北海道アウトドア情報 後志 道央

【圧倒的な解放感】いわないリゾートパーク マリンビューのおすすめポイントや注意点

日本夜景遺産にも登録されている岩内町の夜景や積丹半島を一望できる高台に位置する、オートキャンプ場「いわないリゾートパーク マリンビュー」

圧倒的なロケーションの良さと開放感が大きな魅力。

今回は、実際に行ってみて分かったいわないリゾートパーク マリンビューの魅力やおすすめポイントを紹介します。

※記事内の情報は執筆当時のものです。最新情報は公式サイトをご確認ください。

いわないマリンビューのおすすめポイント

  • 抜群のロケーションと開放感
  • よく整備されていて専有面積も広めの美しいサイト

いわないリゾートパークマリンビュー(岩内オートキャンプ場)の行き方マップコード

いわないマリンビュー

岩内郡岩内町野束

マップコード 398 691 385*30

問い合わせ電話番号 0135-61-2200(9時~17時)

営業期間 4月28日~10月31日

※毎年4月1日からシーズン中全日程の予約が可能

チェックイン 13時~17時

チェックアウト 7時~10時半

センターハウス営業時間 6時~23時

ペット同伴 条件付きで可能

いわないリゾートパーク マリンビューの公式サイトはこちら

いわないリゾートパーク マリンビュー

高速道路を利用すれば札幌から2時間弱で到着する、いわないリゾートパーク マリンビュー。

後志自動車道が建設中なので、今後もっと時間短縮も見込まれます。

いわないリゾートパーク マリンビュー周辺MAP

いわないリゾートパーク マリンビューは高台の上にあり、近くにスーパーやコンビニは全くありません。

なので、キャンプ場に行く前にしっかり買い出しをしてから行きましょう。

小樽経由で行く方は、南樽市場などで食材を調達するのもおすすめ。

▼参考記事はこちら

小樽に行ったら絶対外せない新鮮な海産物が購入できるおすすめの市場4選

続きを見る

いわないリゾートパーク マリンビュー近くの温泉

いわないリゾートパーク マリンビューの周りには日帰り入浴も可能な温泉がいくつかありますが、徒歩で行くのは少し厳しい距離。

※行きは下りですが帰りが登りなので、せっかく温泉に入っても汗だくになります

なので、温泉に行こうと思っておられるファミリーは、お酒を飲まない運転手を確保しておきましょう。

※センターハウスには無料のシャワーもあります

いわないマリンビュー(岩内オートキャンプ場)のサイトやコテージを紹介

いわないリゾートパーク マリンビューMAP

いわないマリンビューは、A・B・C・D・Eサイトとコテージに分かれます。

地図で見ると分かりにくいのですが、サイト内は高低差がかなりあるのでどこを予約するかはかなり重要

※D・Eサイトが最も標高が高く、A・Bサイトに向けて低くなっていきます

それぞれのサイトの特徴や料金を紹介していきます。

ちなみに、以下に紹介するサイト利用料以外に、入場料大人(中学生以上)1000円/小学生500円が加算されます

※入場料は連泊する場合は1回分のみ徴収

いわないマリンビューAサイト

いわないマリンビューAサイト

センターハウスに最も近いのがAサイト(全15サイト)で、料金は1泊3000円

いわないマリンビューのAサイト

いわないマリンビューAサイト電源

駐車スペースの他に15Aの電源が設置されています。

いわないマリンビューAサイト

ゆったりとしたサイトになっていて、隣との間隔も広め、

いわないマリンビューのトイレ

トイレはAサイトとBサイトの中間に設置されています。

いわないマリンビューのトイレ

いわないマリンビューのトイレ

トイレはウォッシュレット式ではありませんが非常に清潔。

いわないマリンビューの炊事棟

炊事棟はAサイト専用のものが1か所設置されています。

いわないマリンビューBサイト

いわないマリンビューBサイト

いわないマリンビューのBサイトは、Aサイトと同じ電源付きサイトがBサイトと、キャンピングカーサイト(13サイト)で構成されています。

電源付きサイトは1泊3000円で、キャンピングカーサイトは1泊5000円

いわないマリンビューのキャンピングカーサイト

いわないマリンビューのキャンピングカーサイト

キャンピングカーサイトには、電源以外に流し台も設置されています。

いわないマリンビューの炊事棟

炊事棟も設置されているので、そちらを使うことも可能。

トイレはAサイトと同じものを使用します。

非常に広々としたBサイトですが、標高的には一番低い位置にあるので海はほぼ見えません。

いわないマリンビューDサイト

いわないマリンビューのDサイト

最も標高が高い位置にあるDサイト(全17サイト)は1泊2500円

いわないマリンビューのDサイト

いわないマリンビューのDサイト

AサイトやBサイトと同じように見えますが、Dサイトには電源がありません!

いわないマリンビューのDサイトからみたロケーション

ですがロケーションは抜群で、積丹半島や岩内港方面を一望できます。

いわないマリンビューのDサイト

ちなみに上の画像はいわないマリンビューDサイトから撮った写真ですが、センターハウスやA・Bサイトがかなり下の方に見えるのが分かるはず。

いわないマリンビューのトイレ

いわないマリンビューのトイレ

いわないマリンビューのトイレ

トイレは隣にあるフリーテントサイトと共同で利用。

いわないマリンビューの炊事棟

いわないマリンビューの炊事棟

炊事棟もフリーテントサイトと共同で利用しますが、かなり広めなので順番待ちすることはほぼないでしょう。

いわないマリンビューのフリーテントサイト(Eサイト)

いわないマリンビューのフリーテントサイト

いわないマリンビューにはフリーテントサイトもあり、料金は1泊1000円

いわないマリンビューのフリーテントサイト

駐車場の近くにテント設営ができれば、セミオートキャンプ場の様に利用することも可能。

炊事棟やトイレはDサイトと同じものを利用します。

標高的にはDサイトと変わらないので、素晴らしい眺望を楽しむことができます。

いわないマリンビューのコテージ(Cサイト)

いわないマリンビューのコテージ

いわないマリンビューのコテージ(全9棟)は1泊12000円で宿泊可能

いわないマリンビューのコテージ

2階建てのコテージで定員は5名。

いわないマリンビューのコテージ

いわないマリンビューのコテージ

1階はリビングスペースになっていて、テレビ・冷蔵庫・クッキングヒーターが完備。

以前はほぼ使えないテレビデオでしたが、2019年に全棟新しいテレビになりました。

2階はロフトスペースになっていて、5名分の寝具が用意されています。

※やかんや鍋はありますが、食器は持参する必要があります

いわないマリンビューのセンターハウス・売店・シャワー

いわないマリンビューのセンターハウス

いわないマリンビューの入り口にあるセンターハウスには、オートキャンプをサポートする施設がいっぱい。

営業時間が6時から23時とかなり長めなのも、嬉しいポイント。

いわないマリンビューのシャワールーム

シャワールームは男女別に3基ずつあり、無料で利用可能(シャンプーなどは要持参)

いわないマリンビューのコインランドリー

コインランドリーは洗濯機200円・乾燥機100円で利用可能。

いわないマリンビューの電子レンジ

センターハウス営業時間内は無料で利用できる電子レンジ。

いわないマリンビューの売店

いわないマリンビューの売店

売店にはキャンプ用品やアルコール類・氷などが販売されています。

※参考までに氷は270円、アサヒスーパードライ350mlが250円

センターハウスには他にもフォトギャラリーや情報ギャラリーがあり、岩内町の買い物スポットや飲食店情報も入手可能。

ちなみに、2階はテラス、3階は展望台になっています。

いわないマリンビューのレンタル品

いわないマリンビューには、以下のレンタル品が用意されています。

  • テント4人用 3000円
  • スクリーンハウス(大)3000円
  • タープ 2000円
  • 寝袋 800円
  • 毛布 800円
  • エアベッド (S)800円(W)1000円
  • エアポンプ(電動)100円
  • テーブル&イス(4人用プラスチック製)800円
  • アルミトップテーブル 800円
  • プリントチェア 300円
  • BBQ用コンロ(アミ付)/4~6人用600円、2~3人用400円
  • カセットコンロ(ガスボンベ1本付)600円
  • 調理器具/包丁 300円
  • まな板 300円
  • フライパン(26㎝)300円
  • 両手鍋(24㎝)300円
  • 電気炊飯ジャー5合用1500円
  • 1升用2000円ランタン(電池付)600円
  • ランタンスタンド 300円
  • 電工ドラム(15A-30m)600円

※詳細はセンターハウスのお問い合わせください

いわないマリンビューのゴミステーションや遊具

いわないマリンビューのゴミステーション

分別する必要がありますが、無料でゴミの処理をしてくれるのが嬉しいポイント。

いわないマリンビューの遊具

ちょっとした遊具や展望台もあるので、特に子供たちは喜ぶことでしょう。

いわないマリンビューの近くの日帰り温泉

いわないリゾートパーク マリンビュー周辺MAP

徒歩で行くのは少し厳しいですが、車で数分の距離にいくつかの入浴施設が点在しています。

  • 岩内高原ホテル(15時~20時)大人1000円/子供600円
  • サンサンの湯(10時~21時)大人500円/子供300円
  • いわない温泉高島旅館別館  おかえりなさい(6時半~23時)大人800円/子供400円
  • グリンパークいわない(8時~20時)大人500円/子供300円

いわないマリンビュー(岩内オートキャンプ場)おすすめまとめ

圧倒的なロケーションの良さとよく整備されたキャンプサイトが大きな魅力の、いわないマリンビュー。

電源はありませんがD・Eサイトの方が眺望がいいので気に入っています。

岩内町には市場や飲食店もありますし、近くにはパークゴルフ場やピカソの版画が展示されている荒井記念美術館もあります。

いわないマリンビューに宿泊する際は、近隣のスポットも合わせて楽しむのがおすすめです。

いわないマリンビュー

岩内郡岩内町野束

マップコード 398 691 385*30

問い合わせ電話番号 0135-61-2200(9時~17時)

営業期間 4月28日~10月31日

※毎年4月1日からシーズン中全日程の予約が可能

チェックイン 13時~17時

チェックアウト 7時~10時半

センターハウス営業時間 6時~23時

ペット同伴 条件付きで可能

いわないリゾートパーク マリンビューの公式サイトはこちら

おすすめのアウトドア&防災グッツ

我が家がアウトドアグッツを買う時に最も重視するのはコスパの良さ!

実際に使ってみて自信を持っておすすめできるモノだけを、姉妹サイト「ジョニコミ」で紹介しています

アウトドアグッツは防災グッツにもなるので、揃えておいて損はないかなと思っています。

※2018年北海道胆振東部地震の時に1日以上停電が続いたときは、いろいろ揃えておいてよかったと本気で思いました!

▼最も役立ったのはこちらのポータブル電源

キャンプ以外に災害時にも大活躍しました!最強ポータブル電源S270

我が家はソーラーパネルとセットになったタイプを購入しました

【限定セット】suaoki ポータブル電源 S270 ソーラーチャージャー 60W キャンプ 車中泊 キャンピングカー テント アウトドア 防災 電気代節約 非常用電源 太陽光発電 省エネ 防災グッズ 急速充電 防災グッズ 停電対策

▼停電時には長時間稼働可能なライトも重要

【防災にもおすすめ】中級キャンパーの我が家がおすすめする性能とコスパで選んだキャンプグッツ3選!

オートキャンプ場に行くときは、屋外でも使える延長コード(10m)も必須アイテム!黄色など目立つカラーがおすすめ

▼車中泊やテント泊の強い味方

コスパと寝心地で選ぶならFIELDOORのエアマットが一番おすすめ

▼今イチオシのテント!初めてのテントならこちらがおすすめ

【初心者キャンパーにもおすすめ】コールマン タフスクリーン2ルームテントをおすすめする理由

▼タープがあると雨ふりキャンプでも全く問題なし

設置も撤収も超簡単!FIELDOORのワンタッチタープ(3m×3m)

我が家おすすめキャンプ場

支笏湖美笛キャンプ場

ほぼ手つかずの支笏湖湖畔で快適にキャンプ可能

【北海道人気ナンバー1】支笏湖美笛キャンプ場パーフェクトガイド!注意点や覚えておくと良いことを詳しく解説

続きを見る

オートリゾート苫小牧アルテン

圧倒的に充実している設備と、温泉隣接なのが嬉しいポイント

苫小牧漁港で海の幸を仕入れることができるのも嬉しい

オートリゾート苫小牧アルテン徹底ガイド!おすすめのサイトやコテージ・予約方法を紹介

続きを見る

オートリゾート滝野

札幌から気軽に行ける便利なキャンプ場

利用できるアクティビティも多くコスパ高め

どこよりも詳しいオートリゾート滝野ガイド!おすすめキャビンや注意点を徹底解説

続きを見る

浜益海浜公園キャンプ場

海沿いなのに芝生サイトなのでフカフカしていて気持ちいい

厚田漁港でウニやホタテを買って行くのがおすすめ

浜益川下海浜公園
札幌から1時間半で行けるキャンプ場!浜益川下海浜公園の魅力を徹底解説

続きを見る

ベルパークちっぷべつ公園キャンプ場

子供が楽しめる設備が多いので、ファミリーキャンパーにおすすめ

温泉隣接で朝風呂に入れるのも嬉しいポイント

【ファミリーキャンパー必見】ベルパークちっぷべつ公園キャンプ場(秩父別町)に我が家が毎年通う理由とは

続きを見る

月形町皆楽公園キャンプ場

温泉隣接・料金が格安(一人200円)・チェックアウト時間は何時でもOK・ゴミを捨てて帰れる…など言うことなし

【札幌から約1時間】月形町皆楽公園キャンプ場の魅力やおすすめのテント設営場所

続きを見る

宗谷ふれあい公園オートキャンプ場

とにかく一度行ってみて欲しい最北のオートキャンプ場。子供が喜ぶ無料遊具も豊富です

宗谷ふれあい公園オートキャンプ場完全ガイド!おすすポイントや注意点を紹介

続きを見る

旭川市21世紀の森キャンプ場

フリーテントサイトは予約不要&無料で利用可能!そして天然温泉になんと入り放題。

▼参考記事はこちら

旭川市21世紀の森キャンプ場徹底ガイド!おすすめのサイトや注意点を紹介

続きを見る

中級キャンパーが独断で選んだ道内キャンプ場おすすめ11選

中級キャンパーが独断で選んだ北海道のキャンプ場おすすめ11選

続きを見る

札幌近郊キャンプ場おすすめ10選(約1時間半圏内)

札幌近郊キャンプ場おすすめ10選!札幌から約1時間半以内で行ける場所だけを厳選

続きを見る

子供と一緒に楽しめる北海道キャンプ場おすすめ7選

【ファミリーキャンパー必見】子供と一緒に楽しめる北海道キャンプ場おすすめ7選

続きを見る

【お酒を飲んでも大丈夫】道内の温泉隣接キャンプ場10選

道内の温泉隣接キャンプ場10選!お酒を飲んでも歩いて行ける場所だけを厳選

続きを見る

北海道の海水浴キャンプができるおすすめキャンプ場8選

北海道の海水浴キャンプができるおすすめキャンプ場8選

続きを見る

北海道の無料&格安キャンプ場おすすめ11選

設備の充実度とコスパの良さで厳選した北海道の無料&格安キャンプ場おすすめ11選

続きを見る

▼実際に行ってみて分かった各キャンプ場の特徴やおすすめポイントを紹介

道内キャンプ場レビュー記事はこちら

▼北海道のキャンプとセイコーマートは切っても切り離せない関係

新千歳空港おすすめ完全ガイド!知っておくと役立つ21の事

新千歳空港おすすめ完全ガイド!知っておくと役立つ21の事

続きを見る

新千歳空港グルメ完全ガイド!食べないと後で後悔する本当に美味しいものだけを紹介

新千歳空港グルメ完全ガイド!食べないと後で後悔する本当に美味しいものだけを紹介

続きを見る

【2019年ふるさと納税】北海道内市町村のおすすめ人気返礼品まとめ

【2019年ふるさと納税】北海道内市町村のおすすめ人気返礼品まとめ!海鮮・米・肉・乳製品など間違いないものだけを紹介

続きを見る

【札幌グルメ完全ガイド】絶対に間違いないお店だけを厳選紹介

札幌グルメパーフェクトガイド
【札幌グルメ完全ガイド】絶対に間違いないお店だけを厳選紹介

続きを見る

函館のおすすめ&魅力を満喫するために知っておくべき7つのポイントを函館育ちブロガーが解説

函館のおすすめ&魅力を満喫するために知っておくべき7つのポイントを函館育ちブロガーが解説

続きを見る

【SNS映え間違いなし】並んででも食べる価値のある札幌おすすめシメパフェ店9選

パーラーエノキのパフェ
【SNS映え間違いなし】並んででも食べる価値のある札幌おすすめシメパフェ店9選

続きを見る

札幌おすすめ観光スポット20選を地元が大好きなボクが厳選(自信あり) 

札幌おすすめ観光スポット20選を地元が大好きなボクが厳選(自信あり)

続きを見る

札幌市内のおすすめ宿泊エリア5選と旅の目的別おすすめホテルを紹介

札幌市内のおすすめ宿泊エリア5選と旅の目的別おすすめホテルを紹介

続きを見る

北海道観光用の乗り捨て可能な格安レンタカーを探す方法や注意点

北海道観光用の乗り捨て可能な格安レンタカーを探す方法や注意点

続きを見る

我が家が国内線の格安チケットを探すときに毎回エアトリを使う理由

国内線の格安航空券ならエアトリがおすすめ

続きを見る

航空券インターネット売り上げNo.1!

【購入額の2%がポイント加算】エアトリ

時間がない時はここだけチェック

セイコーマート完全ガイド!おすすめのお土産やオリジナル商品&大手コンビニに対抗できる理由とは

セイコーマート完全ガイド!おすすめのお土産やオリジナル商品&大手コンビニに対抗できる理由とは

続きを見る

北海道電力を約40年間使い続けた我が家が楽天でんきに乗り換えた3つの理由!本当にお得なのか徹底検証して分かったこと

北海道電力を約40年間使い続けた我が家が楽天でんきに乗り換えた3つの理由!本当にお得なのか徹底検証して分かったこと

続きを見る

【頑張った自分へのご褒美】札幌の日帰り温泉&スパおすすめ12選まとめ

【頑張った自分へのご褒美】札幌の日帰り温泉&スパおすすめ12選

続きを見る

 

Amazonブラックフライデー

海外では毎年開催されている人気のビックセール「Amazonブラックフライデー」が、今週末日本で初めて開催されることが決定!

開催日時は11月22日(金)9時~24日(日)23時59分までの63時間

詳しくはコチラ(公式サイト)

Amazonブラックフライデーは3つのカテゴリーに分かれています

色が黒

※その他の「色が黒いもの」はこちら

名前が黒

※その他の「名前が黒いもの」はこちら

価格が黒

さらにシャープ 50V型 液晶 テレビ AQUOSApple MacBook  12インチがタイムセールに登場予定

※タイムセールの詳細はこちら

ポチッとする前に要チェック

抽選で5,000ポイントが当たるキャンペーンにエントリー

エントリーするだけで、抽選で5,000ポイントが5,000名、100ポイントが125,000名に当たるというキャンペーン

キャンペーンページを見て「エントリーが完了しています」と表示されればOK

キャンペーンページはこちら

Amazonギフト券のチャージタイプを購入

コンビニ・ATM。ネットバンキング払いでチャージすれば、最大2.5%のAmazonポイントが貯まります

我が家は近くのセブンイレブンでいつもチャージしていますが、だいたい30分程度で反映されますよ

現在、初回購入で1000ポイントがもらえるキャンペーンが開催中!

ギフト券(チャージタイプ)の詳細はこちら

Amazonプライム会員の方は、さらにお得にセールを楽しむことが可能

まだ30日無料体験をしていない方はこのチャンスに申し込むのがおすすめです

実際にAmazonプライム会員を使って見た感想はこちら

Amazonプライム30日間無料体験(公式)

日本初開催のAmazonブラックフライデー開催日時は、11月22日(金)9時~24日(日)23時59分までの63時間

通常のセールに比べ人気商品がかなりお得に購入できるので要チェックですよ!

≫≫63時間限定!Amazonブラックフライデー(公式)

誰でもできる外食代を半額にする方法

当たり前ですが外食はお金がかかるので、なかなか頻繁には行けません。

ですがファンくるに登録して以来、我が家は月に数回ですが約半額で外食を楽しめています。

ファンくるは覆面調査紹介のサイトなのですが、札幌の案件は特に居酒屋系が充実。

写真を撮ったりアンケート(約60問程度)に答える必要がありますが、飲食代が半額~70%還元になり、案件によっては無料になることも。

先日も札幌市内の某焼き鳥居酒屋を覆面モニターしてきましたが、実質ほぼ無料で思う存分食べ飲みできました。

グルメ以外にもエステやマッサージが実質半額で受けられたり、新商品サンプルモニターなどの案件が充実。

利用者側にはメリットしかないサイトなので、登録しておいて損はないでしょう。

詳しくはコチラ

3か月無料体験中!みんなの優待

会員制割引クーポン使い放題サービス「みんなの優待」(月額490円)の無料体験期間が、今だけ3か月に大幅延長されています(通常は1か月)

もちろん3か月の無料体験期間中内に解約すれば料金は発生しません。

道内のレジャー施設や飲食店のクーポンがたくさんあるので、申し込むなら今がチャンスかなと思います

≫【今だけ3か月無料体験中】みんなの優待

登録するなら今がチャンス

ここ数年で瞬く間に広がったキャッシュレス決済ですが、あまりにも種類がありすぎて圧倒されている人も多いはず

もし一つだけ登録するとしたら、おすすめなのは毎回の支払いで最大3%戻ってくるpaypay一択!

還元率だけでなくセイコーマートとセブンイレブンの両方で使えるというのが、道民にとっては嬉しいポイント

今なら新規登録と1週間以内の銀行口座登録で、なんと1000円相当プレゼント実施中

iPhoneの方はコチラ

アンドロイドスマホの方はコチラ

▼姉妹サイト「ジョニコミ」でPayPayが使えるようになったセブンイレブンのおすすめ商品を詳しく紹介

CHECK!【最新】セブンイレブンの低カロリーおすすめダイエットメニュー10選

CHECK!家飲みするなら買い出しはセブンイレブンへ!ビールに合う最強おつまみを厳選紹介

北海道で今人気のアクティビティ

北海道で楽しい思い出を作りたいときは、積極的にアクティビティ体験を申し込みましょう。

現地で申し込むことができるものもありますが、確実に参加できるよう事前にじゃらんでチェックして予約を済ませておくのがおすすめ!

じゃらんでいま特に人気があるアクティビティベスト3は……

知床五胡

世界自然遺産「知床」の絶景を海側から観光できます。

大型船で揺れも少ないのでおすすめ。

≫≫知床観光船おーろらの詳細はこちら

小樽青の洞窟クルージング

小樽「青の洞窟」は海からしか見ることのできない、小樽人気の絶景スポット。

手つかずで残っている1500万年前の大自然の迫力に、思わず感動してしまうこと間違いなしです。

小樽「青の洞窟」クルーズには、クルージング体験以外に釣り体験付き・シュノーケリング体験付きなどいくつかのプランがあるので、好みに合わせて選択しましょう。

≫≫小樽「青の洞窟」クルーズ体験の詳細はこちら

ニセコでラフティング体験

ニセコの代表的なアウトドアといえばやっぱりラフティング。

最大7名乗りのボートで協力して尻別川約8キロを漕ぎ下るコースは、控えめに言っても迫力満点。

ボートには必ずガイドが同乗するので、安全に楽しくラフティングを楽しむことができますよ。

≫≫北海道の大自然を満喫!尻別川【ニセコ・ラフティング】の詳細はこちら

じゃらん割引クーポン

じゃらんを利用するとポイントが貯まるのでお得に予約できますが、時折配布されているクーポンを利用するとさらにお得に!

なので、予約を完了させる前にじゃらんの割引クーポンが出ていないか必ずチェックしましょう。

じゃらんの割引クーポンをチェック

じゃらんの北海道人気アクティビティランキング

 

-北海道アウトドア情報, 後志, 道央
-

Copyright© さつろぐ~ジョニーさんの札幌ブログ , 2019 All Rights Reserved.