パイパイマーマーとはタイ語で行ったり来たりという意味。北海道とタイをこよなく愛するジョニーのブログです。お得な情報や、目からウロコの情報を中心に更新中

ジョニーさんは北海道タイ間をパイパイマーマー

スポンサーリンク

タイ知恵袋 バンコク 海外旅行知恵袋

ドンムアン空港にあるプライオリティパス対応有料ラウンジを全部紹介。ミラクルラウンジは、280バーツで誰でも使えてお腹いっぱいになれる、コスパ最強のラウンジだよ

投稿日:2017-06-07 更新日:

日本からのLCC便が多く発着するドンムアン空港は、最近ようやくプライオリティパスで使えるラウンジが制限エリア内を含め、すべてのエリアにオープンしました。

今回は、現在ドンムアン空港内にあるプライオリティパス提示で利用することができるラウンジをすべて紹介します。

内訳は制限エリア内が4つと、保安検査前のエリアが1つです。

【スポンサーリンク】

国際線(ターミナル1)制限エリア内「コーラルラウンジ」

場所

保安検査が終わったら、もう目の前はコーラルラウンジです。

立地的には、分かりやすい最高の場所と言えるでしょう。

営業時間や利用条件

営業時間は24時間

国際線は深夜発の便も多いので、24時間営業で本当に助かっています。

滞在は3時間までで、当然国際線利用者のみが利用できます。

(チケットを見せなければいけません)

詳細は公式HPで確認してください。

国際線コーラルラウンジの詳細は、こちらの記事にまとめてあります。

ドンムアン空港国際線ターミナル1制限エリア内にもついにプライオリティパスラウンジがオープン。実際に利用して分かったことや同伴者料金などお得な情報をまとめました

ドンムアン空港の制限エリア内には長年プライオリティバスで利用できるラウンジがなかったのですが、2017年5月ついにコーラルラウンジ(The Coral Executive Lonuge)がオープンしま ...

続きを見る

【スポンサーリンク】

国際線(ターミナル1)制限エリア内「ミラクルラウンジ」

ドンムアン空港国際線ミラクルラウンジの場所

保安検査が終わったら左側に進み、上の写真にある1‐6ゲートへ導く案内板を目指します。

少し歩くと右側に見えてきます。

(恐らく1分以内で着くでしょう)

免税店「King Power Shop」の隣になります。

営業時間や利用条件

営業時間は24時間

国際線は深夜発の便も多いので、24時間営業で本当に助かっています。

滞在は3時間までで、当然国際線利用者のみが利用できます。

(チケットを見せなければいけません)

詳細はプライオリティパス公式HPで確認してください。

ドンムアン空港国内線第二ターミナル制限エリア内「コーラルラウンジ」

ドンムアン空港国内線コーラルラウンジの場所

場所はかなり外れの方にあるので、ある程度時間的に余裕がないと厳しいでしょう。

保安検査が終わって制限エリアに入ったら右側に進み、上の写真の分岐では「51-58ゲート」という案内表示の方に進みましょう。

そのまま「51-58ゲート」の表示の方に歩いていくと、やがて右側の方に見えてくるでしょう。

営業時間や利用条件

営業時間は6:00-22:00まで

国内線のラウンジなので、深夜は需要がないのでしょう。

滞在は3時間までで、当然国内線利用者のみが利用できます。

(チケットを見せなければいけません)

またプライオリティパスがなくても、400バーツで利用可能です。

詳細は公式HPで確認してください。

国際線コーラルラウンジとの違い

基本的に国際線と同じように、料理・飲み物は、ラウンジの中ではかなり充実したほうだと思います。

個別包装されたサンドイッチやクロワッサン・デニッシュ系のパン。

清潔ですし、機内にも持ち込みやすくていいと思います。

食事が出ないLCC便に乗る前なので、お腹はいっぱいにしておきたいものです。

デザート系も充実しています。

美味しいTWININGSの紅茶も、たくさんのフレーバーが揃っておるので紅茶派の人も満足できるでしょう。

ただ国際線のラウンジにはあって、国内線のラウンジにはないものが2つあります。

それは、アルコールとペットボトルの水です。

国際線ラウンジでは飲み放題のアルコールは、こちらにはありません。

またできれば機内に持って入りたいペットボトルの水も、国内線ラウンジの方には置いていません。

(2017.6月現在の情報です)

その他の事に関しては、ほぼ国際線のコーラルラウンジと同じです。

どうぞこちらの記事を参考になさってください。

ドンムアン空港国際線ターミナル1制限エリア内にもついにプライオリティパスラウンジがオープン。実際に利用して分かったことや同伴者料金などお得な情報をまとめました

ドンムアン空港の制限エリア内には長年プライオリティバスで利用できるラウンジがなかったのですが、2017年5月ついにコーラルラウンジ(The Coral Executive Lonuge)がオープンしま ...

続きを見る

ドンムアン空港国内線第二ターミナル制限エリア内「ミラクルラウンジ」

プライオリティパス対応ラウンジが、なんと二つ並んでいます。

場所は、コーラルラウンジの左隣です。

どうせ作るのなら、こんなに外れに作らないでほしいと思っている人は私だけではないでしょう。

ドンムアン空港国内線制限エリア内のミラクルラウンジはアルコール飲み放題

このラウンジの大きな魅力は、豊富な種類のアルコールが飲み放題ということ。

ビールはもちろん、ワインやスパークリングワイン、ウイスキーやジンなんかもあります。

またペットボトルのお水もあるので、ここに行く人は他で水を購入する必要はないでしょう。

シャワーも完備

ミラクルラウンジにしかないもう一つのものがシャワー

しっかりタオルも完備されていて、お湯の温度も申し分ありません。

シャワーを浴びたい人の選択は、ここ一択になるでしょう。

国内線制限エリア内のミラクルラウンジの詳細は、以下の記事にまとめてあります。

ドンムアン空港国内線制限エリア内のプライオリティパス対応のミラクルラウンジの魅力を紹介。シャワー付きでアルコール飲み放題なのはここだけだよ

タイ旅行をされる方の中には、エアアジアやノックエアーなどLCC航空会社を利用して、バンコクからチェンマイ・プーケット・クラビなどタイ国内を移動される方も多いことでしょう。 バスや電車を使ったりすること ...

続きを見る

ドンムアン空港第2ターミナル4回保安検査前「ミラクルラウンジ」

プライオリティパス公式HP情報はこちら

実はこのラウンジが本当に上記のラウンジかどうかは、あまり自信はありません。

というのも公式HPでは3階になっていますが、写真の「ミラクルラウンジ」は4階にあります。

また、営業時間も22:00までです。

ただ店員さんに私の拙いタイ語で聞いたところ、プライオリティパス保持者は無料と言っていました。

いずれにしても使い勝手の良いラウンジなことは間違いないので、紹介したいと思います。

場所

第2ターミナルの4階にあります。

上の写真は、マックから見た「ミラクルラウンジ」

4階はマックやクーポン食堂などが並ぶエリアですが、sleepboxの隣にあります。

この通路を2分ほど歩くと、右側に見えてきます。

ラウンジ内の様子

実は21:30頃行ったのですが、もう受け付けは終了していました。

ただ写真はとってもいいと言われたので、内部の様子を撮影してきました。

コワーキングスペースと店名についていることからも分かるように、ラウンジ内で作業することを意図して作っているようです。

コンセントの配置などを見ても、PC作業がしやすい空間だと感じました。

ドリンクや、料理も充実している様子を伺うことができます。

ちなみにビールもありましたが、アルコールは有料だそうです。

料金や利用条件

このラウンジは飲食やソフトドリンクの利用も含め、280バーツで利用することができます。

プライオリティパス保持者はもちろん無料ですが、そうでない方も280バーツで利用できると言うのはすごいことだと思います。

というか、使わないと損のような気もします(笑)

とりあえず空港内の高いお店でご飯食べようと思っている方は、ここに来たほうがお得だと思います。

国際線発着のターミナル1からは少し遠いですが、ゆっくり歩いても10分はかからないので、2時間とか待ち時間があるときはこちらを利用するといいでしょう。

プライオリティパスラウンジ利用には楽天プレミアムカードがおすすめ

プライオリティパスが付帯されているカードは何種類もあります。

ここで簡単に、プライオリティパスの説明を。

プライオリティパスとは、プライオリティ社が行っている空港ラウンジが無料または割引になるプログラム

年会費によって、サービス内容が異なります。

  年会費 1回のラウンジ利用料 同伴者
スタンダート会員 99ドル(10890円) 27$ 27$
スタンダートプラス会員 199ドル(21890円)

10回まで無料

(それ以降は27$)

27$
プレステージ会員 399ドル(43890円) 無料 27$

(1$=110円で計算)

このように、プライオリティパス付帯といってもランクがいろいろあり、スタンダート会員だとプライオリティパスラウンジを利用できるとはいえ使う度に27ドルの使用料がかかります。

2018年1月現在、プライオリティパス付帯カードの中で一番リーズナブルでしかも使い勝手がよく、コスパ最高なクレジットカードは間違いなく楽天プレミアムカード

年会費は10,800円ですが、通常4万円以上するプライオリティパスのプレステージ会員がこの料金で付いてくるのは、驚愕としか言いようがありません。

海外旅行保険も、自動付帯かつ疾病治療費が300万円まで保障という安心の充実度

空港からの手荷物宅配が、年2回まで無料になるサービスもあります。

無料なのに充実な海外旅行保険が付いている楽天カードの魅力と、いざというときのために押さえておきたいポイントをまとめました。海外旅行には必須のカードです

最近は、海外旅行に行くときの保険はクレジットカード会社付帯のもので十分に賄える良い時代になりました。 ただいざ海外で病院にかかると日本では考えられない額の請求が来るので、いくつかのカードの保険を組み合 ...

続きを見る

海外旅行によく行かれる方は特に、楽天プレミアムカードを持っておいて絶対に損はないでしょう。

まとめ

ドンムアン空港にある、プライオリティパス対応ラウンジを4つ紹介しました。

制限エリア内にもラウンジができたことで、ますますドンムアン空港を利用する人が増える気がします。

また保安検査前にある「ミラクルコワーキングスペース」は、誰でも280バーツで使えてご飯も食べれるコスパ最高のラウンジなので絶対におすすめです。

充実の海外旅行保険+ゴールドカードも年会費無料で持てるかもしれない超お得なカードがこちら

海外旅行行くならとりあえず持っていたほうがよいエポスカードの魅力を徹底解説‼無料なのに保障充実度が半端ないです

2016年年末のこんなツイートを、ニュースなどでご覧になった方もいらっしゃるかもしれません。 水曜日のカンパネラのケンモチヒデフミさんのツイートです。 アメリカは高額医療で有名ですが、手術したらこんな ...

続きを見る

The following two tabs change content below.
ジョニー

ジョニー

北海道とタイが大好きで、行ったり来たりしているアラフォー男子で、妻と二人暮らし。
フリーランスの整体師で、いずれタイマッサージも極めてみたいと思っている。
夫婦とも、美味しいものとお酒が大好きで、スマホのアルバムも気づけば食べ物の写真ばかり。コスパが良いものにも目がない。

アドセンスPC用

アドセンスPC用

アドセンス関連コンテンツ

楽天

かに

当サイトおすすめ記事ベスト5

1

引っ越しと聞くとわくわくする人もいると思いますが、たいていの方はめんどくさいと思うはず。 実は私は自分で言うのもなんですが引っ越しの達人 学生時代は親の転勤で北海道中を転々とし、一人暮らしを始めてから ...

2

私が2017年上半期に買ったものの中で、最も良かったものは間違いなく「FireTVstick」 初めて聞く方も多いかもしれません。 こんな感じのやつです。 今回は、我が家が惚れ込んでいる「FireTV ...

3

パソコンを選ぶとき、皆さんはどんなことを重視されるでしょうか。 有名メーカーがいいとか、とにかく安い方がよい、購入後のサポートが手厚い方がよい…など、人によってパソコン購入時に重視するポイントは異なり ...

4

昨年始めに契約して以来、我が家になくてはならないサービスになっているのがAmazonプライム 元々上記バナーにあるように、Amazonプライム会員だと日時指定やお急ぎ便が無料という認識しかありませんで ...

5

最近は、海外旅行に行くときの保険はクレジットカード会社付帯のもので十分に賄える良い時代になりました。 ただいざ海外で病院にかかると日本では考えられない額の請求が来るので、いくつかのカードの保険を組み合 ...

-タイ知恵袋, バンコク, 海外旅行知恵袋

Copyright© ジョニーさんは北海道タイ間をパイパイマーマー , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.