北海道アウトドア情報 道南

【北海道海キャンプ】豊浦海浜公園キャンプ場に我が家がよく行く4つの理由

2017-05-19

北海道の海キャンプと言えば、大きく分けると日本海側と太平洋側に分かれます。

我が家が太平洋側にキャンプに行くときに毎回お世話になっているのは、豊浦町にある豊浦海浜公園。

たくさんあるキャンプ場の中でなぜあえて豊浦海浜公園を選ぶのか、今回は熱く語ろうと思います。

※記事内の情報は執筆当時のものです。最新情報は公式サイトをご確認ください。

豊浦海浜公園キャンプ場のおすすめポイント

  • 温泉隣接の海水浴キャンプ場
  • チェックイン・アウトの時間が自由

豊浦海浜公園キャンプ場の行き方マップコード

豊浦海浜公園キャンプ場

虻田郡豊浦町浜町

マップコード 662 295 693*23(隣接している温泉のマップコード)

営業期間 例年4月下旬~11月上旬

利用料金 大人600円 子供300円

チェックインアウト 自由

豊浦海浜公園キャンプ場公式サイトはこちら

豊浦海浜公園キャンプ場は札幌から約2時間ほどのところにある豊浦町のキャンプ場。

お盆の時期などは中山峠が大渋滞するので、交通情報などを聞きながら臨機応変に進路を決めましょう。

高速を使うこともできますが距離がかなり遠回りなので、我が家は多少渋滞していても中山峠を越えて行きます。

豊浦海浜公園キャンプ場の利用料金や営業期間

豊浦海浜公園キャンプ場

豊浦海浜公園キャンプ場の利用料金は大人一人600円、子供一人300円

なお駐車料金はかからないので、車中泊をする場合は無料で泊まることができます。

日帰りキャンプも無料なのが嬉しいポイント。

料金は管理棟に払いに行くこともできますし、夕方巡回してくる係の方に払うことも可能。

※7月7日~8月25日以外の期間は係員が常駐していないので、係の人が集金に来るのを待ちましょう

ちなみに料金を払うと、テントに料金支払い済みの印を付けてくれます。

予約も必要ありませんし、チェックインやチェックアウトの時間も決まってなく、自由な時間に出たり入ったりすることが可能

非常に使い勝手が良く、思い立った時に急に行っても大丈夫なキャンプ場です。

キャンプ可能なのが4月下旬~10月末までと長めなのも、豊浦海浜公園キャンプ場の魅力と言えるでしょう

豊浦海浜公園キャンプ場の施設

(画像はとようら観光ナビより)

キャンプサイトには、2か所のシャワー・トイレ・自動販売機コーナーがあります。

豊浦海浜公園キャンプ場のトイレ

豊浦海浜公園キャンプ場のトイレ

豊浦海浜公園キャンプ場のトイレ

豊浦海浜公園キャンプ場のトイレは、ウォッシュレット式ではありませんが清潔な水洗トイレ。

豊浦海浜公園キャンプ場のシャワー

豊浦海浜公園キャンプ場のシャワー

シャワーは無料で使えますが、水のシャワーなので全身浴びるのは厳しいでしょう。

海水浴後に足を洗う程度しか使えない、と思っておいたほうが無難。

※シャワー等の中にも男女別シャワールームがあるのですが、我が家が行くときは毎回施錠されています。

豊浦海浜公園キャンプ場の炊事棟

豊浦海浜公園キャンプ場の炊事棟

豊浦海浜公園キャンプ場の炊事棟は全部で3か所。

大きくはありませんがちょうどよく分散しているので、それほど待つことなく使えるでしょう。

豊浦海浜公園キャンプ場のリヤカー

少し分かりにくいのですが、シャワー棟の裏側には荷物を運ぶためにリアカーも用意されています。

駐車場からテント設営場所まで少し歩くことになると思うので、リアカーは非常に嬉しいサービス。

使いたい人がたくさんいると思うので、使い終わったら所定の位置に戻しましょう。

我が家が豊浦海浜公園キャンプ場を選ぶ4つの理由

天然豊浦温泉しおさいに隣接している

豊浦温泉しおさい

一番大きな理由は、温泉に隣接しているということ

テントを立てる場所にもよります、徒歩5分もあれば到着するはず。

北海道の海水浴ができるキャンプ場はいろいろ行きましたが、温泉に隣接していて海水浴ができる札幌近郊のキャンプ場はかなり貴重

シャワーが付いているキャンプ場は多いのですが、やはり海に入った後はゆっくりお湯につかりたくなります。

ちなみに、私たちが一緒にキャンプに行くグループはみんなお酒を飲むので、徒歩で温泉に行けるというのはかなり大きなポイント。

豊浦温泉しおさいの営業時間は、通常期間は10:00 - 21:00(最終受付20:30)

最終受付がちょっと早めなので、油断していると温泉に入りそびれるので注意しましょう。

私たちも女性陣・男性陣に分かれて温泉に行くことが多いのですが、いつも最後の方は時間との戦いになっています。

※7月中旬~8月中旬までは夏季営業時間帯になり、10:00 - 22:00(最終受付21:30)になるので少しゆっくりできます

豊浦天然温泉しおさいをお得に利用する一つの方法は回数券を購入すること

入浴料金は大人500円ですが、12枚綴り5000円、6枚綴り2800円の回数券が販売されています。

2日連続で入る人が多いと思いますし、グループでキャンプに行っている場合は回数券で買った方が間違いなくお得に入浴することができます。

小学生用の回数券や小学生以下の子供用の回数券も販売されているので、うまく利用しましょう。

詳しい案内はこちらから

豊浦天然温泉しおさいには、「渚のしらべ」というレストランが併設されています。

私はここの「カツ丼」と「ホタテあんかけ焼きそば」が大好きですが、他にも豊浦名産ホタテを使ったいろんなメニューがありおすすめ。

キャンプ撤収する日に全部車に積み終えてから、温泉でさっぱりして、その後「渚のしらべ」でご飯を食べて帰るのが我が家の定番コースです。

北海道の海キャンプでは珍しい芝生サイト

豊浦海浜公園キャンプ場

豊浦海浜公園は、海沿いでは珍しい芝生サイトになっています

それで非常に寝心地もいいですし、砂で汚れることも少ないと言えるでしょう。

実際ここで慣れてしまうと、砂浜でキャンプするときに少し違和感を感じてしまうこともあるほどです。

なお当然のことですが、芝生なので直火は絶対に禁止です

持ってきたマキを燃やすときも、焚き火台を使いましょう。

我が家はBBQコンロ代わりにもなるスノーピークの焚き火台を愛用しています。

とようら市街地の中心地にある

豊浦町の市街地にあるので、何かあってもすぐに対応できることが多いのが嬉しいポイント。

銀行や郵便局やドラックストアも近くにありますし、ホーマック・セイコーマート・セブンイレブンは車で5分ほどのところにあります。

近くにはJA豊浦があり、採れたての魚貝を買ったり、ビールや氷を買うこともできます。

ただ田舎のJAなので、祝日に休みだったりすることもあるので注意しましょう。

また居酒屋やお寿司屋さんなど、飲食店も徒歩圏内にたくさんあります。

(画像は豊浦天然温泉しおさい公式HPより)

呑み食い処「初ちゃん」のとようら特産のホタテと豚肉を一つの串にした「ダブルdeとようら」は、ボリューム満点でおすすめの1品。

夜ご飯を食べに豊浦の街に繰り出してみるというのも、他ではなかなかできないキャンプの楽しみ方です。

豊浦海浜公園はおすすめの釣りスポット

豊浦海浜公園キャンプ場の釣り場

内浦湾に面している豊浦漁港や豊浦海浜公園は、道内有数の釣りスポットとしても知られています

釣り人用の竿台が用意されているエリアもあり、初心者からベテランまで楽しめるスポット。

子供と一緒に釣りをするのにも、最適のキャンプ場と言えるでしょう。

ちなみに前回行ったときは、私は釣れなかったのですが友人が息子と一緒にカレイを釣っていました。

豊浦海浜公園周辺では、カレイ(6月~7月)・サケ(8月~)ハモ(7月~11月)、豊浦漁港の方では、チカ(10月~3月)クロソイやアブラコ(通年)などが釣れます。

ホッケやカジカが釣れたこともありました。

日中よりも夜釣りや朝釣りの方が、釣果がある感じがします。

釣り好きな人にとって豊浦海浜公園は、キャンプと釣りの両方が楽しめる嬉しいキャンプ場。

意外と大物が釣れることもあるので、ある程度装備を充実させていくと良いでしょう。

豊浦海浜公園キャンプ場の混み具合やおすすめエリア

平日はガラガラなことが多い豊浦海浜公園ですが、週末特に海の日の3連休やお盆時期には大変混みあいます。

 

例えば、2015年の海の日3連休の記録写真があります。

豊浦海浜公園に到着したのが、3連休初日の朝の9時。

この年の3連休は、台風が近づいていて雨天予報だったのですがこんな感じです。

朝9時の時点でも、それなりにテントが張ってあります。

砂浜と芝生サイトの境目のいわゆるベストポジションや、駐車場に隣接していてオートキャンプ場のようになっているゾーンは、この時点ですでに埋まっています。

その後どんどん人が増え、12時近くにはこんな感じになりました。

豊浦海浜公園はファミリーキャンパーが多いのと、たくさんテントを立てても料金は変わらないので、1グループあたりの専有面積が多くなります

ある程度便利な場所に泊まりたいという方や広いスペースを確保したい方は、連休初日の午前中には到着しておくのがおすすめ

ちなみに水場とトイレが分散しているので、芝生サイトのどこにテントをたててもそこまで不自由ということはないはず。

豊浦海浜公園人気エリア

豊浦海浜公園人気エリア

豊浦海浜公園キャンプ場で特に人気があるエリアは、砂浜と芝生サイトの境界線

テントは芝生サイト内に立てなければいけませんが、境界線に立てれば砂浜キャンプ気分も味わうことができおすすめです。

豊浦海浜公園キャンプ場で残念なところとは

ゴミは持ち帰る必要あり

使用済みの炭は捨てることができるのですが、ゴミはすべて持ち帰らなければいけません。

そのためここでキャンプをする時は、できるだけゴミを少なくしたり、潰して小さくする努力を最初からしたほうが良いでしょう。

それでも大きなゴミ袋2つくらいは持ち帰ることになるので、帰りに車に積むときに少し苦労すると思います。

海が綺麗ではない

豊浦海浜公園砂浜

海水浴をメインに考えている方には残念なお知らせですが、豊浦の海はそこまで透明度はありません

石狩や留萌などと比べると水も冷ためですし、昆布や黒い流木が浮いていてヌルヌルしたりすることも。

ですが温泉も近くにあるので、それほど気にしないという方も多いでしょう。

実際我が家毎回30分~1時間程度しか海に入らないので、大して気になりません。

豊浦海浜公園

防波堤に囲まれていることもあり波は高くなく、安全に海水浴が可能です。

豊浦海浜公園キャンプ場おすすめまとめ

北海道で海水浴キャンプができるおすすめキャンプ場、豊浦海浜公園を紹介しました。

予約が必要なく出入りも自由、さらに温泉が隣接しているので、キャンプ初心者の方にもおすすめですよ。

おすすめのアウトドア&防災グッツ

我が家がアウトドアグッツを買う時に最も重視するのはコスパの良さ!

実際に使ってみて自信を持っておすすめできるモノだけを、姉妹サイト「ジョニコミ」で紹介しています

アウトドアグッツは防災グッツにもなるので、揃えておいて損はないかなと思っています。

※2018年北海道胆振東部地震の時に1日以上停電が続いたときは、いろいろ揃えておいてよかったと本気で思いました!

▼最も役立ったのはこちらのポータブル電源

キャンプ以外に災害時にも大活躍しました!最強ポータブル電源S270

我が家はソーラーパネルとセットになったタイプを購入しました

【限定セット】suaoki ポータブル電源 S270 ソーラーチャージャー 60W キャンプ 車中泊 キャンピングカー テント アウトドア 防災 電気代節約 非常用電源 太陽光発電 省エネ 防災グッズ 急速充電 防災グッズ 停電対策

▼停電時には長時間稼働可能なライトも重要

【防災にもおすすめ】中級キャンパーの我が家がおすすめする性能とコスパで選んだキャンプグッツ3選!

オートキャンプ場に行くときは、屋外でも使える延長コード(10m)も必須アイテム!黄色など目立つカラーがおすすめ

▼車中泊やテント泊の強い味方

コスパと寝心地で選ぶならFIELDOORのエアマットが一番おすすめ

▼今イチオシのテント!初めてのテントならこちらがおすすめ

【初心者キャンパーにもおすすめ】コールマン タフスクリーン2ルームテントをおすすめする理由

▼タープがあると雨ふりキャンプでも全く問題なし

設置も撤収も超簡単!FIELDOORのワンタッチタープ(3m×3m)

我が家おすすめキャンプ場

支笏湖美笛キャンプ場

ほぼ手つかずの支笏湖湖畔で快適にキャンプ可能

【北海道人気ナンバー1】支笏湖美笛キャンプ場パーフェクトガイド!注意点や覚えておくと良いことを詳しく解説

続きを見る

オートリゾート苫小牧アルテン

圧倒的に充実している設備と、温泉隣接なのが嬉しいポイント

苫小牧漁港で海の幸を仕入れることができるのも嬉しい

オートリゾート苫小牧アルテン徹底ガイド!おすすめのサイトやコテージ・予約方法を紹介

続きを見る

オートリゾート滝野

札幌から気軽に行ける便利なキャンプ場

利用できるアクティビティも多くコスパ高め

どこよりも詳しいオートリゾート滝野ガイド!おすすめキャビンや注意点を徹底解説

続きを見る

浜益海浜公園キャンプ場

海沿いなのに芝生サイトなのでフカフカしていて気持ちいい

厚田漁港でウニやホタテを買って行くのがおすすめ

浜益川下海浜公園
札幌から1時間半で行けるキャンプ場!浜益川下海浜公園の魅力を徹底解説

続きを見る

ベルパークちっぷべつ公園キャンプ場

子供が楽しめる設備が多いので、ファミリーキャンパーにおすすめ

温泉隣接で朝風呂に入れるのも嬉しいポイント

【ファミリーキャンパー必見】ベルパークちっぷべつ公園キャンプ場(秩父別町)に我が家が毎年通う理由とは

続きを見る

月形町皆楽公園キャンプ場

温泉隣接・料金が格安(一人200円)・チェックアウト時間は何時でもOK・ゴミを捨てて帰れる…など言うことなし

【札幌から約1時間】月形町皆楽公園キャンプ場の魅力やおすすめのテント設営場所

続きを見る

宗谷ふれあい公園オートキャンプ場

とにかく一度行ってみて欲しい最北のオートキャンプ場。子供が喜ぶ無料遊具も豊富です

宗谷ふれあい公園オートキャンプ場完全ガイド!おすすポイントや注意点を紹介

続きを見る

旭川市21世紀の森キャンプ場

フリーテントサイトは予約不要&無料で利用可能!そして天然温泉になんと入り放題。

▼参考記事はこちら

旭川市21世紀の森キャンプ場徹底ガイド!おすすめのサイトや注意点を紹介

続きを見る

中級キャンパーが独断で選んだ道内キャンプ場おすすめ11選

中級キャンパーが独断で選んだ北海道のキャンプ場おすすめ11選

続きを見る

札幌近郊キャンプ場おすすめ10選(約1時間半圏内)

札幌近郊キャンプ場おすすめ10選!札幌から約1時間半以内で行ける場所だけを厳選

続きを見る

子供と一緒に楽しめる北海道キャンプ場おすすめ7選

【ファミリーキャンパー必見】子供と一緒に楽しめる北海道キャンプ場おすすめ7選

続きを見る

【お酒を飲んでも大丈夫】道内の温泉隣接キャンプ場10選

道内の温泉隣接キャンプ場10選!お酒を飲んでも歩いて行ける場所だけを厳選

続きを見る

北海道の海水浴キャンプができるおすすめキャンプ場8選

北海道の海水浴キャンプができるおすすめキャンプ場8選

続きを見る

北海道の無料&格安キャンプ場おすすめ11選

設備の充実度とコスパの良さで厳選した北海道の無料&格安キャンプ場おすすめ11選

続きを見る

▼実際に行ってみて分かった各キャンプ場の特徴やおすすめポイントを紹介

道内キャンプ場レビュー記事はこちら

▼北海道のキャンプとセイコーマートは切っても切り離せない関係

もうちょっと道南に足を伸ばしたいという方にはこちらの記事もおすすめ!長万部までなら1時間ほどで到着します

【長万部って読めますか?】全国でも大人気の駅弁「かにめし」なぜこんなにおいしいのか真剣に考えてみた

続きを見る

函館も高速に乗ればあっという間に着いちゃいます

Jolly Jellyfishのステピ
函館B級グルメおすすめ5選まとめ!地元民に長年愛されるソウルフードだけを厳選

続きを見る

【札幌グルメ完全ガイド】絶対に間違いないお店だけを厳選紹介

札幌グルメパーフェクトガイド
【札幌グルメ完全ガイド】絶対に間違いないお店だけを厳選紹介

続きを見る

誰でもできる外食代を半額にする方法

当たり前ですが外食はお金がかかるので、なかなか頻繁には行けません。

ですがファンくるに登録して以来、我が家は月に数回ですが約半額で外食を楽しめています。

ファンくるは覆面調査紹介のサイトなのですが、札幌の案件は特に居酒屋系が充実。

写真を撮ったりアンケート(約60問程度)に答える必要がありますが、飲食代が半額~70%還元になり、案件によっては無料になることも。

先日も札幌市内の某焼き鳥居酒屋を覆面モニターしてきましたが、実質ほぼ無料で思う存分食べ飲みできました。

グルメ以外にもエステやマッサージが実質半額で受けられたり、新商品サンプルモニターなどの案件が充実。

利用者側にはメリットしかないサイトなので、登録しておいて損はないでしょう。

詳しくはコチラ

3か月無料体験中!みんなの優待

会員制割引クーポン使い放題サービス「みんなの優待」(月額490円)の無料体験期間が、今だけ3か月に大幅延長されています(通常は1か月)

もちろん3か月の無料体験期間中内に解約すれば料金は発生しません。

道内のレジャー施設や飲食店のクーポンがたくさんあるので、申し込むなら今がチャンスかなと思います

≫【今だけ3か月無料体験中】みんなの優待

登録するなら今がチャンス

ここ数年で瞬く間に広がったキャッシュレス決済ですが、あまりにも種類がありすぎて圧倒されている人も多いはず

もし一つだけ登録するとしたら、おすすめなのは毎回の支払いで最大3%戻ってくるpaypay一択!

還元率だけでなくセイコーマートとセブンイレブンの両方で使えるというのが、道民にとっては嬉しいポイント

今なら新規登録と1週間以内の銀行口座登録で、なんと1000円相当プレゼント実施中

iPhoneの方はコチラ

アンドロイドスマホの方はコチラ

▼姉妹サイト「ジョニコミ」でPayPayが使えるようになったセブンイレブンのおすすめ商品を詳しく紹介

CHECK!【最新】セブンイレブンの低カロリーおすすめダイエットメニュー10選

CHECK!家飲みするなら買い出しはセブンイレブンへ!ビールに合う最強おつまみを厳選紹介

北海道で今人気のアクティビティ

北海道で楽しい思い出を作りたいときは、積極的にアクティビティ体験を申し込みましょう。

現地で申し込むことができるものもありますが、確実に参加できるよう事前にじゃらんでチェックして予約を済ませておくのがおすすめ!

じゃらんでいま特に人気があるアクティビティベスト3は……

知床五胡

世界自然遺産「知床」の絶景を海側から観光できます。

大型船で揺れも少ないのでおすすめ。

≫≫知床観光船おーろらの詳細はこちら

小樽青の洞窟クルージング

小樽「青の洞窟」は海からしか見ることのできない、小樽人気の絶景スポット。

手つかずで残っている1500万年前の大自然の迫力に、思わず感動してしまうこと間違いなしです。

小樽「青の洞窟」クルーズには、クルージング体験以外に釣り体験付き・シュノーケリング体験付きなどいくつかのプランがあるので、好みに合わせて選択しましょう。

≫≫小樽「青の洞窟」クルーズ体験の詳細はこちら

ニセコでラフティング体験

ニセコの代表的なアウトドアといえばやっぱりラフティング。

最大7名乗りのボートで協力して尻別川約8キロを漕ぎ下るコースは、控えめに言っても迫力満点。

ボートには必ずガイドが同乗するので、安全に楽しくラフティングを楽しむことができますよ。

≫≫北海道の大自然を満喫!尻別川【ニセコ・ラフティング】の詳細はこちら

じゃらん割引クーポン

じゃらんを利用するとポイントが貯まるのでお得に予約できますが、時折配布されているクーポンを利用するとさらにお得に!

なので、予約を完了させる前にじゃらんの割引クーポンが出ていないか必ずチェックしましょう。

じゃらんの割引クーポンをチェック

じゃらんの北海道人気アクティビティランキング

 

-北海道アウトドア情報, 道南
-

Copyright© さつろぐ~ジョニーさんの札幌ブログ , 2019 All Rights Reserved.