北海道キャンプ場 道南

【直火で焚火ができる】歌才オートキャンプ場ル・ピック(黒松内町)の魅力や注意点を紹介

黒松内町の郊外にある歌才オートキャンプ場ル・ピックは、ゆったりと時間が流れるおすすめキャンプ場。

どちらかというと大人向けのキャンプ場で、アウトドアライフに没頭したいときなどにおすすめです。

今回は、実際に行ってみて分かった歌才オートキャンプ場ル・ピックの魅力やおすすめポイントを紹介します。

※記事内の情報は執筆当時のものです。最新情報は公式サイトをご確認ください。

 

歌才オートキャンプ場ル・ピックのおすすめポイント

  • ブナ林に囲まれたアウトドアに没頭できる静かなサイト
  • 直火で焚火が可能

歌才オートキャンプ場ル・ピックの行き方マップコード

歌才オートキャンプ場ル・ピック

寿都郡黒松内町黒松内521-1

マップコード 521 517 606*13

問い合わせ電話番号 0136-72-4546

営業期間 例年4月下旬~10月中旬

チェックイン 13時から17時

チェックアウト 8時から11時

ペット同伴 条件付きで可能

歌才オートキャンプ場ル・ピック公式サイトはこちら

歌才オートキャンプ場ル・ピック

歌才オートキャンプ場ル・ピックがあるのは黒松内町郊外で、札幌からだと約2時間半で到着。

最寄りのスーパーやコンビニまではかなり距離があるので、事前に買い出しを済ませていくのがおすすめ。

黒松内町の道の駅

黒松内町の道の駅

車で15分ほどの場所には、道内でも有名な黒松内町の道の駅があります。

美味しいパン屋さんや石窯で焼いたピッツアのお店もあるので、テイクアウトしてから歌才オートキャンプ場ル・ピックに向かうのもおすすめです。

歌才オートキャンプ場ル・ピックのサイトの違いや料金

歌才オートキャンプ場ル・ピック

歌才オートキャンプ場ル・ピックは、バンガロー(全3棟)・オートサイト(全27区画)・フリーサイトに分かれています。

それぞれのサイトの料金や特徴を紹介していきます。

※サイト利用料金の他に、大人(高校生以上)900円・小中学生450円の入場料がかかります(連泊の場合は1回だけの支払い)

歌才オートキャンプ場ル・ピックのバンガロー

歌才オートキャンプ場ル・ピックのバンガロー

歌才オートキャンプ場ル・ピックのバンガローは3棟あり、料金は1泊5500円。

歌才オートキャンプ場ル・ピックのバンガロー内部

中はこんな感じで、4.5畳のスペースに電源と照明だけが付いているシンプルなバンガロー。

歌才オートキャンプ場ル・ピックのバンガロー

建物の外に流し台が付いています。

歌才オートキャンプ場ル・ピックのバンガロー

バンガローの周りにはスペースが広くとられているので、タープなどを立てることも可能。

駐車スペースも2台分確保されていますし、直火スペースもバンガローごとに確保されています。

歌才オートキャンプ場ル・ピックのカーサイト

歌才オートキャンプ場ル・ピックのカーサイト

歌才オートキャンプ場ル・ピックのカーサイトは全部で24区画あり、料金は1泊2500円。

※電源が10Aと30Aのサイトがあり、30Aサイトは1泊3500円。

歌才オートキャンプ場ル・ピックのカーサイト

かなり広めのスペースが確保されているので、テントとタープを両方立ててもまだ余裕があります。

駐車場も2台分完備。

歌才オートキャンプ場ル・ピックの電源

電源コンセントは流し台の下に完備。

歌才オートキャンプ場ル・ピック

各サイトにはそれぞれ直火スペースが確保されています。

歌才オートキャンプ場ル・ピックのフリーテントサイト

歌才オートキャンプ場ル・ピックのフリーテントサイト

キャンプ場の入り口近くに配置されているフリーテントサイトは、テント1張550円。

歌才オートキャンプ場ル・ピック

フリーテントサイトのすぐ目の前に駐車場があります。

歌才オートキャンプ場ル・ピックフリーテントサイト

駐車場のすぐ近くにテントを立てれば、セミオートキャンプ場の様に利用することも可能です。

歌才オートキャンプ場ル・ピックのトイレ・シャワー・コインランドリー

歌才オートキャンプ場ル・ピックの管理棟

歌才オートキャンプ場ル・ピックの入り口には管理棟があり、なんと24時間管理人さんが常駐しています。

歌才オートキャンプ場ル・ピックのコインランドリー

コインランドリーは、洗濯機1回200円/乾燥機20分100円で利用可能。

歌才オートキャンプ場ル・ピックのシャワー

温水シャワーは5分200円で利用できます。

歌才オートキャンプ場ル・ピックの流し台

管理棟右側には炊事棟が併設されていて、フリーテントサイトに宿泊する方はここを利用。

歌才オートキャンプ場ル・ピックのトイレ

カーサイトの中心にも大きめのトイレが設置されています。

歌才オートキャンプ場ル・ピックのトイレ

歌才オートキャンプ場ル・ピックのトイレ

木目調のトイレはウォッシュレット式で非常に清潔。

歌才オートキャンプ場ル・ピックのトイレ

歌才オートキャンプ場ル・ピックのトイレ

そして身障者用トイレにはシャワールームも完備。

バリアフリー化しているキャンプ場の中でも、管理棟以外にシャワーを設置しているキャンプ場はかなり珍しいと言えるでしょう。

歌才オートキャンプ場ル・ピックのゴミ捨て場とレンタル用品

歌才オートキャンプ場ル・ピックのゴミステーション

キャンプサイトの中央にはゴミステーションが設置されています。

分別して指定のゴミ袋を利用すれば、このステーションを利用可能。

また完全予約制になりますが、アウトドアグッツのハイブランド「スノーピーク」キャンプ用品一式をまとめて借りることも可能。

テント・寝袋・テーブル・チェア・メッシュ型タープ・焚き火台・ランタンがセットになっていて、1泊2日6000円という格安価格

※2日目以降は半額

かなり良心的な値段設定なので、まったく道具がないという方におすすめです。

歌才オートキャンプ場ル・ピックのレンタル用品詳細はこちらを参照

歌才オートキャンプ場ル・ピックはペット同伴可能

バンガローとカーサイトのみになりますが、歌才オートキャンプ場ル・ピックはペット同伴でキャンプすることが可能(バンガロー内には入れません)

予約時と受付時に申告する必要があるので要注意。

隣接しているブナセンターにはドッグランがあり、30分300円で利用できます。

歌才オートキャンプ場ル・ピックの予約方法

歌才オートキャンプ場ル・ピックの予約は電話かインターネットで行ないます。

予約電話番号は0136-72-4546(受付時間は9時から17時)

またこちらのページからインターネット予約することも可能。

サイトの場所を指定できるので、あらかじめ公式ページでサイトの位置や番号を確認してから予約しましょう。

※個人的にはカーサイト11~27番がおすすめです

歌才オートキャンプ場ル・ピック(黒松内町)おすすめまとめ

ル・ピックはフランス語でキツツキという意味ですが、歌才オートキャンプ場はまさに鳥のさえずりの中でゆっくり過ごせるおすすめキャンプ場。

22時から翌朝7時までは出入口が封鎖され場内灯も消灯されるので、静かな中で思う存分アウトドアを体験することが可能です。

歌才オートキャンプ場ル・ピック

寿都郡黒松内町黒松内521-1

マップコード 521 517 606*13

問い合わせ電話番号 0136-72-4546

営業期間 例年4月下旬~10月中旬

チェックイン 13時から17時

チェックアウト 8時から11時

ペット同伴 条件付きで可能

歌才オートキャンプ場ル・ピック公式サイトはこちら

おすすめアウトドアグッツ

我が家がアウトドアグッツを買う時に最も重視するのはコスパの良さ!

実際に使ってみて自信を持っておすすめできるモノだけを、姉妹サイト「ジョニコミ」で紹介しています

アウトドアグッツは防災グッツにもなるので、揃えておいて損はないかなと思っています。

※2018年北海道胆振東部地震の時に1日以上停電が続いたときは、いろいろ揃えておいてよかったと本気で思いました!

▼最も役立ったのはこちらのポータブル電源

suaoki ポータブル電源 S270 40540mAh/150Wh 小型 軽量 家庭用蓄電池 PSE認証済み 三つの充電方法 AC(150W) DC(180W) USB出力 急速充電QC3.0 車中泊 キャンプ 釣り アウトドア 防災グッズ 地震 停電時に 二年間保証
SUAOKI

CHECK!キャンプ以外に災害時にも大活躍!最強ポータブル電源S270を使ってみて分かったメリット&デメリット

我が家はソーラーパネルとセットになったタイプを購入!ソーラーパネルがあった方が災害時は安心

▼停電時には長時間使えるLEDランタンも重要!コスパで選ぶならジェントス EX-V777D Explorerシリーズ一択です

ガスランタンと同じような雰囲気を味わえる「ゆらめきランタン」もかなりおすすめ!

ろうそくの炎のように揺らめきながら点灯しますが、LED電球なので子供でも扱えますし家の中でも使用可能

通常点灯モードもあるので災害時にも大活躍間違いなし

▼クーラーボックスは安くて高性能なIGLOO MAXCOLD シリーズがおすすめ(58リットル以上を買いましょう)

【あす楽】【送料無料】2019NEW IGLOO MAXCOLD イグルー/イグロー マックスコールド ラチチュードローラー クーラーボックス 62QT(58L)ブルー&グレー 車輪付【ラッキーシール対応】

CHECK!【防災にもおすすめ】中級キャンパーの我が家がおすすめする性能とコスパで選んだキャンプグッツ3選!

オートキャンプ場に行くときは屋外でも使える延長コード(10m)もあると便利!黄色など目立つカラーがおすすめ

耐荷重はなんと100㎏!段差や砂利道でも使えるコールマンのアウトドアワゴンは多目的に使えてかなり便利

▼エアーマットがあると車中泊やテント泊でも爆睡可能!ちょっと重くなりますが厚さ10㎝の方が寝心地良いです

CHECK!コスパと寝心地で選ぶならFIELDOORのエアマットが一番おすすめ

▼今イチオシなのがコールマンのこちらのテント!初めてテントを買う人に特におすすめ

コールマン アウトドア 大型テント グランドシート タフスクリーン2ルームハウス+2ルームハウス用テントシートセット 2000031571+2000031860 Coleman

CHECK!【初心者キャンパーにもおすすめ】コールマン タフスクリーン2ルームテントをおすすめする理由

▼FIELDOORのワンタッチタープテントがあると、キャンプ中雨が降ってきても問題なし

CHECK!設置も撤収も超簡単!FIELDOORのワンタッチタープ(3m×3m)を使ってみて分かったメリット&注意点

我が家おすすめキャンプ場

支笏湖美笛キャンプ場

ほぼ手つかずの支笏湖湖畔で快適にキャンプ可能

【北海道人気ナンバー1】支笏湖美笛キャンプ場パーフェクトガイド!注意点や覚えておくと良いことを詳しく解説

続きを見る

オートリゾート苫小牧アルテン

圧倒的に充実している設備と、温泉隣接なのが嬉しいポイント

苫小牧漁港で海の幸を仕入れることができるのも嬉しい

オートリゾート苫小牧アルテン徹底ガイド!おすすめのサイトやコテージ・予約方法を紹介

続きを見る

上富良野町日の出公園オートキャンプ

札幌から約2時間強でアクセス可能

旭川や富良野・美瑛がすぐ近くにあるため、アウトドアだけでなく観光も楽しめます

もちろんキャンプ場もハイレベルで、ロケーションや圧倒的な解放感が魅力

上富良野町日の出公園オートキャンプ場
日の出公園オートキャンプ(上富良野)完全ガイド!おすすめのサイト選び方やシステム&料金を詳しく紹介

続きを見る

浜益海浜公園キャンプ場

海沿いなのに芝生サイトなのでフカフカしていて気持ちいい

厚田漁港でウニやホタテを買って行くのがおすすめ

浜益川下海浜公園
札幌から1時間半で行けるキャンプ場!浜益川下海浜公園の魅力を徹底解説

続きを見る

ベルパークちっぷべつ公園キャンプ場

子供が楽しめる設備が多いので、ファミリーキャンパーにおすすめ

温泉隣接で朝風呂に入れるのも嬉しいポイント

【ファミリーキャンパー必見】ベルパークちっぷべつ公園キャンプ場(秩父別町)に我が家が毎年通う理由とは

続きを見る

月形町皆楽公園キャンプ場

温泉隣接・料金が格安(一人200円)・チェックアウト時間は何時でもOK・ゴミを捨てて帰れる…など言うことなし

【札幌から約1時間】月形町皆楽公園キャンプ場の魅力やおすすめのテント設営場所

続きを見る

かなやま湖畔キャンプ場

山と湖に囲まれた息をのむようなロケーションで、ペットの同伴もOK

広々としたドックラン完備で、徒歩圏内に日帰り入浴可能な保養所も!

かなやま湖畔キャンプ場
【ペットOK&徒歩で行ける日帰り入浴】かなやま湖キャンプ場完全ガイド!料金システム&サイトの選び方や注意点

続きを見る

宗谷ふれあい公園オートキャンプ場

とにかく一度行ってみて欲しい最北のオートキャンプ場。子供が喜ぶ無料遊具も豊富です

宗谷ふれあい公園オートキャンプ場完全ガイド!おすすポイントや注意点を紹介

続きを見る

旭川市21世紀の森キャンプ場

フリーテントサイトは格安で利用でき、場内にある天然温泉に1回100円で入浴可能

▼参考記事はこちら

旭川市21世紀の森キャンプ場ファミリーゾーン
旭川市21世紀の森キャンプ場徹底ガイド!おすすめのサイトや注意点を紹介

続きを見る

中級キャンパーが独断で選んだ道内キャンプ場おすすめ14選

上富良野町日の出公園オートキャンプ
中級キャンパーが独断で選んだ北海道のキャンプ場おすすめ14選

続きを見る

札幌近郊キャンプ場おすすめ10選(約1時間半圏内)

札幌近郊キャンプ場おすすめ10選!札幌から約1時間半以内で行ける場所だけを厳選

続きを見る

旭川(道北)エリアキャンプ場おすすめ15選

日の出公園オートキャンプ場(上富良野)フリーテントサイト
実際に行ってみて気に入った旭川(道北)エリアのおすすめキャンプ場15選

続きを見る

子供と一緒に楽しめる北海道キャンプ場おすすめ7選

【ファミリーキャンパー必見】子供と一緒に楽しめる北海道キャンプ場おすすめ8選

続きを見る

【お酒を飲んでも大丈夫】道内の温泉隣接キャンプ場11選

道内の温泉隣接キャンプ場11選!お酒を飲んでも歩いて行ける場所だけを厳選

続きを見る

北海道の海水浴キャンプができるおすすめキャンプ場8選

北海道の海水浴キャンプができるおすすめキャンプ場8選

続きを見る

北海道の無料&格安キャンプ場おすすめ11選

GoToEATでお得に飲食

10月1日からスタートしたGoToEAT事業ですが、大きく分けると以下の2種類に分かれます

  • プレミアム付食事券(25%上乗せ)
  • オンライン飲食予約でランチは500円分のポイント・ディナーは1000円分のポイントを付与

もらえるポイントは期間限定&各予約サイトでのみ使えるので、一番よく使うサイトを利用して予約するのがおすすめ

※プレミアム商品券とオンライン飲食予約の併用は不可

Pontaポイントも貯まるホットペッパー

ホットペッパーの期間限定ポイントの他に、ディナーだと予約人数×50ポイントのPontaポイントが加算されます(要連携)

➤➤➤【ホットペッパー】北海道のGoToEATキャンペーン対象店をチェック

楽天ポイントを貯めたいならぐるなび

我が家は楽天スーパーポイントが貯まる「ぐるなび」で予約して、楽天でんきの支払いに充てる予定!

➤➤➤【ぐるなび】北海道のGoToEATキャンペーン対象店をチェック

ちなみに、ぐるなびポイントを楽天スーパーポイントでもらうには事前に「楽天ID連携設定」が必要です

ぐるなび・楽天ID連携はこちら

▼参考記事はこちら

北海道電力を約40年間使い続けた我が家が楽天でんきに乗り換えた3つの理由!本当にお得なのか徹底検証して分かったこと

続きを見る

高級レストランなら一休

記念日などにいつもよりおしゃれなお店で食事をしたいときは「一休」で探すと良いかも

GoToEATキャンペーン対象になっている北海道のレストランはなかなか熱いラインナップです!

➤➤➤【一休】北海道のGoToEATキャンペーン対象店をチェック

【後悔先に立たず】ドライブレコーダーを格安で取り付ける方法&失敗しない選び方

【後悔先に立たず】ドライブレコーダーを格安で取り付ける方法&失敗しない選び方

続きを見る

ついに札幌上陸のウーバーイーツ!実際に使って分かったおすすめポイントや注意点

札幌に上陸したウーバーイーツを実際に使ってみて分かった魅力や注意点

続きを見る

札幌に上陸した人気の2大フードデリバリーサービス「Uber Eats」「Wolt(ウォルト)」を徹底比較

札幌に上陸した人気の2大フードデリバリーサービス「Uber Eats」「Wolt(ウォルト)」を徹底比較

続きを見る

新千歳空港グルメ完全ガイド!食べないと後で後悔する本当に美味しいものだけを紹介

新千歳空港グルメおすすめ13選!地元ブロガーが選ぶ北海道で絶対に食べてほしいメニューはこれ

続きを見る

【札幌グルメ完全ガイド】絶対に間違いないお店だけを厳選紹介

札幌グルメパーフェクトガイド
【札幌グルメ完全ガイド】絶対に間違いないお店だけを地元ブロガーが厳選紹介

続きを見る

札幌おすすめ観光スポット20選を地元が大好きなボクが厳選

地元民がお客さんを本気でアテンドする際に外せない札幌おすすめ観光スポット20選

続きを見る

地元民が教える札幌夜景スポットおすすめ7選!深夜ドライブデートにも使える定番から穴場まで

赤れんが庁舎の夜景
地元民が教える札幌夜景スポットおすすめ7選!深夜ドライブデートにも使える定番から穴場まで

続きを見る

北海道観光用の乗り捨て可能な格安レンタカーを探す方法や注意点

北海道観光用の乗り捨て可能な格安レンタカーを探す方法や注意点

続きを見る

小樽グルメおすすめ完全ガイド!地元民が通う間違いないお店や穴場店を厳選紹介

小樽の海鮮丼
小樽グルメおすすめ完全ガイド!地元民が通う間違いないお店や穴場店を厳選紹介

続きを見る

函館グルメおすすめ完全ガイド!地元民が通う間違いないお店や穴場店を厳選紹介

函館グルメおすすめ完全ガイド!地元民が通う間違いないお店や穴場店を厳選紹介

続きを見る

元地元民が選んだ旭川で絶対に食べておきたいおすすめ人気グルメ9選

旭川おすすめ人気グルメ
元地元民が選んだ旭川で絶対に食べておきたいおすすめ人気グルメ9選

続きを見る

結婚するまで本籍地が富良野だった私が選ぶおすすめ観光スポット10選

富良野観光スポットおすすめ⑨なかふらの町営北星山ラベンダー園
結婚するまで本籍地が富良野だった私が選ぶおすすめ観光スポット10選

続きを見る

-北海道キャンプ場, 道南

© 2020 さつろぐ~ジョニーの札幌ブログ