パイパイマーマーとはタイ語で行ったり来たりという意味。北海道とタイをこよなく愛するジョニーのブログです。お得な情報や、目からウロコの情報を中心に更新中

ジョニーさんは北海道タイ間をパイパイマーマー

タイ知恵袋 チェンマイ

【チェンマイ空港】市内へのアクセス手段や、荷物預りサービスなど便利な情報をまとめました。初めてチェンマイ空港に行く方は必見です。

投稿日:2017-02-24 更新日:

アドセンス728×90

タイ第二の都市チェンマイの空の玄関が、チェンマイ空港です。

スワンナプーム空港やドンムアン空港と比べると、それほど大きくない空港ですがタイの地方空港の中では大きな方に入るでしょう。

今回は、チェンマイ空港について徹底ガイドします。

【スポンサーリンク】

1階フロア


チェンマイ空港は2階建ての空港です。

1階には、到着ロビーと出発チェックインカウンターがあります。

出発される方は、1階で手続きを済ませ、2階に上がることになります。

では早速、1階にある店舗やサービスを紹介していきます。

両替店

チェンマイ空港に到着して、到着ロビーに出ると、まず目の前に飛び込んでくるのは、何軒も並んでいる両替屋です。

ここだけではなく、1階空港内の様々な場所に両替屋がありますが、レートはどこもそれほど変わりません。

また、それほどお得でもないので、ここではその日使う分だけ両替して、メインの両替はチェンマイ市内ですることをお勧めします。

薬局

私が確認できただけでも、1階には3か所薬局があります。

飛行機の中で体調が悪くなった時などは、ホテルに行く前にここで薬を買っていったほうが良いでしょう。

タイの薬局は英語が通じますし、薬の効き目も抜群です。

また、タイのトローチはおいしくありませんが、飛行機内の乾燥で喉に違和感があるときはかなり効果的なので、是非試してみてください。

総合風邪薬のTIFFYもおすすめです。

薬やトローチの詳細は、以下の記事をご覧ください。

タイ語が話せなくても大丈夫!タイで体調を崩したとき、我慢しないで薬局に行った方がよい3つの理由

タイはセブンイレブン大国だという話は以前しましたが、それと同じくらい薬局大国でもあります。 タイ人は、具合が悪くなったらまず薬局に駆け込み、それでどうしようもない場合にやっと病院に行くそうです。 そん ...

続きを見る

飲食店

1階フロアには、上記写真のようなラーメン屋さんや、カフェなどいくつかの飲食店が入っています。

特におすすめなのは、空港に向かって右側にあるこちらのお店。

メニューに英語表記がありますし、写真も豊富なので、比較的注文しやすいでしょう。

値段は、少し高めですが、日本で食べるのに比べたら格安です。

荷物ラッピングサービス

1階には、荷物をラッピングしてくれる場所が2か所あります。

1階真ん中にある出発受付カウンターの横が、分かりやすいかもしれません。

1回150バーツです。

またその横には、10バーツで荷物の重さを計ることができる重量計もあります。

フライト前で荷物の重さが気になる方は、事前に計っておいたほうが良いでしょう。

荷物預かりサービス

空港1階のほぼ真ん中にあります。

料金は1日200バーツです。

24時間営業ではないので、注意しましょう。

なお、その横にはタイ航空の荷物預りサービスと思われる部屋があります。

恐らくタイ航空利用者は、ここで無料で預かってもらえるのかもしれません。
(以前タイ航空を利用した時、聞いてみたことがあるのですが、その時はあまりにもタイ語が話せなさ過ぎて、言いたいことが伝わりませんでした)

SIMカード

タイの通信会社大手3社のカウンターが、1階フロアーにあります。

旅行者で7日間のツーリストSIMを契約する方は、基本的にどこでも大差はないのですが、個人的にはAISがおすすめ。

AISは、日本で言うドコモのような会社で、無料で使える電波が至る所で飛んでいるからです。

7日間で199バーツのプランがおススメです。

2階フロア

1階で搭乗手続きを済ませた方は、中央にあるエスカレーターで2階に上ることになります。

2階にも飲食店やお土産屋さんがいくつかあります。

飲食店

国際線の出発フロアに繋がる通路には、マクドナルドやバーガーキングなどファラン(西洋人)が大好きなお店が並んでいます。

カフェなども何軒があります。

また、本格的なタイ料理レストランもあります。

落ち着いて食事するなら、ここがおススメです。

メニューはこんな感じ。

ちょっと高めですが、タイ語が分からなくても注文できるので安心です。

タイマッサージ

フットマッサージだけですが、チェンマイ空港内でタイ古式マッサージを受けることもできます。

空港内にしては、リーズナブルな値段設定です。

60分400バーツです。

値段設定が30分200バーツからあるので、時間がない人でも気軽に受けることができるでしょう。

また、国内線・国際線ともに制限エリア内にもマッサージ店があります。

値段は変わらないので、セキュリティチェックが終わった後に、制限エリア内でゆっくりマッサージしてもらうという選択肢もあるでしょう。

本屋・薬局

2階にも薬局があります。

また本屋さんもその横にはあります。

数少ないですが、日本語の本もあります。

国内線制限エリア内

セキュリティチェックが終わった後は、制限エリア内で待機することになりますが、正直特筆すべき店はありません。

先ほど書いたマッサージ店や、お土産屋さん、軽食を販売している小さなお店が何軒かあるだけです。

2階が混雑している場合は、1階に降りてみると良いでしょう。

1階にも売店やカフェがありますが、2階とは比べものにならないくらい空いています。

1階でコーヒーなどを買うことにより、カフェスペースを利用することが可能になります。

1階のカフェスペースはWiFiが使えますし、席によっては充電もできるので、我が家はいつも早めに制限エリアに入って、1階カフェでまったりしています。

国際線制限エリア

国内線制限エリアと比べると、国際線制限エリアは充実しています。

免税店や、タイマッサージ店、カフェなどもいくつかあります。

ちなみに、参考までにアルコールの値段を確認してみましたが、通常40バーツ程のタイローカルビールが、80バーツ以上していました。

タイ限定のコアラのマーチなども売っているので、お土産が買い足りない人はここで買い足すことができます。

タイ航空のビジネスクラスを利用される方は、制限エリア内のラウンジを利用することができます。

我が家は、タイ航空のビジネスクラスに乗る機会は一生なさそうなので、レポートできないのが残念です(笑)

チェンマイ空港からの交通アクセス

空港タクシー

一番簡単で楽なのは空港タクシーです。

タイ語が話せなくても、ホテル名さえ伝えられれば何とかなるからです。

到着ロビーの出入り口には、タクシーの受付カウンターがあります。

メーターで行くタクシーと、料金固定のタクシー会社がありますが、チェンマイに不慣れな方は料金固定のほうがいいでしょう。

カウンターでホテル名を言えば、勝手に配車してくれます。

私は料金固定のタクシーにしか乗らないのですが、お堀の中のホテルやナイトバザール周辺のホテルだと160バーツ、ニマンヘミン周辺だと200バーツ程度、チェンマイ市街のホテルだと250~300バーツ前後が目安になるでしょう。

また、出発ロビーの反対側(空港の向かって右側)の出入り口にも、タクシーカウンターがあります。

到着が遅くなると(だいたい20時過ぎには)、空港内のタクシーカウンターは閉まってしまうのですが、空港の向かって右側にある入口に行けば、配車係とタクシー運転手たちが固まっているので、そこでお願いしましょう。

配車係は一目見れば分かるので、ホテル名を伝えて配車してもらいましょう。

値切っても値段変わらないので、素直に言い値で乗ったほうが時間の短縮になります。

なお、配車係も運転手も、地図や英語が読めないことが多いです。

大きなホテルなら、名前を言えばすぐ行ってくれますが、小さなホテルだと場所が分からないこともたくさんあります。

それで、できればホテルの名前がタイ語書かれているものや、ホテルの電話番号などを用意しておきましょう。

運転手がホテルに電話して、場所を聞いてくれるからです。

シャトルバス

空港の外に出ると、40バーツで乗れるシャトルバスのカウンターがあります。

ただ、ある程度人数が集まらないと出発しませんし、ホテルの前まで行ってくれるわけではないので、あまりお勧めできません。

また、バスと言っても大型のバンなので、定員も10名程度です。

スーツケースなどがあると、料金もかなり多めに取られることでしょう。

チェンマイ市内循環バス

チェンマイには、20バーツでどこまでも乗れる循環バスが、20分おきに走っています。

市内中心部に泊まる方は、このバスを利用することもできるでしょう。

大きなバスなので、荷物がたくさんあっても大丈夫です。

上記の写真は空港のバス停ではありませんが、空港を出て左側に少し歩くとこのようなバス停があります。

暗くなってからはお勧めできませんが、明るい時間ならこのバスを利用するのが最もお得かもしれません。

バスに乗ると乗務員がいるので、お金を渡して降りたい場所を伝えましょう。

降りたい停留所の番号で伝えたほうが確実でしょう。

レンタカー

レンタカーを空港で借りて、空港で返すという方法もあります。

ネットで事前に予約できる、AVISなどの大きなレンタカー会社も入っています。

値段はフィットクラスで、1日1000バーツ~といったところが多くなっています。

チェンマイ市内は交通量がかなり多いので、運転に自信のない方はやめておいたほうが良いでしょう。

【マイペンライでは済まされない】タイで運転するうえで、絶対に知っておかなければいけないタイの交通ルールやマナー。命に関わるから絶対に読んでね

日本で国際免許を申請して、タイで車やバイクを運転しようと思っておられる方は、多いかもしれません。 タイは日本と同じように左側通行ですし、交通法規も基本的に日本とそこまで変わらないので、一見走りやすそう ...

続きを見る

まとめ

チェンマイ空港は大きくはありませんが、それなりに充実した空港なので、事前に何となく予習しておくと効率よく動くことができるでしょう。

特に、チェンマイ空港からホテルへの交通手段は、ある程度決めておいた方がいいと思います。

是非素敵なチェンマイライフを満喫なさってください。

空港から無料のシャトルバスも出ているセントラルフェスティバルチェンマイ。あのワインコネクションも入っています

チェンマイで最も熱い複合施設「セントラルフェスティバルチェンマイ」をどこよりも詳しく解説。おすすめの行き方や、日本食レストラン、北タイではここにしかないお店も紹介するよ。

以前、チェンマイに来たら行って見て欲しい、3つの巨大ショッピングモールを紹介しました。 これらのショッピングモールは、比較的チェンマイの中心に近いので、ホテルから歩いていくことも可能な場合もあったので ...

続きを見る

チェンマイ空港近くのセントラルプラザはお土産購入や時間つぶしに最適です。日本食レストランも豊富

タイ・チェンマイ旅行④チェンマイ滞在中に絶対に行って欲しいショッピングモールを3軒紹介しようと思う

チェンマイ滞在中は、どんなものが売っているのか調査するため、大型ショッピングモールやデパートを何件か回りました。 今回は、チェンマイに滞在中の方に是非行ってもらいたいお店を三軒ピックアップします。 【 ...

続きを見る

The following two tabs change content below.
ジョニー

ジョニー

北海道とタイが大好きで、行ったり来たりしているアラフォー男子で、妻と二人暮らし。
フリーランスの整体師で、いずれタイマッサージも極めてみたいと思っている。
夫婦とも、美味しいものとお酒が大好きで、スマホのアルバムも気づけば食べ物の写真ばかり。コスパが良いものにも目がない。

アドセンスPC用

アドセンスPC用

当サイトおすすめ記事ベスト5

1

私が2017年上半期に買ったものの中で、最も良かったものは間違いなく「FireTVstick」です。 初めて聞く方も多いかもしれません。 こんな感じのやつです。 今回は、我が家が惚れ込んでいる「Fir ...

2

パソコンを選ぶとき、皆さんはどんなことを重視されるでしょうか。 有名メーカーがいいとか、とにかく安い方がよい、購入後のサポートが手厚い方がよい…など、人によってパソコン購入時に重視するポイントは異なり ...

3

昨年始めに契約して以来、我が家になくてはならないサービスになっているのが、Amazonプライムです。 元々、上記バナーにあるように、Amazonプライム会員だと、日時指定やお急ぎ便が無料、という認識し ...

4

2016年年末のこんなツイートを、ニュースなどでご覧になった方もいらっしゃるかもしれません。 水曜日のカンパネラのケンモチヒデフミさんのツイートです。 アメリカは高額医療で有名ですが、手術したらこんな ...

5

今は、海外旅行に行くときの保険は、クレジットカード会社付帯のもので十分に賄える、良い時代になりました。 ただ、いざ海外で病院にかかると、日本では考えられない額の請求が来るので、いくつかのカードの保険を ...

-タイ知恵袋, チェンマイ

Copyright© ジョニーさんは北海道タイ間をパイパイマーマー , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.