日本銀行旧小樽支店金融資料館




小樽

古き良き時代の息吹を感じられる北のウォール街(小樽)を楽しむためのポイントやおすすめ4選

大正から昭和初期にかけての小樽は道内の中で最も銀行が多い街として知られていたこともあり、世界金融の中心ニューヨークのウォール街をもじり「北のウォール街」と呼ばれることも。

その名残は現在でも見ることができ、色内大通りや日銀通りには道路の左右にレトロな石造りの建物が立ち並んでいます。

と言うわけでこの記事では、小樽市指定の歴史的建造物に指定されている北のウォール街を散策するうえで知っておくと役立つことを詳しく紹介します

※記事内の情報は執筆当時のものです。最新情報は公式サイトをご確認ください

北のウォール街(小樽)の行き方アクセス

大正から昭和初期にかけて北海道屈指の金融街であった小樽ですが、現在でも当時の建物が「北のウォール街」と呼ばれるエリアに残されています。

小樽観光MAP

小樽駅から徒歩10分前後の場所にあり、小樽運河や寿司屋通りにも近いため気軽に散策することが可能。

北のウォール街

ほとんどの建物は外観のみを楽しむ感じになりますが、日本銀行旧小樽支店金融資料館や小樽芸術村(三井銀行小樽支店)は入館することが可能。

特に日本銀行旧小樽支店金融資料館は無料で見学可能なので、絶対立ち寄ることをおすすめします

ライトアップされた北のウォール街

日本銀行旧小樽支店金融資料館のライトアップ

北のウォール街にある多くの建物は、夜間ライトアップされます。

日中でも十分レトロな建築物を楽しむことができますが、ライトアップされた建物はより一層重厚感や荘厳な雰囲気が出ておすすめ。

夜の小樽の街からホテルに帰る際は、少し寄り道して北のウォール街を経由するとより楽しめるでしょう。

北のウォール街(小樽)おすすめ①日本銀行旧小樽支店金融資料館(無料見学可能)

日本銀行旧小樽支店金融資料館

日本銀行旧小樽支店

小樽市色内 1-11-16

0134-21-1111

営業時間 9時半~17時(最終入場16時半)

※冬期間(12月~3月は10時~17時)

休館日 水曜日

日本銀行旧小樽支店金融資料館公式サイトはこちら

日本銀行旧小樽支店金融資料館

北のウォール街のメインになる建物と言えば、無料で見学可能な日本銀行旧小樽支店金融資料館。

レトロ建築がたくさんある北のウォール街の中でも、日本銀行旧小樽支店の洗練されたデザインと存在感は控えめに言っても別格です。

※水曜日は定休日なので要注意

平成14年9月で銀行業務を終了した後、平成15年5月より現在の金融資料館として生まれ変わりました。

日本銀行旧小樽支店金融資料館

日本銀行旧小樽支店は、明治45年(1912年)に辰野金吾・長野宇平治らの設計によって建造された小樽市指定の有形文化財。

一通り外観を楽しんだら、館内に入りましょう(無料で入れますが記帳する必要あり)

日本銀行旧小樽支店金融資料館

日本銀行旧小樽支店金融資料館

日本銀行旧小樽支店金融資料館

様々な展示がありますが日本銀行の歴史や金融の仕組みが分かりやすく説明されているため、小学生高学年の子供であれば理解できるはず。

日本銀行旧小樽支店金融資料館

展示物も素晴らしいですが、豪華な造りの建物自体からも当時の繁栄ぶりを感じることが可能。

日本銀行旧小樽支店金融資料館

日本銀行旧小樽支店金融資料館

日本銀行旧小樽支店金融資料館

当時を再現した模型があるので、それぞれの位置関係をここで復習しておきましょう。

日本銀行旧小樽支店金融資料館

日本銀行旧小樽支店金融資料館

日本銀行旧小樽支店金融資料館

昔のお札が展示されているコーナーもなかなか楽しめます。

日本銀行旧小樽支店金融資料館

「お札の一生」の展示

日本銀行旧小樽支店金融資料館  

日本銀行旧小樽支店金融資料館

そして、子供たちが間違いなくテンションが上がる展示が「1億円体験コーナー」

日本銀行旧小樽支店金融資料館

日本銀行旧小樽支店金融資料館

実際に1億円をもって写真を撮ることも可能。

日本銀行旧小樽支店金融資料館

日本銀行旧小樽支店金融資料館

後半部分はビデオなど視覚に訴える展示が多いため、恐らく最後まで飽きずに楽しめるでしょう。

日本銀行旧小樽支店金融資料館

日本銀行旧小樽支店金融資料館

出口近くには売店があり、元銀行ならではのお土産を購入することができますよ。

日本銀行旧小樽支店金融資料館

見学に要する時間は30分程度で、無料の資料館とは思えないほど楽しめるはず。

夜間ライトアップされた日本銀行旧小樽支店金融資料館もおすすめです。

北のウォール街(小樽)おすすめ②旧三井銀行小樽支店 (小樽芸術村)

北のウォール街(小樽)おすすめ②旧三井銀行小樽支店 (小樽芸術村)

旧三井銀行小樽支店

小樽市色内1丁目3-1

0134-31-1033

開館時間 9時半~17時(入場は閉館30分前まで)

※11月~4月は10時~16時

定休日 11月~4月は毎週水曜(祝日の場合はその翌日)

旧三井銀行小樽支店(小樽芸術村)公式サイトはこちら

北のウォール街(小樽)おすすめ②旧三井銀行小樽支店 (小樽芸術村)

昭和2年(1927年)に建築された旧三井銀行小樽支店も、小樽指定の有形文化財になっています。

最後まで残った小樽の都市銀行でしたが、平成14年に惜しまれながらも閉店。

北のウォール街(小樽)おすすめ②旧三井銀行小樽支店 (小樽芸術村)

関東大震災(大正12年)を教訓に当時最先端の耐震技術を取り入れた建物で、重厚な造りや細部の意匠を外から眺めているだけでもかなり楽しめます。

館内の展示物も見ごたえ抜群で、10時半から15時半の間は1時間間隔でプロジェクションマッピングも上映。

北のウォール街(小樽)おすすめ②旧三井銀行小樽支店 (小樽芸術村)

小樽芸術村には入場料が有料の建物が3つあり、一般料金は以下の通り(中学生以下は無料)

  • 旧三井銀行小樽支店(一般500円)
  • ステンドグラス美術館(一般700円)
  • 似鳥美術館(一般1500円)
  • 3館共通券(一般2000円)

ちなみにJAFの会員証の提示で、会員を含む2名まで3館共通券が10%オフになります

CHECK!JAFの年会費やその他の会員優待サービスはこちら

また、入館券購入の方は提携駐車場(タイムズ小樽色内第4駐車場)が2時間無料になるので、忘れずに小樽芸術村の受付にて割引処理してもらいましょう

北のウォール街(小樽)おすすめ③旧北海道拓殖銀行小樽支店(似鳥美術館)

旧北海道拓殖銀行小樽支店

旧北海道拓殖銀行

小樽市色内1丁目3-1

0134-31-1033

開館時間 9時半~17時(入場は閉館30分前まで)

※11月~4月は10時~16時

定休日 11月~4月は毎週水曜(祝日の場合はその翌日)

旧北海道拓殖銀行小樽支店(似鳥美術館)公式サイトはこちら

旧北海道拓殖銀行小樽支店

北のウォール街交差点にあった4つの金融機関のひとつ「旧北海道拓殖銀行小樽支店」も、圧倒的な存在感のある建物。

1923年(大正12年)に建てられた4階建ての建物で、小樽市指定の歴史的建造物になっています。

現在は似鳥美術館という名前に変わり、小樽芸術村を構成する3つの建物の一つ

2階は木彫・3階は洋画・4階は日本画など国内・海外の貴重な作品が展示されていて、横山大観や岸田劉生の作品も鑑賞可能。

一般料金は以下の通りです(中学生以下は無料)

  • 旧三井銀行小樽支店(一般500円)
  • ステンドグラス美術館(一般700円)
  • 似鳥美術館(一般1500円)
  • 3館共通券(一般2000円)

ちなみにJAFの会員証の提示で、会員を含む2名まで3館共通券が10%オフになります

CHECK!JAFの年会費やその他の会員優待サービスはこちら

また、入館券購入の方は提携駐車場(タイムズ小樽色内第4駐車場)が2時間無料になるので、忘れずに小樽芸術村の受付にて割引処理してもらいましょう

北のウォール街(小樽)おすすめ④旧三菱銀行小樽支店(小樽運河ターミナル)

旧三菱銀行小樽支店は、大正11年(1922)年に建築された鉄筋コンクリート造4階建の建物。

旧北海道拓殖銀行小樽支店(似鳥美術館)と同じ北のウォール街交差点に位置。

小樽市指定の歴史的建造物になっており、平成18年(2006年)以降バスターミナルや商業施設が入っている小樽運河ターミナルとして活躍しています。

北のウォール街(小樽)おすすめまとめ

北のウォール街

古き良き時代の歴史を感じることができる北のウォール街は、小樽おすすめ散策スポット。

今回紹介した4つの建造物は小樽運河の比較的近くにあるため、気軽にタイムスリップ気分を味わうことが可能

ライトアップされた歴史的建造物も美しいので、時間があれば昼夜共に訪れるのがおすすめです。

小樽を思いっきり満喫しよう

小樽で楽しい思い出を作りたいときは、積極的にアクティビティ体験を申し込みましょう

現地で申し込むことができるものもありますが、確実に参加できるよう事前にじゃらんでチェックして予約を済ませておくのがおすすめ!

じゃらんでいま特に人気があるアクティビティは……

小樽青の洞窟クルージング

小樽「青の洞窟」は、海からしか見ることのできない小樽人気の絶景スポット

手つかずで残っている1500万年前の大自然の迫力に、思わず感動してしまうこと間違いなしです。

小樽「青の洞窟」クルーズには、クルージング体験以外に釣り体験付き・シュノーケリング体験付きなどいくつかのプランがあるので、好みに合わせて選択しましょう。

➤➤➤小樽「青の洞窟」クルーズ体験の詳細はこちら

小樽のガラス工芸

全国的にも有名な小樽ガラスは、お土産の定番商品として大人気

小樽市内の硝子工房では、職人気分になれる吹き硝子体験やオンリーワンのおしゃれなグラスを気軽に作ることができますよ

➤➤➤小樽硝子工房の製作体験コース詳細はこちら

小樽のオルゴール工房

小樽ガラスと並んで大人気なのがオルゴール

既製品を買うのもおすすめですが、どうせなら世界に一つだけのオルゴールを作ってみませんか

➤➤➤手作りオルゴール制作体験プラン詳細はこちら

小樽のレンタサイクル

徒歩でも小樽市内観光は可能ですが、レンタサイクルがあると圧倒的に効率よく回れます

2時間900円から借りられるのが嬉しいポイント!

➤➤➤小樽のレンタサイクル詳細はこちら

じゃらん割引クーポン

じゃらんでは定期的に遊び・体験予約に使えるクーポンが配布されています

予約を完了させる前に、じゃらんの割引クーポンが出ていないか忘れずにチェックしましょう

今配布中のじゃらんの割引クーポン

【最新】小樽でいま人気のアクティビティランキング

ドーミーイン小樽

ちなみに、小樽に泊まる時の我が家の定宿は小樽駅徒歩1分のドーミーインPREMIUM 小樽

コスパ&立地最高・天然温泉付き・朝食が美味しい と3拍子揃ったおすすめホテルです

➤➤➤天然温泉 灯の湯ドーミーインPREMIUM 小樽宿泊体験記はこちら

▼コスパ&雰囲気で選んだ小樽おすすめホテルは以下の記事で紹介しています

小樽のおすすめホテル4選!泊まってよかったと思えるホテルをコスパ&雰囲気で厳選

続きを見る

小樽市内の人気ホテルをチェック

【絶対に外せない】地元民が厳選した小樽のおすすめ人気観光スポット11選

【絶対に外せない】地元民が厳選した小樽のおすすめ人気観光スポット11選

続きを見る

小樽グルメおすすめ完全ガイド!地元民が通う間違いないお店や穴場店を厳選紹介

小樽の海鮮丼
小樽グルメおすすめ完全ガイド!地元民が通う間違いないお店や穴場店を厳選紹介

続きを見る

小樽おすすめ寿司店まとめ!老舗から回転寿司まで地元民が通う本当においしいお店だけを紹介

魚真(小樽おすすめ寿司)握り
小樽のおすすめ寿司店7選!老舗から回転寿司まで地元民が通う本当においしいお店とは

続きを見る

小樽に行ったら絶対外せない新鮮な海産物が購入できるおすすめの市場4選

小樽に行ったら絶対外せない新鮮な海産物が購入できるおすすめの市場4選

続きを見る

【小樽運河パーフェクトガイド】地元民が教えるおすすめの楽しみ方&人気グルメ8選

【小樽運河パーフェクトガイド】地元民が教えるおすすめの楽しみ方&人気グルメ8選

続きを見る

メルヘン交差点にあるルタオ本店の楽しみ方&おすすめ人気土産3選

ルタオ本店
小樽散策途中に立ち寄りたいルタオ本店の楽しみ方&おすすめ人気土産3選

続きを見る

【小樽・新千歳空港】かま栄完全ガイド!北海道で絶対に食べるべき人気おすすめかまぼこ7選

かま栄おすすめかまぼこ③味噌南蛮
【小樽・新千歳空港】かま栄完全ガイド!北海道で絶対に食べるべき人気おすすめかまぼこ7選とは

続きを見る

小樽の本当に美味しいおすすめラーメン店3選!地元民に長年愛されているお店を厳選紹介

小樽初代のラーメン
小樽の本当に美味しいおすすめラーメン店3選!地元民に長年愛されているお店を厳選紹介

続きを見る

小樽あんかけ焼きそばおすすめ5選!地元民が長年通う間違いない人気店だけを厳選

五香飯店(ウーシャンハンテン)あんかけ焼きそば
小樽あんかけ焼きそばおすすめ4選!地元民が長年通う間違いない人気店だけを厳選

続きを見る

北海道で今人気のアクティビティ

北海道で楽しい思い出を作りたいときは、積極的にアクティビティ体験を申し込みましょう

現地で申し込むことができるものもありますが、確実に参加できるよう事前にじゃらんでチェックして予約を済ませておくのがおすすめ!

じゃらんでいま特に人気があるアクティビティは……

小樽青の洞窟クルージング

小樽「青の洞窟」は、海からしか見ることのできない小樽人気の絶景スポット

手つかずで残っている1500万年前の大自然の迫力に、思わず感動してしまうこと間違いなしです。

小樽「青の洞窟」クルーズには、クルージング体験以外に釣り体験付き・シュノーケリング体験付きなどいくつかのプランがあるので、好みに合わせて選択しましょう。

➤➤➤小樽「青の洞窟」クルーズ体験の詳細はこちら

クロスホテル札幌ランチブッフェ

シェフによる迫力のライブクッキングなどが人気のホテルランチブッフェ

時間無制限の所が多いので、ゆっくり語り合いたいときにもおすすめ

➤➤➤いま札幌市内で人気のホテルランチブッフェはここ!

▼参考記事はこちら

ANAクラウンプラザホテルMEMのライブキッチン
札幌ホテルランチブッフェおすすめ3選!女子会やデートにもおすすめの間違いないレストランをシチュエーション別に厳選

続きを見る

JRタワーホテル日航のスパ

札幌駅直結のJRタワーホテル日航札幌22階にある天然温泉スカイリゾートスパ『プラウブラン』の日帰り入浴(2時間)

女性スパにはマッサージ効果があると言われているマッサージバス「カルニアアイル」やバイブラバスがあり、ゆったりと流れる贅沢な時間を堪能できるはず

➤➤➤天然温泉スカイリゾートスパ『プラウブラン』の詳細

▼参考記事はこちら

【頑張った自分へのご褒美】札幌の日帰り温泉&スパおすすめ12選

続きを見る

じゃらん割引クーポン

じゃらんでは定期的に遊び・体験予約に使えるクーポンが配布されています

予約を完了させる前に、じゃらんの割引クーポンが出ていないか忘れずにチェックしましょう

今配布中のじゃらんの割引クーポン

【最新】北海道人気アクティビティランキング

フードデリバリーで飲食店を応援

Wolt(ウォルト)札幌おすすめ店⑱バル・エスパーニャ カルネ(パエリア)

このコロナ禍の中、飲食店を応援できる最も安全な方法はフードデリバリーサービスの利用

少し前までは大手チェーン店しか宅配に対応していませんでしたが、UberEats・ウォルト・フードパンダなどが札幌市内でのサービスを次々と開始!

人気店の本格的なグルメを自宅や職場で気軽に楽しめるようになりました

Wolt(ウォルト)札幌のサービス提供エリア

サービスエリアは限定的ですがレストランパートナーの選択肢が最も豊富なのがWolt(ウォルト)

万が一トラブルがあった時のカスタマーサポートも断トツの安心感!

2020年12月より旭川、2021年3月より函館でも利用できるようになりました

Wolt ウォルト : フードデリバリー

Wolt ウォルト : フードデリバリー

無料posted withアプリーチ

以下のプロモコードを登録時に入力することにより、Wolt最初の2回の注文がなんと800円割引に!

コードを入れなくても登録は可能ですが、800円×2回は結構大きいので使わないのはもったいないかなと思います

 7AZGZ 

※コピペ可能です

▼実際に頼んでみてリピート決定のお店は以下の記事を参照

woltイメージキャラクター「ユーホ」
【札幌で250回以上利用】Wolt(ウォルト)を実際に使って見て分かった魅力や注意点&美味しかったレストラン61選

続きを見る

UBER EATSの配達バック

サービス開始当初は少しバタバタしていましたが、約半年が経過して安定感が出てきたUberEats(ウーバーイーツ)

サービスエリアはWolt(ウォルト)と比べるとかなり広めで、魅力的なレストランパートナーも急増中。

クレジットカード以外に現金やPayPayでの支払いに対応しているのも嬉しいポイント!

スシローのUbereats紹介画面

スシローの宅配テイクアウト寿司

最近、大人気回転寿司スシローも注文できるようになりました。

➤➤➤Uber Eats 配達エリアチェックはこちら

ウーバーイーツダウンロード画面

以下のプロモコードを登録時に入力すると、初回注文時に2000円分割引になります(最低注文金額なし)

コードを入れなくてももちろん登録は可能ですが、2000円はかなり大きいので使わないのは絶対もったいないと思います

【  JPEATS2000 

(7月23日~8月8日(日)まで有効)※コピペ可能です

以下のリンクよりUber Eats アプリをダウンロードし、アカウント内のプロモーションにコードを入力してご使用ください

▼アプリのダウンロードはこちらから

➤➤➤iOSでUber Eatsアプリをダウンロード

➤➤➤AndroidでUber Eatsアプリをダウンロード

➤➤➤Uber Eats(ウーバーイーツ)で注文可能なお店のラインナップをチェック

▼実際に我が家がウーバーイーツでよく頼むメニューはこちら

Uber Eats(ウーバーイーツ)を札幌で実際に使ってみて分かった魅力や注意点&おすすめグルメ22選

続きを見る

スシローの出前館紹介画面

ちなみに、ダウンタウン浜ちゃんのCMでおなじみの 出前館 もスシローを注文可能です

クレジットカード以外の支払い方法(代引き/PayPayなど)にも対応しているのが嬉しいポイント。

郵便番号を入力するだけで、自宅や会社に配達可能な店舗が簡単に分かりますよ。

札幌でもサービスを開始したmenu

2020年11月より札幌でのデリバリーサービスを開始したmenu(メニュー)

メニューで注文した幸せのパンケーキ

配達エリアはまだ狭めですが、「幸せのパンケーキ」などここでしか頼めないお店がいっぱい!

期間限定でクーポンコード(初回は1000円×2回割引)が発行されているので、かなりお得に人気グルメを楽しめますよ

menu(メニュー)デリバリー&テイクアウトアプリ

menu(メニュー)デリバリー&テイクアウトアプリ
posted withアプリーチ

➤➤➤【iPhoneの方は】App Storeからダウンロード

➤➤➤【アンドロイドスマホの方は】Google Playでダウンロード

以下のプロモコードを登録時に入力することにより、menu注文で使えるクレジットが1000円×2回分付与されます(初めての方のみ/30日有効)

コードを入れなくても登録は可能ですが、1000円×2回はかなり大きいので使わないのはもったいないかなと思います

※1500円以上の注文時に1000円引きになりますよ

【 tpg-apu7d8 】

※コピペ可能です

▼参考記事はこちら

menu札幌
【初回クーポンコードあり】札幌に上陸したフードデリバリーサービスmenu(メニュー)を使って分かった魅力や注意点

続きを見る

2020年10月よりサービスを開始したフードパンダ

2020年10月より札幌でのサービスを開始したフードパンダ

日本での知名度はまだまだですが、東南アジアではUberEatsより人気だったりします

札幌でのサービスエリアもかなり広めなので、自宅が配達エリア内という方も多いでしょう

▼参考記事はこちら

2020年10月よりサービスを開始したフードパンダ
foodpanda(フードパンダ)を札幌で実際に使って分かったおすすめポイントや注意点

続きを見る

【2021年版】札幌ビアガーデンおすすめまとめ!今年も元気に営業している定番から穴場まで厳選紹介

【2021年版】札幌ビアガーデンおすすめ15選!今年も営業している定番から穴場まで厳選紹介

続きを見る

【子育てママ必見】コロナ禍に賢く活用したい札幌おすすめネットスーパーまとめ(体験談アリ)

【子育てママ・ワーキングウーマン必見】札幌でも利用可能なネットスーパーおすすめ3選

続きを見る

札幌の引っ越し費用相場やおすすめの業者選び方&料金を安くする交渉術を紹介

サカイ引越センター
札幌の引っ越し費用相場やおすすめの業者選び方&料金を安くする交渉術を紹介

続きを見る

新千歳空港グルメ完全ガイド!食べないと後で後悔する本当に美味しいものだけを紹介

新千歳空港グルメおすすめ13選!地元ブロガーが選ぶ北海道で絶対に食べてほしいメニューはこれ

続きを見る

【札幌グルメ完全ガイド】絶対に間違いないお店だけを厳選紹介

札幌グルメパーフェクトガイド
【札幌グルメ完全ガイド】絶対に間違いないお店だけを地元ブロガーが厳選紹介

続きを見る

札幌おすすめ観光スポット20選を地元が大好きなボクが厳選

地元民がお客さんを本気でアテンドする際に外せない札幌おすすめ観光スポット20選

続きを見る

地元民が教える札幌夜景スポットおすすめ7選!深夜ドライブデートにも使える定番から穴場まで

赤れんが庁舎の夜景
地元民が教える札幌夜景スポットおすすめ7選!深夜ドライブデートにも使える定番から穴場まで

続きを見る

北海道観光用の乗り捨て可能な格安レンタカーを探す方法や注意点

北海道観光用の乗り捨て可能な格安レンタカーを探す方法や注意点

続きを見る

小樽グルメおすすめ完全ガイド!地元民が通う間違いないお店や穴場店を厳選紹介

小樽の海鮮丼
小樽グルメおすすめ完全ガイド!地元民が通う間違いないお店や穴場店を厳選紹介

続きを見る

函館グルメおすすめ完全ガイド!地元民が通う間違いないお店や穴場店を厳選紹介

函館グルメおすすめ完全ガイド!地元民が通う間違いないお店や穴場店を厳選紹介

続きを見る

元地元民が選んだ旭川で絶対に食べておきたいおすすめ人気グルメ9選

旭川おすすめ人気グルメ
元地元民が選んだ旭川で絶対に食べておきたいおすすめ人気グルメ9選

続きを見る

十勝の恵みを味わいつくそう!道産子ブロガーが選んだ帯広グルメおすすめ人気8選

「豚丼のかしわ」豚丼(中)
ダイエットを忘れて食い倒れたい「帯広グルメおすすめ人気8選」を道産子ブロガーが厳選

続きを見る

結婚するまで本籍地が富良野だった私が選ぶおすすめ観光スポット10選

富良野観光スポットおすすめ⑨なかふらの町営北星山ラベンダー園
結婚するまで本籍地が富良野だった私が選ぶおすすめ観光スポット10選

続きを見る

-小樽

© 2021 さつろぐ~ジョニーの札幌ブログ