クアラルンプール ペナン島 マレーシア知恵袋 海外旅行知恵袋

今海外行くなら必須の配車アプリUberとGrab。実際に乗ってみて分かったメリットやデメリットとおすすめの使い方を紹介

投稿日:2018-03-17 更新日:

マレーシアに行く旅行者がまずスマホに入れておくべきアプリと言えば、間違いなくUberとGrab

私も半信半疑でスマホにダウンロードしてマレーシアに行きましたが、こんなにお世話になるとは思いませんでした。

マレーシアに限らず世界の様々な国で使えるUberやGrabは、今や海外旅行に必須のアプリと言っても過言ではないでしょう

というわけで今回は、実際に使ってみて分かったUberやGrabのメリットやデメリットと、賢い使い分けの仕方を徹底解説します。

注意ポイント

2018年3月26日、Uberが東南アジア8か国(カンボジア、インドネシア、マレーシア、ミャンマー、フィリピン、シンガポール、タイ、ベトナム)から撤退することが発表されました。

Uberが行っていたサービスはGrabに引き継がれることになります。

そのためタイやマレーシアで今現在利用できるサービスはGrabタクシーのみとなります

Uber(ウーバー)とは

Uber

Uber
無料
posted with アプリーチ

Uberはアメリカ発のタクシー配車アプリで、現在世界70か国・450都市以上で展開中

簡単に言ってしまうと、Uberにドライバー登録している一般人が、空き時間に自分の車を使ってお客さんを運ぶサービス。

この説明だけ見るとかなり危ないサービスに見えますが、実際には普通のタクシーを利用するよりも安全ですし、適正な値段で目的地まで行くことができます。

出発地と目的地を事前に入力するので、車に乗車後は一言もしゃべらなくても目的地に到着します。

料金の支払いもクレジットカード払いのみなので、現金の受け渡しがなくて安心。

登録にはSMSを使った認証が必要になるので、海外出発前に日本で認証やクレジットカードの登録といった手続きを済ましておきましょう

o19s5t という招待コードをプロモーションコード欄に入力して新規登録すると、初回乗車がお得になるクーポンがゲットできます。

Grab(グラブ)とは

Grab - Cars, Bikes & Taxi Booking App

Grab - Cars, Bikes & Taxi Booking App
開発元:Grab.com
無料
posted with アプリーチ

Grabとはマレーシア発のタクシー配車サービス

現在はマレーシアの他に、タイ・ベトナム・シンガポール・インドネシア・フィリピンの東南アジア6か国で展開中。

GrabもUberと同じく、Grabタクシーに登録している一般人が、空き時間に自分の車を使ってお客さんを運ぶサービスです。

システムはほぼUberと同じですが、支払方法は現金払いも選ぶことができます

またGrabは乗れば乗るだけポイントが貯まっていきお得なサービスと交換したり、タクシー料金のディスカウントに利用することができます。

Uber(ウーバー)やGrab(グラブ)を利用するメリットやデメリットとは

英語や現地語が話せなくても目的地まで行ける

私のように外国語が全くダメな人にとって、一番のメリットはこれかもしれません。

UberやGrabアプリを開くと、自分の現在地と行き先を入力する画面になります。

ホテル名などを実際に打ち込んでもいいですし、マップのピンを動かしてもOK

運転手さんは打ち込まれた情報に基づいて勝手にナビを起動させて行ってくれるので、日本語しか話せなくても全く問題ありません

乗車拒否がない

タイなどではよくあるタクシーの乗車拒否。

でもUberやGrabの場合は、行き先を見て乗せたいと思った運転手さんが迎えに来るので、乗車拒否という事はまずありえません。

ぼったくられる心配がない

海外でタクシーに乗るときにめんどくさいのが値段交渉。

タイやマレーシアの運転者さんはなかなかメーターを使ってくれませんし、個人タクシーの運転手は特に少しでも遠回りをしたりしてぼったくろうとしてきます。

でもUberやGrabの場合はその心配は全くなし

上の画像を見ると分かりますが、UberやGrabで目的地を入力すると、迎えに来る目安の時間や目的地までの料金がまず表示されます。

そしてこの料金で納得して配車を確定させた後は、どんなに道に迷っても時間がかかっても料金が変わることはありません。(高速を使った場合などは、その料金が加算されます)

しかもこの料金は運転手が提示しているものではなく、配車システムがはじき出した数字なので適正価格、いやむしろ一般のタクシーより安いような気もします。

ドライバーの評価を前もって見ることが可能

UberやGrabアプリのサービスで素晴らしいと思うのがこのサービズ。

ドライバーが確定したら、そのドライバーの情報を事前に確認することができます

確認できる情報は性別や名前の他に車の車種やナンバー、そして今までのお客さんからの評価です。

このドライバー情報を見た後にキャンセルすることも可能

びっくりするくらい簡単にキャンセルできます。

女性一人で旅行している方は、怖いと思ったら女性ドライバーに当たるまでキャンセルし続けるということも可能。

夜間はさすがに少ないですが、日中は女性ドライバーもかなりいます。

また私が乗ったドライバーの方の中に★4以下の方はいらっしゃいませんでしたが、万が一★4以下の方に当たった時はキャンセルした方が無難かもしれません

一般のタクシーより乗り心地が良い場合が多い

UberやGrabの運転手には誰でもなれるわけではありません。

車の基準も定められていて、一定以上のレベルの車でなければ使用することができません。

そのためその辺を走っているタクシーよりも、グレードの高い車が迎えに来てくれる場合がほとんど。

クーラーが効いて乗り心地もいい車内で、目的地まで快適に過ごすことができます。

UberやGrabを利用するデメリットは特になし

この記事を書くにあたり、UberやGrabのデメリットを相当考えたのですが、特に見つかりませんでした。

強いて言えばまだサービスが広がっていない地域も多いという事と、配車アプリを使うのにネット環境が必要ということくらいでしょうか

ちなみにホテルなどの無料WiFiを使ってUberやGrabアプリを使うことも可能。

時間帯によっては車がつかまりにくい時間もありましたがそれは一般のタクシーも同じですし、時間さえかければ車は見つかります。

サービスがなされている地域、特にクアラルンプールなどの大都市では、UberやGrabを使わない理由はないと言い切れるでしょう。

Uber(ウーバー)とGrab(グラブ)どっちがいいの

この答えは時と場合によって変わってきます。

一つ言えるのは、時間帯や場所によって料金が大きく変わることがあるので、両方比較した方が良いという事

例えば下の画像は、クアラルンプールのホテルからタイ大使館までの料金を、UberとGrabでチェックしたときのスクリーンショット。

スクリーンショットの時間を見てもらえると分かるように、同じ時間に比較しています。

この時の場合は、Uberは6分で迎えに来てくれ25リンギット(約750円)、Grabは5分で迎えに来てくれ料金は15リンギット(450円)

もちろんGrabタクシーを呼びました。

この逆のパターンも多々あります。

私の体感ですが、マレーシア・クアラルンプールの場合Grabタクシーの方が安い時間帯が多いような気がしましたが、ペナン島では逆にUberの方が安い場合が多かったです。

Grabタクシーはポイントが貯まるというのは、考慮すべき要素の一つかもしれません

意外とどんどん貯まっていき、あっという間にスタバの割引券やタクシー料金割引券などと引き換えることができます。

我が家はマレーシアに1週間滞在していた間に2000ポイント以上貯まったため、タクシー15リンギット(約450円)割引券と引き換えることができました。

もしポイントを貯めることを優先したいのなら、少しくらいの料金の誤差の時はGrabタクシーを利用するというのも一つの作戦でしょう

UberとGrabは領収書代わりにも利用可能

海外でタクシーに乗って領収書をもらうのはほぼ不可能

しかしUberやGrabの場合、後から乗った区間や時間や金額を確認することができるので、領収書として使用することも十分可能。

特にUberの場合は、このように後からメールで領収書が送られてきます。

会社員や個人事業主の人にとっては嬉しいサービスと言えるでしょう。

自分にあった車のサイズを選ぼう

UberやGrabの車のサイズはいくつかあります。

当然大きな車になればなるほど、値段の方は高くなります。

我が家は夫婦二人で移動していたので、UberXやGrabCarといった一番小さなサイズのタクシーを毎回利用。

1500CC~2000CC程度のセダン車が来ることが多かったですが、大きなスーツケースが2つと小さなスーツケース2つを持ち歩いていたので、トランクはいつも満杯でした。

もし荷物がかなり多くセダン車に積み切れなそうな場合は、ワンランク上の車を呼んだ方が良いでしょう

まとめ

初めて使うまではドキドキするUberとGrab。

ただ一度使うと絶対にやめられなくなること間違いなし

上のスクリーンショットはGrabタクシーに登録してあるクレジットカードの明細。

歩ける距離は歩くようにしていたのですが、後から明細を見ると我が家もけっこう利用していました。

この他にUberも使っていたのですが、これだけ乗っても元々の料金が安いので、金額的にはそれほどいっていません。

一つだけ2000円超えているのは、クアラルンプール空港からKLセントラルまでの移動。

1時間近く乗って高速も使っているのに2000円なので、かなりお得だと思います。

若くて体力が有り余っている人はバス移動なんかもいいかもしれませんが、我が家のようにもう無理できない年齢の人や荷物がたくさんある人は、UberやGrabを賢く使って楽しい旅行を目指すので賢明でしょう

ポイント

冒頭でも述べた通り、2018年4月現在Uberをタイやマレーシアなど東南アジアで利用することはできません。

Uberはタイでは厳しいかなと思っていましたが、まさかこんなに早く撤退するとは思いませんでした。

ただその分Grabタクシーの数が増えるはずなので、実質タクシーが捕まらなくて困るといったことはなさそう。

チェンマイで先日アプリを立ち上げたところ、Uberは皆無でしたがGrabタクシーは元気にたくさん走り回っていました

Uber

Uber
無料
posted with アプリーチ

プロモーションコード欄に o19s5t を入力すると、初回使えるクーポンゲットできます

Grab - Cars, Bikes & Taxi Booking App

Grab - Cars, Bikes & Taxi Booking App
開発元:Grab.com
無料
posted with アプリーチ

UberやGrabを不自由なく使うには、現地のSIMカードを契約するのが一番

マレーシア旅行者におすすめする7日間約600円で高速ネット環境を構築する方法とは

日本からマレーシアに到着した旅行者が、空港を出る前に行うべきことの一つがツーリストSIMの契約 もちろんネット環境なしで旅をすることも十分可能ですが、自由にネットを使える方が旅の安心感や自由度が大きく ...

【2018年夏版】今タイを旅行する人に絶対ツーリストSIM購入をおすすめする理由と、プラン選びを間違えない方法を教えます

今や海外旅行に必需品と言えるのがインターネット環境。 中にはホテルやカフェなどフリーWiFiスポットだけで十分という方もいらっしゃるかもしれませんが、グーグルマップをいつでも見ることができたり、いつで ...

今最もコスパの良いSIMフリーのスマホは恐らくこれでしょう

もっと詳しく

ポケットWiFiを持っていくのも簡単でおすすめの方法です

【最新版】実際に使ってみておすすめするレンタル海外WiFi3社と、絶対に注意して欲しいことを書こうと思う

海外旅行に行くときに欠かせないものはいろいろありますが、一番優先して用意するものはなにかと聞かれたら私なら間違いなくネット環境と答えます。 一昔前ならネットなんてなくても全然気にしなかったのですが、今 ...

KLIA2でUberやGrabを使うときの注意点とは

マレーシアの玄関KLIA2を徹底解説。効率の良い動き方や知っておいた方が良いことをどこよりも詳しくまとめました

日本からエアアジアを利用してマレーシアを訪問する人の空の玄関クアラルンプール空港。 エアアジアなどのLCC航空を利用する場合、KLIA2の方で離発着することになります KLIA2は大きさとしては中程度 ...

The following two tabs change content below.
ジョニー

ジョニー

北海道とタイが大好きで、行ったり来たりしているアラフォー男子で、妻と二人暮らし。
フリーランスの整体師で、いずれタイマッサージも極めてみたいと思っている。
夫婦とも、美味しいものとお酒が大好きで、スマホのアルバムも気づけば食べ物の写真ばかり。コスパが良いものにも目がない。

-クアラルンプール, ペナン島, マレーシア知恵袋, 海外旅行知恵袋

Copyright© ジョニーさんは北海道タイ間をパイパイマーマー , 2018 All Rights Reserved.