ひがしかぐら森林公園




道北

ひがしかぐら森林公園キャンプ場&オートキャンプ場フローレ完全ガイド!実際に利用して分かった魅力や注意点

美瑛町・旭岳・大雪山に囲まれた東神楽町にある人気キャンプスポットと言えば、ひがしかぐら森林公園キャンプ場。

ひがしかぐら森林公園は、オートキャンプ場フローレとフリーサイトが広がる森林公園キャンプ場の二つで構成

目の前には温泉「花神楽」があり、子供が楽しめる遊具もたくさんあるので、家族みんなでアウトドアを楽しみたい時におすすめです。

と言うわけでこの記事では、ひがしかぐら森林公園キャンプ場(オートキャンプ場フローレ)のおすすめポイントや注意点を詳しく紹介します

※記事内の情報は執筆当時のものです。最新情報は公式サイトをご確認ください

ひがしかぐら森林公園のおすすめ

  • 温泉が目の前にある
  • 子供も楽しめるアクティビティがいっぱい
  • オートキャンプ場は他と比べ広々としていて料金もリーズナブル
  • 予約不要の巨大フリーサイトあり

ひがしかぐら森林公園キャンプ場(フローレ)の行き方マップコード

ひがしかぐら森林公園

東神楽町25号40番地

マップコード 389 320 189*26

問い合わせ電話番号 0166-83-3727

営業期間 4月下旬~10月下旬

チェックイン 8時半~17時(フリーサイト)/13時~17時(オートキャンプ場・キャビン・バンガロー)

チェックアウト 8時半~10時

ひがしかぐら森林公園公式サイトはこちら

ひがしかぐら森林公園

ひがしかぐら森林公園があるのは旭川市内中心部から車で約30分の場所で、札幌から行く場合は高速道路利用で約2時間(最寄りICは旭川東鷹栖)

我が家はいつも一つ手前の深川ICで降り、道の駅などに寄り買い物しながら向かいます。

▼参考記事はこちら

道の駅ライスランド深川のおすすめグルメやレストラン&お土産を紹介

続きを見る

ひがしかぐら森林公園の徒歩圏内にはコンビニやスーパーなどはありませんが、車で10分も走れば東川町の市街地でだいたいのものは購入可能。

写真の街「東川町」には他にも見どころやおすすめがいっぱいあるので、買い物ついでに軽く観光すると良いかもしれません。

▼参考記事はこちら

今人口8000人の東川町が熱い‼おすすめ観光スポットやグルメなど魅力を徹底解説

続きを見る

森のゆホテル 花神楽

森林公園キャンプ場・オートキャンプ場フローレどちらからも歩いて行ける距離にあるのが「森のゆ 花神楽」

森のゆホテル 花神楽

営業時間は10時から22時で、大浴場だけでなく家族風呂もあるのが嬉しいポイント(1時間2500円)

無料休憩所やレストランも充実しているのも、ファミリーキャンパーにとっては嬉しいポイントと言えるでしょう。

ひがしかぐら森林公園キャンプ場の料金システム&おすすめサイト

ひがしかぐら森林公園全体MAP

上のマップからも分かるように、ひがしかぐら森林公園のサイトは森林公園キャンプ場とオートキャンプ場フローレに分かれています。

森林公園キャンプ場は先着順のフリーサイトなので、急にキャンプに行きたくなったときにもおすすめ!

料金が非常にリーズナブルなのも嬉しいポイントです。

逆に場所取りのため早く行けない方は、予約可能なオートキャンプ場を利用するのがおすすめ

※特に連休時はかなり早めに予約することをおすすめします

どちらのキャンプ場にもバンガローやキャビンがありますが、個人的にはオートキャンプ場フローレのキャビンの方が使い勝手がいい気がします

それぞれの特徴やおすすめポイントを紹介していきます。

ひがしかぐら森林公園キャンプ場(フリーサイトで予約不要)

ひがしかぐら森林公園キャンプ場MAP

ひがしかぐら森林公園キャンプ場は、約700名収容可能な巨大フリーサイト(全200サイト)

チェックイン可能な時間は8時半~17時で、チェックアウトは8時半~10時まで

一人300円(小学生以上)の入場料がかかり、テートやタープを一つ建てるごとに400円加算されます

ひがしかぐら森林公園キャンプ場管理棟

ひがしかぐら森林公園キャンプ場券売機

入り口には管理棟があるので、まずは券売機で必要な料金を払った後受付を完了させましょう。

ひがしかぐら森林公園キャンプ場管理棟

ひがしかぐら森林公園キャンプ場売店

管理棟内には売店があり、バーべーキューグッツやお菓子・カップ麺などを購入可能。

またゴミ袋も販売されていて、購入することによりゴミを捨てて帰ることが可能

※ゴミ袋は6種類(燃える・燃えない・飲料缶・ペットボトル・空き瓶・金物)あり、1枚100円で販売されています

ひがしかぐら森林公園キャンプ場シャワー

ひがしかぐら森林公園キャンプ場シャワー

男女別のシャワールームも完備(15分200円)

ひがしかぐら森林公園キャンプ場の電子レンジ

自由い使える電子レンジも設置されています。

ひがしかぐら森林公園キャンプ場レンタル品

ひがしかぐら森林公園キャンプ場はテント・タープ・寝具一式などレンタル品が充実しているので、文字通り手ぶらで行ってもキャンプを楽しむことが可能

ただ数に限りがあるので、必ず前もって予約しておきましょう。

ちなみに、テントをレンタルすると設営&撤収をスタッフの方がしてくれるのが嬉しいポイント(要予約&チェックインは14時以降)

※レンタル品ラインナップや料金はこちら

ひがしかぐら森林公園キャンプ場のリヤカー

受付を済ませたら、テントの設置場所を探しましょう。

車の乗り入れはできませんが、リヤカーがあるので多少遠くても大丈夫。

ひがしかぐら森林公園キャンプ場フリーサイト

人気が高いのは駐車場に一番近い広場の部分ですが、奥の方にある広場の方が芝がフカフカなので寝心地はいいはず。

ひがしかぐら森林公園キャンプ場MAP

キャンプ場の一番奥にあるせせらぎ広場には游水路があり、小さい子供でも水遊びを楽しめます。

ひがしかぐら森林公園キャンプ場フリーサイト

ひがしかぐら森林公園キャンプ場フリーサイト炊事場

広めの炊事棟が何か所かあるため、待ち時間が生じることはほぼないはず。

ひがしかぐら森林公園キャンプ場フリーサイトトイレ

ひがしかぐら森林公園キャンプ場フリーサイトトイレ

トイレも清潔でウォッシュレット式なのが嬉しいポイントです。

ひがしかぐら森林公園キャンプ場フリーサイト

サイト内は傾斜があったり段々畑のようになっているところもあるので、まずはグルッと回ってみてから設営場所を決めるといいかもしれません。

ひがしかぐら森林公園キャンプ場バンガロー

4人用バンガロー(1台駐車可能)

ひがしかぐら森林公園キャンプ場バンガロー

2名用バンガロー(駐車場は共同)

ひがしかぐら森林公園キャンプ場キャビン

6名用キャビン(1台駐車可能)

森林公園キャンプ場にはキャビン(6名)やバンガロー(2名・4名)も設置されています。

この後紹介するオートキャンプ場フローレキャビンと比べると、約半額程度でレンタル可能。

※設備はオートキャンプ場フローレの方が圧倒的に上

ちなみに、追加料金がかかりますが、キャビンやバンガローの横にテントを張ることも可能(1張400円)

ひがしかぐら森林公園キャンプ場バンガロー

ひがしかぐら森林公園キャンプ場バンガロー室内

上の画像は4名用バンガローの内部ですが、正直大人4人寝るのはかなりきついはず。

2人で泊まりたい方は4人用バンガロー、4名で泊まる時は6名用キャビンを借りるとちょうど良いかなと思います

ひがしかぐら森林公園キャンプ場MAP

フリーサイトから少し離れたところには、ペット(犬)同伴可能なサイトも用意されています(予約は電話のみ受付)

小学生以上一人300円の入場料とテント・タープ1張400円の他に、犬一頭500円が加算

必要書類(①狂犬病予防接種証書(当該年度)②1年以内の伝染病ワクチン5種以上 接種証明書)があるので、電話予約時にしっかり確認しましょう。

オートキャンプ場フローレのキャビン・カーサイト詳細や予約方法

オートキャンプ場フローレMAP

オートキャンプ場フローレは他と比べ広々としているのが特徴で、カーサイトA・B・Cとキャビン・ミニキャビンに分かれています。

チェックインは13時~17時、チェックアウトは8時半~10時までで、22時から翌8時まではゲートが封鎖されるので要注意

オートキャンプ場フローレのセンターハウス

オートキャンプ場フローレに入るためにはゲートバーのリモコンが必要になるので、まずは駐車場に車を停めて受付を先に済ませましょう。

ちなみに、週末や繁忙期はフローレの管理棟で受付可能ですが、平日や閑散期は森林公園キャンプ場管理棟ブルーメンで受付することになります。

オートキャンプ場フローレのコインランドリー

オートキャンプ場フローレのシャワー

オートキャンプ場フローレの洗面所

平日や閑散期でも、フローレ管理棟のシャワー(1回100円)やコインランドリー(洗濯機1回200円/乾燥機30分200円)は使用可能。

ゴミ袋を購入すれば、ゴミを捨てて帰ることも可能です

※ゴミ袋は6種類(燃える・燃えない・飲料缶・ペットボトル・空き瓶・金物)あり、1枚100円で販売されています

オートキャンプ場フローレのカーサイト

オートキャンプ場フローレのカーサイトは全部で3種類

オートキャンプ場フローレのカーサイト

数家族で利用する場合はカーサイトCがおすすめ!

電源(30A)と上下水道設備が完備されていて、車も2台まで駐車可能。

オートキャンプ場フローレのカーサイト

オートキャンプ場フローレのカーサイト

一区画当たりの専有可能な面積が約10m×15mと広めなので、複数のテントやタープを建てることが可能(サイズによりますが少なくとも4つは建てられるはず)

2~3家族で割ると料金もリーズナブルになるのでかなりおすすめ。

オートキャンプ場フローレのカーサイト

カーサイトAは電源(20A)と上水道設備が完備、カーサイトBは電源(20A)のみ付いています。

専有面積は変わらないので(約10m×12m)、流し台が必要かどうかで決めると良いでしょう。

オートキャンプ場フローレのカーサイト

オートキャンプ場フローレのカーサイト

ちなみに、カーサイトAは一番高台にあり、カーサイトBはセンターハウスに近い場所に位置しています。

眺望や雰囲気を楽しむならカーサイトA、利便性を追求するならカーサイトBが良いでしょう。

オートキャンプ場フローレMAP

オートキャンプ場フローレ内には、炊事場が2か所・トイレが3か所設置されています。

※センターハウスのトイレや洗面所も使用可能

オートキャンプ場フローレの炊事棟

オートキャンプ場フローレの炊事棟

カーサイトBには流し台が付いていないので、2つの炊事棟はどちらもカーサイトB近くに位置しています。

オートキャンプ場フローレのトイレ

オートキャンプ場フローレのトイレ

トイレは残念ながらウォッシュレット式ではありません。

森林公園キャンプ場のトイレはウォッシュレット式なので、ここだけがちょっとフローレの残念なところかもしれません。

オートキャンプ場フローレのキャビン(6人用)

オートキャンプ場フローレのキャビンは2棟(4人用・6人用)あります。

今回は6人用キャビンに宿泊。

オートキャンプ場フローレのキャビン(6人用)

駐車場はキャビンの裏側にあり、それ以外に1~2張分のテント・タープスペースが!

※4人用キャビンはテントかタープ1張分

オートキャンプ場フローレのキャビン(6人用)

オートキャンプ場フローレのキャビン(6人用)

オートキャンプ場フローレのキャビン(6人用)

室内はこんな感じで、エアコンはありますが寝具や家電類は一切ありません。

※冷蔵庫がないので要注意

オートキャンプ場フローレのキャビン(6人用)

流し台は外にあり、調理も屋外で行なうことになります(室内は火器厳禁)

6人用キャビンはかなり広い(約15畳)ので、外にテントも設営し数家族で利用するという使い方はコスパ的にかなりおすすめ

※駐車可能なのは1台のみなので、他の車は荷物を降ろしたら共同駐車場に移動しましょう

オートキャンプ場フローレのミニキャビン(4人用)

3棟あるミニキャビンは、ソファーとエアコンは付いていますが流し台がありません。

オートキャンプ場フローレのミニキャビン(4人用)

オートキャンプ場フローレのミニキャビン(4人用)

ただ近くに炊事場があるので、それほど不自由に感じることはないでしょう。

我が家は基本的に数家族でキャンプするため、カーサイトCかキャビン(6人用)を利用。

コスパでサイトを選ぶなら、流し台は付いていませんがカーサイトBが一番おすすめです。

ひがしかぐら森林公園キャンプ場(オートキャンプ場フローレ)のアクティビティ

ひがしかぐら森林公園

ひがしかぐら森林公園内には、家族で楽しめるアクティビティがいっぱい。

  • レンタサイクル(大人400円/中学生300円/小学生以下200円)
  • ポニーの乗馬(500円/ポニーのエサは300円)
  • 白鳥ボート(300円~)
  • ゴーカート(300円~)
  • サイクルモノレール(400円)

他にもテニスコートやバスケットコート・パークゴルフなど様々なアクティビティを楽しめるので、家族みんなで思う存分満喫しましょう。

ひがしかぐら森林公園のアクティビティ詳細はこちら

ひがしかぐら森林公園キャンプ場(オートキャンプ場フローレ)おすすめまとめ

ひがしかぐら森林公園キャンプ場フリーサイト

ひがしかぐら森林公園キャンプ場には様々なタイプのサイトがあるため、テント派・キャビン派・オートキャンプ場派などすべてが満足できるキャンプ場。

設備が充実していますし温泉も目の前なので、初めてのキャンプという方や子連れキャンパーにもおすすめ

そして料金もかなりお手頃なのも嬉しいポイントです。

大人気のキャンプ場なので、オートキャンプ場を利用したい方は日程が決まったらできるだけ早めに予約しましょう

ひがしかぐら森林公園

東神楽町25号40番地

マップコード 389 320 189*26

問い合わせ電話番号 0166-83-3727

営業期間 4月下旬~10月下旬

チェックイン 8時半~17時(フリーサイト)/13時~17時(オートキャンプ場・キャビン・バンガロー)

チェックアウト 8時半~10時

ひがしかぐら森林公園公式サイトはこちら

旭山動物園のアザラシ館

ひがしかぐら森林公園のすぐ近く(約30分)には旭山動物園があるので、帰り際に立ち寄るのがおすすめ!

旭山動物園の空飛ぶペンギン
【旭山動物園徹底攻略法】お得な割引クーポンやおすすめの展示施設5選!ぺんぎんの散歩を満喫するコツとは

続きを見る

おすすめアウトドアグッツ

我が家がアウトドアグッツを買う時に最も重視するのはコスパの良さ!

実際に使ってみて自信を持っておすすめできるモノだけを、姉妹サイト「ジョニコミ」で紹介しています

アウトドアグッツは防災グッツにもなるので、揃えておいて損はないかなと思っています。

※2018年北海道胆振東部地震の時に1日以上停電が続いたときは、いろいろ揃えておいてよかったと本気で思いました!

▼最も役立ったのはこちらのポータブル電源

CHECK!キャンプ以外に災害時にも大活躍!最強ポータブル電源S270を使ってみて分かったメリット&デメリット

我が家はソーラーパネルとセットになったタイプを購入!ソーラーパネルがあった方が災害時は安心

▼停電時には長時間使えるLEDランタンも重要!コスパで選ぶならジェントス EX-V777D Explorerシリーズ一択です

ガスランタンと同じような雰囲気を味わえる「ゆらめきランタン」もかなりおすすめ!

ろうそくの炎のように揺らめきながら点灯しますが、LED電球なので子供でも扱えますし家の中でも使用可能

通常点灯モードもあるので災害時にも大活躍間違いなし

▼クーラーボックスは安くて高性能なIGLOO MAXCOLD シリーズがおすすめ(58リットル以上を買いましょう)

CHECK!【防災にもおすすめ】中級キャンパーの我が家がおすすめする性能とコスパで選んだキャンプグッツ3選!

オートキャンプ場に行くときは屋外でも使える延長コード(10m)もあると便利!黄色など目立つカラーがおすすめ

耐荷重はなんと100㎏!段差や砂利道でも使えるコールマンのアウトドアワゴンは多目的に使えてかなり便利

▼エアーマットがあると車中泊やテント泊でも爆睡可能!ちょっと重くなりますが厚さ10㎝の方が寝心地良いです

CHECK!コスパと寝心地で選ぶならFIELDOORのエアマットが一番おすすめ

▼今イチオシなのがコールマンのこちらのテント!初めてテントを買う人に特におすすめ

コールマン アウトドア 大型テント グランドシート タフスクリーン2ルームハウス+2ルームハウス用テントシートセット 2000031571+2000031860 Coleman

CHECK!【初心者キャンパーにもおすすめ】コールマン タフスクリーン2ルームテントをおすすめする理由

▼FIELDOORのワンタッチタープテントがあると、キャンプ中雨が降ってきても問題なし

CHECK!設置も撤収も超簡単!FIELDOORのワンタッチタープ(3m×3m)を使ってみて分かったメリット&注意点

我が家おすすめキャンプ場

支笏湖美笛キャンプ場

ほぼ手つかずの支笏湖湖畔で快適にキャンプ可能

【北海道人気ナンバー1】支笏湖美笛キャンプ場パーフェクトガイド!注意点や覚えておくと良いことを詳しく解説

続きを見る

オートリゾート苫小牧アルテン

圧倒的に充実している設備と、温泉隣接なのが嬉しいポイント

苫小牧漁港で海の幸を仕入れることができるのも嬉しい

オートリゾート苫小牧アルテン徹底ガイド!おすすめのサイトやコテージ・予約方法を紹介

続きを見る

オートリゾート滝野

札幌から気軽に行ける便利なキャンプ場

利用できるアクティビティも多くコスパ高め

どこよりも詳しいオートリゾート滝野ガイド!おすすめキャビンや注意点を徹底解説

続きを見る

浜益海浜公園キャンプ場

海沿いなのに芝生サイトなのでフカフカしていて気持ちいい

厚田漁港でウニやホタテを買って行くのがおすすめ

浜益川下海浜公園
札幌から1時間半で行けるキャンプ場!浜益川下海浜公園の魅力を徹底解説

続きを見る

ベルパークちっぷべつ公園キャンプ場

子供が楽しめる設備が多いので、ファミリーキャンパーにおすすめ

温泉隣接で朝風呂に入れるのも嬉しいポイント

【ファミリーキャンパー必見】ベルパークちっぷべつ公園キャンプ場(秩父別町)に我が家が毎年通う理由とは

続きを見る

月形町皆楽公園キャンプ場

温泉隣接・料金が格安(一人200円)・チェックアウト時間は何時でもOK・ゴミを捨てて帰れる…など言うことなし

【札幌から約1時間】月形町皆楽公園キャンプ場の魅力やおすすめのテント設営場所

続きを見る

宗谷ふれあい公園オートキャンプ場

とにかく一度行ってみて欲しい最北のオートキャンプ場。子供が喜ぶ無料遊具も豊富です

宗谷ふれあい公園オートキャンプ場完全ガイド!おすすポイントや注意点を紹介

続きを見る

旭川市21世紀の森キャンプ場

フリーテントサイトは予約不要&無料で利用可能!そして天然温泉になんと入り放題。

▼参考記事はこちら

旭川市21世紀の森キャンプ場徹底ガイド!おすすめのサイトや注意点を紹介

続きを見る

中級キャンパーが独断で選んだ道内キャンプ場おすすめ11選

中級キャンパーが独断で選んだ北海道のキャンプ場おすすめ11選

続きを見る

札幌近郊キャンプ場おすすめ10選(約1時間半圏内)

札幌近郊キャンプ場おすすめ10選!札幌から約1時間半以内で行ける場所だけを厳選

続きを見る

子供と一緒に楽しめる北海道キャンプ場おすすめ7選

【ファミリーキャンパー必見】子供と一緒に楽しめる北海道キャンプ場おすすめ8選

続きを見る

【お酒を飲んでも大丈夫】道内の温泉隣接キャンプ場10選

道内の温泉隣接キャンプ場10選!お酒を飲んでも歩いて行ける場所だけを厳選

続きを見る

北海道の海水浴キャンプができるおすすめキャンプ場8選

北海道の海水浴キャンプができるおすすめキャンプ場8選

続きを見る

北海道の無料&格安キャンプ場おすすめ11選

外出せずにおうちキャンプ

最近注目されているのがおうちキャンプ

自宅にいながら手軽にキャンプ気分が味わえますし、いい気分転換にもなりますよ

災害対策にもなるので、気になるものがあったら要チェックです!

  • ゆらめきランタン

ろうそくやガスランタンの炎のように揺らめきながら点灯するので、これがあるだけで一気に雰囲気出ます

LED電球なので家の中でも安心して使用可能

通常点灯モードもあるので災害時にも大活躍間違いなし

  • ホットサンドメーカー

パンに好きな具材を挟んでホットサンドにするだけで、誰でも気軽にアウトドア気分を味わえます

電気式の方が使い勝手は良いですが、雰囲気が出るのは間違いなく直火式

  • ワンタッチテント

家の中やベランダにも建てられる小ぶりのテントも必須アイテム

組み立てるのが簡単なワンタッチタイプが絶対おすすめ

日帰りキャンプや海水浴でも大活躍してくれるおすすめアイテムです

【後悔先に立たず】札幌でドライブレコーダーを格安で取り付ける方法&失敗しない選び方

【後悔先に立たず】ドライブレコーダーを格安で取り付ける方法&失敗しない選び方

続きを見る

札幌(北海道)の人間ドック(健康診断)おすすめ選び方や料金相場

札幌で人間ドックを受診する女性
札幌(北海道)の人間ドック(健康診断)おすすめ選び方や料金相場

続きを見る

新千歳空港おすすめ完全ガイド!知っておくと役立つ21の事

新千歳空港おすすめ完全ガイド!知っておくと役立つ21の事

続きを見る

新千歳空港グルメ完全ガイド!食べないと後で後悔する本当に美味しいものだけを紹介

新千歳空港グルメおすすめ13選!地元ブロガーが選ぶ北海道で絶対に食べてほしいメニューはこれ

続きを見る

【札幌グルメ完全ガイド】絶対に間違いないお店だけを厳選紹介

札幌グルメパーフェクトガイド
【札幌グルメ完全ガイド】絶対に間違いないお店だけを地元ブロガーが厳選紹介

続きを見る

札幌おすすめ観光スポット20選を地元が大好きなボクが厳選

地元民がお客さんを本気でアテンドする際に外せない札幌おすすめ観光スポット20選

続きを見る

地元民が教える札幌夜景スポットおすすめ7選!深夜ドライブデートにも使える定番から穴場まで

赤れんが庁舎の夜景
地元民が教える札幌夜景スポットおすすめ7選!深夜ドライブデートにも使える定番から穴場まで

続きを見る

北海道観光用の乗り捨て可能な格安レンタカーを探す方法や注意点

北海道観光用の乗り捨て可能な格安レンタカーを探す方法や注意点

続きを見る

小樽グルメおすすめ完全ガイド!地元民が通う間違いないお店や穴場店を厳選紹介

小樽の海鮮丼
小樽グルメおすすめ完全ガイド!地元民が通う間違いないお店や穴場店を厳選紹介

続きを見る

\この記事はどうでしたか/

-道北

© 2020 さつろぐ~ジョニーの札幌ブログ