 5167にお問い合わせください。

夜景は見れないけど絶対に行ってみて欲しい大倉山展望台

紹介する3か所目は、大倉山展望台です。

1972年札幌オリンピックの舞台になった、大倉山ジャンプ競技場にある展望台です。

以前は夜間営業していたので、こんな感じの絶景を見ることができたのですが、今現在は残念ながら夜間営業はしていません。

それでも、札幌に来た方には絶対に行ってみて欲しい絶景スポットなことに変わりはありません。

冬季間の夕方であれば、ギリギリ夜景も見ることができるかも知れませんよ。

大倉山展望台の場所や行き方

住所:札幌市中央区宮の森1274

電話番号:大倉山総合案内所(011)641 8585

公共の交通機関で行く場合は、地下鉄とバスを乗り継いでいくことになります。

まず、地下鉄東西線円山公園駅で下車しましょう。

2番出口から出てすぐの所にある円山バスターミナルから、JRバス [円14]荒井山線「宮の森シャンツェ前」行に乗車。

10分ほどで到着します。

また4月下旬から10月上旬の土日祝日には、円山動物園と大倉山の間を循環している、「くらまる号」というバスが運行しています。

円山バスターミナル4番乗り場から1時間に2本程度出ていて、大人210円です。

夏休み期間は毎日運航しているので、動物園も行きたい方にはちょうど良いバスと言えるでしょう。

車で行かれる方用に、100台以上の駐車場も完備されています。

ジャンプ大会ならびに公式練習日は、車両入場規制等の実施により場内一般駐車場が利用できなくなることもあるので注意しましょう。

駐車場に車を止めたら、このエスカレーター目指して歩きましょう。

かなり長いエスカレーターです。

エスカレーターで登りきると、大倉山ジャンプ台のふもとに到着します。

大倉山展望台の施設案内

エスカレーターで登った先で、まず目に入るのは「札幌オリンピックミュージアム」です。

ここでは、ジャンプ台から滑降して飛び出していくバーチャルジャンプ体験ができたり、ボブスレーやスピートスケートなどのウインタースポーツを簡易体験することができます。

大人も子供も楽しいミュージアムです。

料金は、高校生以上が600円、中学生以下は無料です。

大雪山クリスタルハウスは、北海道のお土産が買える売店が入っています。

また、2階にある「ラムダイニング大倉山」では、厳選生ラムメニューが味わえ、さらに美しい夜景も楽しむことができます。

大倉山ジャンプ台を真下から見上げることもできます。

SNS映えする写真撮影スポットも満載。

夜景は見えませんが、ライトアップされたジャンプ台も必見です。

リフトに乗って大倉山展望台に昇ろう

展望台へのリフトは、大人一人500円。

営業時間は、夏季(4月29日~11月3日)が8:30~18:00、冬季(11月4日~4月28日)が9:00~17:00までです。

11月下旬~1月だと、札幌市内は16時半頃には暗くなるので、もしかしたらぎりぎり夜景を見ることも可能かもしれません。

ちなみに、以下のページのクーポンを印刷していけば、リフト料金が割引になります。

 

北海道民なら、スキー場でリフトに乗るのには慣れていると思いますが、それでも雪のないところで乗るとちょっと緊張します。

片道5分~7分ほどで、展望台に到着します。

ちなみにこのリフトは、帰りの方が怖いです。

リフトに慣れている北海道民でも、下りのリフトに乗ったことある人は少ないはずです。

ちょっとしたジェットコースターに乗っている気分になります。

高所恐怖症の人や、ジェットコースターが極度に苦手な方は、よく考えてから乗った方がよいでしょう。

ちなみに、階段があるので徒歩で下山することも可能です。

そんなこんなで展望台到着。

まず、展望台の最上階に行ってみましょう。

他ではなかなか見ることができない雄大な景色が広がっています。

大通公園や札幌ドーム、円山球場なども肉眼で確認することができます。

 

これから滑走しようとしている選手の気持ちを味わうこともできます。

名前や日付を入れた記念メダルを作るのもいいですね。

そして、大倉山展望台に来たら食べて欲しいのが、大倉山特製ソフトクリーム(350円)です。

特に夕張メロン味がおすすめです。

展望台には、ゆっくり座れるスペースもあるので、ここで札幌市内を一望しながら一休みするのがおすすめです。

まとめ

今回は、藻岩山以外に札幌市内を一望できる絶景スポットを3か所紹介しました。

いずれの場所も、まだ近隣アジア諸国から来る人が比較的少ない、ゆっくり静かに景色を楽しめる場所になっています。

藻岩山に比べて、かなりリーズナブルに楽しめるのも嬉しいポイントです。

特に、大倉山展望台は夏にリフトに乗るという、なかなかできない体験もできるのでおすすめです。

札幌市民でも行ったことがないという方も多いともいうので、是非この機会に行かれてみてはいかがでしょうか。

旭山公園や幌見峠近くの24時間営業のサンドイッチ店がこちら。デートで幌見峠に行く前に買っておくとポイント上がるかも。

1978年に創業以来ほぼ休まず24時間営業を続け、40種類以上のサンドイッチを提供し続ける札幌市中央区のサンドリア。ここに慣れてしまうとコンビニのサンドイッチが食べれなくなります

大人も子供もみんな大好きなサンドイッチ。 夜中や早朝にサンドイッチが食べたくてどうしようもなくなったら、コンビニに走る人がほとんどでしょう。 しかし、実は札幌には24時間営業のサンドイッチ店があるのを ...

続きを見る

絶景ポイントすべてからそう遠くない、私的には札幌ナンバー1ルーカレーの名店情報はこちらの記事をどうぞ。

実はルーカレー派の私がもう20年以上通い続ける札幌ルーカレー専門店クロックの魅力やおすすめメニューベスト3を公開。行ったことない人は人生損しているレベルですよ

日本人の国民食ともいえるカレー。 札幌はスープカレーというイメージが強いですが、実際スープカレーがここまでブームになったのはここ10年ほどのこと。 昔から大人気のルーカレーのお店も、札幌市内には数多く ...

続きを見る

The following two tabs change content below.
ジョニー

ジョニー

北海道とタイが大好きで、行ったり来たりしているアラフォー男子で、妻と二人暮らし。
フリーランスの整体師で、いずれタイマッサージも極めてみたいと思っている。
夫婦とも、美味しいものとお酒が大好きで、スマホのアルバムも気づけば食べ物の写真ばかり。コスパが良いものにも目がない。

アドセンスPC用

アドセンスPC用

当サイトおすすめ記事ベスト5

1

私が2017年上半期に買ったものの中で、最も良かったものは間違いなく「FireTVstick」です。 初めて聞く方も多いかもしれません。 こんな感じのやつです。 今回は、我が家が惚れ込んでいる「Fir ...

2

パソコンを選ぶとき、皆さんはどんなことを重視されるでしょうか。 有名メーカーがいいとか、とにかく安い方がよい、購入後のサポートが手厚い方がよい…など、人によってパソコン購入時に重視するポイントは異なり ...

3

昨年始めに契約して以来、我が家になくてはならないサービスになっているのが、Amazonプライムです。 元々、上記バナーにあるように、Amazonプライム会員だと、日時指定やお急ぎ便が無料、という認識し ...

4

2016年年末のこんなツイートを、ニュースなどでご覧になった方もいらっしゃるかもしれません。 水曜日のカンパネラのケンモチヒデフミさんのツイートです。 アメリカは高額医療で有名ですが、手術したらこんな ...

5

今は、海外旅行に行くときの保険は、クレジットカード会社付帯のもので十分に賄える、良い時代になりました。 ただ、いざ海外で病院にかかると、日本では考えられない額の請求が来るので、いくつかのカードの保険を ...

-北海道のおすすめ

Copyright© ジョニーさんは北海道タイ間をパイパイマーマー , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.