道南

【北海道海キャンプ】豊浦海浜公園キャンプ場に我が家がよく行く4つの理由

北海道の海キャンプと言えば、大きく分けると日本海側と太平洋側に分かれます。

我が家が太平洋側にキャンプに行くときに毎回お世話になっているのは、豊浦町にある豊浦海浜公園。

たくさんあるキャンプ場の中でなぜあえて豊浦海浜公園を選ぶのか、今回は熱く語ろうと思います。

※記事内の情報は執筆当時のものです。最新情報は公式サイトをご確認ください。

豊浦海浜公園キャンプ場のおすすめポイント

  • 温泉隣接の海水浴キャンプ場
  • チェックイン・アウトの時間が自由

豊浦海浜公園キャンプ場の行き方マップコード

豊浦海浜公園キャンプ場

虻田郡豊浦町浜町

マップコード 662 295 693*23(隣接している温泉のマップコード)

営業期間 例年4月下旬~11月上旬

利用料金 大人600円 子供300円

チェックインアウト 自由

豊浦海浜公園キャンプ場公式サイトはこちら

豊浦海浜公園キャンプ場は札幌から約2時間ほどのところにある豊浦町のキャンプ場。

お盆の時期などは中山峠が大渋滞するので、交通情報などを聞きながら臨機応変に進路を決めましょう。

高速を使うこともできますが距離がかなり遠回りなので、我が家は多少渋滞していても中山峠を越えて行きます。

豊浦海浜公園キャンプ場の利用料金や営業期間

豊浦海浜公園キャンプ場

豊浦海浜公園キャンプ場の利用料金は大人一人600円、子供一人300円

なお駐車料金はかからないので、車中泊をする場合は無料で泊まることができます。

日帰りキャンプも無料なのが嬉しいポイント。

料金は管理棟に払いに行くこともできますし、夕方巡回してくる係の方に払うことも可能。

※7月7日~8月25日以外の期間は係員が常駐していないので、係の人が集金に来るのを待ちましょう

ちなみに料金を払うと、テントに料金支払い済みの印を付けてくれます。

予約も必要ありませんし、チェックインやチェックアウトの時間も決まってなく、自由な時間に出たり入ったりすることが可能

非常に使い勝手が良く、思い立った時に急に行っても大丈夫なキャンプ場です。

キャンプ可能なのが4月下旬~10月末までと長めなのも、豊浦海浜公園キャンプ場の魅力と言えるでしょう

豊浦海浜公園キャンプ場の施設

(画像はとようら観光ナビより)

キャンプサイトには、2か所のシャワー・トイレ・自動販売機コーナーがあります。

豊浦海浜公園キャンプ場のトイレ

豊浦海浜公園キャンプ場のトイレ

豊浦海浜公園キャンプ場のトイレ

豊浦海浜公園キャンプ場のトイレは、ウォッシュレット式ではありませんが清潔な水洗トイレ。

豊浦海浜公園キャンプ場のシャワー

豊浦海浜公園キャンプ場のシャワー

シャワーは無料で使えますが、水のシャワーなので全身浴びるのは厳しいでしょう。

海水浴後に足を洗う程度しか使えない、と思っておいたほうが無難。

※シャワー等の中にも男女別シャワールームがあるのですが、我が家が行くときは毎回施錠されています。

豊浦海浜公園キャンプ場の炊事棟

豊浦海浜公園キャンプ場の炊事棟

豊浦海浜公園キャンプ場の炊事棟は全部で3か所。

大きくはありませんがちょうどよく分散しているので、それほど待つことなく使えるでしょう。

豊浦海浜公園キャンプ場のリヤカー

少し分かりにくいのですが、シャワー棟の裏側には荷物を運ぶためにリアカーも用意されています。

駐車場からテント設営場所まで少し歩くことになると思うので、リアカーは非常に嬉しいサービス。

使いたい人がたくさんいると思うので、使い終わったら所定の位置に戻しましょう。

我が家が豊浦海浜公園キャンプ場を選ぶ4つの理由

天然豊浦温泉しおさいに隣接している

豊浦温泉しおさい

一番大きな理由は、温泉に隣接しているということ

テントを立てる場所にもよります、徒歩5分もあれば到着するはず。

北海道の海水浴ができるキャンプ場はいろいろ行きましたが、温泉に隣接していて海水浴ができる札幌近郊のキャンプ場はかなり貴重

シャワーが付いているキャンプ場は多いのですが、やはり海に入った後はゆっくりお湯につかりたくなります。

ちなみに、私たちが一緒にキャンプに行くグループはみんなお酒を飲むので、徒歩で温泉に行けるというのはかなり大きなポイント。

豊浦温泉しおさいの営業時間は、通常期間は10:00 - 21:00(最終受付20:30)

最終受付がちょっと早めなので、油断していると温泉に入りそびれるので注意しましょう。

私たちも女性陣・男性陣に分かれて温泉に行くことが多いのですが、いつも最後の方は時間との戦いになっています。

※7月中旬~8月中旬までは夏季営業時間帯になり、10:00 - 22:00(最終受付21:30)になるので少しゆっくりできます

豊浦天然温泉しおさいをお得に利用する一つの方法は回数券を購入すること

入浴料金は大人500円ですが、12枚綴り5000円、6枚綴り2800円の回数券が販売されています。

2日連続で入る人が多いと思いますし、グループでキャンプに行っている場合は回数券で買った方が間違いなくお得に入浴することができます。

小学生用の回数券や小学生以下の子供用の回数券も販売されているので、うまく利用しましょう。

詳しい案内はこちらから

豊浦天然温泉しおさいには、「渚のしらべ」というレストランが併設されています。

私はここの「カツ丼」と「ホタテあんかけ焼きそば」が大好きですが、他にも豊浦名産ホタテを使ったいろんなメニューがありおすすめ。

キャンプ撤収する日に全部車に積み終えてから、温泉でさっぱりして、その後「渚のしらべ」でご飯を食べて帰るのが我が家の定番コースです。

北海道の海キャンプでは珍しい芝生サイト

豊浦海浜公園キャンプ場

豊浦海浜公園は、海沿いでは珍しい芝生サイトになっています

それで非常に寝心地もいいですし、砂で汚れることも少ないと言えるでしょう。

実際ここで慣れてしまうと、砂浜でキャンプするときに少し違和感を感じてしまうこともあるほどです。

なお当然のことですが、芝生なので直火は絶対に禁止です

持ってきたマキを燃やすときも、焚き火台を使いましょう。

我が家はBBQコンロ代わりにもなるスノーピークの焚き火台を愛用しています。

とようら市街地の中心地にある

豊浦町の市街地にあるので、何かあってもすぐに対応できることが多いのが嬉しいポイント。

銀行や郵便局やドラックストアも近くにありますし、ホーマック・セイコーマート・セブンイレブンは車で5分ほどのところにあります。

近くにはJA豊浦があり、採れたての魚貝を買ったり、ビールや氷を買うこともできます。

ただ田舎のJAなので、祝日に休みだったりすることもあるので注意しましょう。

また居酒屋やお寿司屋さんなど、飲食店も徒歩圏内にたくさんあります。

(画像は豊浦天然温泉しおさい公式HPより)

呑み食い処「初ちゃん」のとようら特産のホタテと豚肉を一つの串にした「ダブルdeとようら」は、ボリューム満点でおすすめの1品。

夜ご飯を食べに豊浦の街に繰り出してみるというのも、他ではなかなかできないキャンプの楽しみ方です。

豊浦海浜公園はおすすめの釣りスポット

豊浦海浜公園キャンプ場の釣り場

内浦湾に面している豊浦漁港や豊浦海浜公園は、道内有数の釣りスポットとしても知られています

釣り人用の竿台が用意されているエリアもあり、初心者からベテランまで楽しめるスポット。

子供と一緒に釣りをするのにも、最適のキャンプ場と言えるでしょう。

ちなみに前回行ったときは、私は釣れなかったのですが友人が息子と一緒にカレイを釣っていました。

豊浦海浜公園周辺では、カレイ(6月~7月)・サケ(8月~)ハモ(7月~11月)、豊浦漁港の方では、チカ(10月~3月)クロソイやアブラコ(通年)などが釣れます。

ホッケやカジカが釣れたこともありました。

日中よりも夜釣りや朝釣りの方が、釣果がある感じがします。

釣り好きな人にとって豊浦海浜公園は、キャンプと釣りの両方が楽しめる嬉しいキャンプ場。

意外と大物が釣れることもあるので、ある程度装備を充実させていくと良いでしょう。

豊浦海浜公園キャンプ場の混み具合やおすすめエリア

平日はガラガラなことが多い豊浦海浜公園ですが、週末特に海の日の3連休やお盆時期には大変混みあいます。

 

例えば、2015年の海の日3連休の記録写真があります。

豊浦海浜公園に到着したのが、3連休初日の朝の9時。

この年の3連休は、台風が近づいていて雨天予報だったのですがこんな感じです。

朝9時の時点でも、それなりにテントが張ってあります。

砂浜と芝生サイトの境目のいわゆるベストポジションや、駐車場に隣接していてオートキャンプ場のようになっているゾーンは、この時点ですでに埋まっています。

その後どんどん人が増え、12時近くにはこんな感じになりました。

豊浦海浜公園はファミリーキャンパーが多いのと、たくさんテントを立てても料金は変わらないので、1グループあたりの専有面積が多くなります

ある程度便利な場所に泊まりたいという方や広いスペースを確保したい方は、連休初日の午前中には到着しておくのがおすすめ

ちなみに水場とトイレが分散しているので、芝生サイトのどこにテントをたててもそこまで不自由ということはないはず。

豊浦海浜公園人気エリア

豊浦海浜公園人気エリア

豊浦海浜公園キャンプ場で特に人気があるエリアは、砂浜と芝生サイトの境界線

テントは芝生サイト内に立てなければいけませんが、境界線に立てれば砂浜キャンプ気分も味わうことができおすすめです。

豊浦海浜公園キャンプ場で残念なところとは

ゴミは持ち帰る必要あり

使用済みの炭は捨てることができるのですが、ゴミはすべて持ち帰らなければいけません。

そのためここでキャンプをする時は、できるだけゴミを少なくしたり、潰して小さくする努力を最初からしたほうが良いでしょう。

それでも大きなゴミ袋2つくらいは持ち帰ることになるので、帰りに車に積むときに少し苦労すると思います。

海が綺麗ではない

豊浦海浜公園砂浜

海水浴をメインに考えている方には残念なお知らせですが、豊浦の海はそこまで透明度はありません

石狩や留萌などと比べると水も冷ためですし、昆布や黒い流木が浮いていてヌルヌルしたりすることも。

ですが温泉も近くにあるので、それほど気にしないという方も多いでしょう。

実際我が家毎回30分~1時間程度しか海に入らないので、大して気になりません。

豊浦海浜公園

防波堤に囲まれていることもあり波は高くなく、安全に海水浴が可能です。

豊浦海浜公園キャンプ場おすすめまとめ

北海道で海水浴キャンプができるおすすめキャンプ場、豊浦海浜公園を紹介しました。

予約が必要なく出入りも自由、さらに温泉が隣接しているので、キャンプ初心者の方にもおすすめですよ。

▼中級キャンパーが選ぶ函館(道南)おすすめキャンプ場まとめ

恵山海浜公園キャンプ場の炊事棟
中級キャンパーが選んだ函館(道南)エリアのおすすめ人気キャンプ場9選

続きを見る

レンタルしたキャンプ用品

キャンプ場で受け取り&返却できるのが嬉しい

手ぶらキャンプしたい方は、国内最大級のアウトドアメディアが運営する「HINATAレンタル」がおすすめ

  • 行きたいキャンプ場を選んで配送先に指定するだけ
  • 返却もキャンプ場のフロントでOK(配送業者が集荷に来てくれます)
  • レンタル可能なギアの種類が豊富(そしてお手頃価格)
  • 一式揃ったビギナーセットも充実
  • 取り扱っているのはスノーピークなど一流メーカーばかり

➤➤➤レンタル可能なキャンプギアのラインナップをチェック

道内255ヶ所のキャンプ場で受け取り&返却ができるのが嬉しいポイント(2022年5月現在)

実際にチェックしてもらえると分かりますが、道内の主要キャンプ場はほぼすべて対応しています

※返却方法も簡単で、届いた箱に商品を戻し返却日の14時までにキャンプ場フロントに預ければOKです

➤➤➤HINATAレンタルに対応している道内キャンプ場をチェック

▼詳細はこちら

不要なキャンプギアは買い取りしてもらうのがおすすめ

不要なキャンプギアは買い取ってもらうのがおすすめ

新しいキャンプギアを購入したら、古いものは キャンプ用品専門買取の JUST BUY に買い取ってもらいましょう

  • 送料・査定料・梱包料・振込手数料がなんと無料(北海道でもOK)
  • 買い取ってもらえるのは140サイズ(縦横高さの合計が140cm)以下のギア
  • 送られてくる「梱包キット」に詰めて送り返すだけ(着払い用発送伝票あり)
  • 買い取りが成立したら最短当日振り込まれます(手数料無料)

キャンプ用品以外も買い取りしてくれるのが嬉しいポイント

なので、家にある不要なものもまとめて送るのがおすすめですよ

➤➤➤【全国対応】宅配買取 梱包キット申込&注意点はこちら

▼システムの詳細はこちらで確認可能です

▼札幌近郊(車で1時間半圏内)のおすすめキャンプ場をどこよりも詳しく紹介

札幌近郊キャンプ場おすすめ31選!札幌から約1時間半のおすすめキャンプ場を中級キャンパーが厳選

続きを見る

レンタカーは予約しましたか?

札幌市内をレンタカーで走る女性

北海道旅行を思いっきり満喫したい方におすすめなのが「レンタカー」

特に札幌函館旭川富良野 に行く場合、レンタカーがあるのとないのとでは満足度が大きく変わってきます!

➤➤➤【国内最大級】スカイチケットレンタカーで目安料金をチェック

札幌旅行でレンタカーがあると

レンタカーを借りるポイントは「乗り捨て料金不要」のお店を選ぶこと!

以下の記事で詳しくまとめてあるので、ポチッとする前に要チェックです

▼参考記事はこちら

札幌観光用の乗り捨て可能な格安レンタカーを探す方法や注意点

続きを見る

函館市内をドライブ中の女性
函館でレンタカーを借りるべき3つの理由&1泊2日おすすめ観光モデルプランを提案

続きを見る

トヨタレンタカー旭川駅前店
旭川でレンタカーを借りる際に覚えておくべき事&おすすめのドライブプラン

続きを見る

北海道でレンタカーを探すなら

 

▼【2022年版】札幌中心部で営業しているおすすめビヤガーデンまとめ

【2022年版】札幌ビアガーデンおすすめ16選!今年も営業している定番から穴場まで厳選紹介

続きを見る

札幌おすすめビアガーデン【2022年版】

串鳥に100回以上通った私が選ぶおすすめメニュー12選&お得なランチや裏技を紹介

串鳥のつくねとハイボール
串鳥に100回以上通った私が選ぶおすすめメニュー12選&お得なランチや裏技を紹介

続きを見る

▼【SNS映え間違いなし】並んででも食べる価値のある札幌おすすめシメパフェ店10選(最新版)

バーラーペンギン堂おすすめシメパフェ(夜パフェ)「苺とヨーグルトのパルフェ」
【SNS映え間違いなし】並んででも食べる価値のある札幌おすすめシメパフェ店10選(2022年版)

続きを見る

【ほぼ全メニュー制覇】20年以上「おにぎりのありんこ」に通う私が選んだおすすめ16選&注意点

おにぎり専門店「ありんこ」のおすすめメニュー
【ほぼ全メニュー制覇】20年以上「おにぎりのありんこ」に通う私が選んだおすすめ16選&注意点

続きを見る

▼4月18日(月)より予約受付開始予定!「サッポロ割」完全攻略法も要チェック

サッポロ割の詳細
【サッポロ割2022】80泊以上して分かった攻略法やおすすめホテル&スマイルクーポンの賢い使い方

続きを見る

サッポロ割のネット予約

 

北海道で今人気のアクティビティ

北海道で楽しい思い出を作りたいときは、積極的にアクティビティ体験を申し込みましょう

現地で申し込むことができるものもありますが、確実に参加できるよう事前にじゃらんでチェックして予約を済ませておくのがおすすめ!

じゃらんでいま特に人気があるアクティビティは……

小樽青の洞窟クルージング

小樽「青の洞窟」は、海からしか見ることのできない小樽人気の絶景スポット

手つかずで残っている1500万年前の大自然の迫力に、思わず感動してしまうこと間違いなしです。

小樽「青の洞窟」クルーズには、クルージング体験以外に釣り体験付き・シュノーケリング体験付きなどいくつかのプランがあるので、好みに合わせて選択しましょう。

➤➤➤小樽「青の洞窟」クルーズ体験の詳細はこちら

クロスホテル札幌ランチブッフェ

シェフによる迫力のライブクッキングなどが人気のホテルランチブッフェ

時間無制限の所が多いので、ゆっくり語り合いたいときにもおすすめ

➤➤➤いま札幌市内で人気のホテルランチブッフェはここ!

▼参考記事はこちら

京王プラザホテル札幌おすすめブッフェバイキング(朝食・ランチ)
札幌ホテルランチブッフェおすすめ4選!女子会やデートにもおすすめの間違いないレストランをシチュエーション別に厳選

続きを見る

JRタワーホテル日航のスパ

札幌駅直結のJRタワーホテル日航札幌22階にある天然温泉スカイリゾートスパ『プラウブラン』の日帰り入浴(2時間)

女性スパにはマッサージ効果があると言われているマッサージバス「カルニアアイル」やバイブラバスがあり、ゆったりと流れる贅沢な時間を堪能できるはず

➤➤➤天然温泉スカイリゾートスパ『プラウブラン』の詳細

▼参考記事はこちら

【頑張った自分へのご褒美】札幌の日帰り温泉&スパおすすめ12選

続きを見る

じゃらん割引クーポン

じゃらんでは定期的に遊び・体験予約に使えるクーポンが配布されています

予約を完了させる前に、じゃらんの割引クーポンが出ていないか忘れずにチェックしましょう

今配布中のじゃらんの割引クーポン

【最新】北海道人気アクティビティランキング

フードデリバリーで飲食店を応援

Wolt(ウォルト)札幌おすすめ店⑱バル・エスパーニャ カルネ(パエリア)

少し前までは大手チェーン店しか宅配に対応していませんでしたが、ここ数年でUberEatsやウォルトなどが札幌市内でのサービスを次々と開始!

人気店の本格的なグルメを自宅や職場で気軽に楽しめるようになりました

最新のWolt札幌配達エリア

札幌市内ほぼ全域をカバー

我が家が最もよく利用しているフードデリバリーサービスはWolt(ウォルト)

他のサービスでは注文できないレストランやスーパー・コンビニなども加盟しているため、文字通り何でも頼めるのが嬉しいポイント

最近はコストコからのデリバリーにハマっています

2020年12月より旭川、2021年3月より函館、2021年8月より千歳帯広でも利用できるようになりました

Wolt ウォルト : フードデリバリー

Wolt ウォルト : フードデリバリー

無料posted withアプリーチ

以下のプロモコードを登録時に入力することにより、Wolt最初の3回の注文がなんと600円割引に(合計で1800円割引になります)

コードを入れなくても登録は可能ですが、600円×3回は結構大きいので使わないのはもったいないかなと思います

 7AZGZ 

※コピペ可能です

▼実際に頼んでみてリピート決定のお店は以下の記事を参照

woltイメージキャラクター「ユーホ」
【札幌で300回以上利用】Wolt(ウォルト)を実際に使って見て分かった魅力や注意点&美味しかったレストラン61選

続きを見る

UBER EATSの配達バック

サービス開始当初は少しバタバタしていましたが、いまや北海道に欠かせないデリバリーサービスとなったUberEats(ウーバーイーツ)

サービスエリアはWolt(ウォルト)と比べるとかなり広めで、魅力的なレストランパートナーも急増中。

クレジットカード以外に現金やPayPayでの支払いに対応しているのも嬉しいポイント!

スシローのUbereats紹介画面

Uber Eatsで注文したスシロー

Uber Eatsで注文したスシロー

我が家はスシローを注文するときにUber Eatsをよく利用します

➤➤➤Uber Eats 配達エリアチェックはこちら

ウーバーイーツダウンロード画面

以下のプロモコードを登録時に入力すると、初回注文時になんと1000円分割引になります(最低注文金額1500円)

コードを入れなくても登録は可能ですが、1000円オフのクーポンはなかなかないので使わないのは絶対もったいないと思います

【JPEATS500

(2022年7月1日~7月31日まで有効)※コピペ可能です

以下のリンクよりUber Eats アプリをダウンロードし、アカウント内のプロモーションにコードを入力してご使用ください

▼アプリのダウンロードはこちらから

➤➤➤iOSでUber Eatsアプリをダウンロード

➤➤➤AndroidでUber Eatsアプリをダウンロード

➤➤➤Uber Eats(ウーバーイーツ)で注文可能なお店のラインナップをチェック

▼実際に我が家がウーバーイーツでよく頼むメニューはこちら

Uber Eats(ウーバーイーツ)を札幌で実際に使ってみて分かった魅力や注意点&おすすめグルメ22選

続きを見る

▼運動がてらウーバーイーツの配達員もやってみました

Uber Eats 配達員を札幌で稼働してわかったこと
【運動不足解消&ダイエット】札幌でUber Eats 配達パートナーをするメリット&覚えておくべき注意点

続きを見る

中級キャンパーが選んだ札幌近郊キャンプ場おすすめまとめ!札幌から約1時間半以内で行ける場所だけを厳選

札幌近郊キャンプ場おすすめ31選!札幌から約1時間半のおすすめキャンプ場を中級キャンパーが厳選

続きを見る

新千歳空港グルメ完全ガイド!食べないと後で後悔する本当に美味しいものだけを紹介

新千歳空港2階ショッピングワールド
新千歳空港グルメおすすめ16選!空港マニアが選ぶ北海道で絶対に食べてほしいメニューはこれ

続きを見る

地元民が全力で厳選した札幌おすすめグルメ完全ガイド【最新版】

うにむらかみの三色丼
ジョニーさんが厳選した札幌おすすめグルメ25選【2022年版】人気店から地元民が通う格安穴場まで

続きを見る

札幌おすすめ観光スポット20選を地元が大好きなボクが厳選

地元民がお客さんを本気でアテンドする際に外せない札幌おすすめ観光スポット20選

続きを見る

地元民が教える札幌夜景スポットおすすめ7選!深夜ドライブデートにも使える定番から穴場まで

赤れんが庁舎の夜景
地元民が教える札幌夜景スポットおすすめ7選!深夜ドライブデートにも使える定番から穴場まで

続きを見る

北海道観光用の乗り捨て可能な格安レンタカーを探す方法や注意点

札幌観光用の乗り捨て可能な格安レンタカーを探す方法や注意点

続きを見る

小樽グルメおすすめ完全ガイド!地元民が通う間違いないお店や穴場店を厳選紹介

小樽の海鮮丼
小樽グルメおすすめ完全ガイド!地元民が通う間違いないお店や穴場店を厳選紹介

続きを見る

函館グルメおすすめ完全ガイド!地元民が通う間違いないお店や穴場店を厳選紹介

日吉町で育った私が自信を持っておすすめする函館グルメ19選!人気店から穴場店まで

続きを見る

元地元民が選んだ旭川で絶対に食べておきたいおすすめ人気グルメ9選

旭川おすすめ人気グルメ
元地元民が選んだ旭川で絶対に食べておきたいおすすめ人気グルメ9選

続きを見る

十勝の恵みを味わいつくそう!道産子ブロガーが選んだ帯広グルメおすすめ人気8選

「豚丼のかしわ」豚丼(中)
ダイエットを忘れて食い倒れたい「帯広グルメおすすめ人気8選」を道産子ブロガーが厳選

続きを見る

結婚するまで本籍地が富良野だった私が選ぶおすすめ観光スポット10選

富良野観光スポットおすすめ⑨なかふらの町営北星山ラベンダー園
結婚するまで本籍地が富良野だった私が選ぶおすすめ観光スポット10選

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
ジョニーさんのアバター

ジョニー

北海道とタイの2拠点を夫婦で行ったり来たりしている地域ブロガー

ホテルステイ&空港マニアで、B級グルメやタイ料理も大好き

コスパや利便性にこだわった中級キャンパー10年目

更新情報やちょっとしたことはツイッター(@johnny__88)で発信しています

➤➤➤詳細なプロフィールはこちら

-道南