弥生パークキャンプ場の行き方アクセス




道央

【道内屈指の芝生サイト】弥生パークキャンプ場(安平町)完全ガイド!料金システムや予約方法&覚えておくべき注意点

札幌から車で約1時間ほど離れた安平町にある「弥生パークキャンプ場」は、芝生サイトに車を乗り入れ可能なおすすめキャンプ場。

大小2つのドックランがあるので、ペット同伴で楽しみたいキャンパーにもおすすめ!

お値段は決してお安くありませんが、予約スタートが宿泊日の3日前からなのでこれからキャンプの計画をたてる方でもまだ間に合いますよ!

というわけでこの記事では、フカフカの芝生サイトが魅力的な「弥生パークキャンプ場(安平町)」のシステムや注意点を詳しく紹介します

※記事内の情報は執筆当時のものです。最新情報は公式サイトをご確認ください

弥生パークキャンプ場

  • とにかくフカフカで上質な芝生サイト
  • プラス500円で芝生サイトに車両乗入れ可能
  • 生ビール(スーパードライ)1杯400円

弥生パークキャンプ場(安平町)の行き方アクセスやマップコード・予約方法

弥生パークキャンプ場(安平町)の入り口

弥生パークキャンプ場

安平町追分弥生150-4

マップコード 320 069 422*81

問い合わせ&予約電話番号  0145-25-3725

※予約受付は3日前から(土曜日チェックインなら水曜日)

営業期間 4月下旬から10月下旬

チェックイン 11時から18時

チェックアウト 10時

弥生パークキャンプ場の公式フェイスブックページはこちら

弥生パークキャンプ場の行き方アクセス

もともとパークゴルフ場だった場所に2018年オープンした「弥生パークキャンプ場」

道の駅「あびら D51ステーション」の近くにありますが、ちょっとだけ奥まっているので気づかない方も多いはず。

弥生パークキャンプ場の行き方アクセス

曲がり口にある看板

国道234号線沿いの曲がるポイントには看板設置されています(小さいので要注意)

弥生パークキャンプ場の行き方アクセス

国道から中に入り30秒ほど走ると、左側に「弥生パークキャンプ場」の入口が見えてきます。

弥生パークキャンプ場の行き方アクセス

受付があるのは一番奥なので、道なりに直進しましょう。

弥生パークキャンプ場の行き方アクセス

突き当りまで進むと砂利が敷き詰められた広場(駐車場)が広がっていて…

弥生パークキャンプ場の行き方アクセス

右奥に管理棟が設置されているので受付を済ませましょう。

チェックイン可能なのは11時から18時で、チェックアウトは10時まで

チェックアウトの時間が少し早めなので、ゆっくりしたい方はデイキャンプ料金(テント・タープ1張ごとに500円)を払って18時まで延長するのがおすすめ。

弥生パークキャンプ場の近くの温泉

近くに温泉の割引セット料金もあるので、希望する方は忘れずに受付前に申請しましょう。

弥生パークキャンプ場MAP

なお、弥生パークキャンプ場の予約受付は電話のみで、3日前からとなっています

※土曜日にチェックインしたい時は水曜日に電話

問い合わせ&予約電話番号  0145-25-3725

毎週水曜日は朝から予約の電話が殺到し、昼前には埋まってしまうことも多いとのこと。

現在入場制限をかけているので(1日40組まで)、週末に宿泊してい方は気合を入れて電話しましょう。

※個人的にはゆったり使える平日利用がおすすめです

弥生パークキャンプ場(安平町)のフリーサイトの料金システム

弥生パークキャンプ場の券売機

弥生パークキャンプ場の料金は、すべて管理棟にある券売機で支払いを行ないます。

料金システムは少しだけ複雑なので、事前にしっかり予約しておきましょう。

フリーサイト利用の場合
入場料 中学生以上500円
持ち込みテント 1張1000円
追加テント・タープ 1張ごとに500円
芝生エリア車両横づけ 500円

芝生フリーサイトを利用する場合、入場料(500円)の他にも費用が発生します。

例えば

中学生以上の子供が2人いる4人家族の一例

  • 入場料 500×4=2000円
  • テント 1000円
  • タープ 500円
  • 車両横付け 500円

    計4000円

安平町弥生パークキャンプ場

車両を横付けしているキャンパー

冒頭でも触れたように、弥生パークキャンプ場は芝生サイトに車両を乗り入れることが可能(プラス500円)

車両を横付けできればほぼオートキャンプ状態になるので、プラス500円は全く高くないかなと思います

※21時から6時は車両の移動禁止

ちなみに、荷物の搬入時だけ車両を横付けして、その他の時間帯は管理棟前の駐車場に停めておくという選択肢も(その場合は500円かかりません)

弥生パークキャンプ場MAP

この後紹介しますが、トイレや炊事棟は管理棟近くの1ヶ所のみ

サイト奥に宿泊する方にとってはかなり距離があるので、トイレに行くときに車を使っている人も見受けられました。

※手前にテントを張るのなら車両横付けしなくても不自由はないでしょう

安平町弥生パークキャンプ場のフリーサイト

安平町弥生パークキャンプ場のフリーサイト

ちなみに、降雨時や降雨後はサイト内に芝生を乗り入れることができないので要注意

※7m以上の車も進入不可

安平町弥生パークキャンプ場のフリーサイト

サイト入口にはリヤカーが用意されていますが、車両の乗り入れができないときの利用は正直あまりおすすめできません。

安平町弥生パークキャンプ場のフリーサイト

安平町弥生パークキャンプ場のフリーサイト

ほぼ平坦な芝生サイトが広がっています。

現在1日40組限定ということもあり、かなり余裕を持って宿泊可能。

安平町弥生パークキャンプ場のフリーサイト

個人的に感動したのが「フカフカできれいな芝生」

これほどフカフカな芝生サイトは初めてだったので、車両を乗り入れない方が良いのではと本気で思ってしまいました。

※多分ドックランを走るペットも最高の気分だと思います

素足で歩き回るのがめちゃくちゃ気持ち良いので、ぜひ裸足になることをおすすめします。

安平町弥生パークキャンプ場のフリーサイト

さらに驚いたのが、こんなにきれいな芝生サイトなのに焚き火禁止ではないこと!

焚き火台&焚き火シート、さらにその下に板などを引いて芝生を保護する必要があるので要注意です

※下に引く板はキャンプ場の方で貸してくれます

弥生パークキャンプ場(安平町)のオートキャンプ場・バンガロー

弥生パークキャンプ場MAP

弥生パークキャンプ場には、オートキャンプサイトとバンガロー(3棟)も設置されています。

オートキャンプ(電源なし) 1台1000円
※テント・タープを設置する場合は1張毎に500円
オートキャンプ(電源あり) 2000円
※テント・タープ含む
バンガロー 6畳(1棟) 2000円
バンガロー 8畳(2棟) 3000円

弥生パークキャンプ場のオートキャンプ

弥生パークキャンプ場のオートキャンプ

オートキャンプ場は芝生ではありません。

弥生パークキャンプ場のオートキャンプ

電源はありますが、流し台は管理棟横にあるものを使用します。

弥生パークキャンプ場のオートキャンプ

奥に見える赤い三角屋根がバンガロー

芝生サイトにも車の乗り入れが可能なので、個人的にはフリーテントサイトのほうが絶対オススメです。

※どうしても電源を確保したい人以外はあまり魅力を感じないと思います

弥生パークキャンプ場(安平町)のトイレ・炊事棟・レンタル品・売店・ゴミ捨て場

弥生パークキャンプ場のトイレ

トイレは管理棟の向かい側に設置されています。

弥生パークキャンプ場のトイレ

ウォッシュレット完備の清潔なトイレで、なんと「音姫」も付いています。

弥生パークキャンプ場のトイレ

男性用トイレと女性用トイレは隣接していて壁も薄いので、「音姫」の存在は嬉しいポイントの一つです。

弥生パークキャンプ場の行き方アクセス

炊事棟は管理棟のすぐ横に設置されています。

弥生パークキャンプ場の炊事棟

蛇口は4つしかないので若干狭く感じるかも。

弥生パークキャンプ場の炊事棟

食器用洗剤やスポンジ・タワシが用意されていて、自由に使えるのが嬉しいポイント。

弥生パークキャンプ場の管理棟

管理棟の中には売店もあり、キャンプ用品やおつまみ・氷(2キロ300円)などを購入可能。

さらに、アサヒスーパードライのサーバーがあるので、生ビールを飲むことも可能です(1杯400円)

2021年からは、ノンアルコールビール(オールフリー)の生サーバーも導入(1杯300円)

弥生パークキャンプ場の管理棟

管理棟とテントを何度も往復したくないという方用に、生ビールは保冷機能付きボトルでも購入可能(1L 1200円/1.9L 2200円 )

弥生パークキャンプ場の券売機

以下のレンタル品も用意されているので、必要に応じて利用しましょう。

  • テント(ロゴス)
  • タープ(ロゴス)
  • ポール(ロゴス)
  • ハンモック(3時間300円)
  • シュラフ(1泊300円)
  • 焼肉用鉄板(400円)
  • 焼肉レンタルセット(炉・網・炭)2人分600円/3人分900円

弥生パークキャンプ場のプレハブ小屋

管理棟の右側には、ゴミ捨て場と貸しプレハブ小屋があります。

プレハブ小屋は2時間1000円(6~8人用)で利用可能(10人用は1500円)

アサヒスーパードライの生ジョッキ(1杯400円)思いっきり飲みたい方は、プレハブ小屋で焼き肉するのがおすすめ!

弥生パークキャンプ場のゴミ捨て場

受付時にゴミ袋を2枚もらえるので、「燃えるごみ・生ゴミ」「燃えないゴミ」にしっかり分別しましょう。

弥生パークキャンプ場(安平町)のドックラン

弥生パークキャンプ場MAP

弥生パークキャンプ場には立派なドックランが2ヶ所設置されていて、料金は以下の通り。

1日1匹 500円
利用日日数が増える毎に200円(1泊2日なら700円) 3匹目以降は半額以下になります

弥生パークキャンプ場のドックラン

フリーサイトの右手にあるのが、中・大型犬用のドックラン。

弥生パークキャンプ場のドックラン

弥生パークキャンプ場のドックラン

中心は山になっていて、かなりの広さが確保されています。

弥生パークキャンプ場のドックラン

サイト入口左側にあるのが小型犬用のドックラン。

弥生パークキャンプ場のドックラン

中・大型犬用ドックランと比べると傾斜が多めなので、若干走りにくいかなと思いました。

ドックランを利用する予定の方は、できるだけドックランに近い位置にテントを設営すると良いかもしれません。

※ドックランまで移動する途中にフンなどで芝生を汚さないよう注意されるため

弥生パークキャンプ場(安平町)おすすめまとめ

安平町弥生パークキャンプ場

オートキャンプサイトやバンガローもありますが、弥生パークキャンプ場でおすすめなのは間違いなく芝生サイト。

これほど上質な芝生サイトはなかなかないので、思う存分裸足で楽しみましょう。

なお、雨天時や雨天後は車両を芝生サイトに乗り入れできなくなります

チェックアウト日に雨が降って乗り入れ不可になると荷物の積み込みが大変になるので、しっかり天気予報を確認して利用しましょう。

※その恐れがあるので、弥生パークキャンプ場の予約受付スタートは3日前からになっています

弥生パークキャンプ場

安平町追分弥生150-4

マップコード 320 069 422*81

問い合わせ&予約電話番号  0145-25-3725

営業期間 4月下旬から10月下旬

チェックイン 11時から18時

チェックアウト 10時

弥生パークキャンプ場の公式フェイスブックページはこちら

▼道内のおすすめキャンプ場をシチューエーション別に厳選


札幌近郊キャンプ場おすすめ28選!札幌から約1時間半のおすすめキャンプ場を中級キャンパーが厳選

続きを見る


【ファミリーキャンパー必見】子供と一緒に楽しめる北海道キャンプ場おすすめ12選

続きを見る


我が家がよく行く北海道で海水浴キャンプができるおすすめキャンプ場8選

続きを見る


設備の充実度とコスパの良さで厳選した北海道(札幌)の無料&格安キャンプ場おすすめ18選

続きを見る


道内の温泉隣接キャンプ場12選!お酒を飲んでも歩いて行ける場所だけを厳選

続きを見る


日の出公園オートキャンプ場(上富良野)フリーテントサイト
実際に行ってみて気に入った旭川(道北)エリアのおすすめキャンプ場15選

続きを見る

北海道キャンプ場&コテージガイド

北海道のアウトドアを楽しむ上で欠かせない書籍といえば「北海道キャンプ場&コテージガイド

最新の情報が網羅されているので、私もよく活用しています。

当ブログも紹介されていますので、是非ご覧になってみてください。

おすすめアウトドアグッツ

我が家がアウトドアグッツを買う時に最も重視するのはコスパの良さ!

実際に使ってみて自信を持っておすすめできるモノだけを、姉妹サイト「ジョニコミ」で紹介しています

アウトドアグッツは防災グッツにもなるので、揃えておいて損はないかなと思っています。

※2018年北海道胆振東部地震の時に1日以上停電が続いたときは、いろいろ揃えておいてよかったと本気で思いました!

▼最も役立ったのはこちらのポータブル電源

CHECK!キャンプ以外に災害時にも大活躍!最強ポータブル電源S270を使ってみて分かったメリット&デメリット

我が家はソーラーパネルとセットになったタイプを購入!ソーラーパネルがあった方が災害時は安心

▼停電時には長時間使えるLEDランタンも重要!コスパで選ぶならジェントス EX-V777D Explorerシリーズ一択

ガスランタンと同じような雰囲気を味わえる「ゆらめきランタン」もかなりおすすめ!

ろうそくの炎のように揺らめきながら点灯しますが、LED電球なので子供でも扱えますし家の中でも使用可能

通常点灯モードもあるので災害時にも大活躍間違いなし

ほとんどのキャンプ場は直火禁止なので、夜まったりしたい方は焚き火台&焚き火シートも必須アイテム

焚き火台はBBQコンロとしても使えますよ

▼クーラーボックスは安くて高性能なIGLOO MAXCOLD シリーズがおすすめ(58リットル以上を買いましょう)

CHECK!【防災にもおすすめ】中級キャンパーの我が家がおすすめする性能とコスパで選んだキャンプグッツ3選!

オートキャンプ場に行くときは屋外でも使える延長コード(10m)もあると便利!黄色など目立つカラーがおすすめ

耐荷重はなんと100㎏!段差や砂利道でも使えるコールマンのアウトドアワゴンは多目的に使えてかなり便利

▼エアーマットがあると車中泊やテント泊でも爆睡可能!ちょっと重くなりますが厚さ10㎝の方が寝心地良いです

CHECK!コスパと寝心地で選ぶならFIELDOORのエアマットが一番おすすめ

▼今イチオシなのがコールマンのこちらのテント!初めてテントを買う人に特におすすめ

CHECK!【初心者キャンパーにもおすすめ】コールマン タフスクリーン2ルームテントをおすすめする理由

▼FIELDOORのワンタッチタープテントがあると、雨が降ってきても問題なし

CHECK!設置も撤収も超簡単!FIELDOORのワンタッチタープ(3m×3m)を使ってみて分かったメリット&注意点

我が家おすすめキャンプ場

支笏湖美笛キャンプ場

ほぼ手つかずの支笏湖湖畔で快適にキャンプ可能

【北海道人気ナンバー1】支笏湖美笛キャンプ場パーフェクトガイド!注意点や覚えておくと良いことを詳しく解説

続きを見る

マオイオートランド

お湯が使える炊事棟などキャンプ設備が充実&ながぬま温泉に隣接(半額券あり)

スタッフの方も皆さん優しいので、初めてのキャンプという方にもおすすめ

マオイオートランド
マオイオートランド完全ガイド!おすすめサイトや料金システム&覚えておくと役立つこと

続きを見る

上富良野町日の出公園オートキャンプ

札幌から約2時間強でアクセス可能

旭川や富良野・美瑛がすぐ近くにあるため、アウトドアだけでなく観光も楽しめます

もちろんキャンプ場もハイレベルで、ロケーションや圧倒的な解放感が魅力

上富良野町日の出公園オートキャンプ場
日の出公園オートキャンプ(上富良野)完全ガイド!おすすめのサイト選び方やシステム&料金を詳しく紹介

続きを見る

浜益海浜公園キャンプ場

海沿いなのに芝生サイトなのでフカフカしていて気持ちいい

厚田漁港でウニやホタテを買って行くのがおすすめ

浜益川下海浜公園
浜益川下海浜公園キャンプ場(ピリカビーチ)完全ガイド!料金システムや駐車場の選び方&覚えておくべき注意点

続きを見る

ベルパークちっぷべつ公園キャンプ場

子供が楽しめる設備が多いので、ファミリーキャンパーにおすすめ

温泉隣接で朝風呂に入れるのも嬉しいポイント

【ファミリーキャンパー必見】ベルパークちっぷべつ公園キャンプ場(秩父別町)に我が家が毎年通う理由とは

続きを見る

さくらキャンプ場(栗山)

徒歩圏内に大型スーパー&隣接の温泉に定額で入り放題

さくらキャンプ場(栗山町)
さくらキャンプ場(栗山町)完全ガイド!料金やおすすめ&覚えておくと役立つこと

続きを見る

かなやま湖畔キャンプ場

山と湖に囲まれた息をのむようなロケーションで、ペットの同伴もOK

広々としたドックラン完備で、徒歩圏内に日帰り入浴可能な保養所も!

かなやま湖畔キャンプ場
【ペットOK&徒歩で行ける日帰り入浴】かなやま湖キャンプ場完全ガイド!料金システム&サイトの選び方や注意点

続きを見る

宗谷ふれあい公園オートキャンプ場

とにかく一度行ってみて欲しい最北のオートキャンプ場。子供が喜ぶ無料遊具も豊富です

宗谷ふれあい公園オートキャンプ場完全ガイド!おすすポイントや注意点を紹介

続きを見る

旭川市21世紀の森キャンプ場

フリーテントサイトは格安で利用でき、場内にある天然温泉に1回100円で入浴可能

▼参考記事はこちら

旭川市21世紀の森キャンプ場ファミリーゾーン
旭川市21世紀の森キャンプ場徹底ガイド!おすすめのサイトや注意点を紹介

続きを見る

中級キャンパーが独断で選んだ道内キャンプ場おすすめまとめ

上富良野町日の出公園オートキャンプ
【利便性&コスパ重視】中級キャンパーが独断で選んだ北海道キャンプ場おすすめ15選

続きを見る

札幌近郊キャンプ場おすすめまとめ(約1時間半圏内)

札幌近郊キャンプ場おすすめ28選!札幌から約1時間半のおすすめキャンプ場を中級キャンパーが厳選

続きを見る

旭川(道北)エリアキャンプ場おすすめまとめ

日の出公園オートキャンプ場(上富良野)フリーテントサイト
実際に行ってみて気に入った旭川(道北)エリアのおすすめキャンプ場15選

続きを見る

子供と一緒に楽しめる北海道キャンプ場おすすめまとめ

【ファミリーキャンパー必見】子供と一緒に楽しめる北海道キャンプ場おすすめ12選

続きを見る

【お酒を飲んでも大丈夫】道内の温泉隣接キャンプ場まとめ

道内の温泉隣接キャンプ場12選!お酒を飲んでも歩いて行ける場所だけを厳選

続きを見る

北海道の海水浴キャンプができるおすすめキャンプ場まとめ

我が家がよく行く北海道で海水浴キャンプができるおすすめキャンプ場8選

続きを見る

北海道の無料&格安キャンプ場おすすめまとめ

北海道で今人気のアクティビティ

北海道で楽しい思い出を作りたいときは、積極的にアクティビティ体験を申し込みましょう

現地で申し込むことができるものもありますが、確実に参加できるよう事前にじゃらんでチェックして予約を済ませておくのがおすすめ!

じゃらんでいま特に人気があるアクティビティは……

小樽青の洞窟クルージング

小樽「青の洞窟」は、海からしか見ることのできない小樽人気の絶景スポット

手つかずで残っている1500万年前の大自然の迫力に、思わず感動してしまうこと間違いなしです。

小樽「青の洞窟」クルーズには、クルージング体験以外に釣り体験付き・シュノーケリング体験付きなどいくつかのプランがあるので、好みに合わせて選択しましょう。

➤➤➤小樽「青の洞窟」クルーズ体験の詳細はこちら

クロスホテル札幌ランチブッフェ

シェフによる迫力のライブクッキングなどが人気のホテルランチブッフェ

時間無制限の所が多いので、ゆっくり語り合いたいときにもおすすめ

➤➤➤いま札幌市内で人気のホテルランチブッフェはここ!

▼参考記事はこちら

ANAクラウンプラザホテルMEMのライブキッチン
札幌ホテルランチブッフェおすすめ3選!女子会やデートにもおすすめの間違いないレストランをシチュエーション別に厳選

続きを見る

JRタワーホテル日航のスパ

札幌駅直結のJRタワーホテル日航札幌22階にある天然温泉スカイリゾートスパ『プラウブラン』の日帰り入浴(2時間)

女性スパにはマッサージ効果があると言われているマッサージバス「カルニアアイル」やバイブラバスがあり、ゆったりと流れる贅沢な時間を堪能できるはず

➤➤➤天然温泉スカイリゾートスパ『プラウブラン』の詳細

▼参考記事はこちら

【頑張った自分へのご褒美】札幌の日帰り温泉&スパおすすめ12選

続きを見る

じゃらん割引クーポン

じゃらんでは定期的に遊び・体験予約に使えるクーポンが配布されています

予約を完了させる前に、じゃらんの割引クーポンが出ていないか忘れずにチェックしましょう

今配布中のじゃらんの割引クーポン

【最新】北海道人気アクティビティランキング

フードデリバリーで飲食店を応援

Wolt(ウォルト)札幌おすすめ店⑱バル・エスパーニャ カルネ(パエリア)

このコロナ禍の中、飲食店を応援できる最も安全な方法はフードデリバリーサービスの利用

少し前までは大手チェーン店しか宅配に対応していませんでしたが、UberEats・ウォルト・フードパンダなどが札幌市内でのサービスを次々と開始!

人気店の本格的なグルメを自宅や職場で気軽に楽しめるようになりました

Wolt(ウォルト)札幌のサービス提供エリア

サービスエリアは限定的ですがレストランパートナーの選択肢が最も豊富なのがWolt(ウォルト)

万が一トラブルがあった時のカスタマーサポートも断トツの安心感!

2020年12月より旭川、2021年3月より函館でも利用できるようになりました

Wolt ウォルト : フードデリバリー

Wolt ウォルト : フードデリバリー

無料posted withアプリーチ

以下のプロモコードを登録時に入力することにより、Wolt最初の2回の注文がなんと800円割引に!

コードを入れなくても登録は可能ですが、800円×2回は結構大きいので使わないのはもったいないかなと思います

 7AZGZ 

※コピペ可能です

▼実際に頼んでみてリピート決定のお店は以下の記事を参照

woltイメージキャラクター「ユーホ」
【札幌で250回以上利用】Wolt(ウォルト)を実際に使って見て分かった魅力や注意点&美味しかったレストラン61選

続きを見る

UBER EATSの配達バック

サービス開始当初は少しバタバタしていましたが、約半年が経過して安定感が出てきたUberEats(ウーバーイーツ)

サービスエリアはWolt(ウォルト)と比べるとかなり広めで、魅力的なレストランパートナーも急増中。

クレジットカード以外に現金やPayPayでの支払いに対応しているのも嬉しいポイント!

スシローのUbereats紹介画面

スシローの宅配テイクアウト寿司

最近、大人気回転寿司スシローも注文できるようになりました。

➤➤➤Uber Eats 配達エリアチェックはこちら

ウーバーイーツダウンロード画面

以下のプロモコードを登録時に入力すると、初回注文時に2000円分割引になります(最低注文金額なし)

コードを入れなくてももちろん登録は可能ですが、2000円はかなり大きいので使わないのは絶対もったいないと思います

【  JPEATS2000 

(7月23日~8月8日(日)まで有効)※コピペ可能です

以下のリンクよりUber Eats アプリをダウンロードし、アカウント内のプロモーションにコードを入力してご使用ください

▼アプリのダウンロードはこちらから

➤➤➤iOSでUber Eatsアプリをダウンロード

➤➤➤AndroidでUber Eatsアプリをダウンロード

➤➤➤Uber Eats(ウーバーイーツ)で注文可能なお店のラインナップをチェック

▼実際に我が家がウーバーイーツでよく頼むメニューはこちら

Uber Eats(ウーバーイーツ)を札幌で実際に使ってみて分かった魅力や注意点&おすすめグルメ22選

続きを見る

スシローの出前館紹介画面

ちなみに、ダウンタウン浜ちゃんのCMでおなじみの 出前館 もスシローを注文可能です

クレジットカード以外の支払い方法(代引き/PayPayなど)にも対応しているのが嬉しいポイント。

郵便番号を入力するだけで、自宅や会社に配達可能な店舗が簡単に分かりますよ。

札幌でもサービスを開始したmenu

2020年11月より札幌でのデリバリーサービスを開始したmenu(メニュー)

メニューで注文した幸せのパンケーキ

配達エリアはまだ狭めですが、「幸せのパンケーキ」などここでしか頼めないお店がいっぱい!

期間限定でクーポンコード(初回は1000円×2回割引)が発行されているので、かなりお得に人気グルメを楽しめますよ

menu(メニュー)デリバリー&テイクアウトアプリ

menu(メニュー)デリバリー&テイクアウトアプリ
posted withアプリーチ

➤➤➤【iPhoneの方は】App Storeからダウンロード

➤➤➤【アンドロイドスマホの方は】Google Playでダウンロード

以下のプロモコードを登録時に入力することにより、menu注文で使えるクレジットが1000円×2回分付与されます(初めての方のみ/30日有効)

コードを入れなくても登録は可能ですが、1000円×2回はかなり大きいので使わないのはもったいないかなと思います

※1500円以上の注文時に1000円引きになりますよ

【 tpg-apu7d8 】

※コピペ可能です

▼参考記事はこちら

menu札幌
【初回クーポンコードあり】札幌に上陸したフードデリバリーサービスmenu(メニュー)を使って分かった魅力や注意点

続きを見る

2020年10月よりサービスを開始したフードパンダ

2020年10月より札幌でのサービスを開始したフードパンダ

日本での知名度はまだまだですが、東南アジアではUberEatsより人気だったりします

札幌でのサービスエリアもかなり広めなので、自宅が配達エリア内という方も多いでしょう

▼参考記事はこちら

2020年10月よりサービスを開始したフードパンダ
foodpanda(フードパンダ)を札幌で実際に使って分かったおすすめポイントや注意点

続きを見る

【2021年版】札幌ビアガーデンおすすめまとめ!今年も元気に営業している定番から穴場まで厳選紹介

【2021年版】札幌ビアガーデンおすすめ15選!今年も営業している定番から穴場まで厳選紹介

続きを見る

【子育てママ必見】コロナ禍に賢く活用したい札幌おすすめネットスーパーまとめ(体験談アリ)

【子育てママ・ワーキングウーマン必見】札幌でも利用可能なネットスーパーおすすめ3選

続きを見る

札幌の引っ越し費用相場やおすすめの業者選び方&料金を安くする交渉術を紹介

サカイ引越センター
札幌の引っ越し費用相場やおすすめの業者選び方&料金を安くする交渉術を紹介

続きを見る

新千歳空港グルメ完全ガイド!食べないと後で後悔する本当に美味しいものだけを紹介

新千歳空港グルメおすすめ13選!地元ブロガーが選ぶ北海道で絶対に食べてほしいメニューはこれ

続きを見る

【札幌グルメ完全ガイド】絶対に間違いないお店だけを厳選紹介

札幌グルメパーフェクトガイド
【札幌グルメ完全ガイド】絶対に間違いないお店だけを地元ブロガーが厳選紹介

続きを見る

札幌おすすめ観光スポット20選を地元が大好きなボクが厳選

地元民がお客さんを本気でアテンドする際に外せない札幌おすすめ観光スポット20選

続きを見る

地元民が教える札幌夜景スポットおすすめ7選!深夜ドライブデートにも使える定番から穴場まで

赤れんが庁舎の夜景
地元民が教える札幌夜景スポットおすすめ7選!深夜ドライブデートにも使える定番から穴場まで

続きを見る

北海道観光用の乗り捨て可能な格安レンタカーを探す方法や注意点

北海道観光用の乗り捨て可能な格安レンタカーを探す方法や注意点

続きを見る

小樽グルメおすすめ完全ガイド!地元民が通う間違いないお店や穴場店を厳選紹介

小樽の海鮮丼
小樽グルメおすすめ完全ガイド!地元民が通う間違いないお店や穴場店を厳選紹介

続きを見る

函館グルメおすすめ完全ガイド!地元民が通う間違いないお店や穴場店を厳選紹介

函館グルメおすすめ完全ガイド!地元民が通う間違いないお店や穴場店を厳選紹介

続きを見る

元地元民が選んだ旭川で絶対に食べておきたいおすすめ人気グルメ9選

旭川おすすめ人気グルメ
元地元民が選んだ旭川で絶対に食べておきたいおすすめ人気グルメ9選

続きを見る

十勝の恵みを味わいつくそう!道産子ブロガーが選んだ帯広グルメおすすめ人気8選

「豚丼のかしわ」豚丼(中)
ダイエットを忘れて食い倒れたい「帯広グルメおすすめ人気8選」を道産子ブロガーが厳選

続きを見る

結婚するまで本籍地が富良野だった私が選ぶおすすめ観光スポット10選

富良野観光スポットおすすめ⑨なかふらの町営北星山ラベンダー園
結婚するまで本籍地が富良野だった私が選ぶおすすめ観光スポット10選

続きを見る

-道央

© 2021 さつろぐ~ジョニーの札幌ブログ