札幌グルメ

【コスパの良い札幌中央区ランチ】とり将のランチ定食メニューのおすすめを紹介

2017-03-02

コスパに限って言えば、札幌市中央区にここ以上のお店はないのではないかと思われる、とっておきのお店「とり将」

大きなお店ではないので札幌市民でも知らない人が多いお店ですが、ランチ時には行列ができる大人気店です。

とり将の場所や営業時間

とり将

札幌市中央区北1条西7丁目1-3 EXYビル B1F

電話番号 (011)231-6220

営業時間 昼の部11:30~14:00 夜の部17:30~22:00頃

定休日 日曜日

CHECK!とり将のホットペッパー掲載ページがこちら

CHECK!とり将の口コミやクーポンを食べログで確認してみる

とり将があるのは、上の写真の白いビルの地下1階

専用駐車場はありませんがコインパーキングが数多くありますし、ヤマダ電機に駐車して何か買い物をするという方法もあるでしょう。

お得なランチメニューは11:30~14:00まで提供されていますが、たいてい開店前から行列ができます

待たずに入りたければ11:30前に行くか、ピークを過ぎた13:00頃行くとよいでしょう。

並ぶときは、地下に行く階段の右側に並ばなければいけません

変なところに並んでいると注意されますし、他のお店の迷惑にもなるので気を付けましょう。

札幌市中央区とり将のお得なランチメニュー

とり将は本来居酒屋で、夜間の営業も好評なのですが、それ以上に大人気なのがランチのお得なセットメニュー

見ていただくと分かるように全品600円

しかも、みそ汁と小鉢と漬物付きです。

そして、大盛りにしてもプラス50円しかかかりません

店内の様子を見ていると海鮮系メニューを頼む人が7割、ザンギ定食や煮込みハンバーグ定食などを頼む人が3割といった感じ

そして、ザンギや煮込みハンバーグのボリュームが半端じゃありません。

大盛りにしたら、食べ盛りの学生でもお腹いっぱいになりそうな感じ。

本当に儲けが出ているのか不安になる、コスパ抜群のお店です。

とり将のおすすめランチ海鮮丼

ザンギ定食にかなり心が惹かれたのですが、今回は海鮮系を頼むことにします

ランチ限定海鮮丼定食(600円)

大きく切られたネタが、たくさん載っています。

いくらが載っていないのがちょっと残念ですが、札幌のど真ん中でこのレベルの海鮮丼が600円で食べられるお店は、他にないでしょう。

大盛りにはしていませんが、普通の人なら十分だと思います。

こちらがマグロの中落ち丼 大盛り(650円)

脂の乗った大ぶりにカットされたマグロが、これでもかというくらい載っています。

たぶん東京で同じものを食べたら、2000円位するでしょう。

マグロの中落ち丼には、ご飯の上に生の薄切りオニオンが敷き詰められています

私は生の玉ねぎが嫌いなので、最初にそれらをきれいに取り除く作業から始めました(笑)

私と同じような人がいるならば、最初からお店の方に言っておいたほうが良いかもしれません。

ちなみに観察していると、同じ海鮮系でもさしみ定食がかなりの人気

さしみ定食のご飯抜きで頼んでいる人もいたのでどんなものが来るか見ていたのですが、刺身だけでもお腹いっぱいになりそうな量でした。

海鮮丼と迷うところですが、私は次回訪問時にはさしみ定食を頼もうと思っています。

札幌大通のとり将のおすすめランチまとめ

海鮮天国の北海道とはいえなかなか中心部で海鮮丼を安く食べられるお店はないのですが、とり将はハイレベルな海鮮丼を600円で食べられる地元民に愛される貴重なお店

ランチ時には地元のサラリーマンで混雑しますし、ご夫婦二人で一生懸命にされているお店なので、料理の提供もそんなに早くはありません。

時間に余裕をもって、できれば少し時間をずらして訪問するとよいでしょう。

また店内はあまり広くないので、1グループ4人以内での訪問がおすすめ

是非地元民に愛されている、とり将のランチを味わってみてください。

とり将

札幌市中央区北1条西7丁目1-3 EXYビル B1F

電話番号 (011)231-6220

営業時間 昼の部11:30~14:00 夜の部17:30~22:00頃

定休日 日曜日

CHECK!とり将のホットペッパー掲載ページがこちら

CHECK!とり将の口コミやクーポンを食べログで確認してみる

要チェック!とり将の近くにある、我が家が大好きなザンギの名店がこちら。マーボー麺もおいしいですよ。

札幌市大通「布袋」外観画像
札幌でザンギを食べるなら「布袋」一択!おすすめメニューや注意点をまとめました

続きを見る

要チェック!【こちらも合わせてどうぞ】安くて美味しい海鮮丼・生ちらしがある、我が家が通うおすすめ店14選とは

恵庭の幸寿司の限定海鮮丼
我が家が通う札幌の安くて美味しい海鮮丼・生ちらしおすすめ店14選とは

続きを見る

要チェック!まだ食べたことがない人必見!札幌スープカレーおすすめ店7選をカレー大好きなボクが厳選

札幌おすすめスープカレー8選!地元民が通う間違いないお店だけを紹介

続きを見る

要チェック!カレー星人のボクが選んだ札幌のおすすめルーカレー店5選

クロックのビーフカレー
カレー星人ジョニーさんが選んだ札幌のおすすめ最強ルーカレー店9選

続きを見る

要チェック!札幌おすすめ観光スポット20選を地元が大好きなボクが厳選(自信あり)

札幌おすすめ観光スポット20選を地元が大好きなボクが厳選(自信あり)

続きを見る

誰でもできる外食代を半額にする方法

当たり前ですが外食はお金がかかるので、なかなか頻繁には行けません。

ですがファンくるに登録して以来、我が家は月に数回ですが約半額で外食を楽しめています。

ファンくるは覆面調査紹介のサイトなのですが、札幌の案件は特に居酒屋系が充実。

写真を撮ったりアンケート(約60問程度)に答える必要がありますが、飲食代が半額~70%還元になり、案件によっては無料になることも。

先日も札幌市内の某焼き鳥居酒屋を覆面モニターしてきましたが、実質ほぼ無料で思う存分食べ飲みできました。

グルメ以外にもエステやマッサージが実質半額で受けられたり、新商品サンプルモニターなどの案件が充実。

利用者側にはメリットしかないサイトなので、登録しておいて損はないでしょう。

詳しくはコチラ

3か月無料体験中!みんなの優待

会員制割引クーポン使い放題サービス「みんなの優待」(月額490円)の無料体験期間が、今だけ3か月に大幅延長されています(通常は1か月)

もちろん3か月の無料体験期間中内に解約すれば料金は発生しません。

道内のレジャー施設や飲食店のクーポンがたくさんあるので、申し込むなら今がチャンスかなと思います

≫【今だけ3か月無料体験中】みんなの優待

登録するなら今がチャンス

ここ数年で瞬く間に広がったキャッシュレス決済ですが、あまりにも種類がありすぎて圧倒されている人も多いはず

もし一つだけ登録するとしたら、おすすめなのは毎回の支払いで最大3%戻ってくるpaypay一択!

還元率だけでなくセイコーマートとセブンイレブンの両方で使えるというのが、道民にとっては嬉しいポイント

今なら新規登録と1週間以内の銀行口座登録で、なんと1000円相当プレゼント実施中

iPhoneの方はコチラ

アンドロイドスマホの方はコチラ

▼姉妹サイト「ジョニコミ」でPayPayが使えるようになったセブンイレブンのおすすめ商品を詳しく紹介

CHECK!【最新】セブンイレブンの低カロリーおすすめダイエットメニュー10選

CHECK!家飲みするなら買い出しはセブンイレブンへ!ビールに合う最強おつまみを厳選紹介

北海道で今人気のアクティビティ

北海道で楽しい思い出を作りたいときは、積極的にアクティビティ体験を申し込みましょう。

現地で申し込むことができるものもありますが、確実に参加できるよう事前にじゃらんでチェックして予約を済ませておくのがおすすめ!

じゃらんでいま特に人気があるアクティビティベスト3は……

知床五胡

世界自然遺産「知床」の絶景を海側から観光できます。

大型船で揺れも少ないのでおすすめ。

≫≫知床観光船おーろらの詳細はこちら

小樽青の洞窟クルージング

小樽「青の洞窟」は海からしか見ることのできない、小樽人気の絶景スポット。

手つかずで残っている1500万年前の大自然の迫力に、思わず感動してしまうこと間違いなしです。

小樽「青の洞窟」クルーズには、クルージング体験以外に釣り体験付き・シュノーケリング体験付きなどいくつかのプランがあるので、好みに合わせて選択しましょう。

≫≫小樽「青の洞窟」クルーズ体験の詳細はこちら

ニセコでラフティング体験

ニセコの代表的なアウトドアといえばやっぱりラフティング。

最大7名乗りのボートで協力して尻別川約8キロを漕ぎ下るコースは、控えめに言っても迫力満点。

ボートには必ずガイドが同乗するので、安全に楽しくラフティングを楽しむことができますよ。

≫≫北海道の大自然を満喫!尻別川【ニセコ・ラフティング】の詳細はこちら

じゃらん割引クーポン

じゃらんを利用するとポイントが貯まるのでお得に予約できますが、時折配布されているクーポンを利用するとさらにお得に!

なので、予約を完了させる前にじゃらんの割引クーポンが出ていないか必ずチェックしましょう。

じゃらんの割引クーポンをチェック

じゃらんの北海道人気アクティビティランキング

 

-札幌グルメ
-,

Copyright© さつろぐ~ジョニーさんの札幌ブログ , 2019 All Rights Reserved.