タイ知恵袋 チェンマイ

セントラルエアポートプラザチェンマイを旅行者が絶対にチェックしておいた方がいい5つの理由。おすすめの行き方アクセスも紹介します

投稿日:

チェンマイ空港から車で5分弱、歩いても行ける距離にあるのがセントラルプラザエアポート

郊外のモールと比べ行き帰りが容易なことや、移動日の時間調整にも役立つのでチェンマイ観光中には押さえておくとよいスポットです。

今回はセントラルプラザエアポートの上手な活用法を徹底解説したいと思います。

セントラルエアポートの場所や営業時間は

地図で見ると分かるように、セントラルプラザエアポートは空港に通じる道の入口にあり、チェンマイ市内のドライバーならおそらく誰もが知っている建物。

タイ語で書くと เซ็นทรัลพลาซ่า เชียงใหม่ แอร์พอร์ต

運転手さんに伝えるときは「センターンエアポート」というとすぐに分かってくれるはず。

営業日ですが平日は11:00~21:00、土日は10:00~21:00

それほど新しいモールではないのですが、開店後1時間も広大な駐車場が満車になってしなうほど人気のモールで、特に土日祝日はかなり混みあいます。

セントラルエアポートプラザから空港や市内中心部への行きかたアクセスは

セントラルエアポートプラザ発のフリーシャトルバス

最も安く済む方法はシャトルバス利用。

フリーシャトルバスの乗り場は、後述するノーザンビレッジ内にあるゲート3の目の前。

グーグールマップ上だとロータリーがあるあたり

セントラルエアポートプラザ初のフリーシャトルバスの時刻表は以下の通り(2017.12月現在)

注意してほしいのですが、この乗り場から乗れるのは出発地がセントラルエアポートプラザのルートAとルートBだけ

ルートCもセントラルエアポートプラザは経由しますが、この乗り場ではなく大通りに止まるのでここで待っていても乗れません。

ルートAはセントラルエアポートプラザから空港やチェンマイ市内中心部の各ホテルを周るルート

ルートBは空港に寄った後セントラルフェスティバルチェンマイに向かいます

このバスをうまく使うと、郊外にあるセントラルフェスティバルチェンマイにも容易に行くことができるでしょう。

チェンマイで最も熱いショッピングモール「セントラルフェスティバルチェンマイ」をどこよりも詳しく解説。おすすめの行き方や、日本食レストラン、北タイではここにしかないお店も紹介するよ。

セントラルフェスティバルチェンマイは、チェンマイで恐らく一番人気のある大型ショッピングモール ただMAYAやガードスアンゲーオと違いスーパーハィウェイ沿いの郊外にあるため、残念ながら車でなければ行くこ ...

チェンマイ市内循環バス

チェンマイ市内循環する路線10バスを使えばどこからでも20バーツ(2017.12月現在)でセントラルエアポートプラザに行くことが可能

路線10バスの停留所があるのは空港に通じる大通り沿い。

路線10バスの路線図はこんな感じ

旧市街やワローロット市場やナイトマーケット方面から来るときはこのバスを利用するのがおすすめ

停留所で待っているのが確実ですが、路線内であればバスをとめて乗せてくれるはずです。

なおこの停留所は降りる専用

セントラルエアポートプラザから乗る場合は、道路を渡った向かい側にある停留所から乗らなければいけません。

ちなみにチェンマイ市内を走るB2バスの停留所もここにあります。

B2バスは6:00~18:00まで約1時間に1本運行していますが、同じように旧市街やワローロット方面を周りアーケードバスターミナルまで行くので早く来た方のバスに乗ると良いかもしれません。

セントラルエアポートプラザからのタクシー料金はどれくらい

セントラルエアポートプラザの大通りに面した入り口には、タクシーやトゥクトゥクが常時待機しています。

タクシーはメーターで行ってもらうことも可能ですが30バーツのチャージ料加算されます。

それでも空港までなら、メーターを使ってもらった方が安く済むでしょう。

セントラルエアポートプラザから各方面へのタクシー・トゥクトゥクの料金は以下の通り

例えばチェンマイ空港までならトゥクトゥクだと80バーツ、タクシーだと100バーツ、メータータクシーだと40バーツもあれば着くのでチャージ料30バーツを足しても70バーツ前後でしょう。

ちなみにターペー門やナイトバザールまでだとトゥクトゥクが100バーツ、タクシーが150バーツ。

アーケードバスターミナルまではトゥクトゥクだと160バーツ、タクシーだと180バーツ。

ソンテウもここで待機していて、空港までだと乗る人数にもよりますが15バーツ~40バーツ程度。

いずれの方法を使っても料金が明記されているのでボッたくられる心配はなさそうですが、乗る前には料金の確認はしっかり行いましょう。

セントラルエアポートプラザから空港まで徒歩で行ける?

結論から言うと、チェンマイ空港とセントラルエアポートプラザの間は徒歩移動可能です。

私も実際に歩いたことがあります。

グーグルマップだと700mになっていますが、空港の入り口から少しまた歩くので実際には1キロ弱になるでしょう。

普通に歩けば15分程度で到着します。

ただ歩道がないところもあるので、スーツケースを引っ張りながらの徒歩移動はあまりおすすめできません。

また、乾期以外に徒歩移動すると絶対汗だくになるので要注意です。

チェンマイ土産を買いにノーザンビレッジ(NORTHERN VILLAGE)に行こう

おすすめのセントラルエアポートプラザの活用法の一つは、チェンマイ旅行最終日に空港に行く前に立ち寄ってお土産を調達するという使い方

ナイトマーケットやサンデーマーケットなどと比べるとさすがにちょっと割高になりますが、質の良いものが買える可能性が高くなります。

セントラルエアポートプラザ内でお土産を買いたいときにまず見て欲しいのがノーザンビレッジ

この棟の上下フロアが北タイの民族衣装や置物などのお土産を買える専門エリアになっています。

せっかくチェンマイに来たなら一着は欲しい民族衣装や

おしゃれな小物がいっぱい。

じっくり見ていたら、このワンフロアだけでもあっという間に1時間経ってしまいます。

エスカレータで下に降りると、お土産になりそうな食品売り場が広がっています。

このフロアには、タイでしか買えないドライフルーツやお茶などの食品が売られています。

私もよく買って帰るドライマンゴー。

スーツケースの隙間に入り、お土産として喜ばれる鉄板商品です。

地下のTOPSでばらまき用お菓子も買えます

チェンマイの巨大モールに絶対一つは入っているスーパーマーケット。

セントラルエアポートプラザにはTOPSが入っています。

チェンマイ滞在中にもTOPSにお世話になることはよくあることでしょう。

日本の調味料や日本食もここで買うことができます。

そしてばらまき用のお土産としてかなりおすすめのタイのお菓子もここで調達することが可能

マンゴー味のポッキーや、タイでしか売っていないラープ味のプリッツが日本円で50円弱で売られています。

お土産に喜ばれるタイのインスタント麺もここで買えます。

1個6バーツ~という安さ。

インスタント麺やお菓子はかさばるので、できれば旅行の最後に買いたいもの。

チェンマイ空港に行く前にここに立ち寄ってかさばるお土産をまとめて買ってしまうと、スマートなチェンマイ旅行になるでしょう。

服装を間違えた時はセントラルエアポートプラザのユニクロへ

チェンマイ市内に2店舗あるユニクロ(2017.12月現在)

もう一店舗は郊外のセントラルフェスティバルチェンマイにあるので、旅行者が行きやすい店舗はこちらになります。

事前に十分調べたとしても、いざ来てみると予想外に暑かったり寒かったりという事はよくあること。

飛行機の中で寒くて寒くて大変だったという方もいることでしょう。

もちろんチェンマイの他の店でも服は買えますが、どうせ買うなら日本でも着れるようにユニクロで買いたいという方も多いことでしょう。

例えばコンパクトにまとまるので旅行中には重宝するウルトラライトダウン。

ちなみに12月~1月のチェンマイはタイとは思えないほど寒く、ダウンジャケットを着ている人がたくさんいます。

値段は日本とほぼ変わらない感じ。

肌寒い時にちょっと羽織りたいエアリズムパーカー。

こちらはちょっと日本より安いでしょうか。

日本で売られているユニクロ商品は、ほとんどがここで買うことが可能。

値段はほぼ変わりません。

これから飛行機に乗って帰るけど寒いのが心配という方は、ここで温かい服を調達するのがおすすめです

ご飯を食べるならセントラルエアポートプラザへ行こう

セントラルエアポートプラザの地下と4階にはフードコートがあります。

また最上階にはレストラン街もあるので、どこで食べるか迷った時やチェンマイ最後の食事はここで取るのがおすすめ

北タイ名物のカオソーイの食べ納めをここでするのも良いでしょう。

4階のフードコートは面積も広いですし、お店の種類も多くメニューも分かりやすいので外国人でも頼むのは簡単。

入口にあるカウンターで専用カードにお金をチャージしてもらうクーポン食堂スタイル。

何も言わずにお金を出せば勝手にチャージしてカードをくれます。

帰りにまたカウンターに行って無言でカードを出せば残高を返金してくれます。

お値段は屋台で食べるより気持ち高め。

上の画像のみんな大好きカオマンガイだと50バーツ。

3種類あるカオマンガイの頼み方は以下の記事をご覧ください

意外と知らない人が多いカオマンガイが食べられる屋台の見分け方と,揚げ鳥カオマンガイやミックスカオマンガイの注文方法を、どこよりも詳しく説明してみた

日本人が大好きなタイ料理の一つがカオマンガイ 漢字で書くと「海南鶏飯」と書くようですが、中国南部で誕生したものがタイに渡ってきて今では代表的なタイ料理になった、といういきさつがあるようです。 ニワトリ ...

地下のフードコートは面積は狭く混雑していますが、その分安く食べることができます。

クーポン食堂スタイルではなく、各お店で現金を渡して商品を購入します。

多くのお店には英語表記のメニューがありますが、中にはメニューも値段も見当たらないお店がちらほらあります。

ちなみにカオマンガイ屋さんもメニューがなかったので聞いてみると40バーツとのこと。

4階のフードコートよりも10バーツ安く食べられますが、落ち着いて食べられるのはきっと5階の方でしょう。

地下のフードコートのカオソーイ(55バーツ)は結構おいしいので、カオソーイの食べ納めにはおすすめです。

4階のレストラン街には、やよい軒やFUJIYAなど日本食レストランも数多く入っています。

個人的に外れがないのはやはりやよい軒

日本と違いご飯お代わり自由でなかったり水が有料だったりしますが、味自体はかなりハイレベルで和食が食べたいときにはおすすめです。

セントラルエアポートプラザに入っている100均

セントラルエアポートプラザ4階に入っているダイソー

日本のダイソーで売っているのもの多くを買うことができます。

ちなみにタイのダイソーは60バーツ均一ショップ

日本円だと約200円ショップという事になり少し割高ですが、欲しい商品を求めてタイのローカル店をさまようよりはここで買ってしまうのがおすすめ。

また地下にもKOMONOYAという60バーツ均一ショップがあります。

ここもダイソーとはまた違った品ぞろえで、個人的には最近はこちらで買い物する方が多い気がします。

さらに地下のTOPSの横にも小規模ながら60バーツショップスペースがあります。

すべてチェックすれば、きっと欲しい商品にきっと巡り合えるでしょう。

セントラルエアポートプラザで買えるおすすめスィーツ

セントラルエアポートプラザの4階と地下にあるナウンベーカリー

ここのバナナクレープはかなりおすすめ。

1個35バーツですが、日本だと200円近くするようなレベル。

ちなみに地下のナウンベーカリーの向かいにある、チェンマイのモールにはたいてい入っているハチのマークのBabyBeeベーカリーのバナナクレープもなかなかの美味しさ。

こちらは30バーツでしかもちょっと大きめ。

バナナクレープ好きの方は是非両方食べ比べてみてさい。

どちらか片方という方にはナウンベーカリーの方をおすすめします。

セントラルエアポートプラザのその他のおすすめ

スーツケースが壊れたらここで買おう

セントラルエアポートプラザ内には、スーツケース店がたくさんあります。

日本ではスーツケースを処分するのは有料ですがタイでは無料で捨てられるので、スーツケースが壊れた時はここで交換していくのがいいかもしれません。

ワイをしているドナルドさんと記念撮影

ワイをしているドナルドさんと会えるのはタイ国内だけ。

まだ記念撮影を済ませていない人は、ここで写真撮っておきましょう。

チェンマイ空港のマクドナルドにもドナルドさんはいますが、ここの方が写真撮りやすいです。

地下のプチアクアリウムは必見

セントラルエアポートプラザの癒しスポットと言えば地下にあるアクアリウム

巨大魚もいて、思わず見とれてしまうおすすめポイントです。

なぜかガンダム専門店も

3階にあるガンダムショップ

プラモデルやフィギュアの品ぞろえがタイとは思えないレベル。

私は詳しくないのでよく分かりませんが、もしかしたらかなり価値のあるものもあるかもしれません。

ガンダムやフィギュア好きの方は一度足を伸ばしてみると良いかもしれません。

まとめ

チェンマイ旅行中にはお世話になる人が多いセントラルエアポートプラザ。

ロビンソンデパートも入っているので、たいていのものはここで揃うでしょう。

空港にすぐに行ける立地なので、直前までここで時間をつぶすというのも一つの方法。

チェンマイ5大モールの中でも、一番押さえておいた方が良いモールと言えるかもしれません。

セントラルエアポートプラザには両替できる銀行も入っています

実際に10万円使って両替して分かったチェンマイ市内で最もレートのいい両替店とは

タイと北海道を行ったり来たりするようになってもうすぐ一年。 この一年、ずっと疑問に思っていたことがあります。 それは、チェンマイ市内で両替するとしたらどこが一番お得なのか、いやその前にわざわざ交通費を ...

チェンマイ空港を利用する上で知っておくとよいことをまとめました

【チェンマイ空港】市内へのアクセス手段や、荷物預りサービスなど便利な情報をまとめました。初めてチェンマイ空港に行く方は必見です。

タイ第二の都市チェンマイの空の玄関がチェンマイ空港。 スワンナプーム空港やドンムアン空港と比べるとそれほど大きくない空港ですが、タイの地方空港の中では大きな方に入るでしょう。 今回はそんなチェンマイ空 ...

セントラルエアポートプラザから日本語対応のラム病院までは車で10分。路線バスも停まりますよ

チェンマイ市内で日本語対応している病院を4軒紹介‼チェンマイに行かれる方は絶対保存推奨です

旅行中に心配なことの一つは病気や怪我。 特に言葉の通じない異国の場合、いざ病院に行かなければいけない事態になってから調べ始めたのでは手遅れ、ということもあるでしょう。 タイでは、蚊に刺されてデング熱に ...

チェンマイ滞在中に一度は食べて欲しいカオソーイはこの店

我が家が今一番チェンマイで美味しいと思うカオソーイを紹介‼これを食べないでチェンマイから帰るとか絶対あり得ません

タイ北部地方の名物料理といえばカオソーイ 特にチェンマイやランプーンには、カオソーイの名店が数多くあります。 フードコートなどでも食べることができますが、せっかくなら地元で一番人気のあるお店に行って、 ...

The following two tabs change content below.
ジョニー

ジョニー

北海道とタイが大好きで、行ったり来たりしているアラフォー男子で、妻と二人暮らし。
フリーランスの整体師で、いずれタイマッサージも極めてみたいと思っている。
夫婦とも、美味しいものとお酒が大好きで、スマホのアルバムも気づけば食べ物の写真ばかり。コスパが良いものにも目がない。

-タイ知恵袋, チェンマイ

Copyright© ジョニーさんは北海道タイ間をパイパイマーマー , 2018 All Rights Reserved.