タイ知恵袋 海外旅行知恵袋

【LCCとは思えない】タイに行くならスクート航空で決まり‼なぜ今スクートがかなり熱いのか徹底解説しようと思う

投稿日:2017-02-08 更新日:

SCOOT(スクート)という航空会社を聞いたことがあるでしょうか。

私たち夫婦はスクートが大好きなのですが、それを他の人に言うと海外によく行く人でもそんな会社聞いたことないというリアクションをします。

まだまだ日本での知名度は低いのかもしれません。

今回はそんなスクート航空になぜ我が家がはまっているのかを、熱く説明したいと思います。

スクートとは

スクートは2011年3月に設立された比較的新しい航空会社。

シンガポール航空の子会社になります。

日本では、成田・関空・新千歳の3空港に就航。

タイ・バンコクへは、成田と関空から発着しています。

LCCですのでドンムアン空港発着になります。

シンガポールの航空会社ですのでシンガポール行きの便はもちろんですが、タイやマレーシア、オーストラリア、台湾などへの便も充実。

スクートの大きな特色は、大型の機材を投入してLCCでは珍しい中長距離飛行路線が多いということ。

用いられている機材はB787で、エアアジアなどで使われている小型機と比べて天井がかなり高いので、ゆったりと旅を楽しむことができます。

スクートのフライトプランは3種類

スクートエコノミー席の場合、次の3つのセットプランがあります。

  • Fly 運賃のみ
  • FlyBag 運賃+20kgまでの荷物が無料
  • FlyBagEat 運賃+20kgまでの荷物が無料+1食分の食事付き

3つのプランとも手荷物1個10kgまで、またはノートPCや手提げ袋などを含む手荷物2個合計10kgまで機内に持ち込めます。

個人的にはFlyBagEatが一番お得だと感じています。

食事を付けても、たいして値段が変わらないからです。

またチケット購入時に予約しておいた方が、安く機内食を付けることができます。

きっと直前に食べて搭乗したとしても、みんなが機内食を食べだしたらおそらく自分たちも食べたくなるので、機内食1食が付いたセットを私たちは予約しています。

座席も選ぶことができます。

まずはエコノミー席

(スクート公式HPより)

他のLCC(低コスト航空会社)と比べ大きく、フルサービス航空会社に匹敵するシートサイズになっています

私はこのスタンダード席で充分です

前回私が座った時の写真がこちら。

結構通常シートでも余裕があるのが分かるでしょうか。

6時間くらいのフライトなら全然問題ありません。

続いてスーパーシート

(スクート公式HPより)

スタンダード席の前方に設置されています。

スーパーシートはスタンダードシートと比較し、さらに最大30%大きなレッグルーム(ピッチ最大34インチ(86.36cm))を実現。

私が搭乗した便では、こんな感じでした。

結構空席が目立っていました。

ただ、勝手に座っている中国人乗客がいて注意されていました。

恥ずかしいのでそういうことはやめましょう。

そして最前列にあるストレッチシート

(スクート公式HPより)

プラス3000円程出せば、この席に座ることができます。

個人的には、スタンダード席で充分かなという気がします。

またエコノミー席のほかにスクートビズという、いわゆるビジネスクラスも用意されています。

そして、このスクートビズはエコノミー席にプラス1~2万円程で乗ることができます。

(スクート公式HPより)

このスクートビズは、以下のような特典が付いてきます。

  • 機内食&1ドリンク
  • 預け荷物が30キロまで無料
  • 機内持ち込み手荷物が15キロ
  • 優先チェックイン&搭乗
  • 機内エンターテイメントが無料
  • 座席シートの電源が無料

実際に次回のフライトで搭乗するので、報告をお待ちください。

スクートの機内食

LCC航空なので、スクート機内には飲食物の持ち込みは飲料水を含めすべて禁止

ただ実際には、みんな普通にドリンクを持ち込んだりお菓子なんかを食べていましたが、全く注意されていませんでした。

私たちも最初はこそこそと水を飲んでいましたが、後半はテーブルの上に出しっぱなしにしていました。

飲み物を買うと250mlでも300円位するので、直前にある売店で何か買ってから乗り込んだほうが良いでしょう

ちなみに機内食メニューはこちら

正直に言いますが、機内食はおいしくありません。

実際に食べた機内食がこちら。

このビーフとマッシュルームのラザニアはまあまあ。

そこまで美味しいわけではありませんが…

鶏肉の蒸し煮ライス添えは、半分以上残しました。

あまりおすすめできません。

機内を見回すと、カップラーメンを食べている人が結構いました。

もしかしたら、下手に機内食を頼むよりもカップラーメンのほうが美味しいかもしれません。

※追記 スクートの機内食は前よりだいぶん美味しくなりました。普通にまた食べたいと思える機内食も多くなってきました。

スクートのセールを見逃すな

スクートはかなりの頻度でセールを行っています。

通常料金でもかなりリーズナブルなのですが、セールの時はさらにお安くなります。

例えば成田⇒バンコクが12,500円程で行けたり、関空⇒バンコクが9,900円になったりします。

セール時にはスクートビズも安く販売されます。

成田⇒バンコクのビジネスクラスが25000円弱、関空⇒バンコクのビジネスクラスも22,500円で買えたりするときもあります。

スクートのニュースレターに登録しておくなら、そのようなセールを見逃すことはないでしょう。

乗るかどうかはともかくとして、スクートのニュースレターに登録だけはしておきましょう。

私たちも、セール時にかなり先のフライト分までまとめて買うようにしています。

まとめ

日本からバンコクに行く便は、成田(毎日)か関空(週3)からの出発になります。

成田を9時台に出発すれば、バンコク・ドンムアンに15時頃到着します。

関空出発の場合18時台の出発で、バンコクドンムアンには22時頃の到着になります。

できるだけ快適なフライトにして、その日のバンコクの夜を思う存分楽しみたいものです。

夜遅くバンコクドンムアンに到着する場合は、空港内か近くのホテルで1泊したほうが良いでしょう。

深夜着や早朝発の方必見‼ドンムアン空港周辺のコスパに優れたホテルを紹介。タクシー移動が不安な方も安心です

LCC航空のタイ・バンコクの窓口ドンムアン空港。 飛行機の到着時間によっては、ドンムアン空港近くで1泊したいということもあるでしょう。 今回はそんな方のために、空港内にあるホテルを2つと空港近くのおす ...

まだまだ知名度は高くないスクートですが、恐らく今後さらに日本の様々な空港に就航するにつれ、どんどん人気も上がってくると思われます。

東南アジアに行く時はエアアジア一択だったという方も多いかもしれませんが、スクートの広い座席を味わってしまったらエアアジアには戻れなくなるかもしれません(笑)

今度東南アジア行きのチケットを探すときには、是非スクートという選択肢も加えてみてください。

ちなみに今スクートの航空券を買うなら、HISが運営しているSurprice (サプライス)経由で買うのが絶対におすすめ

スカイスキャナーなど比較サイトで検索すると、サプライスの航空券は最安値に近い値段で販売されていますが、さらに定期的に配布されている3000円オフクーポンなどを使うとかなりお得に購入することが可能

しかも何回でもクーポンは使えるので、2人分のチケットを取るときは1枚ずつ購入すればさらにお得に買えちゃいます。

我が家もこの方法を使いましたが、座席指定の時に隣にすれば全く普段のフライトと変わりませんでした。

サプライスの公式HPはこちら

今現在最もお得に海外航空券を買うことができる方法とは

初めて行く国だと個人ですべて手配するのは至難の業なので、ツアーを探す方も多いことでしょう。

ただ希望通りのツアーを見つかっても、予算の関係や日程・タイミングの関係で泣く泣く妥協しなければいけないこともよくあるはず

そんな方に妥協する前に試してみて欲しいのが、タウンライフ旅さがしの海外旅行プラン無料提案申し込み

タウンライフサービス旅さがしとは今話題の海外旅行プラン一括依頼サイト。

行きたい都市や希望の日程・予算・出発空港などを一回入力するだけで、要望に完全にマッチした個人手配では実現できないレベルの旅行プランを複数の旅行会社が提案してくれます。

食事や添乗員の有り無しだけでなく、ホテルや航空券のランク指定、現地で行きたい場所ややりたいことを具体的に指定することができるので、こだわりをすべて詰め込んだ思い出に残るオリジナルツアーにすることができます。

もちろん旅行期間の一部分だけをツアーの形にすることも可能。

新婚旅行など一生の思い出に残る旅行の場合は特に、妥協せずに無料のツアープランだけでも立ててもらうのがおすすめです

深夜初のスクートビズに乗った搭乗レポートがこちら。快適すぎて病みつきになりそう

【スクートビズ搭乗記】夫婦で格安ビジネスクラスに乗った感想とプラス1万円払う価値があるかどうかを徹底検証してみました

スクート(SCOOT)というLCC航空会社はまだ日本でもなじみがない方が多いかもしれませんが、非常にコスパがよく我が家もよく利用しています スクートには、通常のビジネスクラスに相当するスクートビズとい ...

深夜便エコノミー席にも乗って寝心地を検証してみました

スクートバンコク発深夜便エコノミー席は熟睡できるのか実際に試してみた

我が家はここ最近は、LCC航空スクートのビジネスクラス「スクートビズ」を利用して日本とタイの間を行き来しています。 スクートビズの優先搭乗や優先降機サービスのおかげで入国審査にいち早く並べたり、機内サ ...

スクートビズ日中フライト搭乗記レポートはこちら。日中移動なら絶対スクートビズの方がいいですね‼

【スクートビズ搭乗記】日中フライト便なら絶対にスクートビズの方がおすすめ。精神的な余裕と身体疲労が全然違うよ‼

我が家がタイに行くときによく利用するスクート航空ですが、今回初めてスクートビズ(スクートのビジネスクラス)の日中フライト便(成田⇒バンコク)に搭乗 深夜便とはまた一味違ったフライトになったので、徹底レ ...

関空からもバンコク行きの便が飛んでいます。乗ってみて分かったメリットとデメリットとは

初めて関空発バンコク行きのスクート便に乗ってみた‼乗ってみてわかったメリットやデメリットといま一番おすすめのスクート機内食を紹介します

タイに行くときに我が家がよく利用するLCC航空会社のSCOOT(スクート) いつもは成田発のスクート便を利用するのですが、今回初めて関空発のスクート便に搭乗しました。 ちなみに18時台に出発するのも初 ...

オフシーズンの安い時だったらタイ航空に乗るのもありですね

【タイ航空深夜便搭乗レビュー】さすが安定のタイ航空、絶品機内食からスワンナプーム空港での国際線への乗り継ぎで知っておいた方がいいことまでまとめました

タイと北海道を移動するのに最も楽なのは、間違いなくタイ航空を使った移動 ※2018年4月よりエアアジアが新千歳-バンコク便を運航することが決まったので、今後はこれも選択肢に入ってくることでしょう その ...

エアアジアも少し追加料金を払えば、かなり快適なフライトになりますよ

エアアジア新千歳発クアラルンプール行き便搭乗レビュー。実際に乗ってみて分かった指定すべき座席やお得にチケットを取る方法とは

現在世界最高のLCC航空(ローコストキャリア航空)と言えば間違いなくエアアジア 航空業界のオスカー賞とも言われている「ワールドベストローコストエアライン(World's Best Low Cost A ...

The following two tabs change content below.
ジョニー

ジョニー

北海道とタイが大好きで、行ったり来たりしているアラフォー男子で、妻と二人暮らし。
フリーランスの整体師で、いずれタイマッサージも極めてみたいと思っている。
夫婦とも、美味しいものとお酒が大好きで、スマホのアルバムも気づけば食べ物の写真ばかり。コスパが良いものにも目がない。

-タイ知恵袋, 海外旅行知恵袋

Copyright© ジョニーさんは北海道タイ間をパイパイマーマー , 2018 All Rights Reserved.