パイパイマーマーとはタイ語で行ったり来たりという意味。北海道とタイをこよなく愛するジョニーのブログです。お得な情報や、目からウロコの情報を中心に更新中

ジョニーさんは北海道タイ間をパイパイマーマー

北海道のおすすめ 北海道グルメ 札幌市内の美味しいお店

日本人が大好きなまぐろを堪能できるコスパ最高の札幌市中央区の「まぐろ屋」。写真見るだけで、「まぐろ食べたい病」にかかること間違いなしです

投稿日:2017-06-18 更新日:

AD728×90




日本人が昔から大好きなまぐろの刺身。

世界のまぐろの5分の1は日本で消費されていると言われています。

今回は、そんなまぐろ料理の専門店で、ランチにはコスパ最高の定食を食べられる、我が家行きつけのお店を紹介します。

札幌市中央区にある、その名も「まぐろ屋」というお店です。

まぐろ屋の場所や営業時間

まぐろ屋の住所  札幌市中央区南8条西11丁目3‐9

電話番号 011-513-7007

比較的、札幌中心部になるお店です。大通からだと、タクシーで1000円程で行くことができるでしょう。

公共の交通機関で行く場合は、地下鉄南北線中島公園駅で下車し徒歩15分位、あるいは市電西線9条電停で下車して徒歩8分程になります。

お店の前には3台分の駐車スペースもあります。

営業時間は、ランチタイムが11:30~14:00(月~土)、夜の営業が17:00~23:00(L.O.22:30)(月~日)です。

日曜日と祝日は、ランチ営業していないので注意してください。

定休日は木曜日です。

店内は、カウンター7席、テーブル16席、小上がり9席の32席です。

奥の小上がりは、掘りごたつ席になっています。

店内には、芸能人やアナウンサーなどの色紙が飾られていて、人気のお店なのを伺い知ることができます。

ランチメニューがお得

店内には、ランチタイム限定の日替わり定食や、おすすめの定食メニューが張り出されています。

まぐろ屋のFacebookページをフォローすると、上の写真のようなメニューが毎日送られてきます。

私は、ここのサバ味噌が大好きなので、日替わり定食にサバ味噌があるときは、朝からワクワクしちゃいます。

ランチタイム11:30~14:00限定の日替わり定食ですが、ご飯・汁物・小鉢・漬物が付いていて、しかもご飯と汁物はお代わり自由です。

ある日の、日替わり定食。

この日は、アジフライ定食を注文。

まず最初に、小鉢と漬物、そしてマグロの刺身が登場。

この日の小鉢は筋子。

筋子とまぐろの刺身があれば、ご飯2膳は食べれそうです。

厚切りのまぐろは、付け合わせとは思えないボリュームで、食べごたえ十分です。

そして、登場したご飯と汁物とメインのアジフライ。

いわゆるスーパーの総菜のアジフライとは全く違い、肉厚でとてもおいしいです。

また、まぐろ屋の汁物は、ただの味噌汁ではありません。

具たくさんで、時にはタチが入っているときもあります。

普通に食べたら、汁物だけでも500円くらいはしそうですが、なんとお代わり自由です。

850円で、ここまで満足できる昼ご飯を食べられるところは、なかなかないでしょう。

まぐろ丼のコスパも最高 土曜日は丼の日も開催

日替わり定食にも、まぐろの刺身が付いてきますが、がっつりまぐろを食べたいときにおすすめなのは、やはりまぐろ丼です。

まぐろ丼といっても、ただの鉄火丼ではありません。

一番人気の赤身の漬けが乗った「特製まぐろ丼」以外にも、「カジキまぐろ丼」やちょっと変わり種の「ピリ辛まぐろ丼」など、選ぶのに迷うことでしょう。

ちなみに、ランチタイムのまぐろ丼を頼むと、サラダとお代わり自由の汁物が付いてきます。

初めて行かれる方におすすめなのは、やはり人気№1の「特製まぐろ丼」です。

赤身の美味しさが分かるのは、日本人ならではかもしれません。

私は、こちらの「カジキまぐろ丼」も大好きです。

赤身漬け丼とは、また違った美味しさがあります。

写真では分かりにくいかもしれませんが、まぐろ屋の丼は結構大きめです。

それで、丼メニューを注文すると、ご飯は普通でいいか、それとも少な目がいいか、聞かれるでしょう。

小食の女性の方は、少な目と言っておいた方がいいと思います。

そして、土曜日のランチタイムには、通常1130円の丼4種が980円になる、お得な「丼の日」も開催されています。

元々お得な丼メニューが、さらにお得に食べられるので、土曜日に行かれるときには是非まぐろ丼を食べてみてください。

1品メニューや夜の部も充実

17時からは、夜の部の営業が始まります。

まぐろ専門店まぐろ屋ならではのメニューが並びます。

もちろん、ランチタイムにも注文することはできるのですが、どちらかというとお酒と合わせたいメニューが多くなっています。

また、通常メニューには入っていない、その日のおすすめメニューもたくさんあります。

まぐろ以外も、その時旬の魚貝メニューが豊富に揃っています。

春~初夏の時期には、店主自ら山で採ってくる竹の子焼きがメニューに加わることもあります。

普通、竹の子の根元の部分は、硬いので残すと思いますが、今回店主に外側の皮をむけば食べられると教わりました。

実際に食べてみると美味しかったです。

味噌マヨネーズで食べる、採れたてのタケノコは絶品なので、もしメニューにあれば追加注文をお勧めします。

メニューを見ると分かるように、「まぐろのモツ煮」とか「まぐろの心臓焼き」と言った、他では見ないようなメニューも並んでいます。

これは、まぐろ屋さんが、まぐろを丸ごと1匹仕入れているからできる料理です。

前回行ったときに、実際にまぐろが郵送されてきた瞬間に立ち会うことができたのですが、二人がかりでないと持てないような大きなまぐろが、3匹も届いていました。

実際に持たせてもらいましたが、50キロ程ありました。

そんな大きなまぐろを、店主が自ら解体するそうです。

さらに、そんな大きなまぐろも、1週間もしないうちになくなってしまうそうです。

まぐろの事を知り尽くした店主だからこそ、これだけたくさんのメニューを作れるんだなと改めて感心しました。

まとめ

まぐろ屋にはスタンプカードがあり、全部貯まると日替わり定食がサービスになります。

通っていると、あっという間にいっぱいになってしまいますよ。

まぐろ屋は道内各地からお客さんが訪れるお店です。

北海道外から来た観光客の方が、わざわざ来られることもよくあるようです。

まぐろが好きだという方は、是非「まぐろ屋」の絶品まぐろ丼や、お得な日替わり定食を味わってみてください。

まぐろ屋のホットペッパー掲載ページがこちら

観光客の方が、北海道グルメを満喫したいなら、札幌中央市場もおすすめです。

元市場従業員が教える、2017年札幌場外市場攻略法。おすすめランチや、地元民が通うお店を中心に、コスパが良いお店を厳選して教えます

札幌中心部に近く、新鮮な海産物を求めて多くの観光客が訪れる場所、それが「札幌中央卸売市場場外市場」です。 場外市場には、観光客だけではなく、札幌市民も数多く訪れます。 実は私は、札幌卸売市場で働いてい ...

続きを見る

The following two tabs change content below.
ジョニー

ジョニー

北海道とタイが大好きで、行ったり来たりしているアラフォー男子で、妻と二人暮らし。
フリーランスの整体師で、いずれタイマッサージも極めてみたいと思っている。
夫婦とも、美味しいものとお酒が大好きで、スマホのアルバムも気づけば食べ物の写真ばかり。コスパが良いものにも目がない。

AD

スポンサーリンク

AD

スポンサーリンク

当サイトおすすめ記事ベスト5

1

私が2017年上半期に買ったものの中で、最も良かったものは間違いなく「FireTVstick」です。 初めて聞く方も多いかもしれません。 こんな感じのやつです。 今回は、我が家が惚れ込んでいる「Fir ...

2

パソコンを選ぶとき、皆さんはどんなことを重視されるでしょうか。 有名メーカーがいいとか、とにかく安い方がよい、購入後のサポートが手厚い方がよい…など、人によってパソコン購入時に重視するポイントは異なり ...

3

昨年始めに契約して以来、我が家になくてはならないサービスになっているのが、Amazonプライムです。 元々、上記バナーにあるように、Amazonプライム会員だと、日時指定やお急ぎ便が無料、という認識し ...

4

2016年年末のこんなツイートを、ニュースなどでご覧になった方もいらっしゃるかもしれません。 水曜日のカンパネラのケンモチヒデフミさんのツイートです。 アメリカは高額医療で有名ですが、手術したらこんな ...

5

今は、海外旅行に行くときの保険は、クレジットカード会社付帯のもので十分に賄える、良い時代になりました。 ただ、いざ海外で病院にかかると、日本では考えられない額の請求が来るので、いくつかのカードの保険を ...

-北海道のおすすめ, 北海道グルメ, 札幌市内の美味しいお店

Copyright© ジョニーさんは北海道タイ間をパイパイマーマー , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.