厚田公園キャンプ場




北海道アウトドア情報 石狩(江別・恵庭・千歳) 道央

【札幌から1時間】厚田公園キャンプ場の魅力や実際に行ってみて分かった注意点

投稿日:2018-06-23 更新日:

札幌から約1時間の距離にある厚田公園キャンプ場。

格安オートキャンプ場のように利用することも可能なので、アウトドア初心者や子供連れキャンプの方にはかなりおすすめのキャンプ場のひとつ。

今回は、実際に行ってみて分かった厚田公園キャンプ場の魅力や注意点を紹介します

※記事内の情報は執筆当時のものです。最新情報は公式サイトをご確認ください。

厚田公園キャンプ場のおすすめポイント

  • 海水浴場まで車で10分
  • 厚田漁港で新鮮な海鮮を安く買える
  • 格安オートキャンプ場として利用可能

厚田公園キャンプ場の行き方マップコードや料金

厚田公園キャンプ場

石狩市厚田区厚田120

マップコード 514 864 523*17

営業期間 例年5月1日から9月30日

※その年によって変わるので、石狩市のホームページで確認

営業時間 12:00~翌10:00

料金 大人 200円、小学生 100円 持込テント(1張) 1,000円 ※日帰りは500円

予約は不要

駐車場 無料

問い合わせ先 Tel:0133-78-2100(管理センター)

※期間外は(株)あい風 Tel:0133-78-2300

厚田公園キャンプ場があるのは、国道231号線から約7分ほど中に入った場所。

厚田公園キャンプ場に曲がるポイント

国道231号線沿いにある厚田のセイコーマートを目印に中に入ります。

さらに上の看板があるポイントで左折します。

国道沿いのセイコーマートからキャンプ場までは、徒歩で行ける距離ではないので要注意

5月~9月末までの、約5か月間に渡って営業している厚田公園キャンプ場。

北海道で9月末まで営業しているキャンプ場は貴重な存在ですし、料金もかなりリーズナブル。

厚田公園キャンプ場管理棟

一応公式には12:00~翌10:00という営業時間になっていますが、12時前にテント設営しても問題ありません

むしろいい場所を確保したいときは、少し早めに来て場所を確保した方が良いでしょう。

厚田公園キャンプ場をおすすめする理由

簡易オートキャンプ場のように利用可能

キャンプ場の中には車を乗り入れることが可能な道や駐車スペースが多数あり、そこをうまく使えば車のすぐ横にテントを設営することも可能。

経験者の方なら分かると思いますが、車のすぐ横にテントなどを広げられるというのはかなり魅力的。

ちなみに万が一このスペースが空いていなくても、荷物の積み下ろしの時だけ車を芝生に乗り入れることは可能。

特に荷物の多いキャンパーにとって、この料金でオートキャンプ場のように利用できるというのは嬉しいポイントです

子供でも安全に水遊びできる小川

場内を横切るように流れている厚田川支流のボクサナイ川は、保護河川ということもあり水も澄んでいて魚もたくさんいます

子供でも溺れる心配のない水深なので、安心して水遊びさせることが可能。

厚田川支流ボクサナイ川

8月中旬以降は鮭なども遡上してくるので、タイミングが良ければ間近で観察することも可能。

川のせせらぎ音はかなり癒されるので、ボクサナイ川沿いにテントを張るのが個人的にはお気に入りです。

厚田キャンプ場はゴミを捨てることが可能

厚田公園キャンプ場の大きな魅力の一つが、キャンプ中に出たゴミを引き受けてくれるということ

ゴミを持ち帰らなければいけないキャンプ場も多いのですが、できることならキャンプ場でゴミは処分したいもの。

もちろんしっかり分別しなければいけませんが、厚田公園キャンプ場はそういう意味でかなり理想的と言えるでしょう。

注意ポイント

ゴミの受け入れ時間は午前9時から午後5時まで。

もし早朝帰るような場合は、ごみは持ち帰りになるので要注意

厚田漁港朝市や海水浴場が近い

車で10分以内の距離にあるのが、新鮮な魚介を安く買えるので大人気の厚田漁港

我が家はここで毎回仕入れてからキャンプ場に向かいます。

7月~8月にかけてはウニも売っているので、うに丼・うに焼きと毎回ウニ三昧キャンプ。

もちろん特大宗八カレイやニシン、タコ足、ホタテなどいろいろ並んでいるので、海鮮バーべーキューをしたい方にはおすすめ。

厚田の海水浴場

また日帰り海水浴ができる厚田海浜プールも、厚田漁港朝市のすぐ横にあります。

駐車料金が800円かかりますが、ライフセーバーが監視している海水浴場ですし、日帰りということで変な酔っ払いも少ないのでおすすめ

簡単に行き来できる距離なので、まずは朝市で食材を仕入れ、セイコーマートで氷を調達し保冷した後に、改めて海水浴に来るのがおすすめプランです。

厚田の道の駅の詳細やお得に買い物する方法は、以下の記事をご覧ください

【2019年版】朝市価格でウニやホタテが買える厚田漁港の季節ごとのおすすめや買い物術

続きを見る

スペースに余裕があり大人数でもOK

厚田公園キャンプ場は基本的にフリーサイトなので、何家族か集まった大人数でのキャンプでも大丈夫。

行く時間にもよりますが、かなり広範囲を確保することも可能。

上の写真は別のキャンプ場ですが、こんな感じに巨大リビングタープを設置することもできるスペースが十分にあります。

ちなみに、厚田公園キャンプ場には夜の10時以降は静かにするように注意書きがあります。

盛り上がりすぎて他のキャンパーさんに迷惑をかけないよう注意しましょう。

厚田公園キャンプ場は札幌まで約1時間

厚田公園キャンプ場

札幌市民にとっての一番の魅力は、やはり札幌との距離かもしれません。

特に小さい子供がいるファミリーキャンプの場合、何かあったらすぐに家に帰れるというのは何にも代えがたい大きな魅力

熱中症など急に体調が悪化したような場合でも安心です。

厚田公園キャンプ場を利用してみて分かった注意点

トイレが少ない

トイレは上の写真に写っている1か所だけ

注意ポイント

男子トイレは個室(洋式)×1 小×1

女子トイレは個室×2(洋式・和式 各1)

車いす用×1

厚田公園キャンプ場トイレ

厚田公園キャンプ場トイレ

平日キャンプならこのサイズでも十分ですが、週末やお盆・海の日時期にははっきり言って全く足りていません。

特に朝は長蛇の列。

さらに管理人さんが帰った後から朝までの間に、ほぼ間違いなくトイレットペーパーがなくなります

なので、厚田公園キャンプ場に行くときにはトイレットペーパーを持参したほうがよいでしょう。

炊事場も少なめ

炊事場も上の写真に写っている1か所のみ。

こちらもトイレと同様に、平日なら何の問題もありませんが、週末だと朝にはハミガキ待ちの列ができることも。

ただみんな譲り合って利用しているので、トイレよりは数の少なさが気にならないかもしれません。

温泉が遠いので運転手が必要

厚田公園キャンプ場で一番残念なポイントが、温泉に行くのに30分以上かかるということ

厚田には温泉も銭湯もないので、お風呂に入りたいときは石狩の「番屋の湯」に行くか、浜益の保養センターに行くかの2択になります。

どうせ行くのなら浜益温泉の方が個人的にはおすすめ。

ちょっとしたお土産も買えたりします。

温泉もそうですが、コンビニや海水浴に行くときも徒歩で行くのはほぼ不可能なので、お酒を飲んでいない運転手が必要になります

全員がお酒を飲むというグループにとっては、少し不便に感じるポイントでしょう。

厚田公園キャンプ場おすすめまとめ

厚田公園キャンプ場

札幌から約1時間で行くことができる、森と小川に囲まれた人気の厚田公園キャンプ場

徒歩圏内に温泉やコンビニなどのお店はありませんが、オートキャンプ場のように利用できますし、ごみも捨てることができて、かつリーズナブルな価格が魅力的。

厚田の新鮮な海鮮も思う存分楽しむことができるので、おすすめのキャンプ場です。

最近オープンした人気の道の駅「石狩あいろーど厚田」もすぐ近く

厚田の道の駅
実際に行ってみて分かった道の駅「石狩あいろーど厚田」の魅力や絶対に食べた方が良い地元グルメとは

続きを見る

厚田には道の駅以外にもおすすめがいっぱい

道の駅だけじゃない‼厚田に行ったら絶対に寄りたいスポットを厳選紹介

続きを見る

札幌から1時間以内で行けるおすすめの道の駅や穴場野菜直売所4選

札幌から1時間以内で行けるおすすめの道の駅や穴場野菜直売所4選

続きを見る

おすすめのアウトドアグッツ

我が家がアウトドアグッツを買う時に最も重視するのはコスパの良さ!

実際に使ってみて自信を持っておすすめできるモノだけを、姉妹サイト「ジョニコミ」で紹介しています

▼参考記事はこちら

【防災にもおすすめ】中級キャンパーの我が家がおすすめする性能とコスパで選んだキャンプグッツ3選!

オートキャンプ場に行くときは、屋外でも使える延長コード(10m)も必須アイテム!黄色など目立つカラーがおすすめ

▼参考記事はこちら

キャンプ以外に災害時にも大活躍しました!最強ポータブル電源S270

我が家はソーラーパネルとセットになったタイプを購入しました

▼参考記事はこちら

コスパと寝心地で選ぶならFIELDOORのエアマットが一番おすすめ

▼参考記事はこちら

【初心者キャンパーにもおすすめ】コールマン タフスクリーン2ルームテントをおすすめする理由

▼参考記事はこちら

設置も撤収も超簡単!FIELDOORのワンタッチタープ(3m×3m)

我が家おすすめキャンプ場

支笏湖美笛キャンプ場

ほぼ手つかずの支笏湖湖畔で快適にキャンプ可能

【北海道人気ナンバー1】支笏湖美笛キャンプ場パーフェクトガイド!注意点や覚えておくと良いことを詳しく解説

続きを見る

オートリゾート苫小牧アルテン

圧倒的に充実している設備と、温泉隣接なのが嬉しいポイント

苫小牧漁港で海の幸を仕入れることができるのも嬉しい

オートリゾート苫小牧アルテン徹底ガイド!おすすめのサイトやコテージ・予約方法を紹介

続きを見る

オートリゾート滝野

札幌から気軽に行ける便利なキャンプ場

利用できるアクティビティも多くコスパ高め

どこよりも詳しいオートリゾート滝野ガイド!おすすめキャビンや注意点を徹底解説

続きを見る

浜益海浜公園キャンプ場

海沿いなのに芝生サイトなのでフカフカしていて気持ちいい

厚田漁港でウニやホタテを買って行くのがおすすめ

浜益川下海浜公園
札幌から1時間半で行けるキャンプ場!浜益川下海浜公園の魅力を徹底解説

続きを見る

ベルパークちっぷべつ公園キャンプ場

子供が楽しめる設備が多いので、ファミリーキャンパーにおすすめ

温泉隣接で朝風呂に入れるのも嬉しいポイント

【ファミリーキャンパー必見】ベルパークちっぷべつ公園キャンプ場(秩父別町)に我が家が毎年通う理由とは

続きを見る

月形町皆楽公園キャンプ場

温泉隣接・料金が格安(一人200円)・チェックアウト時間は何時でもOK・ゴミを捨てて帰れる…など言うことなし

【札幌から約1時間】月形町皆楽公園キャンプ場の魅力やおすすめのテント設営場所

続きを見る

宗谷ふれあい公園オートキャンプ場

とにかく一度行ってみて欲しい最北のオートキャンプ場。子供が喜ぶ無料遊具も豊富です

宗谷ふれあい公園オートキャンプ場完全ガイド!おすすポイントや注意点を紹介

続きを見る

旭川市21世紀の森キャンプ場

フリーテントサイトは予約不要&無料で利用可能!そして天然温泉になんと入り放題。

▼参考記事はこちら

旭川市21世紀の森キャンプ場徹底ガイド!おすすめのサイトや注意点を紹介

続きを見る

中級キャンパーが独断で選んだ道内キャンプ場おすすめ11選

中級キャンパーが独断で選んだ北海道のキャンプ場おすすめ11選

続きを見る

札幌近郊キャンプ場おすすめ10選(約1時間半圏内)

札幌近郊キャンプ場おすすめ10選!札幌から約1時間半以内で行ける場所だけを厳選

続きを見る

子供と一緒に楽しめる北海道キャンプ場おすすめ7選

【ファミリーキャンパー必見】子供と一緒に楽しめる北海道キャンプ場おすすめ7選

続きを見る

【お酒を飲んでも大丈夫】道内の温泉隣接キャンプ場10選

道内の温泉隣接キャンプ場10選!お酒を飲んでも歩いて行ける場所だけを厳選

続きを見る

北海道の海水浴キャンプができるおすすめキャンプ場8選

北海道の海水浴キャンプができるおすすめキャンプ場8選

続きを見る

北海道の無料&格安キャンプ場おすすめ11選

設備の充実度とコスパの良さで厳選した北海道の無料&格安キャンプ場おすすめ11選

続きを見る

▼実際に行ってみて分かった各キャンプ場の特徴やおすすめポイントを紹介

道内キャンプ場レビュー記事はこちら

北海道特有のマイホーム事情を解決

若い頃はまったく気にしていませんでしたが、最近特に感じるのがマイホームや土地活用に関する悩み

定期的な外壁&屋根のリフォームも道民にとっては切実な問題。

一般的に20年に一度のリフォームが必要と言われていますが、近年は大型台風や自然災害が多いため急にリフォームや修繕が必要になることも

実は私の実家もまだ築15年なのですが、近々外壁塗装をしなければいけません。

そんな時に役立つのが、リフォーム部門で3冠を達成したタウンライフリフォーム

  • 悪徳業者に引っかかりたくない
  • 適正価格で施工してほしい
  • 初めてのことだからどうしていいか分からない
  • 時間がなくてズルズル先延ばしにしている

上記に当てはまる人は、まずはカンタン3分で終了する無料リフォーム計画書の作成依頼をお願いしましょう。

※成功するリフォーム「7つの法則」を毎月先着99名にプレゼント中!

無駄に10年以上固定資産税を払い続けている空き地問題も、我が家にとっては深刻な悩み

昔は土地を持っているだけで資産価値が増大しましたが、今は有効活用できていない土地はただの重荷。

実際我が家も、毎年4万円以上税金を払い続けています。

そんな時にも、土地活用部門で3冠を達成しているタウンライフは強力にサポート!

  • 土地の活用方法が分からずとりあえず放置している
  • 遺産相続した土地の立地や形が悪い
  • できれば早急に税金対策したい

我が家はまさに上のような感じでしたが、土地の収益最大化プランをプロに提案してもらい、今まで考えたことがなかった土地活用法を知ることができました。

 

3か月無料体験中!みんなの優待

会員制割引クーポン使い放題サービス「みんなの優待」(月額490円)の無料体験期間が、今だけ3か月に大幅延長されています(通常は1か月)

※6月30日までの期間限定 好評の場合は夏まで延長予定!

もちろん3か月の無料体験期間中内に解約すれば料金は発生しません。

道内のレジャー施設や飲食店のクーポンがたくさんあるので、申し込むなら今がチャンスかなと思います

≫【今だけ3か月無料体験中】みんなの優待

-北海道アウトドア情報, 石狩(江別・恵庭・千歳), 道央
-

Copyright© さつろぐ~ジョニーさんの札幌ブログ , 2019 All Rights Reserved.