北海道 北海道アウトドア情報 北海道グルメやおすすめスポット 札幌のおすすめ

大人も子供も楽しめる滝野すずらん丘陵公園の魅力を再発見‼おすすめの遊具や駐車場、季節別の楽しみ方をまとめました

投稿日:2017-08-18 更新日:

札幌周辺で生まれ育った方なら、おそらく一度は行ったことがある国営公園が滝野すずらん丘陵公園

学校の遠足や宿泊研修などで行った思い出がある方も、非常に多いことでしょう。

実はこの滝野すずらん丘陵公園は、お金をかけずに家族で一日中思いっきり楽しめるという面においては、最強の公園と言うことができます。

今回はまだ行ったことがない方、あるいはしばらくご無沙汰しているという方には是非伝えたい、滝野すずらん丘陵公園の魅力を紹介します

滝野すずらん公園の料金や営業時間

滝野すずらん公園

住所:札幌市南区滝野247

開園時間:9:00~17:00 (6月~8月は9:00~18:00、12月23日~3月末は9:00~16:00)

入園料:大人 410円 小中学生 80円 65歳以上 210円

年間パスポート:大人 2,600円 小中学生 500円 65歳以上 1,300円

駐車料金:普通車410円 大型車 1,230円 二輪車 150円

4月1日~4月19日(夏季開園の準備期間)と、11月11日~12月22日(冬季開園の準備期間)の間が休園日

滝野すずらん丘陵公園は札幌中心部から車で1時間弱の所にある、400ヘクタールという広大な敷地に作られた、北海道で唯一の国営公園

公共の交通機関で行く場合は、地下鉄南北線真駒内駅か、地下鉄東豊線福住駅からバスに乗ることになります。

詳細時刻表はこちらから確認できます。

http://www.takinopark.com/?go=parkmap

滝野すずらん丘陵公園の敷地は、かなり広大。

いきなり行くと、どこに行っていいか分からなくてうろうろすることになるので、事前にある程度予習をしておくことをおすすめします

駐車場もよく考えてとめないと、移動距離が大変なことになります。

滝野すずらん丘陵公園は、大きく分けると4つのゾーンに分かれています

滝野すずらん公園の無料「渓流ゾーン」

公園内で唯一の無料ゾーン

4つの滝めぐりや、川遊び・バーべーキュー・サイクリングなどが楽しめます。

滝野すずらん公園内でも特におすすめのアシリベツの滝があるのも、この渓流ゾーン。

無料エリアだけでも、十分楽しむことは可能です。

展望台やキャンプ場のある「中心ゾーン」

滝野すずらん丘陵公園のメインエリア

800種類を超える草花が咲きそろうカントリーガーデンや、大型遊具・展望台などがあり、大人も子供も一日中楽しめます。

オートキャンプ場(オートリゾート滝野)があるのがこのエリアです

大人向けの滝野の森ゾーン西エリア

http://www.takinopark.com/takinonomori/

森の情報館や、森の観察デッキがあり、昆虫観察や野鳥観察をすることができます

田んぼや炭焼き跡など、昔滝野に住んでいた人たちの歴史を感じることができます。

どちらかというと大人向けのエリアかもしれません。

雨の日にもおすすめ滝野の森ゾーン東エリア

札幌市民の方は学生時代に、このエリアにある青少年山の家で宿泊研修をした経験がある方も多いでしょう。

高さ20メートルからの景色を楽しめる森見の塔などがあり、気軽に森を散策できるエリア

35メートルあるローラー滑り台は、子供たちに大人気です。

また森の交流館やツリーハウスにはキッツコーナーがあり、雨の日に子供と滝野すずらん公園に行くときには外せないエリアの一つです

こどもの谷があるのは滝野すずらん公園中心ゾーン

子供がいる家族に特におすすめのゾーンは中心ゾーン

見どころ、遊びどころがたくさんあって、一日中いても飽きないエリアです。

こどもの谷に近い駐車場

中心ゾーン付近には、中央口駐車場と東口駐車場があります。

東口駐車場の方が何かと便利ですし、歩く距離も少なくて済むので、駐車するならこちらがおすすめ。

子供たちに大人気なのが、中心ゾーンにある「こどもの谷」

生き物の巣と大地がテーマになっていて、コンセプトは小さい生き物になった気分で大型遊具で遊ぶというもの

そのコンセプト通り、ここにある遊具はみんな巨大です。

最近リニューアルした、巨大な卵をイメージしたフワフワエッグ

トランポリンみたいになっていて、この上で飛び跳ねて遊びます。

屋内施設の虹の巣ドームの中にある虹色ネット

他にも、広大な芝生の敷地で直径1.2mのビックリボールを転がして遊ぶローンスタジアムや、アリになった気分を味わえるアリの巣トンネルやあり塚の塔、溶岩滑り台など、多種多様な遊具が揃っています。

これだけの遊具を、子供料金80円で一日中楽しめるのは間違いなく北海道内ではここだけ

ちなみに、大人が子供と同じペースで走ったり飛び跳ねたりしていると、あっという間にばててしまうので要注意。

体力と時間があれば、こどもの谷のさらに奥にある森のすみかに行ってみましょう

森の中にある自然を利用した遊具がいくつもあり、大人も思わず童心にかえってしまうような場所です。

こどもの谷に関するさらに詳しい情報は、こちらの公式HPをご覧ください。

格安入園料の滝野すずらん公園中心ゾーン

子供向け遊具が充実している中心ゾーンですが、大人も十分楽しめる施設も揃っています

老若男女問わず人気なのが、東口休憩所裏側にあるパークゴルフ場

用具は近くのカントリーハウスで無料で貸し出してくれるので、誰でも楽しむことができます。

そう考えると、滝野すずらん公園有料ゾーン入場料410円(子供80円)も格安です

お花が大好きという方には、カントリーガーデンがおすすめ

カントリーガーデンでは『花と緑のある北のくらし』をテーマに、北海道を代表するおおらかな田園風景が再現されています。

季節によって咲いている花が違うので、1年に何回行っても楽しめます。

東口ゲートでは、歩行が困難な方・妊婦・高齢者の方に、無料電動カートの貸し出しもあります

園内はバリアフリーになっていて、ほとんどの場所に電動カートで行けるので、おじいちゃんやおばあちゃんと一緒に来ても楽しめる場所と言えるでしょう。

滝野すずらん公園無料ゾーンでBBQや滝巡り

滝野すずらん公園にバーべーキューをしに来たという方や、ちょっと森林浴をしたいというような方におすすめなのが、渓流ゾーン

このゾーンは、滝野すずらん公園内で唯一入場無料です。

渓流ゾーンに行くときの駐車場

渓流ゾーンでバーべーキューなどをする時は渓流口駐車場、レンタサイクルを借りるなら鱒見口駐車場に駐車すると良いでしょう

個人的には鱒見口駐車場に車を停めて、ぐるっと回るのがおすすめ

ちなみに平日は、駐車料金無料です。

滝野すずらん公園の自転車レンタルの受付はどこ

レンタサイクルの受付があるのは、鱒見口駐車場

ここで自転車を借りて、ぐるっと回ってまたここに戻ってくると、ちょうどよい運動になります。

料金が少し高くなりますが、今話題のファットバイクや、2人乗り自転車も貸し出してくれます。

ちなみに普通のママチャリだと、2時間で310円

渓流ゾーンには4つの滝があります。(現在、不老の滝は閉鎖中)

日本の滝100選に選ばれたアシリベツの滝も、無料の渓流ゾーンにあります。

滝をすべて回るためには、かなりの距離を移動しなければいけませんが、レンタサイクルだとゆっくり回っても1時間半もあれば十分

時間がなくてすべて回れないという方は、鱒見の滝だけでも見に行くことをおすすめします

鱒見口駐車場から800メートルほどなので、徒歩で行くことができますよ。

レンタサイクルを借りたい方で公共のバスで来られる方は、「鱒見の滝入り口」で降りてください

滝野すずらん公園のおすすめバーべーキューコーナー

滝野すずらん公園内の渓流ゾーン(無料ゾーン)の中には、バーべーキューができる炊事コーナーが3か所あります

一番大きいのが、ロッジゆきざきの裏側にある炊事遠足広場。

炊事遠足広場に限らず、炊事コーナーにはどこも上の写真のようなブロックが置かれていて、自由に使うことができます

炊事遠足広場でバーべーキューをされる方は、渓流口駐車場に車を停めるとよいでしょう。

駐車場からは少し距離があるのですが、誰でも使えるリヤカーを借りることができます。

ちなみにバーべーキューをするためバスで来る方は、「すずらん公園渓流口」で降りましょう

ロッジゆきざきには、レンタルコンロや炭・網などのBBQ用品、さらに肉や飲み物も販売されているので、手ぶらで来てもバーべーキューを楽しむことが可能。

ちなみに駐車場から一番近い炊事コーナーは、鱒見口炊事コーナー

こんな感じで、オートキャンプのように車のすぐ横でBBQができます。

あまり荷物を持って移動したくない方は、鱒見口炊事コーナーを利用するとよいでしょう

滝野すずらん公園の釣り堀

無料ソーンの渓流ゾーン内にある、アシリベツの滝に向かう途中にあるのが「釣堀フィッシング・タキノ」

ヤマメやニジマスを釣ることができ、時には30センチ越えの大物も上がります。

釣り上げた魚は、横のBBQコーナーで焼いて食べることもできますよ。

竿やエサの持ち込みはできないので注意しましょう。

札幌のおすすめ紅葉スポット滝野すずらん公園

四季それぞれの顔がある滝野すずらん丘陵公園ですが、ひときわ美しくなるのが紅葉の時期

園内どこに行っても、真っ赤に染まった美しい風景や、落ち葉のじゅうたんを体験することができます。

滝野すずらん丘陵公園以外の山々も赤く染まるので、晴れた秋の日にドライブがてら訪問するのがおすすめ

無料エリアでも十分楽しめますが、中心ゾーンのすずらんの丘展望台や、滝野の森(東エリア)の森見の塔まで足を伸ばすのもおすすめです。

滝野すずらん公園のオフィシャルツイッターでは、紅葉の見ごろ時期をつぶやいてくれるので、この時期にはこまめにチェックしておきましょう

滝野すずらん公園のゲレンデや冬のアクティビティ

北海道の公園というと冬は閉園しているところが多いのですが、滝野すずらん丘陵公園は冬でも楽しいアクティビティがたくさんあります

冬の滝野すずらん公園の駐車場は

冬に滝野すずらん丘陵公園でアクティビティを楽しみたい方は、東口駐車場に駐車するのがおすすめです。

こどもたちに大人気なのが、チューブそりやプラスティックそりで滑る、国内最大級の200メートルのロングそりコース

チューブそりやプラスティックそりは、もちろん無料でレンタル可能

200メートルを一気に滑り降りるコースに、大人も子供も夢中になること間違いなしです。

歩くスキーのレンタルも行われています。

靴とスキーがセットで、大人820円、中学生以下510円なので、気軽にチャレンジすることができます。

http://www.takinopark.com/?enjoy=act-w

小学生以下の子供や、スキー初心者の方でも滑走可能な、長さ250m平均斜度7度のファミリーゲレンデもあります

もちろんリフトも完備。

普通のリフトよりスピード抑え目のリフトなので、リフトデビューの子供の練習台にもおすすめ

北海道に初めて来られた観光客の方の、ゲレンデ体験にもおすすめです。

リフトは大人1回150円、子供1回100円、お得な回数券や一日券もあります。

また、大人2,570円、中学生以下1,540円でスキーと靴のセットレンタルもあるので、手ぶらで来ても大丈夫です

ウインターアクティビティ以外にも、氷結した滝を見に行くのもおすすめ

広い北海道でも氷結した滝を見れるスポットはなかなかないので、観光客の方は特に必見の場所と言えるでしょう。

滝野すずらん公園のおすすめまとめ

今回は札幌郊外にある北海道唯一の国営公園の、滝野すずらん丘陵公園を紹介しました

四季それぞれの楽しみ方があるので、特にお子さんがいらっしゃる方は、年間パスポートを買っても十分元が取れると思います。

清潔な多目的トイレや授乳室、ベビーカーや電動カードなどが完備され無料で貸し出してくれるのも、さすが国営公園といった感感じ。

老若男女誰が行っても楽しめる場所なので、しばらく行っていないという方はこの機会に是非足を伸ばしてみることをおすすめします。

滝野すずらん公園に行く途中にある、私のおすすめのお店がこちら

あっさりスパイシー系スープカレーが病みつきに!トムトムキキルのおすすめメニューやトッピングを紹介

最近札幌スープカレー界で大注目されているお店が、札幌市清田区にあるトムトムキキル トムトムキキルとは、アイヌ語でホタルという意味。 オープンした5年ほど前は、住宅街の中にある小さなお店でまさにホタルの ...

続きを見る

コッコテラスのベリーパンケーキ
【札幌おすすめスイーツ&卵】ちょっと遠いけど永光農園コッコテラスに行くべき理由やおすすめを厳選紹介

多くの人が大好きなタマゴ 当然我が家もタマゴ大好き夫婦。 今回はそんな我が家が、新鮮タマゴを求めて定期的に訪問するコッコテラスというお店を紹介します 札幌市郊外にありますが、絶対に行ってみて欲しいお店 ...

続きを見る

滝野すずらん公園も入っている、札幌おすすめ紅葉スポット4選

札幌国際スキー場の紅葉ゴンドラ
【2018】10月の札幌観光にもおすすめの間違いない紅葉スポット4選や見頃時期は

北海道の紅葉の見ごろと言えば、10月上旬から中旬 10月の中旬には初雪が降ることもあるので、紅葉の赤&雪の白のコントラストを楽しむことができることも。 なので10月に北海道・札幌旅行を計画されている方 ...

続きを見る

札幌のおすすめ観光スポット20選を本気で選んでみた結果分かったこと

【2018】札幌おすすめ観光スポット20選を地元が大好きなボクが厳選(自信あり)

北海道観光の中でも、メインになってくるのはきっと札幌市内観光 札幌市内には、どのガイドブックにも載っているような名所から、地元民しか知らないような穴場スポットまで、おすすめ観光スポットがいっぱい。 そ ...

続きを見る

子供と遊びに行くなら、秩父別町もおすすめ

ついにオープンした秩父別町のキュービックコネクションに行ってみた‼おすすめ遊具や注意点を徹底解説

昨年オープンしたキッツスクエアちっくるに引き続き、2018年7月にベルパークちっぷべつエリア内にオープンした、屋外遊技場キュービックコネクション 4億円以上の工費をかけて建設され、幅58メートル高さ1 ...

続きを見る

-北海道, 北海道アウトドア情報, 北海道グルメやおすすめスポット, 札幌のおすすめ

Copyright© ジョニーさんは北海道タイ間をパイパイマーマー , 2018 All Rights Reserved.