札幌スポット

【2018年】大通公園ミュウヘンクリスマス市のおすすめグルメやブースを紹介

投稿日:2018-11-12 更新日:

札幌の姉妹都市と言えば、ドイツ第3の都市ミュウヘン。

ちなみに豊平川にかかるミュウヘン大橋は、姉妹都市提携15周年の1987年に工事に着手したので命名されました。

そして2002年、姉妹都市30週年を記念に始まったのが「ミュウヘン クリスマス市 in Sapporo」

2018年の日程は

会場 大通公園2丁目

日程 11月22日(木)~12月25日(火)

時間 11:00~21:00(ラストオーダー20:45)

「ミュウヘン クリスマス市 in Sapporo」公式HPはこちら

ミュウヘンではクリスマス市というのは年中行事で大いに盛り上がりますが、「ミュウヘン クリスマス市 in Sapporo」も毎年本場さながらの盛り上がり。

ドイツ料理のフードブースやドイツ雑貨店が立ち並びますし、ドイツの文化も体験できる貴重なスポット

我が家はクリスマスには一切興味がありませんが、ドイツ料理が大好きなので、大通2丁目会場に良く立ち寄ります。

そんなわけで今回は、12月の大通公園一大イベント「ミュウヘン クリスマス市 in Sapporo」のおすすめポイントを徹底紹介します

12月札幌大通公園おすすめイベント「ミュウヘン クリスマス市」

https://white-illumination.jp/munich/

大通公園はこの時期、1丁目から6丁目までライトアップされ、ホワイトイルミネーションが開催されます。

そんな中「ミュウヘン クリスマス市 in Sapporo」は、雪まつりやオータムフェストとは異なり、大通公園2丁目ゾーンでのみの開催

上記画像からも分かりますが、非常に狭い範囲内での開催。

ですが、逆にこれくらいのサイズ感の方が、じっくり楽しむことができます。

中心にあるのは、撮影スポットも兼ねた屋外ステージ

屋外ステージのすぐ横にはインフォメーションがあり、限定グッツもここで購入可能

2018年ミュウヘンクリスマス市限定の、クリアファイルやマスキングテープなどが販売されています。

特に限定マグカップ(600円)は、かなりかわいいのでおすすめですよ

【2018年】ミュウヘン クリスマス市のおすすめグッツゾーン

毎年恒例の大人気ブースと言えば「クリスマスコレクション2018」でして、開店前にはちょっとした行列ができることも

公募して選ばれたデザインを、クリスマスカード(160円)の形で販売しています

とにかくデザインが豊富なので、きっとお気に入りのデザインが見つかるはず。

北海道やクラーク像とのコラボデザインが多いのも特徴の一つ。

ロシアの手工芸品販売するお店も、毎年数店並びます。

2018年は、「ロマノフ ~マトリョシカのお店」と「イニシアティブ」の出店が決定

マトリョーシカは大きさによってお値段が異なりますが、小さいものは比較的リーズナブルに購入可能。

なかなか身近で見る機会のないものですので、買うかどうかはともかく手に取って見せてもらうことをおすすめします。

クリスマス市ということで、キャンドルのお店も毎年出店されます。

2018年は「小樽キャンドル工房」「ルースおばさんのクリスマス物語り キキドール」「ドイツ直輸入のキャンドルホルダーのお店ティンク・マルシェ」の出店が決定

ルースおばさんのクリスマス物語り キキドール外観画像

中でもおすすめなのは、「ルースおばさんのクリスマス物語り キキドール」

みつろうキャンドルとは、自然素材の蜜蝋を素材として養蜂家か手作りで作るキャンドル

毒性がないので、子供が間違って食べても大丈夫。

キャンドルの色は花の蜜の色によって変わってきまして、キャンドルに火をつけると甘い香ばしい香りがするのが特徴です。

ドイツ直輸入の本物のみつろうキャンドルを1本1000円台で購入することができる店舗は、札幌市内では数えるほどしかないでしょう

北海道在住作家のハンドメイド作品が買えるのが「てしごと市」

中でもワンチャン用のハンドメイドの洋服は、他ではなかなか変えないおしゃれなものが揃っています。

札幌市内の人気ベーカリーのパンが販売されている「パンマルシェ」も、絶対に立ち寄りましょう!

定番のパンだけでなく、限定の商品も多く販売されているので、お土産にするのにピッタリ。

ワインハウス ゲアハルトの外観画像

ワインハウス ゲアハルトは、ワイン好きなら絶対外せないお店

他ではなかなか買えない上質なドイツワインを、なんとすべて試飲してから購入することができます。

試飲だけでも大歓迎とのことだったので、気軽に入ってみましょう。

お菓子の家を買うなら大通公園ミュウヘンクリスマス市へ

札幌市内の約30店舗の洋菓子店が集結した「スイーツ王国さっぽろ」も大人気ブースでして、お菓子の家を買えるのはここだけ

童話などに登場し、誰もが一度は食べたいと思ったであろう「お菓子の家」

まさか大人になって、その夢がかなうとは思いませんでした。

忘年会などで遅く帰る時も、これをお土産に買って帰れば、みんなきっと喜ぶはず。

お値段も2000円前後とお手頃なのが、嬉しいポイント。

なんと、お菓子の家を作れるキットも販売されています。

小学生以上のお子さんなら恐らく作成可能ですし、大人が作っても面白そう。

もちろんお菓子の家以外にも、絶品スイーツ(特に焼き菓子)が豊富に揃っています。

「スイーツ王国さっぽろ」は、ミュウヘンクリスマス市に来た時には必ず立ち寄るべきブースの一つと言えるでしょう

2018年札幌大通公園ミュウヘン市のおすすめグルメ

「ミュウヘン クリスマス市 in Sapporo」のお楽しみと言えば、やはりドイツグルメとビール

絶対に外せないドイツグルメと言えば、やはりソーセージ

多くのお店でソーセージの盛合わせが1200円前後で販売されていて、いろいろな味を楽しむことが可能。

ミュウヘン名物の白いソーセージは、絶対に食べておくべきでしょう。

サワークラフトが乗った、煮込み系のドイツ料理もおすすめ

肉汁たっぷりのステーキや、シュニッツェル(ドイツのカツ)も、押さえておきたいドイツグルメです。

ガッツリした肉料理に合わせたいのは、やはりビール

フードブース内には、ドイツ有名ビール店や、ドイツのビール純粋令を遵守した小樽ビール、さらにサッポロビールが出店。

サッポロビールのブースでは、サッポロビール園限定のファイブスターを飲むこともできます。

各ビール会社のブースにも、ビールに合う美味しい料理がいっぱいあるのでおすすめ。

そして「ミュウヘン クリスマス市 in Sapporo」で外せない飲み物と言えば、やはりホットワイン

本場ミュウヘンのクリスマス市でも大人気のホットワインは、お店によって多少お値段が違いますがだいたい500円前後

寒い大通公園で飲むホットワインは本当に癒されまして、むしろこれを飲むためにわざわざ行くといっても過言ではないかもしれません。

アルコールが弱い方や妊婦さんには、ホットココアがおすすめ

なお平日ランチタイム(11:00~13:00)限定になりますが、各店20食限定でワンコインプレートランチも登場

お気に入りのお店の500円ランチを食べるために、少し早めに出陣するのもありでしょう。

上にあげたのはワンコインプレートのほんの一例でして、実際にはこの5倍近いワンコインメニューがあります。

各店舗がそれぞれオリジナリティを出したワンコインプレートを提供しているので、はっきり言って迷います。

この日はボリュームチキンサンドを食べましたが、見た目以上のボリュームと味にびっくり。

ミュウヘンクリスマス市の食器返却口外観

ちなみに皿やグラスを使うメニューは、会計時に容器代としてプラス100円が加算

そして上記画像の食器返却口に皿やグラスを持って行けば、100円は返却されるシステムです。

飲食は基本的に外ですることになりますが、室内テントも用意されています

室内テント内にはストーブもありかなり快適ですが、スペースが限られているのでいっぱいのことも。

なので、しっかり防寒対策して訪問することをおすすめします。

12月の札幌大通公園おすすめイベントまとめ

12月の大通公園の人気イベント「ミュウヘン クリスマス市 in Sapporo」

もちろん日中も楽しめますが、おすすめはホワイトイルミネーションも楽しめる夕方以降に訪問すること

期間中は大通公園全体がホワイトイルミネーションに包まれ、控えめに言っても幻想的な空間が広がります。

会場内ではnanacoやwaonといった電子マネーや、SAPIKAやKitaraと言った交通系電子マネーが使えます。

さらに、Line Payで支払いをすればポイント還元サービスも

各店舗にはこんな感じのORコードがあり、簡単に支払いが可能なので、大通公園に行く前にLine Payにチャージしていくと良いかもしれません。

2018年の日程は

会場 大通公園2丁目

日程 11月22日(木)~12月25日(火)

時間 11:00~21:00(ラストオーダー20:45)

「ミュウヘン クリスマス市 in Sapporo」公式HPはこちら

「ミュウヘン クリスマス市 in Sapporo」の開催期間中に札幌に宿泊される旅行者の方は、札幌駅南側エリアか大通エリアに宿泊すると、昼も夜も満喫できますよ。

札幌市内のおすすめ宿泊エリア5選と旅の目的別おすすめホテルを紹介

札幌駅のホテルをチェック

大通公園のホテルをチェック

札幌おすすめ観光スポット20選を地元が大好きなボクが厳選(自信あり)

札幌おすすめ観光スポット20選を地元が大好きなボクが厳選(自信あり)

続きを見る

地元密着ブロガーだから分かる札幌の安くて美味しいB級グルメ9選

地元密着ブロガーだから分かる札幌の安くて美味しいB級グルメ9選とは

続きを見る

地元民が通う札幌おすすめジンギスカン7選!有名店から格安穴場店まで

地元民が通う札幌おすすめジンギスカン7選!有名店から格安穴場店まで

続きを見る

【地元ブロガー厳選】行かないときっと後悔する札幌のおいしい回転寿司おすすめ5選

【地元ブロガー厳選】行かないときっと後悔する札幌のおいしい回転寿司おすすめ5選

続きを見る

札幌観光用の乗り捨て可能な格安レンタカーを探す方法や注意点

北海道観光用の乗り捨て可能な格安レンタカーを探す方法や注意点

続きを見る

北海道特有のマイホーム事情を解決

若い頃はまったく気にしていませんでしたが、最近特に感じるのがマイホームや土地活用に関する悩み

定期的な外壁&屋根のリフォームも道民にとっては切実な問題。

一般的に20年に一度のリフォームが必要と言われていますが、近年は大型台風や自然災害が多いため急にリフォームや修繕が必要になることも

実は私の実家もまだ築15年なのですが、近々外壁塗装をしなければいけません。

そんな時に役立つのが、リフォーム部門で3冠を達成したタウンライフリフォーム

  • 悪徳業者に引っかかりたくない
  • 適正価格で施工してほしい
  • 初めてのことだからどうしていいか分からない
  • 時間がなくてズルズル先延ばしにしている

上記に当てはまる人は、まずはカンタン3分で終了する無料リフォーム計画書の作成依頼をお願いしましょう。

≫≫外壁塗装や屋根取り換えに関する詳細はこちら

≫≫玄関・庭・カーポート・塀の設置やリフォームの詳細はこちら

≫≫キッチン周り(収納・壁紙・システムキッチン)のリフォーム詳細はこちら

≫≫お風呂・洗面所など水回りリフォームの詳細はこちら

※成功するリフォーム「7つの法則」を毎月先着99名にプレゼント中!

無駄に10年以上固定資産税を払い続けている空き地問題も、我が家にとっては深刻な悩み

昔は土地を持っているだけで資産価値が増大しましたが、今は有効活用できていない土地はただの重荷。

実際我が家も、毎年4万円以上税金を払い続けています。

そんな時にも、土地活用部門で3冠を達成しているタウンライフは強力にサポート!

  • 土地の活用方法が分からずとりあえず放置している
  • 遺産相続した土地の立地や形が悪い
  • できれば早急に税金対策したい

我が家はまさに上のような感じでしたが、土地の収益最大化プランをプロに提案してもらい、今まで考えたことがなかった土地活用法を知ることができました。

≫≫たった3分で終了する空き地の収益最大化プラン請求

≫≫低コストで狭い土地を活用するなら駐車場経営がおすすめ

≫≫アパート経営に必要な資金や収益を上げられるプランを提案

≫≫それぞれの土地に合わせたオリジナルのマンション経営プラン

 

3か月無料体験中!みんなの優待

会員制割引クーポン使い放題サービス「みんなの優待」(月額490円)の無料体験期間が、今だけ3か月に大幅延長されています(通常は1か月)

※6月30日までの期間限定 好評の場合は夏まで延長予定!

もちろん3か月の無料体験期間中内に解約すれば料金は発生しません。

道内のレジャー施設や飲食店のクーポンがたくさんあるので、申し込むなら今がチャンスかなと思います

≫【今だけ3か月無料体験中】みんなの優待

誰でもできる外食代を半額にする方法

当たり前ですが外食はお金がかかるので、なかなか頻繁には行けません。

ですがファンくるに登録して以来、我が家は月に数回ですが約半額で外食を楽しめています。

ファンくるは覆面調査紹介のサイトなのですが、札幌の案件は特に居酒屋系が充実。

写真を撮ったりアンケート(約60問程度)に答える必要がありますが、飲食代が半額~70%還元になり、案件によっては無料になることも。

先日も札幌市内の某焼き鳥居酒屋を覆面モニターしてきましたが、実質ほぼ無料で思う存分食べ飲みできました。

グルメ以外にもエステやマッサージが実質半額で受けられたり、新商品サンプルモニターなどの案件が充実。

利用者側にはメリットしかないサイトなので、登録しておいて損はないでしょう。

詳しくはコチラ

U-NEXTで見てみる(๑╹ω╹๑ )

孤独のグルメ

31日間無料お試しキャンペーン中

Huluで見てみる(๑╹ω╹๑ )

獣になれない私たち

2週間無料トライアル中

-札幌スポット
-

Copyright© ジョニーさんの札幌ブログ ″さつろぐ″ , 2019 All Rights Reserved.