北海道観光 新千歳空港

新千歳空港から30分以内で行けるおすすめの道の駅を2軒紹介!車中泊にもおすすめだよ

投稿日:2017-05-22 更新日:

北海道に旅行に来て、レンタカーを借りて移動される方も多いと思います。

今回はそんな方の時間調整に役立つ、新千歳空港周辺の人気の道の駅を2つ紹介します

両方とも空港から30分以内で行ける道の駅でして、他の道の駅にはない特徴があるおすすめのスポットですよ。

新千歳空港近くの人気ホテルをチェック

おすすめ道の駅「サーモンパーク千歳」

サーモンパーク千歳

休館日 年末年始(12月29日~1月1日)

開館時間 9:00~20:30(一部店舗は18:00まで営業)

※コンビニエンスストアは24時間営業

サケのふるさと千歳水族館 9:00~17:00

千歳空港から20分弱の場所に新しくできた今話題の名所、それが千歳市の道の駅「サーモンパーク千歳」

2015年にリニューアルした、本格的なグルメも味わえる話題の道の駅です。

サーモンパーク千歳のフードコート&直売所

道の駅に入るとまず目に入るのは広いフードコート

本格的なフードコートで、わざわざ市外からも「サーモンパーク千歳」にご飯を食べに来る人がいるほど。

スープカレーの名店「奥芝商店」や讃岐うどんと豚丼のお店「ぶたドゥ」など北海道で大人気の7店舗が入っていまして、どこで食べるか迷うこと間違いなし。

CHECK!奥芝商店 鮭公園の口コミやクーポンを食べログで確認

CHECK!ぶたドゥの口コミやクーポンを食べログで確認

地元千歳で大人気のソフトクリームショップ「ミルキーベル細澤牧場」も入っています。

千歳産の牛乳100%で作られていて、あっさりより濃厚なソフトクリームが好きな方に特におすすめ。

CHECK!ミルキーベルの口コミやクーポンを食べログで確認

入口から入って左側には、千歳の農産物直売所の「旬彩の館」と北海道のいいものが集まったファクトリーマーケット「KANTO」があります。

道の駅でしか買えない北海道の名産品も買うことができますよ。

ちなみに余談ですが、トイレもめちゃくちゃおしゃれ。

おむつ交換コーナーや授乳室も、もちろん完備。

さらに子供専用のトイレや子供たちが遊べるキッツスペース、子供達が夢中になってみてしまうプロジェクションマッピングなどもあります。

ピザドゥの本格窯焼きピザがおすすめ

私たちがわざわざ食べにくるピザ屋さんも、この「サーモンパーク千歳」の中にあります。

ピザドゥというお店でして、特に平日ランチタイムはおすすめのセットメニューがあってとてもお得

CHECK!ピザドゥの口コミやクーポンを食べログで確認

もともとピザドゥは、札幌から2時間以上離れたところにある黒松内町の道の駅で、大人気になったお店

私たちもわざわざこのピザを食べるために黒松内町まで行ったことがありますが、ランチタイムを外しても90分待ちでした。

ピザドゥの特徴は、なんといっても本場イタリア製のまき窯で焼き上げるということ

だからほんのりまきの香りがして、表面はパリッ中はモチモチです。

食べていると手が真っ黒になりますが、それがいいんです!

ランチタイムはピザ一枚の値段で、ドリンク2つとサラダかデザートが2つ付きます

ここのサラダはとても美味しいので、サラダを無料で付けてもらいデザートは別で頼むのがおすすめ。

ちなみにピザドゥのピザは1枚で2人分ありますが、ランチサービスとしてSサイズが始まったので、今まで一人では食べきれないから諦めていた人も安心して入ることができます。

ラザニアやグラタンもおいしいのですが、ピザのボリュームがあるのでなかなか同時に頼めないのが悩ましいところ。

3人くらいで行くとちょうどいいのかもしれません。

今回は炭火焼チキンのシルベスター(1550円)にしましたが、間違いない美味しさですね。

一人800円程でピザをお腹いっぱい食べられて幸せです♪

食べ残してもお持ち帰りできるので安心です

CHECK!ピザドゥの口コミやクーポンを食べログで確認

サケのふるさと千歳水族館は絶対行くべきスポット

時間があれば是非見学してほしいのが、道の駅の右側にある「サケのふるさと千歳水族館」

公式サイトはこちら

道の駅の名前が「サーモンパーク」ということからも分かるように、千歳市は昔からサケ漁で有名な都市

しかも伝統的なインディアン水車を使った漁が行われています。

道の駅の裏手にある千歳川には8月下旬~12月上旬まで、サケを取るために使われるインディアン水車が設置されています。

私も小学生のころ学校の見学旅行できたことがありますが、サケのふるさと千歳水族館は札幌の小学生はわざわざ見学に来るような施設。

タイミングが良ければ、サケが水車に入ってくる瞬間に立ち会えるかもしれません。

これは、子供はもちろん大人も興味津々の設備ですね。

水族館は有料ですが淡水魚の水槽としては日本最大級の大きさを誇り、普段見ることのできない川の中を直接観察できる日本発の「水中観察ゾーン」もあります

画像はサケのふるさと 千歳水族館HPより

大人800円はちょっと高いように感じるかもしれませんが、特に夏から秋にかけてのサケの遡上の時期ならむしろお得

というのもサケが川を登っている姿を、実際に水中から見ることができるからです。

こんな施設はほかにありません。

外見からは想像が付かないほど本格的な水族館で、特に子供には一生の思い出になるはず。

もちろんタイミングが悪ければ小さい魚しか見えないこともありますが、自然相手なのでしょうがないですね・・・。

おすすめは10月中旬以降

これでもかっていうくらいサケが遡上してきます!

観光客の方にはもちろんおすすめですが、北海道在住の方で行ったことがない方にも是非おすすめしたい場所の一つです。

ちなみにこのクーポンやJAFの会員証を持っていけば一人200円割引でお得に入ることが可能。

最大2か月間無料体験中のデイリーPlusや、全国120万件以上の優待特典が使い放題の駅探バリューDaysでも、割引クーポンをゲットすることができるのでおすすめです。

道の駅「サーモンパーク千歳」が車中泊に適している4つの理由

道の駅「サーモンパーク千歳」は昼間はもちろん混雑していますが、夜も車中泊者が多いためかなり混雑します。

車中泊に適した道の駅にはいくつか条件があるのですが、道の駅「サーモンパーク千歳」はその条件をかなり満たしていると言えるでしょう。

道の駅「サーモンパーク千歳」はコンビニ併設

 

道の駅の左側にはローソンがあり、その横には24時間使えるトイレがあります。

この前あたりが車中泊者に1番人気のポジション

ちなみに車中泊者が多いので、このローソンの品揃えはそれを意識してか少し他のところとは違います。

是非寄ってみてください。

サーモンパーク千歳は無料WiFiあり

上の写真は、ローソン前の駐車場で撮った私のスマホのスクリーンショット。

駐車場全域ではありませんが、建物に近いところでは十分道の駅の無料wifiの電波を拾うことができました

しかも、かなり高速でネットすることができました。

パスワードもないので誰でも接続できるでしょう。

千歳道の駅近くの入浴施設

サーモンパーク千歳は車でほんの数分のところに、末広湯という銭湯があります。

11:30~23:00の営業で、火曜日が定休日

歩いても行ける距離なので、一杯飲んでしまったあとでも大丈夫。

車で移動できる方なら、『千歳の湯 えん』がおすすめ

道央道千歳ICの出入り口の手前にあり、10:00~23:00の営業で定休日はなし

私が千歳で行ったことのあるスーパー銭湯の中では、一番広々としていてくつろげました。

銭湯価格で入れますし、手ぶらで行っても大丈夫なセットもあるのでおすすめです。

新千歳空港から近い

夜千歳に到着してレンタカーを借りて、本格的に動くのは次の日からという方も多いことでしょう。

そんな方には、空港から20分ほどで着くこの立地は魅力的でしょう。

夜になると交通量もグッと落ちてかなり静かになるので、音が気になる方にもおすすめ

周りにも同じような人がたくさんいるので、変な公園で泊まるよりはずっと安全だと思います。

北海道観光用の乗り捨て可能な格安レンタカーを探す方法や注意点

続きを見る

苫小牧市の道の駅「ウトナイ湖」は白鳥観察やとまチョップにも会えるスポット

道の駅 ウトナイ湖

休館日 年末年始(12月31日~1月2日)
開館時間 9:00~18:00(3月~10月) 9:00~17:00(11月~2月)

2つ目に紹介するのは、休憩するだけではなく白鳥観察もできる苫小牧市の道の駅「ウトナイ湖」

どんなにゆっくり走っても、空港から30分以内で着くでしょう。

入口では、苫小牧市の公式キャラクターのとまチョップが迎えてくれます。

そして顔をはめて写真が撮れるボードもあり、きっといい記念になることでしょう。

ちなみに、とまチョップの名前の由来はこんな感じ。

役職は、苫小牧市観光大使&副市鳥

北海道でも人気の高いご当地キャラです。

オフィシャルサイトはこちら

ウトナイ湖で野鳥観察

ウトナイ湖はラムサール条約に登録されている湿地で、たくさんの野鳥、特に白鳥を観察することができます

そして道の駅の裏側には、そのウトナイ湖が広がっています。

この通路の奥がウトナイ湖。

私が行ったときにも、白鳥が飛来していました。

身近で白鳥が観れるスポットは、北海道にもなかなかありません。

道の駅の中から野鳥観察することもできます。

でも、やはり一度は湖畔まで足を伸ばしてみることをおすすめします。

ちなみに道の駅の配置図によると、湖畔まで行けばポケモンGOのジムがあるということなので、自分のポケモンを置いてくるのもいいかもしれませんね。

看板にも注意書きとして載っていますが、野鳥に餌をやるなどの行為は絶対にダメです。

ルールを守って自然とふれあいましょう。

苫小牧名産のホッキグルメを食べつくそう

苫小牧市と言えば、有名なのはホッキ貝を使った創作グルメ

道の駅「ウトナイ湖」には、王道ホッキ貝グルメから他にはないようなものまでいろいろと揃っています。

外にある売店では、苫小牧ホッキグルメの定番「ホッキカレー」が食べられます。

北寄貝のダシがしっかり出たカレーは、きっとハマると思います。

また、こちらのお店で売っている「北寄玉」はおすすめ。

たこ焼きのタコの代わりにホッキ貝が入っているだけかと思いきや全く別物。

シンプルにホッキ貝の美味しさを味わえるメニューです。

道の駅の中にあるPlaisir(プレジール)というテイクアウトコーナーにも、創作ホッキグルメがたくさんあります。

ここで買ったホッキライスバーガーとホッキチャウダー。

特にホッキチャウダーは、寒い日におすすめの1品です。

大盛りフードファイターは「海鮮パーク」へ

海鮮パーク

営業時間 9:00~17:00(冬期間は15時まで)

CHECK!海鮮パークの口コミやクーポンを食べログで確認

入口を入って右側にある、一見小さなお店に見える「海鮮パーク」

このお店は実はファンが多く、有名人も多く訪れているお店。

お店の壁には、色紙がびっしり貼られています。

ここの名物メニューがかに玉丼

普通盛り(ご飯約一合)も、男盛(ご飯約2合)も料金は変わりません。

それどころか、食べられるぶんだけご飯をどんどん盛ってくれて料金はそのまま。

私もチャレンジしたかったのですが、この「かに玉丼」には長ネギが入っているとのこと。

長ネギが嫌いな私は、泣く泣く断念しました。

海鮮パークには、かに玉丼以外にも押し寿司メニューもありこちらも大好評。

特に「かにの押し寿司」や「かにの寿司盛り合わせ」は、1080円という安さながらふんだんにカニの身を使っていて、かなりお得な一品です。

道の駅ウトナイ湖には空港に売ってないお土産がたくさん

道の駅「ウトナイ湖」をおすすめするもう一つの理由は、北海道でしか買えないお土産が空港よりもリーズナブルに買えるということ

中にはこの道の駅でしか買えないものもあります。

もちろん全国発送にも対応しているので、冷凍物でも安心です。

私がおすすめなのは、テイクアウトコーナーPlaisir(プレジール)の物販コーナーに売っている商品。

いろいろあるのですが、イチオシは「ジンギス豚」という豚肉のジンギスカン(500g830円)

ラムのジンギスカンが苦手という方にもお勧めしたいですが、ジンギスカンの味付けが大好きだという方にもこの豚のジンギスカンはおすすめ。

さらに、冷凍のホッキカレーもかなり美味しいです。

実は何度か自分でチャレンジしたことがあるのですが、カレーを作るときにただホッキ貝を入れるだけではこの味は出ないんですよね…。

かわいいとまチョップグッツも、きっとお土産に喜ばれることでしょう。

新千歳空港近くのおすすめ道の駅2選まとめ

新千歳空港から、車で30分以内のおすすめ道の駅を2つ紹介しました。

車で道内を移動されている方には、是非立ち寄ってほしい道の駅。

特に北海道でホッキ貝をまだ食べていないという方は、是非道の駅「ウトナイ湖」でホッキ貝創作グルメを堪能なさってください。

小学生のお子様がいる方には、千歳のサーモンパークも絶対におすすめです。

千歳サーモンパークのフードコートで食べられる奥芝商店の魅力を紹介

最も勢いのある札幌スープカレーの名店「奥芝商店」のおすすめメニューとは

続きを見る

千歳空港から約45分のところにある幸寿司の海鮮丼がすごすぎる

恵庭の幸寿司の限定海鮮丼
【恵庭】幸寿司の海鮮丼(限定30食)のコスパとルックスがありえない件について

続きを見る

新千歳空港グルメ完全ガイド!食べないと後で後悔する本当に美味しいものだけを紹介

新千歳空港グルメ完全ガイド!食べないと後で後悔する本当に美味しいものだけを紹介

続きを見る

新千歳空港で買える本当に美味しい人気お土産まとめ!ここでしか買えない限定商品も多数紹介

新千歳空港で買える本当に美味しい人気お土産13選!ここでしか買えない限定商品も多数紹介

続きを見る

千歳市内で美味しいお寿司を安く食べたいときには回転寿司ランチがおすすめ。回転寿司とは思えないくらいハイレベル

海天丸・北々亭の平日限定ランチがお得すぎる!なんとワンコインから寿司ランチが食べられます

続きを見る

札幌おすすめ観光スポット20選を地元が大好きなボクが厳選(自信あり) 

札幌おすすめ観光スポット20選を地元が大好きなボクが厳選(自信あり)

続きを見る

小樽のおすすめ寿司店7選!老舗から回転寿司まで地元民が通う本当においしいお店とは

小樽のおすすめ寿司店7選!老舗から回転寿司まで地元民が通う本当においしいお店とは

続きを見る

札幌近郊で採れたて農産物が買える道の駅3選

【札幌90分圏内】農産物直売所が充実しているおすすめの道の駅3選

続きを見る

新千歳空港近くの人気ホテルをチェック

誰でもできる外食代を半額にする方法

当たり前ですが外食はお金がかかるので、なかなか頻繁には行けません。

ですがファンくるに登録して以来、我が家は月に数回ですが約半額で外食を楽しめています。

ファンくるは覆面調査紹介のサイトなのですが、札幌の案件は特に居酒屋系が充実。

写真を撮ったりアンケート(約60問程度)に答える必要がありますが、飲食代が半額~70%還元になり、案件によっては無料になることも。

先日も札幌市内の某焼き鳥居酒屋を覆面モニターしてきましたが、実質ほぼ無料で思う存分食べ飲みできました。

グルメ以外にもエステやマッサージが実質半額で受けられたり、新商品サンプルモニターなどの案件が充実。

利用者側にはメリットしかないサイトなので、登録しておいて損はないでしょう。

詳しくはコチラ

登録するなら今がチャンス

ここ数年で瞬く間に広がったキャッシュレス決済ですが、あまりにも種類がありすぎて圧倒されている人も多いはず

もし一つだけ登録するとしたら、おすすめなのは毎回の支払いで最大3%戻ってくるpaypay一択!

還元率だけでなくセイコーマートとセブンイレブンの両方で使えるというのが、道民にとっては嬉しいポイント

今なら新規登録と1週間以内の銀行口座登録で、なんと1000円相当プレゼント実施中

iPhoneの方はコチラ

アンドロイドスマホの方はコチラ

▼姉妹サイト「ジョニコミ」でPayPayが使えるようになったセブンイレブンのおすすめ商品を詳しく紹介

CHECK!【最新】セブンイレブンの低カロリーおすすめダイエットメニュー10選

CHECK!家飲みするなら買い出しはセブンイレブンへ!ビールに合う最強おつまみを厳選紹介

北海道で今人気のアクティビティ

北海道で楽しい思い出を作りたいときは、積極的にアクティビティ体験を申し込みましょう。

現地で申し込むことができるものもありますが、確実に参加できるよう事前にじゃらんでチェックして予約を済ませておくのがおすすめ!

じゃらんでいま特に人気があるアクティビティベスト3は……

知床五胡

世界自然遺産「知床」の絶景を海側から観光できます。

大型船で揺れも少ないのでおすすめ。

≫≫知床観光船おーろらの詳細はこちら

小樽青の洞窟クルージング

小樽「青の洞窟」は海からしか見ることのできない、小樽人気の絶景スポット。

手つかずで残っている1500万年前の大自然の迫力に、思わず感動してしまうこと間違いなしです。

小樽「青の洞窟」クルーズには、クルージング体験以外に釣り体験付き・シュノーケリング体験付きなどいくつかのプランがあるので、好みに合わせて選択しましょう。

≫≫小樽「青の洞窟」クルーズ体験の詳細はこちら

ニセコでラフティング体験

ニセコの代表的なアウトドアといえばやっぱりラフティング。

最大7名乗りのボートで協力して尻別川約8キロを漕ぎ下るコースは、控えめに言っても迫力満点。

ボートには必ずガイドが同乗するので、安全に楽しくラフティングを楽しむことができますよ。

≫≫北海道の大自然を満喫!尻別川【ニセコ・ラフティング】の詳細はこちら

じゃらん割引クーポン

じゃらんを利用するとポイントが貯まるのでお得に予約できますが、時折配布されているクーポンを利用するとさらにお得に!

なので、予約を完了させる前にじゃらんの割引クーポンが出ていないか必ずチェックしましょう。

じゃらんの割引クーポンをチェック

じゃらんの北海道人気アクティビティランキング

 

3か月無料体験中!みんなの優待

会員制割引クーポン使い放題サービス「みんなの優待」(月額490円)の無料体験期間が、今だけ3か月に大幅延長されています(通常は1か月)

※6月30日までの期間限定 好評の場合は夏まで延長予定!

もちろん3か月の無料体験期間中内に解約すれば料金は発生しません。

道内のレジャー施設や飲食店のクーポンがたくさんあるので、申し込むなら今がチャンスかなと思います

≫【今だけ3か月無料体験中】みんなの優待

-北海道観光, 新千歳空港
-

Copyright© さつろぐ~ジョニーさんの札幌ブログ , 2019 All Rights Reserved.