北海道アウトドア情報 胆振(苫小牧・室蘭)

オートリゾート苫小牧アルテン徹底ガイド!おすすめのサイトやコテージ・予約方法を紹介

投稿日:2019-05-15 更新日:

札幌から車で約90分とちょうどいい距離にある、おすすめキャンプ場「オートリゾート苫小牧アルテン」

北海道では珍しい通年営業なので、真冬でもバンガローを利用できるのが嬉しいポイント。

道内でも有数の設備充実度&使いやすさなので、キャンプ初心者の方やファミリーキャンパーにも全力でおすすめしたいキャンプ場です。

※記事内の情報は執筆当時のものです。最新情報は公式サイトをご確認ください。

オートリゾート苫小牧アルテンのおすすめポイント

  • 道内屈指の高規格キャンプ場
  • 温泉まで徒歩で行ける
  • 充実したセンターハウス

この記事を流し読み

オートリゾート苫小牧アルテンの行き方マップコード&チェックイン・アウト時間

オートリゾート苫小牧アルテン

苫小牧市字樽前421-4

マップコード 545 444 109*50

電話番号(キャンプ場) 0144-67-2222

キャンプサイトチェックイン 12:30~17:00

コテージチェックイン 14:30~17:00

チェックアウト 11:00まで

営業期間 通年営業

ペット 一部サイトは同伴可能

オートリゾート苫小牧アルテン公式サイトはこちら

オートリゾート苫小牧アルテンコテージ群

オートリゾート苫小牧アルテンがあるのは、苫小牧中心部から車で30分ほど離れた場所

札幌から高速道路を利用する場合は苫小牧西ICで降り、そこから約10分で到着。

道外から来られる方は、苫小牧西港フェリーターミナルで降り、そこから車で約40分。

せっかく苫小牧に来たので、漁港エリアに立ち寄って新鮮海鮮を仕入れてからキャンプ場に向かうのもおすすめです!

▼参考記事はこちら

苫小牧で新鮮な海の幸が買えるおすすめ市場3選

続きを見る

オートリゾート苫小牧アルテンの周辺にはコンビニやスーパーはありませんが、国道36号線沿いに大型スーパーが何軒もあります。

食材を安く買えるトライアル苫小牧店が一番最寄りスーパーなので、買い出しに苦労することもないはず。

オートリゾート苫小牧アルテンセンターハウス

オートリゾート苫小牧アルテンのチェックイン時間は、利用するサイトによって異なります。

  • バンガローやデッキハウスを利用する場合のチェックイン時間は14時半から17時
  • オートキャンプサイトを利用する場合は11時半から17時

オートリゾート苫小牧アルテンの入場ゲート

他のキャンプ場と比べて少し遅めのチェックイン時間設定なので、キャンプ場に来る前に買い出しなどを終わらせてくるのがおすすめ。

ちなみに、どのサイトを利用してもチェックアウト時間は午前11時になります。

オートリゾート苫小牧アルテンのキャンプサイトの違い

オートリゾート苫小牧アルテン内MAP

出典:オートリゾート苫小牧アルテン公式サイト

公式サイトにはオートリゾート苫小牧アルテンのフィールドマップが掲載されています。

45ヘクタールの広大な敷地内に、キャンプサイト以外に温泉・パークゴルフ場・カヌー・乗馬場など、楽しいアクティビティがいっぱい。

あまりにも広くてどこを予約したらいいか分かりにくいので、少し説明を加えたMAPを作ってみました。

オートリゾート苫小牧アルテンの詳細マップ

オートリゾート苫小牧ある点の利用料

上のマップを見ていただけると分かるように、各サイトごとに設備や利用条件が異なります。

サイトごとに説明していきます。

みずならサイト(オートリゾート苫小牧アルテン)

オートリゾート苫小牧アルテンみずならサイト

出典:オートリゾート苫小牧アルテン公式サイト

みずならサイトの料金

A・B 3150円(4月から10月のみの開放)

C・D・E 4200円(4月~10月)

※その他の月は50%オフ

センターハウスの右側に広がるのが、みずならサイト。

オートリゾート苫小牧アルテンの炊事棟

オートリゾート苫小牧アルテンの炊事棟内部

オートリゾート苫小牧アルテンのトイレ

駐車スペースとキャンプサイトがセットになった料金で、トイレや炊事棟は共同になります。

C区画が一番センターハウスに近いため、もし空いていればここがおすすめです。

からまつサイト(オートリゾート苫小牧アルテン)

オートリゾート苫小牧アルテンからまつサイト

出典:オートリゾート苫小牧アルテン公式サイト

からまつサイトの料金

F・J・K・L・M 6300円(4月から10月)

※その他の月は50%オフ

G・H 5775円(4月~10月)

※その他の月は50%オフ

バンガロー 9000円(4月~10月)

※その他の月は30%オフ

センターハウスの左側に広がるのが、からまつサイト。

みずならサイトと比べるとゆったりとした造りになっているのが大きな特徴。

オートリゾート苫小牧アルテンのからまつサイト

F・J・K・L・M区画には、炊事台・電源・テレビ端子が各区画に用意されています。

ペット同伴での宿泊もOK

G区画は電源・テレビ端子が完備でペットもOK

H区画は電源はありますが、ペットは同伴不可

※炊事台はついていないので、共同炊事棟を使いましょう。

オートリゾート苫小牧アルテンのからまつサイト

オートリゾート苫小牧アルテンのからまつサイトのバンガロー間取り

からまつサイト内にはバンガローも10棟用意されています。

水洗トイレ・炊事台・テレビ・ストーブ・テーブルが完備。

ベットはロフトタイプの2段ベット!

コテージ村のキャビンと比べるとかなりリーズナブルなのが、嬉しいポイントです。

しらかばサイト(オートリゾート苫小牧アルテン)

オートリゾート苫小牧アルテンのしらかばサイト

しらかばサイトの料金

P・Q・R・S 5250円(4月から10月)

※その他の月はクローズ

オートリゾート苫小牧アルテンのしらかばサイト

センターハウスからは距離がありますが、全面ペット同伴可能なのがしらかばサイト。

オートリゾート苫小牧アルテンのしらかばサイト

各区画はこんな感じで、電気や炊事場はついていません。

オートリゾート苫小牧アルテンのしらかばサイトの炊事場

共同の炊事棟の他に、サニタリーハウスが用意されています。

サニタリーハウスにはトイレの他に、コインランドリー(洗濯機200円/乾燥機(30分)100円)や、シャワー(無料)が設置されています。

しらかばサイトのおすすめ区画

しらかばサイトのおすすめ区画

サニタリーハウスに近い方が何かと便利なので、もし空いていれば1番か22番がおすすめです。

オートリゾート苫小牧アルテンのコテージ徹底ガイド

オートリゾート苫小牧アルテンのコテージ村

気軽にキャンプを楽しみたい方、冬期間にキャンプしたい方には、オートリゾート苫小牧アルテンのコテージがおすすめ。

オートリゾート苫小牧アルテンには5種類のコテージがあり、そのうち4種類はセンターハウスの正面にあるコテージ村に固まっています。

※バンガロー10棟は、からまつサイトにあります

コテージは種類によって設備や間取りがかなり違うので、一つずつ説明していきます。

ログハウス6人用(オートリゾート苫小牧アルテン)

オートリゾート苫小牧アルテンのログハウス6人用

オートリゾート苫小牧アルテンのログハウス6人用間取り

ログハウス6人用の料金は24000円で、11月~3月までは30%オフで利用可能。

オートリゾート苫小牧アルテンのログハウス6人用内部

玄関を開けるとこんな感じで、非常に設備が充実しています。

オートリゾート苫小牧アルテンのログハウス6人用内部

オートリゾート苫小牧アルテンのログハウス台所

オートリゾート苫小牧アルテンのログハウス6人用食卓テーブル

台所には電子レンジや冷倉庫・ガスコンロ(1口)があり、6人用の食卓テーブルもあります。

オートリゾート苫小牧アルテンのログハウス洗面所

洗面所にはもちろん給湯器付き。

オートリゾート苫小牧アルテンのログハウスのトイレ

トイレはウォッシュレット完備です。

オートリゾート苫小牧アルテンのログハウスリビングルーム

リビングルームはこんな感じで、それほど広くはありませんが非常に開放的。

オートリゾート苫小牧アルテンのログハウスリビング

ストーブはパワーがあるFFストーブが設置されているので、冬期間でも暖かく過ごせるはず。

オートリゾート苫小牧アルテンのログハウスリビング

テレビは小さいので、6人で見るのは少し厳しいかもしれません。

オートリゾート苫小牧アルテンのログハウス寝室

1階奥には寝室があり、ベットが2台設置されています。

オートリゾート苫小牧アルテンのログハウス寝室

寝具も用意されているので、文字通り手ぶらで来ても大丈夫。

オートリゾート苫小牧アルテンのログハウス2階和室

ログハウスの2階には約6畳の和室があります。

オートリゾート苫小牧アルテンのログハウス寝具

押し入れの中には寝具が4人分あります。

寝室が1階と2階に分かれているので、複数家族での利用にもおすすめなのがログハウスです。

キャビン9人用(オートリゾート苫小牧アルテン)

オートリゾート苫小牧アルテンのキャビン

オートリゾート苫小牧アルテンのキャビン正面画像

オートリゾート苫小牧アルテンのキャビン間取り

オートリゾート苫小牧アルテンのキャビン(9人用)は10棟あります。

料金は18000円で、11月~3月は30%オフで使用可能。

オートリゾート苫小牧アルテンのキャビン

玄関を開けるとこんな感じ。

オートリゾート苫小牧アルテンの台所

ガス台は2口ついていますが電子レンジはなく、給湯機がないのでお湯も出ません。

オートリゾート苫小牧アルテンのキャビンリビングルーム

オートリゾート苫小牧アルテンのリビングルーム

台所のすぐ横にはリビングルームがあります。

オートリゾート苫小牧アルテンのリビング

9人用になっていますが、実際に9人で使うと少し狭いかもしれません。

カーペットも薄いので、2階にあるマットを有効に使いましょう。

オートリゾート苫小牧アルテンのリビングにあるストーブ

オートリゾート苫小牧アルテンのリビングのテレビ

小さいですがストーブとテレビも完備。

オートリゾート苫小牧アルテンのリビングの物置

リビングには物置スペースがあるので、ここに大きな荷物は収納しておくのがおすすめ。

オートリゾート苫小牧アルテンのキャビントイレ

シャワーやお風呂はありませんが、トイレはウォッシュレット!

オートリゾート苫小牧アルテンキャビンの2階

天窓があり日の光がさんさんと差し込むキャビン2階部分。

オートリゾート苫小牧アルテンのキャビン2階

当然ながら、端の方は高さがほぼありません。

オートリゾート苫小牧アルテンのキャビン2階

キャビンには寝具がありませんが、マットは人数分用意されています。

オートリゾート苫小牧アルテンのキャビン2階マット

薄めのマットなので、自分で寝袋などを持参する必要があるでしょう。

オートリゾート苫小牧アルテンのキャビン外

外にもコンセントが付いているのが嬉しいポイント。

前方に広めのスペースがあるので、コンロやテーブルを持ってきて広げることが可能。

9人用のキャビンですが、実際に使う時は6人程度が適正人数のような気がします。

デッキハウス6人用(オートリゾート苫小牧アルテン)

オートリゾート苫小牧アルテンのデッキハウス

オートリゾート苫小牧アルテンのデッキハウス間取り

オートリゾート苫小牧アルテンのデッキハウス(6人用)は2棟あり、料金は23000円(11月~3月は30%オフで利用可能)

オートリゾート苫小牧アルテンのデッキハウス

デッキハウスはバリアフリー化されているのが、大きな特徴。

オートリゾート苫小牧アルテンのデッキハウスリビングルーム

手すりが設置されていますし平屋建てなので、おじいちゃん。おばあちゃんと利用するのもおすすめ。

オートリゾート苫小牧アルテンのデッキハウス台所

オートリゾート苫小牧アルテンのデッキハウス台所

オートリゾート苫小牧アルテンのデッキハウス台所

コンロは一口ですが、冷蔵庫と電子レンジはしっかり完備。

給湯器付きなのでお湯も利用可能。

オートリゾート苫小牧アルテンのデッキハウスリビング

オートリゾート苫小牧アルテンのデッキハウスリビング

平屋建てなので、他のコテージに比べストーブが少し小さめ。

温風で温めるタイプなので、真冬は少し寒いかもしれません。

オートリゾート苫小牧アルテンの風呂

デッキハウスはオートリゾート苫小牧アルテンのコテージの中で唯一バスタブ付き。

オートリゾート苫小牧アルテンのデッキハウスバスタブ

こちらもしっかりバリアフリー化されているのが嬉しいポイント。

オートリゾート苫小牧アルテンのデッキハウストイレ

トイレはバスタブと同じ部屋にあり、もちろんウォッシュレットでバリアフリー。

オートリゾート苫小牧アルテンのデッキハウスベット

リビングの横にはベットが2台設置されています。

オートリゾート苫小牧アルテンのデッキハウス寝具

ベットの他に4人分の寝具&マットも完備。

特に寝室はないので、リビングスペースに布団をひくスタイルになります。

オートリゾート苫小牧アルテンのデッキハウス

窓が大きくとられているので、日の光が十分に差し込むリビングスペース。

オートリゾート苫小牧アルテンのデッキハウスベランダ

ベランダ部分も大きくとられているので、車いすの方でも十分楽しむことができるでしょう。

ロフトハウス5人用(オートリゾート苫小牧アルテン)

オートリゾート苫小牧アルテンのロフトハウス間取り

オートリゾート苫小牧アルテンのロフトハウスは5人用で、3棟用意されています。

料金は14500円で、11月~3月は30%オフで利用可能。

マットレスはありますが寝具はついていないので、寝袋などを持参しましょう。

バンガロー4人用(オートリゾート苫小牧アルテン)

オートリゾート苫小牧アルテンのからまつサイト

オートリゾート苫小牧アルテンのからまつサイトのバンガロー間取り

オートリゾート苫小牧アルテンのバンガローは、コテージ村から少し離れたからまつサイトに10棟設置されています。

料金は9000円で、11月~3月は30%オフで利用可能。

ロフトタイプの2段ベットがありますが、寝具はなくマットレスのみなので寝袋を持参するとよいでしょう。

オートリゾート苫小牧アルテンのセンターハウス&売店

オートリゾート苫小牧アルテンセンターハウス

オートリゾート苫小牧アルテンのセンターハウスはかなり充実していて、何か忘れてもたいていここで揃うはず。

オートリゾート苫小牧アルテンのセンターハウス

電子レンジやポット、食器や調理器具が用意されていて、キャンプ場利用者は無料で利用可能。

オートリゾート苫小牧アルテンの売店

オートリゾート苫小牧アルテンの売店

売店ではキャンプ用品だけでなく、カップ麺や花火なども購入可能。

オートリゾート苫小牧アルテンのビール自動販売機

冷たいビールは自動販売機で購入可能。

オートリゾート苫小牧アルテンのフリーWiFi

センターハウス内はフリーWiFiが飛んでいるので、ここで作業することも可能。

オートリゾート苫小牧アルテンのシャワー

オートリゾート苫小牧アルテンのシャワー室

シャワー室はなんと24時間無料で利用可能。

※シャンプー類はないので持参しましょう

乾燥機付きのコインランドリーがあるのも嬉しいポイントです。

オートリゾート苫小牧アルテンのレンタル品

オートリゾート苫小牧アルテンのレンタル料金

オートリゾート苫小牧アルテンではほとんどのものがレンタル可能。

別料金ですが、テントを設置したり撤収したりしてもらうことも可能です。

オートリゾート苫小牧アルテンの遊具・アクティビティの料金

オートリゾート苫小牧アルテンのテニスコート

オートリゾート苫小牧アルテン内にはたくさんの遊具やアクティビティがあります。

テニスコートは1時間540円、バスケットゴールは1時間270円で利用可能。

オートリゾート苫小牧アルテンのレンタル料金

ラケットやボールはレンタル品も用意されています。

2人乗り自転車やマウンテンバイクもレンタル可能。

オートリゾート苫小牧アルテンのパークゴルフコース

他にも以下のアクティビティが利用可能

  • カナディアンカヌー 1時間2160円
  • 卓球 1時間540円から
  • パークゴルフ(18ホール) 400円(道具込みだと600円)
  • 乗馬 引き馬1回1000円/体験乗馬(30分)3500円 

また冬期間(1月~3月)は、近くの錦大沼でワカサギ釣り(無料)をすることも可能です。

参考サイトはこちら

オートリゾート苫小牧アルテンの温泉ゆのみの湯

オートリゾート苫小牧アルテンの温泉

オートリゾート苫小牧アルテンの人気がある大きな理由は、源泉かけ流しの温泉が徒歩圏内にあるということ!

温泉ゆのみの湯はキャンプサイトから少し下ったところにあり、基本的にどこに宿泊していても徒歩で行くことが可能。

※センターハウスからだと約8分

ゆのみの湯の営業時間は10時~22時で、キャンプ場宿泊者は優待料金で利用可能です(3日間入り放題のフリーパスが600円)

※毎月第3水曜日が定休日なので要注意

オートリゾート苫小牧アルテンでペット同伴可能なサイトはどこ

オートリゾート苫小牧アルテンのペット同伴可能なサイト画像

オートリゾート苫小牧アルテンでは、一部の区画でペット同伴が可能です。

オートリゾート苫小牧アルテンの詳細マップ

ペットと一緒に泊まれるのは、しらかばサイト(全面)・からまつサイト(H区画以外)

コテージ村・バンガローはペット禁止なので注意しましょう。

オートリゾート苫小牧アルテンの日帰りデイキャンプ

オートリゾート苫小牧アルテンでは、日帰りのディキャンプをすることも可能。

デイキャンプ料金は、電源付きサイトが2160円で、電源なしサイトだと1620円

キャビンなどを利用する場合は、当該月宿泊料金の60%で利用することができます。

オートリゾート苫小牧アルテンのゴミ分別

オートリゾート苫小牧アルテンのゴミ箱

オートリゾート苫小牧アルテンのゴミ箱

オートリゾート苫小牧アルテンでは、きちんと分別すればごみを捨てて帰ることが可能です。

基本的に分別は「燃えるごみ」と「燃えないゴミ」の2種類で、食品トレーは燃えるゴミになります。

スプレー缶は別収集で、ガス抜きする必要があるので注意しましょう。

オートリゾート苫小牧アルテンの予約方法

オートリゾート苫小牧アルテンでは、利用する月の2か月前の1日から電話予約受付を開始しています

例えば8月10日に利用したいときは、6月1日が受付開始日。

予約受付電話番号は0144-67-2222

公式サイト上からインターネット予約することも可能

公式サイトはこちら

電話予約と同じく利用する月の2か月前の1日から申し込むことができますが、ネット予約の場合は午前0時から受付開始!

ただし一人1サイト1泊のみの予約になるので、連泊したいときや複数サイトを予約したいときは電話で予約しましょう。

※ネット予約枠と電話予約枠は異なるとのことなので、ネット上で埋まっていてもとりあえず電話すると予約できることもあるかもしれません。

オートリゾート苫小牧アルテンおすすめまとめ

札幌から気軽に行け、徒歩圏内に温泉があるおすすめキャンプ場「苫小牧アルテン」

何もキャンプ道具がなくても何とかなる場所なので、急にキャンプしたくなった方にもおすすめ。

道内でもかなり人気のあるキャンプ場なので、特に夏休みや連休時に利用したいときは早めに予約しましょう。

オートリゾート苫小牧アルテン

苫小牧市字樽前421-4

電話番号(キャンプ場) 0144-67-2222

キャンプサイトチェックイン 12:30~17:00

コテージチェックイン 14:30~17:00

チェックアウト 11:00まで

営業期間 通年営業

ペット 一部サイトは同伴可能

オートリゾート苫小牧ある点の利用料

オートリゾート苫小牧アルテン公式サイトはこちら

おすすめのアウトドアグッツ

我が家がアウトドアグッツを買う時に最も重視するのはコスパの良さ!

実際に使ってみて自信を持っておすすめできるモノだけを、姉妹サイト「ジョニコミ」で紹介しています

▼参考記事はこちら

【防災にもおすすめ】中級キャンパーの我が家がおすすめする性能とコスパで選んだキャンプグッツ3選!

オートキャンプ場に行くときは、屋外でも使える延長コード(10m)も必須アイテム!黄色など目立つカラーがおすすめ

▼参考記事はこちら

キャンプ以外に災害時にも大活躍しました!最強ポータブル電源S270

我が家はソーラーパネルとセットになったタイプを購入しました

▼参考記事はこちら

コスパと寝心地で選ぶならFIELDOORのエアマットが一番おすすめ

▼参考記事はこちら

【初心者キャンパーにもおすすめ】コールマン タフスクリーン2ルームテントをおすすめする理由

▼参考記事はこちら

設置も撤収も超簡単!FIELDOORのワンタッチタープ(3m×3m)

 

我が家おすすめキャンプ場

支笏湖美笛キャンプ場

ほぼ手つかずの支笏湖湖畔で快適にキャンプ可能

【北海道人気ナンバー1】支笏湖美笛キャンプ場パーフェクトガイド!注意点や覚えておくと良いことを詳しく解説

続きを見る

オートリゾート苫小牧アルテン

圧倒的に充実している設備と、温泉隣接なのが嬉しいポイント

苫小牧漁港で海の幸を仕入れることができるのも嬉しい

オートリゾート苫小牧アルテン徹底ガイド!おすすめのサイトやコテージ・予約方法を紹介

続きを見る

オートリゾート滝野

札幌から気軽に行ける便利なキャンプ場

利用できるアクティビティも多くコスパ高め

どこよりも詳しいオートリゾート滝野ガイド!おすすめキャビンや注意点を徹底解説

続きを見る

浜益海浜公園キャンプ場

海沿いなのに芝生サイトなのでフカフカしていて気持ちいい

厚田漁港でウニやホタテを買って行くのがおすすめ

浜益川下海浜公園
札幌から1時間半で行けるキャンプ場!浜益川下海浜公園の魅力を徹底解説

続きを見る

ベルパークちっぷべつ公園キャンプ場

子供が楽しめる設備が多いので、ファミリーキャンパーにおすすめ

温泉隣接で朝風呂に入れるのも嬉しいポイント

【ファミリーキャンパー必見】ベルパークちっぷべつ公園キャンプ場(秩父別町)に我が家が毎年通う理由とは

続きを見る

月形町皆楽公園キャンプ場

温泉隣接・料金が格安(一人200円)・チェックアウト時間は何時でもOK・ゴミを捨てて帰れる…など言うことなし

【札幌から約1時間】月形町皆楽公園キャンプ場の魅力やおすすめのテント設営場所

続きを見る

宗谷ふれあい公園オートキャンプ場

とにかく一度行ってみて欲しい最北のオートキャンプ場。子供が喜ぶ無料遊具も豊富です

宗谷ふれあい公園オートキャンプ場完全ガイド!おすすポイントや注意点を紹介

続きを見る

旭川市21世紀の森キャンプ場

フリーテントサイトは予約不要&無料で利用可能!そして天然温泉になんと入り放題。

▼参考記事はこちら

旭川市21世紀の森キャンプ場徹底ガイド!おすすめのサイトや注意点を紹介

続きを見る

中級キャンパーが独断で選んだ道内キャンプ場おすすめ11選

中級キャンパーが独断で選んだ北海道のキャンプ場おすすめ11選

続きを見る

札幌近郊キャンプ場おすすめ10選(約1時間半圏内)

札幌近郊キャンプ場おすすめ10選!札幌から約1時間半以内で行ける場所だけを厳選

続きを見る

子供と一緒に楽しめる北海道キャンプ場おすすめ7選

【ファミリーキャンパー必見】子供と一緒に楽しめる北海道キャンプ場おすすめ7選

続きを見る

【お酒を飲んでも大丈夫】道内の温泉隣接キャンプ場10選

道内の温泉隣接キャンプ場10選!お酒を飲んでも歩いて行ける場所だけを厳選

続きを見る

北海道の海水浴キャンプができるおすすめキャンプ場8選

北海道の海水浴キャンプができるおすすめキャンプ場8選

続きを見る

北海道の無料&格安キャンプ場おすすめ11選

設備の充実度とコスパの良さで厳選した北海道の無料&格安キャンプ場おすすめ11選

続きを見る

▼実際に行ってみて分かった各キャンプ場の特徴やおすすめポイントを紹介

道内キャンプ場レビュー記事はこちら

地元民が並ぶ北海道おすすめ海鮮丼!新千歳空港からも近いマルトマ食堂の魅力とは

地元民が並ぶ北海道おすすめ海鮮丼!新千歳空港からも近いマルトマ食堂の魅力とは

続きを見る

白老町の人気スポット!白老たまごの里マザーズ本店の楽しみ方

白老町の人気スポット!白老たまごの里マザーズ本店の楽しみ方

続きを見る

ようやく短い夏が到来!【2019年版】札幌ビアガーデンおすすめ10選

【2019年版】札幌ビアガーデンおすすめ10選!定番から穴場まで厳選紹介

続きを見る

【札幌グルメ完全ガイド】絶対に間違いないお店だけを厳選紹介

札幌グルメパーフェクトガイド
【札幌グルメ完全ガイド】絶対に間違いないお店だけを厳選紹介

続きを見る

札幌おすすめ観光スポット20選を地元が大好きなボクが厳選(自信あり) 

札幌おすすめ観光スポット20選を地元が大好きなボクが厳選(自信あり)

続きを見る

札幌市内のおすすめ宿泊エリア5選と旅の目的別おすすめホテルを紹介

札幌市内のおすすめ宿泊エリア5選と旅の目的別おすすめホテルを紹介

続きを見る

北海道観光用の乗り捨て可能な格安レンタカーを探す方法や注意点

北海道観光用の乗り捨て可能な格安レンタカーを探す方法や注意点

続きを見る

札幌格安レンタル自転車の選び方や借り方を分かりやすく解説

【旅行者にもおすすめ】札幌市内中心部で使える格安レンタサイクルの選び方

続きを見る

【頑張った自分へのご褒美】札幌の日帰り温泉&スパおすすめ12選まとめ

【頑張った自分へのご褒美】札幌の日帰り温泉&スパおすすめ12選

続きを見る

【3か月無料体験中】みんなの優待の使い方やおすすめクーポンと解約方法

【無料体験中実施中】みんなの優待の使い方やおすすめクーポンと解約方法

続きを見る

 

北海道特有のマイホーム事情を解決

若い頃はまったく気にしていませんでしたが、最近特に感じるのがマイホームや土地活用に関する悩み

定期的な外壁&屋根のリフォームも道民にとっては切実な問題。

一般的に20年に一度のリフォームが必要と言われていますが、近年は大型台風や自然災害が多いため急にリフォームや修繕が必要になることも

実は私の実家もまだ築15年なのですが、近々外壁塗装をしなければいけません。

そんな時に役立つのが、リフォーム部門で3冠を達成したタウンライフリフォーム

  • 悪徳業者に引っかかりたくない
  • 適正価格で施工してほしい
  • 初めてのことだからどうしていいか分からない
  • 時間がなくてズルズル先延ばしにしている

上記に当てはまる人は、まずはカンタン3分で終了する無料リフォーム計画書の作成依頼をお願いしましょう。

※成功するリフォーム「7つの法則」を毎月先着99名にプレゼント中!

無駄に10年以上固定資産税を払い続けている空き地問題も、我が家にとっては深刻な悩み

昔は土地を持っているだけで資産価値が増大しましたが、今は有効活用できていない土地はただの重荷。

実際我が家も、毎年4万円以上税金を払い続けています。

そんな時にも、土地活用部門で3冠を達成しているタウンライフは強力にサポート!

  • 土地の活用方法が分からずとりあえず放置している
  • 遺産相続した土地の立地や形が悪い
  • できれば早急に税金対策したい

我が家はまさに上のような感じでしたが、土地の収益最大化プランをプロに提案してもらい、今まで考えたことがなかった土地活用法を知ることができました。

 

3か月無料体験中!みんなの優待

会員制割引クーポン使い放題サービス「みんなの優待」(月額490円)の無料体験期間が、今だけ3か月に大幅延長されています(通常は1か月)

※6月30日までの期間限定 好評の場合は夏まで延長予定!

もちろん3か月の無料体験期間中内に解約すれば料金は発生しません。

道内のレジャー施設や飲食店のクーポンがたくさんあるので、申し込むなら今がチャンスかなと思います

≫【今だけ3か月無料体験中】みんなの優待

-北海道アウトドア情報, 胆振(苫小牧・室蘭)
-

Copyright© さつろぐ~ジョニーさんの札幌ブログ , 2019 All Rights Reserved.