パイパイマーマーとはタイ語で行ったり来たりという意味。北海道とタイをこよなく愛するジョニーのブログです。お得な情報や、目からウロコの情報を中心に更新中

ジョニーさんは北海道タイ間をパイパイマーマー

コスパがいいもの 海外旅行知恵袋

【絶対おすすめ】海外旅行行くならとりあえず持っていたほうがよいエポスカード。無料なのに、保障充実度が半端ないです‼

投稿日:2017-01-18 更新日:

AD728×90




2016年年末のこんなツイートを、ニュースなどでご覧になった方もいらっしゃるかもしれません。

水曜日のカンパネラのケンモチヒデフミさんのツイートです。

アメリカは高額医療で有名ですが、手術したらこんなに請求来るんですね。

破産寸前だよ‼って彼は言ってますが、私なら間違いなく破産かつ一生抜けられない借金地獄です(笑)

このような事態を未然に防ぐために、海外旅行に行くときにはしっかり保険に加入される方が多いでしょう。

しかし、この保険料も馬鹿になりません。

例えば、夫婦でイタリアに7泊8日の旅行をしたときに、HISの海外旅行保険に加入しましたが、1万円弱かかりました。

ちょっともったいない気もしますよね。

しかし、まだ知らない方も多いようですが、海外旅行の保険は実はクレジットカードでカバーできることが多い、ということをご存知でしょうか。

しかも、年会費無料のカードを作るだけで、かなりの部分をカバーできます。

今回は、そんなクレジットカードの中でも特に優秀で、絶対に作ったほうがよいエポスカードについて、徹底解説します。

海外旅行保険用のクレジットカードの理想の3つの条件とは

海外旅行保険目的で契約するクレジットカードは、基本的に使うことを想定していません。

財布に忍ばせておくか、番号だけ控えて家にしまっておくことが多いです。

もちろん、メインカードにしてもいいのですが、どちらかというと保障額などを中心に選んでいるので、ポイント還元などでは他のカードに劣ることがあります。

私が、理想のカードの欠かせないと思っているのは以下の3つの条件です。

年会費無料

年会費が何万円もするようなカードなら、もちろん保障も手厚くなるのは当然ですが、我が家はコスパ重視なので、安くて保障が十分なものを探します。

また、海外旅行保険は何枚かカードを持っていれば、それらを合算してもらうことができます。

例えば、傷害治療費用200万円まで保障のカードと、300万円まで保障のカードを持っているなら、傷害治療費用500万円までは保障してもらえるということです。

※唯一、死亡時の保障だけ合算はできず、保障額の大きいほうのカード分しか受け取れません。

そう考えると、年会費無料のカードを何枚か持っていると、かなり充実した保障が受けられることになります。

それで、できれば年会費無料のカードの中から選ぶことにしています。

自動付帯のカード

「自動付帯」とは、ただ持っているだけで補償の対象になる、カードを利用していなくても良いということです。

それとは対照的に、「利用付帯」というカードもあります。むしろこちらのカードのほうが圧倒的に多いです。

利用付帯のカードの場合、大抵は海外に行く交通手段や宿泊施設をカードで支払っていることが、保険が下りる条件になります。

カードによっては、海外の航空券や電車などの支払いがなければ認められないというカードもあります。

利用条件などを細部まで確認するのは大変ですし、万が一保障されなかったらどうしよう…という不安もあるので、できるだけ自動付帯のカードを選ぶようにしています。

キャッシュレス診療可

名前の通り、キャッシュレスで診療が受けられるというものです。

病院の窓口でカードを提示すれば、あとは自分の財布からは一切お金は出ていきません。

病院とカード会社の間で、支払いが行われます。

実際、ケガで急に病院に駆け込んで100万円とか請求されても、手持ちはおそらくないことでしょう。

すぐにおろせればいいですが、おろせない状況も十分に考えられます。

そう考えると、できればキャッシュレス診療可能のカードのほうが、安心できて良いのではないかと思います。

ちなみに、キャッシュレス診療はどこの病院でもできるわけではありません。

病院に行く前に、まず保険会社に電話して、近くの病院を紹介してもらって、そこにいかなければキャッシュレスでは診療してもらえません。

ただ、24時間日本語対応の窓口があるので、安心して電話しましょう。

エポスカードの補償内容

傷害死亡・後遺障害 500万円
傷害治療費用 200万円
疾病治療費用 270万円
賠償責任 2000万円
救援者費用 100万円
携行品損害 20万円(免責3000円)
医療費キャッシュレスサービス あり

はっきり断言できることですが、年会費無料で、しかもこれだけの補償額で、キャッシュレス診療可能なカードは、2017年1月現在の日本には私が調べた限りエポスカード以外にはありません。

今すぐ海外に行く予定がない人でも、とりあえず作っておいた方がよいカードだといえるでしょう。

海外に行ったときは、ケガの治療よりも、デング熱などの感染症や盲腸など急に発症する疾病治療費用を請求することが多くなります。

多少のケガなら我慢できるかもしれません。

しかし、蚊に刺されてデング熱を発症してしまったら、我慢とか精神力の問題ではありません(笑)

病院に行かなければ命にかかわります。

エポスカードは、この1枚持っているだけでも、270万円まで疾病治療費用を保障してくれるので、とりあえず安心できます。

これだけでも多くの国では治療費をカバーできると思いますが、さらに、何枚かカードがあればより完璧でしょう。

ちなみに、エポスカードは歯科疾病が保障外になっていますので注意が必要です。

急な虫歯に備え、歯科疾病も補償対象のカードと組み合わせた方がよいかもしれません。

なお、死亡保障や障害治療費用の補償は、不慮の事故限定です。

つまり、飲酒運転で事故ったとか、ケンカしてぼこぼこにされたといった自分に過失があるもの、またスカイダイビングで落下した…といった危険なスポーツ中のケガは保証対象外になるので、充分に注意しましょう。

エポスカードの良いところと悪いところ

良いところ

・年会費無料
・充実した海外旅行保険の内容
・保険が自動付帯
・キャッシュレス診療可能
・即日受け取り可能
・留学にも使える(付保証明書を発行可能)

即日受け取り可能というのは、意外と大きなメリットです。

海外に行く日程が迫っている方には、特にそうでしょう。

ネットで申し込んでおけば、マルイ店舗にあるエポスカードセンターで、受け取ることができます。

急いでカードが欲しい方には、うれしいサービスです。

また、エポスカード海外旅行保険事故受付センターに電話すれば、留学するときに必要な保険の付保証明書を発行してもらえます。(90日まで)

なお、発行には時間がかかるので、充分前もって電話するようにしましょう。

悪いところ

・家族の保険がカバーできない
・90日以上の旅行には使えない
・1枚だけでは補償額が足りない
・歯科疾病治療が含まれていない
・海外キャッシングや買い物保証がないので、海外でのメインカードには厳しい
・飛行機遅延/欠航・ロストバゲージ保険は無い

最初に書いたように、海外保険目的のカードなので、どうしてもキャッシングとか、飛行機トラブルには弱くなってきます。

メインのカードは他に作ったほうがよいでしょう。

また、エポスカードはプラチナカードでないと家族特約保障が付きません。

配偶者や子供にも年会費無料のクレジットカードで海外旅行保険をかけたいという方は、こちらの記事をご覧ください。

年会費無料のクレジットカードで海外旅行保険の家族特約を付けたいならUCSカード一択。子供たちの分まで補償されるよ。

一昔前とは違い、今は年会費無料のクレジットカードの海外旅行保険でも、いくつかのカードを保持することによって充分に必要な治療費を賄える時代です。 しかし、配偶者や子供の治療費、いわゆる家族特約が付いてい ...

続きを見る

まとめ

海外旅行保険を、クレジットカード保険だけで完璧にカバーしたいと思うなら、いくつかのカードを持つことが必須条件になってきますが、エポスカードはその中でもまず候補に挙がるカードです。

アメリカやヨーロッパでは、エポスカードだけでは絶対に不安ですが、中国・台湾・韓国や東南アジアだったら、これ1枚で何とかなる可能性が高いでしょう。

さらにエポスカードは、比較的簡単に、しかも永年無料でエポスゴールドカードを作ることもできます。

【ホントに年会費無料?】空港ラウンジも使えてお得すぎるエポスゴールドカードのメリットやデメリット、作成方法について説明します

以前、海外旅行保険をクレジットカードの保険でカバーするために欠かせないカードの一枚が、エポスカードだということを紹介しました。 しかし、このモンスター級の威力を発揮するエポスカードは、さらに年会費永年 ...

続きを見る

そうすると、さらに補償額も充実するのでおすすめです。

さらに、メインカードにはなりませんが、国内・国外で使える数多くの特典がエポスカードにはあります。

海外での特典はこちら

国内の提携チェーン店

国内のユナイテッドシネマでもいつでも割引

国内のイオンシネマでもお得に観れます

永年年会費無料のエポスカードで、大きな安心を手に入れましょう。

今ならエポスポイント8000ポイントプレゼント中です‼

エポスカードと組み合わせるなら、楽天カードがおススメです。

こちらは、利用付帯ですが、無料とは思えない充実の補償内容です。

【保存推奨】海外行くならこれだけは作っておこう。無料なのに充実な保障の楽天カードの魅力と、いざというときのために押さえておきたいポイントをまとめました

今は、海外旅行に行くときの保険は、クレジットカード会社付帯のもので十分に賄える、良い時代になりました。 ただ、いざ海外で病院にかかると、日本では考えられない額の請求が来るので、いくつかのカードの保険を ...

続きを見る

The following two tabs change content below.
ジョニー

ジョニー

北海道とタイが大好きで、行ったり来たりしているアラフォー男子で、妻と二人暮らし。
フリーランスの整体師で、いずれタイマッサージも極めてみたいと思っている。
夫婦とも、美味しいものとお酒が大好きで、スマホのアルバムも気づけば食べ物の写真ばかり。コスパが良いものにも目がない。

AD

スポンサーリンク

AD

スポンサーリンク

当サイトおすすめ記事ベスト5

1

私が2017年上半期に買ったものの中で、最も良かったものは間違いなく「FireTVstick」です。 初めて聞く方も多いかもしれません。 こんな感じのやつです。 今回は、我が家が惚れ込んでいる「Fir ...

2

パソコンを選ぶとき、皆さんはどんなことを重視されるでしょうか。 有名メーカーがいいとか、とにかく安い方がよい、購入後のサポートが手厚い方がよい…など、人によってパソコン購入時に重視するポイントは異なり ...

3

昨年始めに契約して以来、我が家になくてはならないサービスになっているのが、Amazonプライムです。 元々、上記バナーにあるように、Amazonプライム会員だと、日時指定やお急ぎ便が無料、という認識し ...

4

2016年年末のこんなツイートを、ニュースなどでご覧になった方もいらっしゃるかもしれません。 水曜日のカンパネラのケンモチヒデフミさんのツイートです。 アメリカは高額医療で有名ですが、手術したらこんな ...

5

今は、海外旅行に行くときの保険は、クレジットカード会社付帯のもので十分に賄える、良い時代になりました。 ただ、いざ海外で病院にかかると、日本では考えられない額の請求が来るので、いくつかのカードの保険を ...

-コスパがいいもの, 海外旅行知恵袋

Copyright© ジョニーさんは北海道タイ間をパイパイマーマー , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.