北海道アウトドア情報 札幌スポット

どこよりも詳しいオートリゾート滝野ガイド!おすすめキャビンや注意点を徹底解説

投稿日:2019-05-16 更新日:

札幌で気軽にキャンプしたいときにおすすめなのが、南区にあるオートリゾート滝野。

札幌市内中心部から1時間以内で行くことができる抜群の立地と、群を抜いた施設の充実度なのにリーズナブルなのが特徴。

特に子供がいるファミリーキャンパーに大人気ですが、今年初めてキャンプに挑戦という初心者キャンパーにもおすすめのキャンプ場です。

というわけで今回は、オートリゾート滝野を数えきれないほど利用しているからこそ分かる魅力を、どこよりも詳しく紹介します。

※記事内の情報は執筆当時のものです。最新情報は公式サイトをご確認ください。

オートリゾート滝野のおすすめポイント

  • 札幌から近い(というか札幌市内)
  • アクティビティが一日で回れないほど充実
  • 何でも揃っているセンターハウス

この記事を流し読み

オートリゾート滝野の行き方マップコード&チェックイン・アウト時間

オートリゾート滝野

札幌市南区滝野247

マップコード 867 571 296*36

電話番号 011-594-2121  (受付時間9時~17時)

チェックイン 13時~17時(6月から8月は18時まで)

チェックアウト 8時~11時

営業期間 例年4月20日~10月末まで

ペット わんわんフリーテントサイトのみ可(ペット1匹につき別途500円加算)

オートリゾート滝野の公式サイトはこちら

オートリゾート滝野キャビンA

約10ヘクタールという広大な敷地に143の様々なサイトがあり、約600人を収容可能な札幌が誇るオートキャンプ場「オートリゾート滝野」は、滝野すずらん丘陵公園内にあります。

滝野すずらん丘陵公園渓流口

滝野すずらん丘陵公園には鱒見口・渓流口・滝野の森口という3つのゲートがありますが、オートリゾート滝野に行くときは渓流口を目指しましょう

オートリゾート滝野入り口

道なりに進んでいくとオートリゾート滝野の入り口が見えてきます。

オートリゾート滝野のセンターハウス

そのまま進んでいくと左側にセンターハウスが見えてくるので、チェックインの手続きをしましょう。

オートリゾート滝野のチェックイン時間は13時~17時(6月から8月は18時までOK)で、チェックアウトは8時~11時

近くに買い出しできるような店舗はないので、しっかり準備してから来るのがおすすめ。

ちなみに、夜間(22時~翌7時)の入退場はできないので注意しましょう。

オートリゾート滝野の施設利用料

オートリゾート滝野の利用料金は上の表のような感じ。

大人一人860円、小中学生は120円で、連泊するとお得になります

ちなみにこの料金には、滝野すずらん丘陵公園入園料(大人一人450円/小中学生は無料)も含まれているのでかなりお得と言えるでしょう。

当然ながら、入園料とは別にこれから解説する各サイトの利用料が加算されることになります

オートリゾート滝野(滝野すずらん公園キャンプ場)のキャビン・サイトの違いを解説

オートリゾート滝野のMAP

出典:オートリゾート滝野公式サイト

公式サイトにはオートリゾート滝野のフィールドマップが掲載されています。

センターハウスを囲むようにたくさんのサイトがあり、それぞれ特徴や料金が異なります。

オートリゾート滝野詳細MAP

上のマップを見ていただけると分かるように、大きく分けると6つのエリアに分けることができます。

エリアごとに特徴や料金を紹介していきます。

※オートリゾート滝野の利用料金は、繁忙期かどうかによって大きく変わります。繁忙期とはGW期間・7月19日~8月31日・土曜日・連休(最終日を除く)です

キャビンS【6人用】(オートリゾート滝野コテージ)

オートリゾート滝野キャビンS外観画像

キャビンS(6人用)

料金 15450円(繁忙期)

※通常は7750円

【設備】電源・暖房・TV端子・キッチン・トイレ

オートリゾート滝野キャビンS

センターハウスの近くにあり、施設も圧倒的に充実しているキャビンS

大人気のキャビンですが、もし空いていればここに泊まるのが絶対におすすめ。

オートリゾート滝野キャビンS内部

玄関を開けるとこんな感じ。

オートリゾート滝野キャビンS内部

オートリゾート滝野キャビンSリビング

日の光が十分に差し込むリビングルーム。

オートリゾート滝野キャビンSリビング

オートリゾート滝野キャビンSストーブ

小さいながらテレビがついていますし、冷蔵庫やストーブもしっかり完備。

オートリゾート滝野キャビンS台所

コンロは一口ですが、給湯器が付いているのでお湯も使用可能なのが嬉しいポイント。

オートリゾート滝野キャビンSリビング

上から見るとこんな感じでして、畳スペースも活用すれば6人で充分くつろげるはず。

オートリゾート滝野キャビンS2階

2階部分には人数分のマットレスが置かれています。

天窓も付いていて、たっぷり日の光が入る気持ちがいい空間!

オートリゾート滝野キャビンS2階

広げてみるとこんな感じですが、薄めのマットレスなので自分で寝具を持参する必要があるでしょう。

オートリゾート滝野キャビンSのトイレ

シャワーはついていませんが、トイレは広々としたバリアフリー構造。

オートリゾート滝野キャビンSのトイレ

もちろんウォッシュレット完備です。

オートリゾート滝野キャビンSテラス

オートリゾート滝野キャビンSの大きな特徴は、かなり広めのテラスが付いているということ。

オートリゾート滝野キャビンSテラス

テラスには室内からも行くことができるので、雨が降った時でも濡れずに焼肉を楽しむことができます。

キャビンSの前の芝生広場

キャビンSの前方には芝生広場が広がっていて、その向こうにセンターハウスがあります。

最も便利かつ快適なキャビンなので、もし空いていれば真っ先に予約するのがおすすめです。

キャビンA【6人用】(オートリゾート滝野コテージ)

オートリゾート滝野キャビンA

キャビンA(6人用)

料金 9250円(繁忙期)

※通常は4650円

【設備】電源・暖房・TV端子

オートリゾート滝野キャビンA

センターハウスの右奥には、キャビンAが14棟並んでいます。

オートリゾート滝野キャビンAリビング

オートリゾート滝野キャビンA

トイレや流しなどはついていませんが、冷倉庫や折りたたみテーブルが設置されています。

テレビはありませんがテレビ端子はついています。

ちなみに、15型テレビを1550円でレンタルすることも可能。

オートリゾート滝野キャビンAのストーブ

FFストーブも付いているので、肌寒い季節でも大丈夫。

オートリゾート滝野キャビンAのマットレス

マットレスが人数分ありますが、自分で寝具を持参した方が良いでしょう。

オートリゾート滝野キャビンAのロフト

狭いですが天窓付きのロフトも付いているので、有効に活用しましょう。

オートリゾート滝野キャビンAの共同炊事棟

オートリゾート滝野キャビンAの共同炊事棟

共同炊事棟が中央に2棟あります。

オートリゾート滝野キャビンAトイレ

トイレはカーサイトにあるものか、センターハウスを利用しましょう。

オートリゾート滝野キャビンAのトイレ

オートリゾート滝野キャビンAのトイレ

どちらも清潔ですし、ウォッシュレット完備です。

キャビンB【5人用】(オートリゾート滝野コテージ)

キャビンB【5人用】(オートリゾート滝野コテージ)

キャビンB(5人用)

料金 8250円(繁忙期)

※通常は4150円

【設備】電源・暖房

オートリゾート滝野詳細MAP

オートリゾート滝野キャビンB

センターハウスからはかなり離れた場所(徒歩約10分)にあるキャビンB

玄関前に屋根付きテラススペースがあるので、小雨程度ならBBQが楽しめます。

オートリゾート滝野の遊歩道

センターハウスから見るとかなり下った場所にあるため、きつめの遊歩道を上って行かなければいけません。

センターハウスに行くときは車を利用した方がいいかもしれません。

オートリゾート滝野キャビンB

オートリゾート滝野キャビンB

屋外テラスがある分、室内はそれほど広くありません。

冷蔵庫や折りたたみテーブルが付いていますが、テレビ端子はありません。

オートリゾート滝野キャビンBのストーブ

ストーブは小さめですが、この部屋のサイズなら十分。

オートリゾート滝野キャビンBのマットレス

人数分のマットレスが付いていますが、寝具は自分で持参しましょう。

オートリゾート滝野サニタリーハウス

トイレや炊事棟は、フリーテントサイトにあるサニタリーハウスを使うことになります。

オートリゾート滝野のサニタリーハウス

オートリゾート滝野のサニタリーハウス

非常に清潔で広々とした炊事棟や洗い場。

オートリゾート滝野のサニタリーハウストイレ

オートリゾート滝野のサニタリーハウス

トイレも清潔ですしウォッシュレット完備。

オートリゾート滝野のサニタリーハウスゴミ捨て場

ゴミ捨て場もすぐ近くにありますよ。

スタンダードカーサイト【40サイト】(オートリゾート滝野コテージ)

オートリゾート滝野スタンダードカーサイト

スタンダードカーサイト(全40サイト)

料金 4100円(繁忙期)

※通常は2050円

【設備】電源

オートリゾート滝野のカーサイト

車をすぐ横に駐車できるので、フリーサイトと比べて圧倒的に快適なのがスタンダードカーサイト。

オートリゾート滝野のスタンダードカーサイト

各スペースに電源(20A×2)が確保されています。

ちなみに、7×4m以上の大型テントやタープは設置できず、車中泊も禁止です。

オートリゾート滝野のカーサイト炊事棟

オートリゾート滝野のカーサイト炊事棟

各ブロックごとに共同の炊事棟が設置されています。

オートリゾート滝野キャビンA炊事場

オートリゾート滝野キャビンAのトイレ

ウォッシュレット完備のトイレが両端に設置されています。

ちなみにもし選べるなら、スタンダードカーサイトのD区画が最も快適でしょう

キャンピングカーサイト【23サイト】(オートリゾート滝野コテージ)

オートリゾート滝野のキャンピングカーサイト

キャンピングカーサイト(全23サイト)

料金 5150円(繁忙期)

※通常は2550円

【設備】電源・TV端子・上下水道

オートリゾート滝野のキャンピングカーサイト

キャンピングカーサイトという名前になっていますが、もちろん普通車で利用することも可能。

ちなみに、オートリゾート滝野内で車中泊していいサイトは、キャンピングカーサイトだけ!

オートリゾート滝野のキャンピングカーサイト

電源(20A×2  30A×1)だけでなくテレビ端子が付いていますし…

オートリゾート滝野のキャンピングカーサイト流し台

流し台も用意されています。

オートリゾート滝野のキャンピングカーサイト

定員は12名で、上の写真からも分かりますがかなり広めにスペースが確保されています。

流し台が各サイトについているので、共同炊事棟はありません。

オートリゾート滝野キャビンA炊事場

オートリゾート滝野キャビンAのトイレ

宿泊する場所によっては、トイレが少し遠くなるかもしれません。

もし選べるなら、A区画の①か②がセンターハウスやトイレに近いのでおすすめです

フリーテントサイト【55サイト】(オートリゾート滝野コテージ)

オートリゾート滝野のフリーテントサイト

フリーテントサイト(全55サイト)

料金 車 1550円(繁忙期)※通常は800円  

オートリゾート滝野詳細MAP

オートリゾート滝野のフリーテントサイト

サニタリーハウスを囲むように広がっているフリーテントサイト。

サイトが区画されていないので、好きな場所にテントを張ることが可能。

ちなみに定員は6名までOKなので、かなりリーズナブルな価格と言えるでしょう。

オートリゾート滝野のリヤカー

駐車場から少し距離がありますが、リヤカーが8台あるので大丈夫。

オートリゾート滝野サニタリーハウス

オートリゾート滝野のサニタリーハウス

サニタリーハウスには広めの流し台があるので、順番待ちすることはあまりありません。

オートリゾート滝野のサニタリーハウストイレ

オートリゾート滝野のサニタリーハウス

フリーサイトのトイレもウォッシュレット完備なのが、嬉しいポイント。

オートリゾート滝野のサニタリーハウスゴミ捨て場

ゴミも分別すれば捨てて帰ることができます。

オートリゾート滝野の遊具

オートリゾート滝野のジャブジャブ池

遊具やジャブジャブ池があるので、小さい子供たちも楽しく遊べるでしょう。

オートリゾート滝野(滝野すずらん公園キャンプ場)のペット同伴可能サイト(わんわんぺっとサイト)

オートリゾート滝野詳細MAP

オートリゾート滝野の中でペット同伴OKのサイトは、彩りの森内にある「わんわんフリーテントサイト」だけ(全5サイト)

サイト使用料は1550円(定員6名)で、ペット1匹につき500円かかります。

また、犬の鑑札・予防接種等を確認できる書類も必要です。

なお、わんわんフリーテントサイトの申し込みはネットではできず、電話受付のみなので要注意です。

※電話番号 011-594-2121  (受付時間9時~17時)

オートリゾート滝野(滝野すずらん公園キャンプ場)の売店・シャワー・コインランドリー・レンタル品

オートリゾート滝野のセンターハウス

オートリゾート滝野が人気がある理由の一つは、センターハウスが充実しているから!

文字通り手ぶらで来たとしても、だいたいのものはセンターハウスで調達可能です。

オートリゾート滝野の売店

オートリゾート滝野の売店

オートリゾート滝野の売店営業時間は8時~20時まで

オートリゾート滝野の売店

キャンプ用品や食材・氷など、いろいろなものが販売されています。

オートリゾート滝野の売店

冷たいビールももちろん販売されていますよ(アサヒスーパドライ1本300円)

オートリゾート滝野のシャワー

オートリゾート滝野のシャワー

近くに温泉がないためほとんどの人が利用することになるシャワーは、なんと無料で使えます!

利用可能時間は7時~11時と13時~22時

オートリゾート滝野のシャワー

オートリゾート滝野のシャワー

キャンプ場のシャワーというと狭くて簡易的なところが多いのですが、オートリゾート滝野のシャワーは本格的。

広々とした更衣スペースがあり、コインロッカーも完備。

オートリゾート滝野のシャワー

オートリゾート滝野のシャワー

これだけしっかりとしたシャワールームを無料で使えるのは、かなり嬉しいポイント。

ちなみに、シャンプーなどは要持参なので注意しましょう。

オートリゾート滝野のコインランドリー

オートリゾート滝野のコインランドリー

コインランドリーは24時間利用可能。

料金は、洗濯機(35分)200円、乾燥機(30分)100円です。

オートリゾート滝野の電子レンジ

オートリゾート滝野の電子レンジ

センターハウス内にある電子レンジも、24時間無料で利用可能。

解凍したいものがある時などに重宝します。

オートリゾート滝野のフリーWiFi

オートリゾート滝野のフリーWiFi

センターハウス内はフリーWiFiが飛んでいて、誰でも自由に接続可能です。

オートリゾート滝野の卓球台

オートリゾート滝野の卓球台

多目的ホールには卓球台が3台設置されていて、30分200円で利用することができます。

オートリゾート滝野の芝生広場

キャビンSの前の芝生広場

センターハウスの裏側には、広大な芝生広場が広がっています。

ここでは、サッカーやキャッチボールなどを楽しむことが可能。

サッカーボールやバレーボールは、有料で貸し出しもしています。

オートリゾート滝野のレンタル品

オートリゾート滝野のレンタル品

オートリゾート滝野はレンタル品も充実。

なので何か忘れてきても、たいていここで何とかなるはず。

オートリゾート滝野のレンタル品リスト

主なレンタル品の料金は上の表をご覧ください。

オートリゾート滝野(滝野すずらん公園キャンプ場)のゴミ分別

オートリゾート滝野のサニタリーハウスゴミ捨て場

オートリゾート滝野では、分別すればゴミを捨てて帰ることができます。

かなり細かい分別方なので、着いたらまず確認しておきましょう。

ちなみに、燃えないゴミ(バーべーキュー網・家電・壊れたキャンプ用品など)は捨てることができません。

オートリゾート滝野のディキャンプ

オートリゾート滝野では、日帰りディキャンプをすることも可能。

ディキャンプの時間帯は11時~17時の間

オートリゾート滝野のサイト利用料金表

ディキャンプの各サイト利用料金は、上の表で確認できます。

ちなみに、デイキャンプの予約申し込みは電話受付のみとなります。

※電話番号 011-594-2121  (受付時間9時~17時)

オートリゾート滝野(滝野すずらん公園キャンプ場)の予約方法

オートリゾート滝野の予約開始日は、利用したい2か月前の同日

※8月10日に利用したいときは、6月10日から予約可能

予約電話番号は011-594-2121  (受付時間9時~17時)

ちなみにインターネットでも予約可能で、ネット予約だと日付が変わった瞬間から予約可能です。

予約専用サイトはこちら

なお、ペット同伴可能なわんわんフリーテントサイトやディキャンプ・まる得サイトは、電話予約のみの受付になります。

滝野すずらん公園キャンプ場(オートリゾート滝野)おすすめまとめ

札幌市内にありながら、本格的なキャンプ設備を備えたオートリゾート滝野。

滝野すずらん丘陵公園内には、大人も子供も楽しめるアクティビティがいっぱいあるので、日中は思いっきり屋外で遊び、夜は星空を眺めながらくつろぐのがおすすめです。

▼参考記事はこちら

大人も子供も楽しめる滝野すずらん丘陵公園の魅力を再発見!おすすめの遊具や駐車場や季節別の楽しみ方

続きを見る

おすすめのアウトドアグッツ

我が家がアウトドアグッツを買う時に最も重視するのはコスパの良さ!

実際に使ってみて自信を持っておすすめできるモノだけを、姉妹サイト「ジョニコミ」で紹介しています

▼参考記事はこちら

【防災にもおすすめ】中級キャンパーの我が家がおすすめする性能とコスパで選んだキャンプグッツ3選!

オートキャンプ場に行くときは、屋外でも使える延長コード(10m)も必須アイテム!黄色など目立つカラーがおすすめ

▼参考記事はこちら

キャンプ以外に災害時にも大活躍しました!最強ポータブル電源S270

我が家はソーラーパネルとセットになったタイプを購入しました

▼参考記事はこちら

コスパと寝心地で選ぶならFIELDOORのエアマットが一番おすすめ

▼参考記事はこちら

【初心者キャンパーにもおすすめ】コールマン タフスクリーン2ルームテントをおすすめする理由

▼参考記事はこちら

設置も撤収も超簡単!FIELDOORのワンタッチタープ(3m×3m)

 

我が家おすすめキャンプ場

支笏湖美笛キャンプ場

ほぼ手つかずの支笏湖湖畔で快適にキャンプ可能

【北海道人気ナンバー1】支笏湖美笛キャンプ場パーフェクトガイド!注意点や覚えておくと良いことを詳しく解説

続きを見る

オートリゾート苫小牧アルテン

圧倒的に充実している設備と、温泉隣接なのが嬉しいポイント

苫小牧漁港で海の幸を仕入れることができるのも嬉しい

オートリゾート苫小牧アルテン徹底ガイド!おすすめのサイトやコテージ・予約方法を紹介

続きを見る

オートリゾート滝野

札幌から気軽に行ける便利なキャンプ場

利用できるアクティビティも多くコスパ高め

どこよりも詳しいオートリゾート滝野ガイド!おすすめキャビンや注意点を徹底解説

続きを見る

浜益海浜公園キャンプ場

海沿いなのに芝生サイトなのでフカフカしていて気持ちいい

厚田漁港でウニやホタテを買って行くのがおすすめ

浜益川下海浜公園
札幌から1時間半で行けるキャンプ場!浜益川下海浜公園の魅力を徹底解説

続きを見る

ベルパークちっぷべつ公園キャンプ場

子供が楽しめる設備が多いので、ファミリーキャンパーにおすすめ

温泉隣接で朝風呂に入れるのも嬉しいポイント

【ファミリーキャンパー必見】ベルパークちっぷべつ公園キャンプ場(秩父別町)に我が家が毎年通う理由とは

続きを見る

月形町皆楽公園キャンプ場

温泉隣接・料金が格安(一人200円)・チェックアウト時間は何時でもOK・ゴミを捨てて帰れる…など言うことなし

【札幌から約1時間】月形町皆楽公園キャンプ場の魅力やおすすめのテント設営場所

続きを見る

宗谷ふれあい公園オートキャンプ場

とにかく一度行ってみて欲しい最北のオートキャンプ場。子供が喜ぶ無料遊具も豊富です

宗谷ふれあい公園オートキャンプ場完全ガイド!おすすポイントや注意点を紹介

続きを見る

旭川市21世紀の森キャンプ場

フリーテントサイトは予約不要&無料で利用可能!そして天然温泉になんと入り放題。

▼参考記事はこちら

旭川市21世紀の森キャンプ場徹底ガイド!おすすめのサイトや注意点を紹介

続きを見る

中級キャンパーが独断で選んだ道内キャンプ場おすすめ11選

中級キャンパーが独断で選んだ北海道のキャンプ場おすすめ11選

続きを見る

札幌近郊キャンプ場おすすめ10選(約1時間半圏内)

札幌近郊キャンプ場おすすめ10選!札幌から約1時間半以内で行ける場所だけを厳選

続きを見る

子供と一緒に楽しめる北海道キャンプ場おすすめ7選

【ファミリーキャンパー必見】子供と一緒に楽しめる北海道キャンプ場おすすめ7選

続きを見る

【お酒を飲んでも大丈夫】道内の温泉隣接キャンプ場10選

道内の温泉隣接キャンプ場10選!お酒を飲んでも歩いて行ける場所だけを厳選

続きを見る

北海道の海水浴キャンプができるおすすめキャンプ場8選

北海道の海水浴キャンプができるおすすめキャンプ場8選

続きを見る

北海道の無料&格安キャンプ場おすすめ11選

設備の充実度とコスパの良さで厳選した北海道の無料&格安キャンプ場おすすめ11選

続きを見る

▼実際に行ってみて分かった各キャンプ場の特徴やおすすめポイントを紹介

道内キャンプ場レビュー記事はこちら

オートリゾート滝野近くにある絶品スイーツ&卵 永光農園コッコテラスのおすすめを紹介

コッコテラスのベリーパンケーキ
【札幌おすすめスイーツ&卵】ちょっと遠いけど永光農園コッコテラスに行くべき理由やおすすめを厳選紹介

続きを見る

ようやく短い夏が到来!【2019年版】札幌ビアガーデンおすすめ10選

【2019年版】札幌ビアガーデンおすすめ10選!定番から穴場まで厳選紹介

続きを見る

【札幌グルメ完全ガイド】絶対に間違いないお店だけを厳選紹介

札幌グルメパーフェクトガイド
【札幌グルメ完全ガイド】絶対に間違いないお店だけを厳選紹介

続きを見る

札幌おすすめ観光スポット20選を地元が大好きなボクが厳選(自信あり) 

札幌おすすめ観光スポット20選を地元が大好きなボクが厳選(自信あり)

続きを見る

札幌市内のおすすめ宿泊エリア5選と旅の目的別おすすめホテルを紹介

札幌市内のおすすめ宿泊エリア5選と旅の目的別おすすめホテルを紹介

続きを見る

北海道観光用の乗り捨て可能な格安レンタカーを探す方法や注意点

北海道観光用の乗り捨て可能な格安レンタカーを探す方法や注意点

続きを見る

札幌格安レンタル自転車の選び方や借り方を分かりやすく解説

【旅行者にもおすすめ】札幌市内中心部で使える格安レンタサイクルの選び方

続きを見る

【頑張った自分へのご褒美】札幌の日帰り温泉&スパおすすめ12選まとめ

【頑張った自分へのご褒美】札幌の日帰り温泉&スパおすすめ12選

続きを見る

【3か月無料体験中】みんなの優待の使い方やおすすめクーポンと解約方法

【無料体験中実施中】みんなの優待の使い方やおすすめクーポンと解約方法

続きを見る

北海道特有のマイホーム事情を解決

若い頃はまったく気にしていませんでしたが、最近特に感じるのがマイホームや土地活用に関する悩み

定期的な外壁&屋根のリフォームも道民にとっては切実な問題。

一般的に20年に一度のリフォームが必要と言われていますが、近年は大型台風や自然災害が多いため急にリフォームや修繕が必要になることも

実は私の実家もまだ築15年なのですが、近々外壁塗装をしなければいけません。

そんな時に役立つのが、リフォーム部門で3冠を達成したタウンライフリフォーム

  • 悪徳業者に引っかかりたくない
  • 適正価格で施工してほしい
  • 初めてのことだからどうしていいか分からない
  • 時間がなくてズルズル先延ばしにしている

上記に当てはまる人は、まずはカンタン3分で終了する無料リフォーム計画書の作成依頼をお願いしましょう。

※成功するリフォーム「7つの法則」を毎月先着99名にプレゼント中!

無駄に10年以上固定資産税を払い続けている空き地問題も、我が家にとっては深刻な悩み

昔は土地を持っているだけで資産価値が増大しましたが、今は有効活用できていない土地はただの重荷。

実際我が家も、毎年4万円以上税金を払い続けています。

そんな時にも、土地活用部門で3冠を達成しているタウンライフは強力にサポート!

  • 土地の活用方法が分からずとりあえず放置している
  • 遺産相続した土地の立地や形が悪い
  • できれば早急に税金対策したい

我が家はまさに上のような感じでしたが、土地の収益最大化プランをプロに提案してもらい、今まで考えたことがなかった土地活用法を知ることができました。

 

3か月無料体験中!みんなの優待

会員制割引クーポン使い放題サービス「みんなの優待」(月額490円)の無料体験期間が、今だけ3か月に大幅延長されています(通常は1か月)

※6月30日までの期間限定 好評の場合は夏まで延長予定!

もちろん3か月の無料体験期間中内に解約すれば料金は発生しません。

道内のレジャー施設や飲食店のクーポンがたくさんあるので、申し込むなら今がチャンスかなと思います

≫【今だけ3か月無料体験中】みんなの優待

-北海道アウトドア情報, 札幌スポット
-,

Copyright© さつろぐ~ジョニーさんの札幌ブログ , 2019 All Rights Reserved.