道南

オートリゾート八雲パーフェクトガイド!おすすめポイントや注意点を紹介

道南エリアで最もよく整備されている高規格キャンプ場は、おそらくオートリゾート八雲。

広々として美しいサイトや噴火湾を見下ろすことができる眺望は、他のキャンプ場と比べても圧倒的な開放感。

今回は、実際に行ってみて分かったオートリゾート八雲の魅力やおすすめポイントを紹介します。

※記事内の情報は執筆当時のものです。最新情報は公式サイトをご確認ください。

オートリゾート八雲のおすすめポイント

  • 道南ナンバー1の高規格キャンプ場で初めてのキャンプでも安心
  • 子供が楽しめる遊具がいっぱい
  • 函館や大沼など道南観光も楽しめる立地
  • 営業期間が少し長め

オートリゾート八雲の行き方マップコード

オートリゾート八雲

二海郡八雲町浜松368-1

マップコード 687 517 130*54

問い合わせ電話番号 0120-415-992(10時から17時)

営業期間 4月中旬から11月中旬

チェックイン 13時から18時(ロッジは15時から)

チェックアウト 11時まで

センターハウス営業時間 9時から19時

ペット同伴 一部サイトのみ可

オートリゾート八雲公式サイトはこちら

オートリゾート八雲

オートリゾート八雲は札幌から高速利用で約3時間(約200キロ)、函館からだと約1時間(約70キロ)、噴火湾に面した八雲町にあるキャンプ場。

札幌から高速に乗って一気に行くのもありですが、個人的には海沿いをのんびり走るのがおすすめ。

我が家は毎回、長万部のかにめしを途中で買ってから向かいます。

▼参考記事はこちら

【長万部って読めますか?】全国でも大人気の駅弁「かにめし」なぜこんなにおいしいのか真剣に考えてみた

続きを見る

地図で見ると分かりますが、オートリゾート八雲は八雲パーキングエリアのすぐ横にあります。

ですがここはあくまでパーキングエリアなので、キャンプ場の方に降りることはできません(徒歩で行くことは可能)

オートリゾート八雲に行くときは、札幌方面から行くときは八雲IC、函館方面から行くときは落部ICで降りましょう

ハーベスター八雲

近くにはハーブ鶏発祥の地として有名なハーベスター八雲など見どころがいっぱい。

キャンプ場から車で10分ほどの場所にマックスバリューとホーマックがあるので、買い出しはここでするといいかもしれません。

オートリゾート八雲のキャンプ場サイトやロッジコテージを紹介

オートリゾート八雲MAP

オートリゾート八雲は道内屈指の高規格キャンプ場ですが、オートリゾート滝野オートリゾート苫小牧アルテンと比べるとコンパクトにまとまっています。

それそれのサイトの特徴や料金を紹介していきます。

※サイト利用料の他に入場料として中学生以上1000円(土・祝前日・夏期は1030円)、小学生500円(土・祝前日・夏期は520円)が必要です

ロッジコテージ(オートリゾート八雲)

オートリゾート八雲のロッジコテージ

  平日 土・祝前日 夏期
ロッジ(定員5名) 10300円 12400円 13400円

オートリゾート八雲のロッジは全部で12棟あり、そのうちの2棟はバリアフリー構造(やぎ・うお)

オートリゾート八雲のロッジ内

ロッジには暖房・バスタブ・水洗トイレ・キッチンはもちろん、調理器具(電子レンジ・ポット・炊飯器など)や冷蔵庫。給湯器・テレビなども完備。

寝具は寝袋になりますが、マットレスやまくらもあるため安眠できるはず。

控えめに言っても何でも揃っていて、暮らすようにキャンプすることが可能です。

これだけ充実したロッジの割に料金がリーズナブルなので、初めてのキャンプや道南観光の拠点にするのにもおすすめ。

ちなみに、敷地内にタープは設置可能ですがテントを立てることはできません。

オートリゾート八雲のカーサイトA(電源・流し台付き)

オートリゾート八雲のカーサイトA

  平日 土・祝前日 夏期
カーサイトA/B/D 3000円 3600円 4200円

センターハウスの右側にあるカーサイトAは全部で10区画あります。

オートリゾート八雲の流し台

オートリゾート八雲の電源コンセント

各区画には流し台と電源コンセントが備え付けられていて、さらに野外炉・木製のテーブルとイスも完備。

オートリゾート八雲のセンターハウス内ウォッシュレット式トイレ

トイレは、センターハウスにあるウォッシュレット式トイレを利用することになるでしょう。

オートリゾート八雲のカーサイト

各区画のスペースはかなり広めにとられているので、大きめのテントやタープでも問題なく建てることができるでしょう。

またカーサイトAからは内浦湾を遠くに望むことができます。

オートリゾート八雲のカーサイトB(ペット同伴可)

オートリゾート八雲のカーサイトB

  平日 土・祝前日 夏期
カーサイトA/B/D 3000円 3600円 4200円

オートリゾート八雲で唯一ペット同伴でのキャンプが可能なのがカーサイトB(全7サイト)

オートリゾート八雲のカーサイトB

他のカーサイトと同じように流し台。電源コンセント・野外炉・木製のテーブルと椅子が完備。

オートリゾート八雲のカーサイトB

かなり広めのスペースが確保されていますし、このサイトからも内浦湾を見ることが可能。

オートリゾート八雲のセンターハウス内ウォッシュレット式トイレ

トイレはセンターハウス内のものを利用します。

オートリゾート八雲のドックラン

近くには無料で使えるドッグランがあるのも嬉しいポイントです。

オートリゾート八雲のカーサイトC

オートリゾート八雲のカーサイトC

  平日 土・祝前日 夏期
カーサイトC 2000円 2600円 3100円

他のカーサイトより1000円安くなっているカーサイトCには、電源コンセントと野外炉・木製テーブル&椅子はありますが流し台がありません。

オートリゾート八雲のカーサイトC

スペースはかなり広めに確保されていますが、ここからだと内浦湾は見えません。

オートリゾート八雲の炊事棟

オートリゾート八雲の炊事棟

炊事棟とトイレはすぐ近くにあるので、それほど不自由を感じることはないでしょう。

オートリゾート八雲のカーサイトD(キャンピングカー)

オートリゾート八雲のカーサイトD

  平日 土・祝前日 夏期
カーサイトA/B/D 3000円 3600円 4200円

センターハウスの目の前にある、キャンピングカーも駐車可能なサイト。

オートリゾート八雲のカーサイトD

他のカーサイトと同じように流し台・電源コンセント・野外炉・木製のテーブル&椅子が完備。

オートリゾート八雲のカーサイトD

圧倒的に便利な立地なのに料金は他のカーサイトと変わらないので、人通りが多いのが気にならないという方にはおすすめです。

オートリゾート八雲のフリーテントサイト

オートリゾート八雲のフリーテントサイト

  平日 土・祝前日 夏期
フリーテントサイト 500円 1030円 1550円

オートリゾート八雲のフリーテントサイトは芝サイトで全50区画。

斜面になっているところもあるので、場所選びは慎重にしましょう。

オートリゾート八雲のフリーテントサイト

先着順になりますが駐車場に近い位置にテントを設営できれば、セミオートキャンプ場の様に利用することも可能。

オートリゾート八雲の炊事棟

テントを立てる位置によっては、炊事棟やトイレまでは5分程度かかります。

※手前にテントを立てれば2分弱で到着

オートリゾート八雲のシャワー・コインランドリー・売店

オートリゾート八雲のセンターハウス

オートリゾート八雲の中心に位置するセンターハウス内には、キャンプを快適にする設備がいっぱい。

オートリゾート八雲のコインランドリー

コインランドリーは4台設置されていて、1回300円で24時間利用可能。

オートリゾート八雲のセンターハウス内炊事棟

オートリゾート八雲のセンターハウス内ウォッシュレット式トイレ

ウォッシュレット式トイレや、お湯が出る手洗い場もあります(鍋などは洗えません)

オートリゾート八雲のセンターハウスシャワールーム

シャワールームは1回100円で24時間利用可能。

オートリゾート八雲のセンターハウス内コーヒーマシーン

コーヒーマシーンもあり、こちらも1杯100円。

ちなみにシャワールームやコーヒーマシーンは、自己申告制で100円入れるシステムになっています。

オートリゾート八雲のセンターハウス売店

センターハウスには売店も併設されています。

オートリゾート八雲のセンターハウス売店

基本的なキャンプ用品や焚き火用の薪、ソフトドリンクはここで購入可能。

電子レンジも利用することができます。

ちなみにアルコールは一切置かれていませんし食品類もほぼないので、八雲町のマックスバリューなどで買い出しする必要があります。

オートリゾート八雲のセンターハウス

オートリゾート八雲のセンターハウス

木のぬくもりが感じられるセンターハウス内にはキャンプ系の雑誌が大量に置かれていて、自由に読むことが可能。

キッツスペースや薪を焚く用の暖炉も設置されています。

オートリゾート八雲のゴミステーション

オートリゾート八雲のゴミステーション

オートリゾート八雲にはゴミステーションが2か所設置されています。

オートリゾート八雲のゴミ袋

このゴミステーションを利用する際には、八雲町指定のゴミ袋をセンターハウスで購入(1枚100円)する必要があります。

オートリゾート八雲の五右衛門風呂

オートリゾート八雲の五右衛門風呂

オートリゾート八雲は温泉隣接ではありませんが、なんとセンターハウスの左側に五右衛門風呂が設置されています。

利用可能な時間は14時から17時、利用料金は500円(2名まで)で2時間利用可能

※1名増えるごとに追加200円

オートリゾート八雲の五右衛門風呂

五右衛門風呂に入る機会は日常生活ではほぼないので、特に子供たちは喜ぶはず。

オートリゾート八雲の五右衛門風呂

五右衛門風呂の横には更衣室もしっかり設置されています。

ちなみに一番近い温泉は八雲遊楽亭で、日帰り入浴料金は大人500円です(10時半~22時)

オートリゾート八雲のレンタル用品

オートリゾート八雲はアウトドアレンタル品の種類が豊富。

なので、何も道具がないという方でも気軽にキャンプを楽しめます。

※主なレンタル用品の料金はこちら

4名分のレンタルセット(テント・タープ・寝袋・BBQコンロ・ランタン・クッキングセット・テーブルー・椅子)は9800円でレンタル可能。

サポートも付いた「サポートパック」(11000円)も用意されています。

オートリゾート八雲周辺おすすめ遊具

オートリゾート八雲MAP

オートリゾート八雲から徒歩10分ほどの距離にあるのが、噴火湾パノラマパーク内「まきばの冒険広場」

まきばの冒険広場

まきばの冒険広場

まきばの冒険広場

大型遊具が揃っていて、特に「フワフワドーム」と「エンドレスターザンロープ」が大人気。

またパノラマ館の中にはキッツアリーナがあり、雨天でも室内で思いっきり楽しむことが可能です。

大人も子供も楽しめる楽しい施設がいっぱい!噴火湾パノラマパークの詳細はこちらの公式サイトで確認可能です。

オートリゾート八雲おすすめまとめ

道南エリアでは群を抜いて充実しているオートリゾート八雲は、初めてのキャンプという方やファミリーキャンパーにもおすすめ。

大人気のキャンプ場なので、できるだけ早めに予約するのがおすすめです。

※予約方法の詳細はこちらのページを参照

八雲町から函館市内までは約70キロで、高速を使えば1時間弱で到着。

函館観光やB級グルメを味わうために足を伸ばすのもおすすめです。

▼参考記事はこちら

Jolly Jellyfishのステピ
函館B級グルメおすすめ5選まとめ!地元民に長年愛されるソウルフードだけを厳選

続きを見る

オートリゾート八雲

二海郡八雲町浜松368-1

マップコード 687 517 130*54

問い合わせ電話番号 0120-415-992(10時から17時)

営業期間 4月中旬から11月中旬

チェックイン 13時から18時(ロッジは15時から)

チェックアウト 11時まで

センターハウス営業時間 9時から19時

ペット同伴 一部サイトのみ可

オートリゾート八雲公式サイトはこちら

おすすめアウトドアグッツ

我が家がアウトドアグッツを買う時に最も重視するのはコスパの良さ!

実際に使ってみて自信を持っておすすめできるモノだけを、姉妹サイト「ジョニコミ」で紹介しています

アウトドアグッツは防災グッツにもなるので、揃えておいて損はないかなと思っています。

※2018年北海道胆振東部地震の時に1日以上停電が続いたときは、いろいろ揃えておいてよかったと本気で思いました!

▼最も役立ったのはこちらのポータブル電源

suaoki ポータブル電源 S270 40540mAh/150Wh 小型 軽量 家庭用蓄電池 PSE認証済み 三つの充電方法 AC(150W) DC(180W) USB出力 急速充電QC3.0 車中泊 キャンプ 釣り アウトドア 防災グッズ 地震 停電時に 二年間保証
SUAOKI

CHECK!キャンプ以外に災害時にも大活躍!最強ポータブル電源S270を使ってみて分かったメリット&デメリット

我が家はソーラーパネルとセットになったタイプを購入!ソーラーパネルがあった方が災害時は安心

▼停電時には長時間使えるLEDランタンも重要!コスパで選ぶならジェントス EX-V777D Explorerシリーズ一択です

ガスランタンと同じような雰囲気を味わえる「ゆらめきランタン」もかなりおすすめ!

ろうそくの炎のように揺らめきながら点灯しますが、LED電球なので子供でも扱えますし家の中でも使用可能

通常点灯モードもあるので災害時にも大活躍間違いなし

▼クーラーボックスは安くて高性能なIGLOO MAXCOLD シリーズがおすすめ(58リットル以上を買いましょう)

CHECK!【防災にもおすすめ】中級キャンパーの我が家がおすすめする性能とコスパで選んだキャンプグッツ3選!

オートキャンプ場に行くときは屋外でも使える延長コード(10m)もあると便利!黄色など目立つカラーがおすすめ

耐荷重はなんと100㎏!段差や砂利道でも使えるコールマンのアウトドアワゴンは多目的に使えてかなり便利

▼エアーマットがあると車中泊やテント泊でも爆睡可能!ちょっと重くなりますが厚さ10㎝の方が寝心地良いです

CHECK!コスパと寝心地で選ぶならFIELDOORのエアマットが一番おすすめ

▼今イチオシなのがコールマンのこちらのテント!初めてテントを買う人に特におすすめ

コールマン アウトドア 大型テント グランドシート タフスクリーン2ルームハウス+2ルームハウス用テントシートセット 2000031571+2000031860 Coleman

CHECK!【初心者キャンパーにもおすすめ】コールマン タフスクリーン2ルームテントをおすすめする理由

▼FIELDOORのワンタッチタープテントがあると、キャンプ中雨が降ってきても問題なし

CHECK!設置も撤収も超簡単!FIELDOORのワンタッチタープ(3m×3m)を使ってみて分かったメリット&注意点

我が家おすすめキャンプ場

支笏湖美笛キャンプ場

ほぼ手つかずの支笏湖湖畔で快適にキャンプ可能

【北海道人気ナンバー1】支笏湖美笛キャンプ場パーフェクトガイド!注意点や覚えておくと良いことを詳しく解説

続きを見る

オートリゾート苫小牧アルテン

圧倒的に充実している設備と、温泉隣接なのが嬉しいポイント

苫小牧漁港で海の幸を仕入れることができるのも嬉しい

オートリゾート苫小牧アルテン徹底ガイド!おすすめのサイトやコテージ・予約方法を紹介

続きを見る

上富良野町日の出公園オートキャンプ

札幌から約2時間強でアクセス可能

旭川や富良野・美瑛がすぐ近くにあるため、アウトドアだけでなく観光も楽しめます

もちろんキャンプ場もハイレベルで、ロケーションや圧倒的な解放感が魅力

上富良野町日の出公園オートキャンプ場
日の出公園オートキャンプ(上富良野)完全ガイド!おすすめのサイト選び方やシステム&料金を詳しく紹介

続きを見る

浜益海浜公園キャンプ場

海沿いなのに芝生サイトなのでフカフカしていて気持ちいい

厚田漁港でウニやホタテを買って行くのがおすすめ

浜益川下海浜公園
札幌から1時間半で行けるキャンプ場!浜益川下海浜公園の魅力を徹底解説

続きを見る

ベルパークちっぷべつ公園キャンプ場

子供が楽しめる設備が多いので、ファミリーキャンパーにおすすめ

温泉隣接で朝風呂に入れるのも嬉しいポイント

【ファミリーキャンパー必見】ベルパークちっぷべつ公園キャンプ場(秩父別町)に我が家が毎年通う理由とは

続きを見る

月形町皆楽公園キャンプ場

温泉隣接・料金が格安(一人200円)・チェックアウト時間は何時でもOK・ゴミを捨てて帰れる…など言うことなし

【札幌から約1時間】月形町皆楽公園キャンプ場の魅力やおすすめのテント設営場所

続きを見る

かなやま湖畔キャンプ場

山と湖に囲まれた息をのむようなロケーションで、ペットの同伴もOK

広々としたドックラン完備で、徒歩圏内に日帰り入浴可能な保養所も!

かなやま湖畔キャンプ場
【ペットOK&徒歩で行ける日帰り入浴】かなやま湖キャンプ場完全ガイド!料金システム&サイトの選び方や注意点

続きを見る

宗谷ふれあい公園オートキャンプ場

とにかく一度行ってみて欲しい最北のオートキャンプ場。子供が喜ぶ無料遊具も豊富です

宗谷ふれあい公園オートキャンプ場完全ガイド!おすすポイントや注意点を紹介

続きを見る

旭川市21世紀の森キャンプ場

フリーテントサイトは格安で利用でき、場内にある天然温泉に1回100円で入浴可能

▼参考記事はこちら

旭川市21世紀の森キャンプ場ファミリーゾーン
旭川市21世紀の森キャンプ場徹底ガイド!おすすめのサイトや注意点を紹介

続きを見る

中級キャンパーが独断で選んだ道内キャンプ場おすすめ14選

上富良野町日の出公園オートキャンプ
中級キャンパーが独断で選んだ北海道のキャンプ場おすすめ14選

続きを見る

札幌近郊キャンプ場おすすめ10選(約1時間半圏内)

札幌近郊キャンプ場おすすめ10選!札幌から約1時間半以内で行ける場所だけを厳選

続きを見る

旭川(道北)エリアキャンプ場おすすめ15選

日の出公園オートキャンプ場(上富良野)フリーテントサイト
実際に行ってみて気に入った旭川(道北)エリアのおすすめキャンプ場15選

続きを見る

子供と一緒に楽しめる北海道キャンプ場おすすめ7選

【ファミリーキャンパー必見】子供と一緒に楽しめる北海道キャンプ場おすすめ8選

続きを見る

【お酒を飲んでも大丈夫】道内の温泉隣接キャンプ場11選

道内の温泉隣接キャンプ場11選!お酒を飲んでも歩いて行ける場所だけを厳選

続きを見る

北海道の海水浴キャンプができるおすすめキャンプ場8選

北海道の海水浴キャンプができるおすすめキャンプ場8選

続きを見る

北海道の無料&格安キャンプ場おすすめ11選

▼ちょっとでも不安なら要チェック!自宅でできる新型コロナウィルス抗体検査

【後悔先に立たず】ドライブレコーダーを格安で取り付ける方法&失敗しない選び方

【後悔先に立たず】ドライブレコーダーを格安で取り付ける方法&失敗しない選び方

続きを見る

ついに札幌上陸のウーバーイーツ!実際に使って分かったおすすめポイントや注意点

札幌に上陸したウーバーイーツを実際に使ってみて分かった魅力や注意点

続きを見る

札幌に上陸した人気の2大フードデリバリーサービス「Uber Eats」「Wolt(ウォルト)」を徹底比較

札幌に上陸した人気の2大フードデリバリーサービス「Uber Eats」「Wolt(ウォルト)」を徹底比較

続きを見る

新千歳空港グルメ完全ガイド!食べないと後で後悔する本当に美味しいものだけを紹介

新千歳空港グルメおすすめ13選!地元ブロガーが選ぶ北海道で絶対に食べてほしいメニューはこれ

続きを見る

【札幌グルメ完全ガイド】絶対に間違いないお店だけを厳選紹介

札幌グルメパーフェクトガイド
【札幌グルメ完全ガイド】絶対に間違いないお店だけを地元ブロガーが厳選紹介

続きを見る

札幌おすすめ観光スポット20選を地元が大好きなボクが厳選

地元民がお客さんを本気でアテンドする際に外せない札幌おすすめ観光スポット20選

続きを見る

地元民が教える札幌夜景スポットおすすめ7選!深夜ドライブデートにも使える定番から穴場まで

赤れんが庁舎の夜景
地元民が教える札幌夜景スポットおすすめ7選!深夜ドライブデートにも使える定番から穴場まで

続きを見る

北海道観光用の乗り捨て可能な格安レンタカーを探す方法や注意点

北海道観光用の乗り捨て可能な格安レンタカーを探す方法や注意点

続きを見る

小樽グルメおすすめ完全ガイド!地元民が通う間違いないお店や穴場店を厳選紹介

小樽の海鮮丼
小樽グルメおすすめ完全ガイド!地元民が通う間違いないお店や穴場店を厳選紹介

続きを見る

函館グルメおすすめ完全ガイド!地元民が通う間違いないお店や穴場店を厳選紹介

函館グルメおすすめ完全ガイド!地元民が通う間違いないお店や穴場店を厳選紹介

続きを見る

元地元民が選んだ旭川で絶対に食べておきたいおすすめ人気グルメ9選

旭川おすすめ人気グルメ
元地元民が選んだ旭川で絶対に食べておきたいおすすめ人気グルメ9選

続きを見る

結婚するまで本籍地が富良野だった私が選ぶおすすめ観光スポット10選

富良野観光スポットおすすめ⑨なかふらの町営北星山ラベンダー園
結婚するまで本籍地が富良野だった私が選ぶおすすめ観光スポット10選

続きを見る

-道南

© 2020 さつろぐ~ジョニーの札幌ブログ