北海道アウトドア情報 道北

宗谷ふれあい公園オートキャンプ場完全ガイド!おすすポイントや注意点を紹介

投稿日:2019-05-31 更新日:

北海道の最北にあるオートキャンプ場と言えば、稚内市にある北海道立宗谷ふれあい公園オートキャンプ場。

子供も大人も楽しめる複合レジャー公園「北海道立宗谷ふれあい公園」内にあるオートキャンプ場ですが、よく整備されていて満足度はかなり高め。

ファミリーキャンパーや初心者キャンパーにもおすすめしたい大人気キャンプ場の魅力を、どこよりも詳しく紹介します。

※記事内の情報は執筆当時のものです。最新情報は公式サイトをご確認ください。

宗谷ふれあい公園オートキャンプ場の魅力

  • 無料で使える設備が充実
  • 子供が遊べる遊具がいっぱい
  • 最北のキャンプ場ならではの解放感

宗谷ふれあい公園オートキャンプ場(稚内)の行き方マップコード

宗谷ふれあい公園オートキャンプ場

稚内市声問5丁目40-1

マップコード 353 825 172*40

問い合わせ電話番号 0162-27-2177

営業期間 4月29日~9月30日

チェックイン 13:00〜19:00(ロッジは15:00〜19:00)

チェックアウト 8:00〜11:00

ペット同伴 一部サイトは可能

宗谷ふれあい公園オートキャンプ場の公式サイトはこちら

北海道立宗谷ふれあい公園オートキャンプ場

北海道立宗谷ふれあい公園オートキャンプ場は、札幌からだと車で約5時間40分(約315㎞)、旭川からだと約3時間40分(約250㎞)

途中ガソリンスタンドが少なくなるエリアがあるので、早め早めに給油した方が良いでしょう。

国道40号線を利用していく場合、剣淵町の道の駅で焼き立てパンを買うのがおすすめ。

▼参考記事はこちら

【絶品焼きたてパン】道の駅 絵本の里けんぶちのおすすめや魅力を紹介

続きを見る

稚内駅外観

JR稚内駅やフェリーターミナルまでは車で約20分、稚内空港までは車で約10分と、稚内市内へのアクセスはかなり容易。

ただ残念ながら、徒歩圏内に温泉やスーパー・コンビニはありません(一番近いスーパーまで15分くらい)

ちなみに、約20分離れているフェリーターミナルからは、利尻島や礼文島へのフェリーが一日数便運航

日帰りも十分可能なので、キャンプ場を起点にして最北の離島めぐりをするというのもおすすめの楽しみ方の一つです。

※利尻島や礼文島へのフェリー時刻表や料金はこちらで確認可能

日本最北端宗谷岬

日本最北端宗谷岬

日本最北端の宗谷岬も、約30分で行くことが可能です。

宗谷ふれあい公園オートキャンプ場(稚内)のサイトの種類や料金

宗谷ふれあい公園オートキャンプ場(稚内)のサイトマップ

宗谷ふれあい公園オートキャンプ場は、大きく分けるとプライベートサイト(電源・水道付き)・キャンピングカーサイト(水道・電気付き)・フリーテントサイト・ロッジの4エリアに分けられます。

それぞれのサイトの特徴を紹介していきます。

※宗谷ふれあい公園オートキャンプ場の料金は、時期によって大きく異なります。

  • 【繁忙料金】は7月の第2土曜日から8月の第3金曜日まで
  • 【割引料金】4月27日から7月第2金曜日までの日曜から金曜、8月の第3日曜から9月30日までの日曜から金曜
  • 【通常料金】上記期間以外の祝祭日前日と土曜日
区分 繁忙期 通常料金 割引料金
入場料 宿泊(ロッジ。テントサイト) 中学生以上 1000円 500円 500円
小学生 500円 300円 300円
フリーテントサイト 中学生以上 500円
小学生 300円

※日帰りデイキャンプの入場料は、高校生以上500円

最新の利用料金はこちらの公式サイトで確認できます。

プライベートサイト(宗谷ふれあい公園オートキャンプ場)

宗谷ふれあい公園オートキャンプ場(稚内)のプライベートサイト

サイト使用料(1サイト1泊) 繁忙料金 通常料金 割引料金
2500円 1000円 500円

北海道立宗谷ふれあい公園オートキャンプ場のプライベートサイト

北海道立宗谷ふれあい公園オートキャンプ場のプライベートサイト

北海道立宗谷ふれあい公園オートキャンプ場のプライベートサイト

プライベートサイトは全24サイトあり、電源と水道が個別で確保。

テントとタープ両方を立てることが可能なスペースがあります、

シャワーがあるキャンパーズハウスまでの距離が最も近いのもプライベートサイト。

プライベートサイト(ペット可能)

プライベートサイトのP17~P24番まではペット同伴可能。

北海道立宗谷ふれあい公園オートキャンプ場のトイレ

北海道立宗谷ふれあい公園オートキャンプ場のトイレ

トイレはウォッシュレットではありませんが非常に清潔。

北海道立宗谷ふれあい公園オートキャンプ場キャンパーズハウスのトイレ

北海道立宗谷ふれあい公園オートキャンプ場キャンパーズハウスのトイレ

ウォッシュレット式トイレがいい方は、近くにあるキャンパーズハウスのトイレを使うと良いでしょう。

キャンピングカーサイト(宗谷ふれあい公園オートキャンプ場)

北海道立宗谷ふれあい公園オートキャンプ場キャンピングカーサイト

サイト使用料(1サイト1泊) 繁忙料金 通常料金 割引料金
3500円 2000円 1000円

キャンピングカーサイトは全4サイトあり、電源。水道はもちろん完備でペット同伴も可能。

キャンピングカーサイト

この通路がすべて専有できる贅沢な造りになっていて、牽引車でも十分利用可能。

キャンピングカーサイト

通路(駐車スペース)は広いのですが、テントを設営できる部分はそれほど広くありません。

※それでもテント・タープを2~3張は設営可能

キャンピングカーサイト

水道横にはペット用のリードフックも完備されています。

シャワールームがあるキャンパーズハウスまでは、少し距離があります。

フリーサイトのトイレ

フリーサイトのトイレ

フリーサイトのトイレ

キャンピングカーサイト専用トイレはないので、フリーテントサイトにあるものを使いましょう。

フリーサイトの炊事棟

フリーサイトの炊事棟

フリーサイトの炊事棟も比較的近いので、こちらを利用する機会も多くなるかもしれません。

フリーテントサイト(宗谷ふれあい公園オートキャンプ場)

宗谷ふれあい公園オートキャンプ場のフリーテントサイト

サイト使用料(1サイト1泊) 繁忙料金 通常料金 割引料金
700円 500円 300円

宗谷ふれあい公園オートキャンプ場のフリーテントサイト

宗谷ふれあい公園オートキャンプ場のフリーテントサイトには、駐車場だけが用意されています。

宗谷ふれあい公園オートキャンプ場のフリーテントサイト

フリーテントサイトという名前になっていますが、どこにテントを立ててもいいわけではなく、車を停めた場所によってある程度指定されています。

ただスペースは十分にあるので、大型のテントやタープでも設置可能なはず。

フリーテントサイトの奥の方に行けば行くほどキャンパーズハウスが近くなるので、考えて場所を選びましょう。

フリーサイトのトイレ

フリーサイトのトイレ

トイレはウォッシュレット式ではありませんが、非常に清潔。

フリーサイトの炊事棟

フリーサイトの炊事棟

炊事棟には炭を捨てるボックスも設置されていますし、近くにはゴミ箱も設置されています。

宗谷ふれあい公園オートキャンプ場(稚内)のロッジコテージ

宗谷ふれあい公園オートキャンプ場のロッジ

宗谷ふれあい公園オートキャンプ場には全11棟のロッジがあるので、ほぼ手ぶらでキャンプを楽しむこともできます。

※2棟のみペット同伴が可能

  繁忙料金 通常料金 割引料金
Aロッジ(6名まで) 15000円 12000円 9000円
Cロッジ(身障者対応)
Bロッジ(8名まで) 17000円 13000円 10000円

北海道立宗谷ふれあい公園オートキャンプ場のロッジ(6人用)

今回利用したのは、6名まで利用できるAロッジ。

北海道立宗谷ふれあい公園オートキャンプ場Aロッジ(6名まで)

ストーブ・ソファー・テレビ・冷倉庫など、必要なものは一通り揃っています。

ストーブは温風式のガスストーブですが、パワーは十分なので寒い季節でも大丈夫。

北海道立宗谷ふれあい公園オートキャンプ場Aロッジ(6名まで)

2口のIHヒーターや炊飯器・ポット・電子レンジなどの調理器具も完備。

フライパンや包丁・まな板など調理器具一式は500円でレンタル可能。

管理棟の売店

食器のレンタルはありませんが、管理棟の売店には使い捨ての皿や調味料類が販売されています。

北海道立宗谷ふれあい公園オートキャンプ場Aロッジ(6名まで)

北海道立宗谷ふれあい公園オートキャンプ場Aロッジ(6名まで)

ウォッシュレット式トイレやバスタブが付いているのも嬉しいポイント。

なんと、バスタブにはボディシャンプーやリンスインシャンプーも備え付けられていました。

北海道立宗谷ふれあい公園オートキャンプ場Aロッジ(6名まで)

2階にはロフトスペースがあります。

北海道立宗谷ふれあい公園オートキャンプ場Aロッジ(6名まで)

2階ロフトの押し入れには、寝具が6人分用意されています。

北海道立宗谷ふれあい公園オートキャンプ場Aロッジ(6名まで)

日の光がたくさん差し込む気持ちの良いロッジコテージで、使い勝手も抜群。

文字通り手ぶらで来ても何とかなるので、キャンプ道具が一切ないという方にもおすすめです。

宗谷ふれあい公園オートキャンプ場(稚内)のキャンパーズハウス内設備

北海道立宗谷ふれあい公園オートキャンプ場のキャンパーズハウス

北海道立宗谷ふれあい公園オートキャンプ場の中央に位置するキャンパーズハウス。

車で乗り付けることはできず、どこのサイトから行くにしても必ず徒歩で行かなければいけません。北海道立宗谷ふれあい公園オートキャンプ場のキャンパーズハウス

キャンパーズハウス内には、自動販売機やテレビが設置されています。

北海道立宗谷ふれあい公園オートキャンプ場の電子レンジ

自由に使える電子レンジがあるのが嬉しいポイント。

北海道立宗谷ふれあい公園オートキャンプ場のシャワー

さらに、男女4室ずつの無料シャワー室が完備。

北海道立宗谷ふれあい公園オートキャンプ場のシャワー

北海道立宗谷ふれあい公園オートキャンプ場のシャワー

シャワールームには、嬉しいことにボディシャンプーやリンスインシャンプーが備え付けられています。

北海道立宗谷ふれあい公園オートキャンプ場のドライヤー

無料で使えるドライヤーもあり、まさに至れり尽くせり。

コインランドリー

コインランドリー

コインランドリーも設置されていて、無料の洗剤が用意されています。

※洗濯機は300円、乾燥機が30分100円かかります

北海道立宗谷ふれあい公園オートキャンプ場キャンパーズハウスのトイレ

ちなみにキャンパーズハウス内のトイレはウォッシュレット式なので、サイト内のトイレではなくキャンパーズハウスのトイレを利用するという選択肢もあるでしょう。

宗谷ふれあい公園オートキャンプ場(稚内)の遊技場

宗谷ふれあい公園オートキャンプ場(稚内)のサイトマップ

北海道立宗谷ふれあい公園オートキャンプ場内には、子供たちが遊べる遊技場が2か所に設置されています。

ビジターセンター屋内遊技場

北海道立宗谷ふれあい公園オートキャンプ場ビジターセンター

チェックイン作業をするビジターセンターには、どんな天候でも利用できる屋内遊技場があります。

ビジターセンターが利用可能なのは、4月29日~9月末までは8時から21時、それ以外の期間は9時~17時

北海道立宗谷ふれあい公園オートキャンプ場のビジターセンター

広々ちした屋内遊技場には、数種類の滑り台やクライミングゾーンが設置されています。

北海道立宗谷ふれあい公園オートキャンプ場の卓球

ビジターセンターでは卓球も楽しむことができますし、館内では無料のWiFiも利用可能。

管理棟の売店

売店ではキャンプ用品や調味料を販売していますし、電子レンジやポットも自由に利用可能です。

※ビジターセンターの詳細はこちらのページで確認可能です

谷間の冒険広場(屋外遊戯場・スキー場)

谷間の冒険広場

谷間の冒険広場MAP

ビジターセンターから徒歩5分の場所にあるのが、谷間の冒険広場。

谷間の冒険広場

谷間の冒険広場

ふわふわドームや巨大な滑り台

谷間の冒険広場

ターザンロープやコンビネーション遊具が設置されていて、すべて無料で利用可能。

北海道立宗谷ふれあい公園オートキャンプ場のゲレンデ

無料のロープトゥリフトが設置されているゲレンデもあり、冬期間はここでスキーを楽しむことができます。

宗谷ふれあい公園パークゴルフ場

北海道立宗谷ふれあい公園パークゴルフ場

宗谷ふれあい公園内には9ホール×4コース計36ホールのパークゴルフ場があり、利用料金は一人200円(用具代ベット100円)

日本パークゴルフ協会公認コースになっていて、初心者から上級者までみんなで楽しむことが可能です。

宗谷ふれあい公園オートキャンプ場(稚内)のレンタル品&ゴミ分別

前日までの予約制になりますが、宗谷ふれあい公園オートキャンプ場では以下のレンタル品が用意されています。

  • BBQコンロ(網付き)1000円
  • テーブル 200円
  • 椅子 100円
  • キャンピングテーブル 300円
  • ランタン 500円
  • テント(2~3名)2000円
  • テント(4~5名)3000円
  • タープ 2000円
  • 寝袋 200円
  • タオルセット 200円

※レンタル品の詳細はこちらで確認可能

数に限りがあるので、早めに申し込みしておきましょう。

宗谷ふれあい公園オートキャンプ場(稚内)のゴミ箱

一般ごみと資源ごみに分別することが必要ですが、ゴミを捨てることができるのも嬉しいポイント。

ビン缶ペットボトル以外に、電池・ライター・発泡スチロール・段ボールなども分別する必要があります。

宗谷ふれあい公園オートキャンプ場(稚内)のペット同伴条件

宗谷ふれあい公園オートキャンプ場(稚内)のサイトマップ

ペット同伴が可能なのは以下のサイト

  • ロッジコテージの奥2棟
  • プライベートサイトのP17~24番(計8サイト)
  • キャンピングカーサイト(4サイト)

ペット同伴を希望される方は、狂犬病ワクチン接種日が1年以内である証明書のコピーが必要です。

また移動時には必ずリードを着用しなければいけません。

宗谷ふれあい公園オートキャンプ場(稚内)の予約方法

予約の申し込みは電話でのみの受付(現地で直接もOK)

利用したい月の3か月前からの受付なので、日程が決まったら早めに予約しましょう。

予約電話番号 0162-27-2177(対応時間:9時から17時)

最新の予約状況はこのページで確認可能です

宗谷ふれあい公園オートキャンプ場(稚内)おすすめまとめ

よく整備されていて設備も充実している、宗谷ふれあい公園オートキャンプ場。

最北のオートキャンプ場ということもあり、風が強いことが多いですし気温も少し低め。

宗谷ふれあい公園オートキャンプ場の展望台

天気がいい日の夕方には、宗谷ふれあい公園内にある展望台(車でないといけないかも)に登りましょう。

息を飲むような美しい景色を眺めることができるでしょう。

宗谷ふれあい公園オートキャンプ場

稚内市声問5丁目40-1

マップコード 353 825 172*40

問い合わせ電話番号 0162-27-2177

営業期間 4月29日~9月30日

チェックイン 13:00〜19:00(ロッジは15:00〜19:00)

チェックアウト 8:00〜11:00

ペット同伴 一部サイトは可能

宗谷ふれあい公園オートキャンプ場の公式サイトはこちら

おすすめのアウトドアグッツ

我が家がアウトドアグッツを買う時に最も重視するのはコスパの良さ!

実際に使ってみて自信を持っておすすめできるモノだけを、姉妹サイト「ジョニコミ」で紹介しています

▼参考記事はこちら

【防災にもおすすめ】中級キャンパーの我が家がおすすめする性能とコスパで選んだキャンプグッツ3選!

オートキャンプ場に行くときは、屋外でも使える延長コード(10m)も必須アイテム!黄色など目立つカラーがおすすめ

▼参考記事はこちら

キャンプ以外に災害時にも大活躍しました!最強ポータブル電源S270

我が家はソーラーパネルとセットになったタイプを購入しました

▼参考記事はこちら

コスパと寝心地で選ぶならFIELDOORのエアマットが一番おすすめ

▼参考記事はこちら

【初心者キャンパーにもおすすめ】コールマン タフスクリーン2ルームテントをおすすめする理由

▼参考記事はこちら

設置も撤収も超簡単!FIELDOORのワンタッチタープ(3m×3m)

 

我が家おすすめキャンプ場

支笏湖美笛キャンプ場

ほぼ手つかずの支笏湖湖畔で快適にキャンプ可能

【北海道人気ナンバー1】支笏湖美笛キャンプ場パーフェクトガイド!注意点や覚えておくと良いことを詳しく解説

続きを見る

オートリゾート苫小牧アルテン

圧倒的に充実している設備と、温泉隣接なのが嬉しいポイント

苫小牧漁港で海の幸を仕入れることができるのも嬉しい

オートリゾート苫小牧アルテン徹底ガイド!おすすめのサイトやコテージ・予約方法を紹介

続きを見る

オートリゾート滝野

札幌から気軽に行ける便利なキャンプ場

利用できるアクティビティも多くコスパ高め

どこよりも詳しいオートリゾート滝野ガイド!おすすめキャビンや注意点を徹底解説

続きを見る

浜益海浜公園キャンプ場

海沿いなのに芝生サイトなのでフカフカしていて気持ちいい

厚田漁港でウニやホタテを買って行くのがおすすめ

浜益川下海浜公園
札幌から1時間半で行けるキャンプ場!浜益川下海浜公園の魅力を徹底解説

続きを見る

ベルパークちっぷべつ公園キャンプ場

子供が楽しめる設備が多いので、ファミリーキャンパーにおすすめ

温泉隣接で朝風呂に入れるのも嬉しいポイント

【ファミリーキャンパー必見】ベルパークちっぷべつ公園キャンプ場(秩父別町)に我が家が毎年通う理由とは

続きを見る

月形町皆楽公園キャンプ場

温泉隣接・料金が格安(一人200円)・チェックアウト時間は何時でもOK・ゴミを捨てて帰れる…など言うことなし

【札幌から約1時間】月形町皆楽公園キャンプ場の魅力やおすすめのテント設営場所

続きを見る

宗谷ふれあい公園オートキャンプ場

とにかく一度行ってみて欲しい最北のオートキャンプ場。子供が喜ぶ無料遊具も豊富です

宗谷ふれあい公園オートキャンプ場完全ガイド!おすすポイントや注意点を紹介

続きを見る

旭川市21世紀の森キャンプ場

フリーテントサイトは予約不要&無料で利用可能!そして天然温泉になんと入り放題。

▼参考記事はこちら

旭川市21世紀の森キャンプ場徹底ガイド!おすすめのサイトや注意点を紹介

続きを見る

中級キャンパーが独断で選んだ道内キャンプ場おすすめ11選

中級キャンパーが独断で選んだ北海道のキャンプ場おすすめ11選

続きを見る

札幌近郊キャンプ場おすすめ10選(約1時間半圏内)

札幌近郊キャンプ場おすすめ10選!札幌から約1時間半以内で行ける場所だけを厳選

続きを見る

子供と一緒に楽しめる北海道キャンプ場おすすめ7選

【ファミリーキャンパー必見】子供と一緒に楽しめる北海道キャンプ場おすすめ7選

続きを見る

【お酒を飲んでも大丈夫】道内の温泉隣接キャンプ場10選

道内の温泉隣接キャンプ場10選!お酒を飲んでも歩いて行ける場所だけを厳選

続きを見る

北海道の海水浴キャンプができるおすすめキャンプ場8選

北海道の海水浴キャンプができるおすすめキャンプ場8選

続きを見る

北海道の無料&格安キャンプ場おすすめ11選

設備の充実度とコスパの良さで厳選した北海道の無料&格安キャンプ場おすすめ11選

続きを見る

▼実際に行ってみて分かった各キャンプ場の特徴やおすすめポイントを紹介

道内キャンプ場レビュー記事はこちら

▼北海道のキャンプとセイコーマートは切っても切り離せない関係

稚内市内に宿泊したいときはドーミーイン稚内がおすすめ

稚内でホテル選びに迷ったらドーミーイン稚内がおすすめ!魅力や注意点を詳しく紹介

続きを見る

ドーミーイン稚内の最安値をチェック

稚内で生うに丼を食べたいときはノシャップ岬にある樺太食堂へ行こう!

地元民もびっくりの無敵の生うに丼!樺太食堂のおすすめメニューや注意点

続きを見る

樺太食堂のすぐ横にあるノシャップ寒流水族館も稚内おすすめスポット

稚内市立ノシャップ寒流水族館
稚内に行ったらノシャップ寒流水族館に立ち寄ろう!おすすめの展示やお得な入場方法を紹介

続きを見る

ようやく短い夏が到来!【2019年版】札幌ビアガーデンおすすめ10選

【2019年版】札幌ビアガーデンおすすめ10選!定番から穴場まで厳選紹介

続きを見る

【札幌グルメ完全ガイド】絶対に間違いないお店だけを厳選紹介

札幌グルメパーフェクトガイド
【札幌グルメ完全ガイド】絶対に間違いないお店だけを厳選紹介

続きを見る

新千歳空港おすすめ完全ガイド!知っておくと役立つ21の事

新千歳空港おすすめ完全ガイド!知っておくと役立つ21の事

続きを見る

新千歳空港グルメ完全ガイド!食べないと後で後悔する本当に美味しいものだけを紹介

新千歳空港グルメ完全ガイド!食べないと後で後悔する本当に美味しいものだけを紹介

続きを見る

札幌おすすめ観光スポット20選を地元が大好きなボクが厳選(自信あり) 

札幌おすすめ観光スポット20選を地元が大好きなボクが厳選(自信あり)

続きを見る

円山動物園完全ガイド!見どころや行き方&お得に入場する方法を紹介

円山動物園完全ガイド!見どころや行き方&お得に入場する方法を紹介

続きを見る

札幌市内のおすすめ宿泊エリア5選と旅の目的別おすすめホテルを紹介

札幌市内のおすすめ宿泊エリア5選と旅の目的別おすすめホテルを紹介

続きを見る

北海道観光用の乗り捨て可能な格安レンタカーを探す方法や注意点

北海道観光用の乗り捨て可能な格安レンタカーを探す方法や注意点

続きを見る

セイコーマート完全ガイド!おすすめのお土産やオリジナル商品&大手コンビニに対抗できる理由とは

セイコーマート完全ガイド!おすすめのお土産やオリジナル商品&大手コンビニに対抗できる理由とは

続きを見る

【頑張った自分へのご褒美】札幌の日帰り温泉&スパおすすめ12選まとめ

【頑張った自分へのご褒美】札幌の日帰り温泉&スパおすすめ12選

続きを見る

【3か月無料体験中】みんなの優待の使い方やおすすめクーポンと解約方法

【無料体験実施中】みんなの優待の使い方やおすすめクーポンと解約方法

続きを見る

誰でもできる外食代を半額にする方法

当たり前ですが外食はお金がかかるので、なかなか頻繁には行けません。

ですがファンくるに登録して以来、我が家は月に数回ですが約半額で外食を楽しめています。

ファンくるは覆面調査紹介のサイトなのですが、札幌の案件は特に居酒屋系が充実。

写真を撮ったりアンケート(約60問程度)に答える必要がありますが、飲食代が半額~70%還元になり、案件によっては無料になることも。

先日も札幌市内の某焼き鳥居酒屋を覆面モニターしてきましたが、実質ほぼ無料で思う存分食べ飲みできました。

グルメ以外にもエステやマッサージが実質半額で受けられたり、新商品サンプルモニターなどの案件が充実。

利用者側にはメリットしかないサイトなので、登録しておいて損はないでしょう。

詳しくはコチラ

登録するなら今がチャンス

ここ数年で瞬く間に広がったキャッシュレス決済ですが、あまりにも種類がありすぎて圧倒されている人も多いはず

もし一つだけ登録するとしたら、おすすめなのは毎回の支払いで最大3%戻ってくるpaypay一択!

還元率だけでなくセイコーマートとセブンイレブンの両方で使えるというのが、道民にとっては嬉しいポイント

今なら新規登録と1週間以内の銀行口座登録で、なんと1000円相当プレゼント実施中

iPhoneの方はコチラ

アンドロイドスマホの方はコチラ

▼姉妹サイト「ジョニコミ」でPayPayが使えるようになったセブンイレブンのおすすめ商品を詳しく紹介

CHECK!【最新】セブンイレブンの低カロリーおすすめダイエットメニュー10選

CHECK!家飲みするなら買い出しはセブンイレブンへ!ビールに合う最強おつまみを厳選紹介

北海道で今人気のアクティビティ

北海道で楽しい思い出を作りたいときは、積極的にアクティビティ体験を申し込みましょう。

現地で申し込むことができるものもありますが、確実に参加できるよう事前にじゃらんでチェックして予約を済ませておくのがおすすめ!

じゃらんでいま特に人気があるアクティビティベスト3は……

知床五胡

世界自然遺産「知床」の絶景を海側から観光できます。

大型船で揺れも少ないのでおすすめ。

≫≫知床観光船おーろらの詳細はこちら

小樽青の洞窟クルージング

小樽「青の洞窟」は海からしか見ることのできない、小樽人気の絶景スポット。

手つかずで残っている1500万年前の大自然の迫力に、思わず感動してしまうこと間違いなしです。

小樽「青の洞窟」クルーズには、クルージング体験以外に釣り体験付き・シュノーケリング体験付きなどいくつかのプランがあるので、好みに合わせて選択しましょう。

≫≫小樽「青の洞窟」クルーズ体験の詳細はこちら

ニセコでラフティング体験

ニセコの代表的なアウトドアといえばやっぱりラフティング。

最大7名乗りのボートで協力して尻別川約8キロを漕ぎ下るコースは、控えめに言っても迫力満点。

ボートには必ずガイドが同乗するので、安全に楽しくラフティングを楽しむことができますよ。

≫≫北海道の大自然を満喫!尻別川【ニセコ・ラフティング】の詳細はこちら

じゃらん割引クーポン

じゃらんを利用するとポイントが貯まるのでお得に予約できますが、時折配布されているクーポンを利用するとさらにお得に!

なので、予約を完了させる前にじゃらんの割引クーポンが出ていないか必ずチェックしましょう。

じゃらんの割引クーポンをチェック

じゃらんの北海道人気アクティビティランキング

 

3か月無料体験中!みんなの優待

会員制割引クーポン使い放題サービス「みんなの優待」(月額490円)の無料体験期間が、今だけ3か月に大幅延長されています(通常は1か月)

※6月30日までの期間限定 好評の場合は夏まで延長予定!

もちろん3か月の無料体験期間中内に解約すれば料金は発生しません。

道内のレジャー施設や飲食店のクーポンがたくさんあるので、申し込むなら今がチャンスかなと思います

≫【今だけ3か月無料体験中】みんなの優待

-北海道アウトドア情報, 道北
-,

Copyright© さつろぐ~ジョニーさんの札幌ブログ , 2019 All Rights Reserved.