北海道アウトドア情報 道南

オートリゾート八雲パーフェクトガイド!おすすめポイントや注意点を紹介

道南エリアで最もよく整備されている高規格キャンプ場は、おそらくオートリゾート八雲。

広々として美しいサイトや噴火湾を見下ろすことができる眺望は、他のキャンプ場と比べても圧倒的な開放感。

今回は、実際に行ってみて分かったオートリゾート八雲の魅力やおすすめポイントを紹介します。

※記事内の情報は執筆当時のものです。最新情報は公式サイトをご確認ください。

オートリゾート八雲のおすすめポイント

  • 道南ナンバー1の高規格キャンプ場で初めてのキャンプでも安心
  • 子供が楽しめる遊具がいっぱい
  • 函館や大沼など道南観光も楽しめる立地
  • 営業期間が少し長め

オートリゾート八雲の行き方マップコード

オートリゾート八雲

二海郡八雲町浜松368-1

マップコード 687 517 130*54

問い合わせ電話番号 0120-415-992(10時から17時)

営業期間 4月中旬から11月中旬

チェックイン 13時から18時(ロッジは15時から)

チェックアウト 11時まで

センターハウス営業時間 9時から19時

ペット同伴 一部サイトのみ可

オートリゾート八雲公式サイトはこちら

オートリゾート八雲

オートリゾート八雲は札幌から高速利用で約3時間(約200キロ)、函館からだと約1時間(約70キロ)、噴火湾に面した八雲町にあるキャンプ場。

札幌から高速に乗って一気に行くのもありですが、個人的には海沿いをのんびり走るのがおすすめ。

我が家は毎回、長万部のかにめしを途中で買ってから向かいます。

▼参考記事はこちら

【長万部って読めますか?】全国でも大人気の駅弁「かにめし」なぜこんなにおいしいのか真剣に考えてみた

続きを見る

地図で見ると分かりますが、オートリゾート八雲は八雲パーキングエリアのすぐ横にあります。

ですがここはあくまでパーキングエリアなので、キャンプ場の方に降りることはできません(徒歩で行くことは可能)

オートリゾート八雲に行くときは、札幌方面から行くときは八雲IC、函館方面から行くときは落部ICで降りましょう

ハーベスター八雲

近くにはハーブ鶏発祥の地として有名なハーベスター八雲など見どころがいっぱい。

キャンプ場から車で10分ほどの場所にマックスバリューとホーマックがあるので、買い出しはここでするといいかもしれません。

オートリゾート八雲のキャンプ場サイトやロッジコテージを紹介

オートリゾート八雲MAP

オートリゾート八雲は道内屈指の高規格キャンプ場ですが、オートリゾート滝野オートリゾート苫小牧アルテンと比べるとコンパクトにまとまっています。

それそれのサイトの特徴や料金を紹介していきます。

※サイト利用料の他に入場料として中学生以上1000円(土・祝前日・夏期は1030円)、小学生500円(土・祝前日・夏期は520円)が必要です

ロッジコテージ(オートリゾート八雲)

オートリゾート八雲のロッジコテージ

  平日 土・祝前日 夏期
ロッジ(定員5名) 10300円 12400円 13400円

オートリゾート八雲のロッジは全部で12棟あり、そのうちの2棟はバリアフリー構造(やぎ・うお)

オートリゾート八雲のロッジ内

ロッジには暖房・バスタブ・水洗トイレ・キッチンはもちろん、調理器具(電子レンジ・ポット・炊飯器など)や冷蔵庫。給湯器・テレビなども完備。

寝具は寝袋になりますが、マットレスやまくらもあるため安眠できるはず。

控えめに言っても何でも揃っていて、暮らすようにキャンプすることが可能です。

これだけ充実したロッジの割に料金がリーズナブルなので、初めてのキャンプや道南観光の拠点にするのにもおすすめ。

ちなみに、敷地内にタープは設置可能ですがテントを立てることはできません。

オートリゾート八雲のカーサイトA(電源・流し台付き)

オートリゾート八雲のカーサイトA

  平日 土・祝前日 夏期
カーサイトA/B/D 3000円 3600円 4200円

センターハウスの右側にあるカーサイトAは全部で10区画あります。

オートリゾート八雲の流し台

オートリゾート八雲の電源コンセント

各区画には流し台と電源コンセントが備え付けられていて、さらに野外炉・木製のテーブルとイスも完備。

オートリゾート八雲のセンターハウス内ウォッシュレット式トイレ

トイレは、センターハウスにあるウォッシュレット式トイレを利用することになるでしょう。

オートリゾート八雲のカーサイト

各区画のスペースはかなり広めにとられているので、大きめのテントやタープでも問題なく建てることができるでしょう。

またカーサイトAからは内浦湾を遠くに望むことができます。

オートリゾート八雲のカーサイトB(ペット同伴可)

オートリゾート八雲のカーサイトB

  平日 土・祝前日 夏期
カーサイトA/B/D 3000円 3600円 4200円

オートリゾート八雲で唯一ペット同伴でのキャンプが可能なのがカーサイトB(全7サイト)

オートリゾート八雲のカーサイトB

他のカーサイトと同じように流し台。電源コンセント・野外炉・木製のテーブルと椅子が完備。

オートリゾート八雲のカーサイトB

かなり広めのスペースが確保されていますし、このサイトからも内浦湾を見ることが可能。

オートリゾート八雲のセンターハウス内ウォッシュレット式トイレ

トイレはセンターハウス内のものを利用します。

オートリゾート八雲のドックラン

近くには無料で使えるドッグランがあるのも嬉しいポイントです。

オートリゾート八雲のカーサイトC

オートリゾート八雲のカーサイトC

  平日 土・祝前日 夏期
カーサイトC 2000円 2600円 3100円

他のカーサイトより1000円安くなっているカーサイトCには、電源コンセントと野外炉・木製テーブル&椅子はありますが流し台がありません。

オートリゾート八雲のカーサイトC

スペースはかなり広めに確保されていますが、ここからだと内浦湾は見えません。

オートリゾート八雲の炊事棟

オートリゾート八雲の炊事棟

炊事棟とトイレはすぐ近くにあるので、それほど不自由を感じることはないでしょう。

オートリゾート八雲のカーサイトD(キャンピングカー)

オートリゾート八雲のカーサイトD

  平日 土・祝前日 夏期
カーサイトA/B/D 3000円 3600円 4200円

センターハウスの目の前にある、キャンピングカーも駐車可能なサイト。

オートリゾート八雲のカーサイトD

他のカーサイトと同じように流し台・電源コンセント・野外炉・木製のテーブル&椅子が完備。

オートリゾート八雲のカーサイトD

圧倒的に便利な立地なのに料金は他のカーサイトと変わらないので、人通りが多いのが気にならないという方にはおすすめです。

オートリゾート八雲のフリーテントサイト

オートリゾート八雲のフリーテントサイト

  平日 土・祝前日 夏期
フリーテントサイト 500円 1030円 1550円

オートリゾート八雲のフリーテントサイトは芝サイトで全50区画。

斜面になっているところもあるので、場所選びは慎重にしましょう。

オートリゾート八雲のフリーテントサイト

先着順になりますが駐車場に近い位置にテントを設営できれば、セミオートキャンプ場の様に利用することも可能。

オートリゾート八雲の炊事棟

テントを立てる位置によっては、炊事棟やトイレまでは5分程度かかります。

※手前にテントを立てれば2分弱で到着

オートリゾート八雲のシャワー・コインランドリー・売店

オートリゾート八雲のセンターハウス

オートリゾート八雲の中心に位置するセンターハウス内には、キャンプを快適にする設備がいっぱい。

オートリゾート八雲のコインランドリー

コインランドリーは4台設置されていて、1回300円で24時間利用可能。

オートリゾート八雲のセンターハウス内炊事棟

オートリゾート八雲のセンターハウス内ウォッシュレット式トイレ

ウォッシュレット式トイレや、お湯が出る手洗い場もあります(鍋などは洗えません)

オートリゾート八雲のセンターハウスシャワールーム

シャワールームは1回100円で24時間利用可能。

オートリゾート八雲のセンターハウス内コーヒーマシーン

コーヒーマシーンもあり、こちらも1杯100円。

ちなみにシャワールームやコーヒーマシーンは、自己申告制で100円入れるシステムになっています。

オートリゾート八雲のセンターハウス売店

センターハウスには売店も併設されています。

オートリゾート八雲のセンターハウス売店

基本的なキャンプ用品や焚き火用の薪、ソフトドリンクはここで購入可能。

電子レンジも利用することができます。

ちなみにアルコールは一切置かれていませんし食品類もほぼないので、八雲町のマックスバリューなどで買い出しする必要があります。

オートリゾート八雲のセンターハウス

オートリゾート八雲のセンターハウス

木のぬくもりが感じられるセンターハウス内にはキャンプ系の雑誌が大量に置かれていて、自由に読むことが可能。

キッツスペースや薪を焚く用の暖炉も設置されています。

オートリゾート八雲のゴミステーション

オートリゾート八雲のゴミステーション

オートリゾート八雲にはゴミステーションが2か所設置されています。

オートリゾート八雲のゴミ袋

このゴミステーションを利用する際には、八雲町指定のゴミ袋をセンターハウスで購入(1枚100円)する必要があります。

オートリゾート八雲の五右衛門風呂

オートリゾート八雲の五右衛門風呂

オートリゾート八雲は温泉隣接ではありませんが、なんとセンターハウスの左側に五右衛門風呂が設置されています。

利用可能な時間は14時から17時、利用料金は500円(2名まで)で2時間利用可能

※1名増えるごとに追加200円

オートリゾート八雲の五右衛門風呂

五右衛門風呂に入る機会は日常生活ではほぼないので、特に子供たちは喜ぶはず。

オートリゾート八雲の五右衛門風呂

五右衛門風呂の横には更衣室もしっかり設置されています。

ちなみに一番近い温泉は八雲遊楽亭で、日帰り入浴料金は大人500円です(10時半~22時)

オートリゾート八雲のレンタル用品

オートリゾート八雲はアウトドアレンタル品の種類が豊富。

なので、何も道具がないという方でも気軽にキャンプを楽しめます。

※主なレンタル用品の料金はこちら

4名分のレンタルセット(テント・タープ・寝袋・BBQコンロ・ランタン・クッキングセット・テーブルー・椅子)は9800円でレンタル可能。

サポートも付いた「サポートパック」(11000円)も用意されています。

オートリゾート八雲周辺おすすめ遊具

オートリゾート八雲MAP

オートリゾート八雲から徒歩10分ほどの距離にあるのが、噴火湾パノラマパーク内「まきばの冒険広場」

まきばの冒険広場

まきばの冒険広場

まきばの冒険広場

大型遊具が揃っていて、特に「フワフワドーム」と「エンドレスターザンロープ」が大人気。

またパノラマ館の中にはキッツアリーナがあり、雨天でも室内で思いっきり楽しむことが可能です。

大人も子供も楽しめる楽しい施設がいっぱい!噴火湾パノラマパークの詳細はこちらの公式サイトで確認可能です。

オートリゾート八雲おすすめまとめ

道南エリアでは群を抜いて充実しているオートリゾート八雲は、初めてのキャンプという方やファミリーキャンパーにもおすすめ。

大人気のキャンプ場なので、できるだけ早めに予約するのがおすすめです。

※予約方法の詳細はこちらのページを参照

八雲町から函館市内までは約70キロで、高速を使えば1時間弱で到着。

函館観光やB級グルメを味わうために足を伸ばすのもおすすめです。

▼参考記事はこちら

函館朝市海鮮丼
【函館海鮮グルメ祭り】函館に行ったら絶対に食べてほしい絶品グルメ6選!ダイエット中の方は閲覧注意です

続きを見る

オートリゾート八雲

二海郡八雲町浜松368-1

マップコード 687 517 130*54

問い合わせ電話番号 0120-415-992(10時から17時)

営業期間 4月中旬から11月中旬

チェックイン 13時から18時(ロッジは15時から)

チェックアウト 11時まで

センターハウス営業時間 9時から19時

ペット同伴 一部サイトのみ可

オートリゾート八雲公式サイトはこちら

おすすめのアウトドア&防災グッツ

我が家がアウトドアグッツを買う時に最も重視するのはコスパの良さ!

実際に使ってみて自信を持っておすすめできるモノだけを、姉妹サイト「ジョニコミ」で紹介しています

アウトドアグッツは防災グッツにもなるので、揃えておいて損はないかなと思っています。

※2018年北海道胆振東部地震の時に1日以上停電が続いたときは、いろいろ揃えておいてよかったと本気で思いました!

▼最も役立ったのはこちらのポータブル電源

キャンプ以外に災害時にも大活躍しました!最強ポータブル電源S270

我が家はソーラーパネルとセットになったタイプを購入しました

【限定セット】suaoki ポータブル電源 S270 ソーラーチャージャー 60W キャンプ 車中泊 キャンピングカー テント アウトドア 防災 電気代節約 非常用電源 太陽光発電 省エネ 防災グッズ 急速充電 防災グッズ 停電対策

▼停電時には長時間稼働可能なライトも重要

【防災にもおすすめ】中級キャンパーの我が家がおすすめする性能とコスパで選んだキャンプグッツ3選!

オートキャンプ場に行くときは、屋外でも使える延長コード(10m)も必須アイテム!黄色など目立つカラーがおすすめ

▼車中泊やテント泊の強い味方

コスパと寝心地で選ぶならFIELDOORのエアマットが一番おすすめ

▼今イチオシのテント!初めてのテントならこちらがおすすめ

【初心者キャンパーにもおすすめ】コールマン タフスクリーン2ルームテントをおすすめする理由

▼タープがあると雨ふりキャンプでも全く問題なし

設置も撤収も超簡単!FIELDOORのワンタッチタープ(3m×3m)

我が家おすすめキャンプ場

支笏湖美笛キャンプ場

ほぼ手つかずの支笏湖湖畔で快適にキャンプ可能

【北海道人気ナンバー1】支笏湖美笛キャンプ場パーフェクトガイド!注意点や覚えておくと良いことを詳しく解説

続きを見る

オートリゾート苫小牧アルテン

圧倒的に充実している設備と、温泉隣接なのが嬉しいポイント

苫小牧漁港で海の幸を仕入れることができるのも嬉しい

オートリゾート苫小牧アルテン徹底ガイド!おすすめのサイトやコテージ・予約方法を紹介

続きを見る

オートリゾート滝野

札幌から気軽に行ける便利なキャンプ場

利用できるアクティビティも多くコスパ高め

どこよりも詳しいオートリゾート滝野ガイド!おすすめキャビンや注意点を徹底解説

続きを見る

浜益海浜公園キャンプ場

海沿いなのに芝生サイトなのでフカフカしていて気持ちいい

厚田漁港でウニやホタテを買って行くのがおすすめ

浜益川下海浜公園
札幌から1時間半で行けるキャンプ場!浜益川下海浜公園の魅力を徹底解説

続きを見る

ベルパークちっぷべつ公園キャンプ場

子供が楽しめる設備が多いので、ファミリーキャンパーにおすすめ

温泉隣接で朝風呂に入れるのも嬉しいポイント

【ファミリーキャンパー必見】ベルパークちっぷべつ公園キャンプ場(秩父別町)に我が家が毎年通う理由とは

続きを見る

月形町皆楽公園キャンプ場

温泉隣接・料金が格安(一人200円)・チェックアウト時間は何時でもOK・ゴミを捨てて帰れる…など言うことなし

【札幌から約1時間】月形町皆楽公園キャンプ場の魅力やおすすめのテント設営場所

続きを見る

宗谷ふれあい公園オートキャンプ場

とにかく一度行ってみて欲しい最北のオートキャンプ場。子供が喜ぶ無料遊具も豊富です

宗谷ふれあい公園オートキャンプ場完全ガイド!おすすポイントや注意点を紹介

続きを見る

旭川市21世紀の森キャンプ場

フリーテントサイトは予約不要&無料で利用可能!そして天然温泉になんと入り放題。

▼参考記事はこちら

旭川市21世紀の森キャンプ場徹底ガイド!おすすめのサイトや注意点を紹介

続きを見る

中級キャンパーが独断で選んだ道内キャンプ場おすすめ11選

中級キャンパーが独断で選んだ北海道のキャンプ場おすすめ11選

続きを見る

札幌近郊キャンプ場おすすめ10選(約1時間半圏内)

札幌近郊キャンプ場おすすめ10選!札幌から約1時間半以内で行ける場所だけを厳選

続きを見る

子供と一緒に楽しめる北海道キャンプ場おすすめ7選

【ファミリーキャンパー必見】子供と一緒に楽しめる北海道キャンプ場おすすめ7選

続きを見る

【お酒を飲んでも大丈夫】道内の温泉隣接キャンプ場10選

道内の温泉隣接キャンプ場10選!お酒を飲んでも歩いて行ける場所だけを厳選

続きを見る

北海道の海水浴キャンプができるおすすめキャンプ場8選

北海道の海水浴キャンプができるおすすめキャンプ場8選

続きを見る

北海道の無料&格安キャンプ場おすすめ11選

設備の充実度とコスパの良さで厳選した北海道の無料&格安キャンプ場おすすめ11選

続きを見る

▼実際に行ってみて分かった各キャンプ場の特徴やおすすめポイントを紹介

道内キャンプ場レビュー記事はこちら

▼北海道のキャンプとセイコーマートは切っても切り離せない関係

新千歳空港おすすめ完全ガイド!知っておくと役立つ21の事

新千歳空港おすすめ完全ガイド!知っておくと役立つ21の事

続きを見る

新千歳空港グルメ完全ガイド!食べないと後で後悔する本当に美味しいものだけを紹介

新千歳空港グルメ完全ガイド!食べないと後で後悔する本当に美味しいものだけを紹介

続きを見る

さっぽろオータムフェスト2019の見どころやおすすめ店をどこよりも詳しく解説

【さっぽろオータムフェスト】2019年の見どころ&おすすめグルメを地元ブロガーが厳選紹介

続きを見る

【札幌グルメ完全ガイド】絶対に間違いないお店だけを厳選紹介

札幌グルメパーフェクトガイド
【札幌グルメ完全ガイド】絶対に間違いないお店だけを厳選紹介

続きを見る

札幌おすすめ観光スポット20選を地元が大好きなボクが厳選(自信あり) 

札幌おすすめ観光スポット20選を地元が大好きなボクが厳選(自信あり)

続きを見る

円山動物園完全ガイド!見どころや行き方&お得に入場する方法を紹介

円山動物園完全ガイド!見どころや行き方&お得に入場する方法を紹介

続きを見る

札幌市内のおすすめ宿泊エリア5選と旅の目的別おすすめホテルを紹介

札幌市内のおすすめ宿泊エリア5選と旅の目的別おすすめホテルを紹介

続きを見る

北海道観光用の乗り捨て可能な格安レンタカーを探す方法や注意点

北海道観光用の乗り捨て可能な格安レンタカーを探す方法や注意点

続きを見る

我が家が国内線の買う安チケットを探すときに毎回エアトリを使う理由

国内線の格安航空券ならエアトリがおすすめ

続きを見る

航空券インターネット売り上げNo.1!

【購入額の2%がポイント加算】エアトリ

時間がない時はここだけチェック

セイコーマート完全ガイド!おすすめのお土産やオリジナル商品&大手コンビニに対抗できる理由とは

セイコーマート完全ガイド!おすすめのお土産やオリジナル商品&大手コンビニに対抗できる理由とは

続きを見る

【2019年ふるさと納税】北海道内市町村のおすすめ人気返礼品まとめ

【2019年ふるさと納税】北海道内市町村のおすすめ人気返礼品まとめ!海鮮・米・肉・乳製品など間違いないものだけを紹介

続きを見る

【頑張った自分へのご褒美】札幌の日帰り温泉&スパおすすめ12選まとめ

【頑張った自分へのご褒美】札幌の日帰り温泉&スパおすすめ12選

続きを見る

誰でもできる外食代を半額にする方法

当たり前ですが外食はお金がかかるので、なかなか頻繁には行けません。

ですがファンくるに登録して以来、我が家は月に数回ですが約半額で外食を楽しめています。

ファンくるは覆面調査紹介のサイトなのですが、札幌の案件は特に居酒屋系が充実。

写真を撮ったりアンケート(約60問程度)に答える必要がありますが、飲食代が半額~70%還元になり、案件によっては無料になることも。

先日も札幌市内の某焼き鳥居酒屋を覆面モニターしてきましたが、実質ほぼ無料で思う存分食べ飲みできました。

グルメ以外にもエステやマッサージが実質半額で受けられたり、新商品サンプルモニターなどの案件が充実。

利用者側にはメリットしかないサイトなので、登録しておいて損はないでしょう。

詳しくはコチラ

3か月無料体験中!みんなの優待

会員制割引クーポン使い放題サービス「みんなの優待」(月額490円)の無料体験期間が、今だけ3か月に大幅延長されています(通常は1か月)

もちろん3か月の無料体験期間中内に解約すれば料金は発生しません。

道内のレジャー施設や飲食店のクーポンがたくさんあるので、申し込むなら今がチャンスかなと思います

≫【今だけ3か月無料体験中】みんなの優待

登録するなら今がチャンス

ここ数年で瞬く間に広がったキャッシュレス決済ですが、あまりにも種類がありすぎて圧倒されている人も多いはず

もし一つだけ登録するとしたら、おすすめなのは毎回の支払いで最大3%戻ってくるpaypay一択!

還元率だけでなくセイコーマートとセブンイレブンの両方で使えるというのが、道民にとっては嬉しいポイント

今なら新規登録と1週間以内の銀行口座登録で、なんと1000円相当プレゼント実施中

iPhoneの方はコチラ

アンドロイドスマホの方はコチラ

▼姉妹サイト「ジョニコミ」でPayPayが使えるようになったセブンイレブンのおすすめ商品を詳しく紹介

CHECK!【最新】セブンイレブンの低カロリーおすすめダイエットメニュー10選

CHECK!家飲みするなら買い出しはセブンイレブンへ!ビールに合う最強おつまみを厳選紹介

北海道で今人気のアクティビティ

北海道で楽しい思い出を作りたいときは、積極的にアクティビティ体験を申し込みましょう。

現地で申し込むことができるものもありますが、確実に参加できるよう事前にじゃらんでチェックして予約を済ませておくのがおすすめ!

じゃらんでいま特に人気があるアクティビティベスト3は……

知床五胡

世界自然遺産「知床」の絶景を海側から観光できます。

大型船で揺れも少ないのでおすすめ。

≫≫知床観光船おーろらの詳細はこちら

小樽青の洞窟クルージング

小樽「青の洞窟」は海からしか見ることのできない、小樽人気の絶景スポット。

手つかずで残っている1500万年前の大自然の迫力に、思わず感動してしまうこと間違いなしです。

小樽「青の洞窟」クルーズには、クルージング体験以外に釣り体験付き・シュノーケリング体験付きなどいくつかのプランがあるので、好みに合わせて選択しましょう。

≫≫小樽「青の洞窟」クルーズ体験の詳細はこちら

ニセコでラフティング体験

ニセコの代表的なアウトドアといえばやっぱりラフティング。

最大7名乗りのボートで協力して尻別川約8キロを漕ぎ下るコースは、控えめに言っても迫力満点。

ボートには必ずガイドが同乗するので、安全に楽しくラフティングを楽しむことができますよ。

≫≫北海道の大自然を満喫!尻別川【ニセコ・ラフティング】の詳細はこちら

じゃらん割引クーポン

じゃらんを利用するとポイントが貯まるのでお得に予約できますが、時折配布されているクーポンを利用するとさらにお得に!

なので、予約を完了させる前にじゃらんの割引クーポンが出ていないか必ずチェックしましょう。

じゃらんの割引クーポンをチェック

じゃらんの北海道人気アクティビティランキング

 

-北海道アウトドア情報, 道南
-

Copyright© さつろぐ~ジョニーさんの札幌ブログ , 2019 All Rights Reserved.