パイパイマーマーとはタイ語で行ったり来たりという意味。北海道とタイをこよなく愛するジョニーのブログです。お得な情報や、目からウロコの情報を中心に更新中

ジョニーさんは北海道タイ間をパイパイマーマー

北海道のおすすめ 北海道グルメ 札幌市内の美味しいお店

隠れた名店の多いファイターズ通りの中でも、コスパ最高の老舗入福そば。絶対に食べて欲しい絶品メニューを紹介します

投稿日:2017-09-10 更新日:

アドセンス728×90

皆さんは、札幌市東区にある「ななめ通り」をご存知でしょうか。

最近は、「ファイターズ通り」という呼び名の方が有名かもしれませんが、北7東3の交差点から東区役所方面に斜めに走っている通りが「ななめ通り」です。

札幌駅から日本ハムファイターズの合宿所から練習所までの最短ルートなので、地域の活性化も狙って近年「ファイターズ通り」と呼命名され、かなり定着してきました。

この「ななめ通り/ファイターズ通り」は、昔から続いている美味しいお店が軒を連ねていることでも有名です。

私も、20代前半から通い続けているお店がいくつもあります。

今回はそんなお店の中でも、盛良し・味良し・値段良しの3拍子揃った「入福そば」という、老舗のおそば屋さんを紹介します。

【スポンサーリンク】

入福そばの場所や営業時間や定休日

住所:札幌市東区北7条東4丁目4−28

営業時間:11:00~15:00(ランチ営業のみ)

定休日:日曜日

入福そばのホットペッパー掲載ページはこちら

地図を見てもらうと分かりますが、入福そばは正確にはななめ通りから少しだけ中に入ったところにあります。

駐車場は店舗前に一台分ありますが、ほとんど空いていません。

近くにコインパーキングはありますが、ほぼ全員がお店の前に路駐しています。

営業はランチのみで15時まで。

12時台は、絶対と言っていいほど行列ができています。

ただ、回転は悪くありませんし、並んででも食べる価値のあるお店です。

13時を過ぎると店内も少し落ち着くので、待つのが嫌いな方はお昼時を外すとよいでしょう。

入福そばのメニュー

メニューはもりそば・かけそばが600円からと比較的リーズナブルな値段設定。

プラス100円で中盛に、プラス200円で大盛にできます。

ただ、よほどのフードファイターでない限り、大盛はやめておいた方がよいでしょう。

一番人気は入福そば

お店の人に確認したわけではありませんが、お客さんの半分以上が注文するのが冷たい入福そば(700円)です。

私も2回に1回は注文します。

こちらが、1番人気の入福そば(中盛)です。

 

あまりにも海苔がたくさん載っていてよく分からないと思うので、海苔を少しよけた写真がこちら。

載っているのは、大量の海苔と天かす、そして卵の黄身です。

私は長ネギ抜きにしてもらったので載っていませんが、本来であればここに山盛りの長ネギも乗ることになります。

横から見るとこんな感じ。

中盛にすると、丼にぎっしりそばが盛られていて、その上に海苔や天かすがトッピングされている状態になります。

ちょっと掘ってみましたが、丼の下までそばが入っているのが分かると思います。

ただ、この入福そばが一番人気なのはボリュームがあるからだけではありません。

味も、最高です。

少し甘めのつゆと、田舎風手打ちそばの組み合わせが最高で、少し多いかなと思ってもペロリと食べれてしまいます。

こちらが、温かい入福そば(700円)

こちらは中盛にはしていませんが、普通の店の大盛りくらいはあると思います。

寒くなってくると、温かい入福そばを頼んでいる人もよく見かけるようになります。

ただ私の観察だと、冬でも冷たい入福そばが一番人気のような気がします。

間違いないもりそばも人気メニュー

冷たい入福そばも人気ですが、そば好きならやはりもりそば(600円)を注文したくなることでしょう。

ちなみに、プラス50円でざるそばにすると、ありえないくらい大量の海苔がかかって出てきます。

二人で行ったときは、一人がもりそば、もう一人がざるそばにして、海苔を分け合えばちょうどよい感じになります。

私がもりそばを頼むときは、いつも中盛にします。

大きさが揃っていない、田舎風二八そばは、一度食べ始めるとなくなるまで無心ですすってしまう、不思議な魅力があります。

入福そばの全メニューに共通なのですが、徳利に入っているつゆが他のそば店よりも2~3割多く入っています。

そのため、お猪口につゆを入れてもまだ徳利に残っています。

私はいつもつゆが足りなくなって、最後の方は薄味になったつゆで頑張って食べるのですが、入福そばではその心配はありません。

最後にそばつゆを楽しむときまで、十分な量のつゆが残っています。

これも、入福そばの魅力の一つかもしれません。

一度は食べてみて欲しいごぼう天

私が入福そばでおすすめするもう一つのメニューは、ごぼう天ざるそば(900円)です。

ごぼう天そばは、入福そばなどに比べて、出てくるまで3倍くらい時間がかかるので、時間があるときに注文することをおすすめします。

こちらが、ごぼう天です。

一人で食べきれないほどのボリュームがあります。

2人でシェアしながら食べてちょうどよい感じ。

我が家がいつもするおすすめの注文方法は、一人がごぼう天ざるそばを注文、もう一人はもりそばだけを頼んで、ごぼう天を二人で分け合う作戦です。

このごぼう天、揚げたてがすぐに提供されるということもありますが、全然油っぽくなく胃にもたれません。

最後までおいしく食べられる不思議な天ぷらです。

入福そばに行ったら、是非味わってみて欲しいメニューの一つが、このサクサクごぼう天です。

まとめ

今回は、昔からたくさんのそば好きに愛されている「入福そば」を紹介しました。

昔と比べると、最近はご主人さんがだいぶん年を取った感がありますが、これからも末永く頑張ってほしいと思います。

入福そばは、札幌駅からも徒歩で行くことが可能です。

観光客の方も、是非このファイターズ通りまで足を伸ばして、入福そばや近くにあるトリトンなど、北海道グルメを味わってみてください。

入福そばのホットペッパー掲載ページはこちら

ファイターズ通りにもお店がある、我が家の回転寿司ランキング第3位のトリトンの紹介はこちらから

【地元民おすすめ回転寿し】寿司ネタのレベルの高さにびっくりするよ。北海道のネタにこだわった「回転寿しトリトン」。予約方法や観光客が行きやすい店舗をまとめました

北海道は回転寿司のレベルが高いことでも有名です。 その激戦区の札幌回転寿司界で、私の個人的な札幌回転寿しランキング第3位のお店が「回転寿しトリトン」です。 今回は北海道に来た時には、是非一度味わってほ ...

続きを見る

入福そばの右隣には、コスパ最高な洋食屋さん味かつがありますよ

もうすぐ創業60年のみんなに愛されている「下町の洋食屋味かつ」。古き良き日本を味わうことができるノスタルジックでコスパ最高なお店だよ

前回、札幌市東区の通称「ななめ通り/ファイターズ通り」にある入福そばを紹介しましたが、この通りには忘れてはいけない老舗がもう一軒あります。 そのお店とは、なんと1959年にオープンした「下町の洋食屋  ...

続きを見る

 

The following two tabs change content below.
ジョニー

ジョニー

北海道とタイが大好きで、行ったり来たりしているアラフォー男子で、妻と二人暮らし。
フリーランスの整体師で、いずれタイマッサージも極めてみたいと思っている。
夫婦とも、美味しいものとお酒が大好きで、スマホのアルバムも気づけば食べ物の写真ばかり。コスパが良いものにも目がない。

アドセンスPC用

アドセンスPC用

当サイトおすすめ記事ベスト5

1

私が2017年上半期に買ったものの中で、最も良かったものは間違いなく「FireTVstick」です。 初めて聞く方も多いかもしれません。 こんな感じのやつです。 今回は、我が家が惚れ込んでいる「Fir ...

2

パソコンを選ぶとき、皆さんはどんなことを重視されるでしょうか。 有名メーカーがいいとか、とにかく安い方がよい、購入後のサポートが手厚い方がよい…など、人によってパソコン購入時に重視するポイントは異なり ...

3

昨年始めに契約して以来、我が家になくてはならないサービスになっているのが、Amazonプライムです。 元々、上記バナーにあるように、Amazonプライム会員だと、日時指定やお急ぎ便が無料、という認識し ...

4

2016年年末のこんなツイートを、ニュースなどでご覧になった方もいらっしゃるかもしれません。 水曜日のカンパネラのケンモチヒデフミさんのツイートです。 アメリカは高額医療で有名ですが、手術したらこんな ...

5

今は、海外旅行に行くときの保険は、クレジットカード会社付帯のもので十分に賄える、良い時代になりました。 ただ、いざ海外で病院にかかると、日本では考えられない額の請求が来るので、いくつかのカードの保険を ...

-北海道のおすすめ, 北海道グルメ, 札幌市内の美味しいお店

Copyright© ジョニーさんは北海道タイ間をパイパイマーマー , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.