イタリア周遊旅行記

イタリア周遊8日間旅行記⑦ローマの地下鉄の注意情報や共通券の買い方と穴場絶景スポットとは

投稿日:2016-09-28 更新日:

イタリア周遊旅行記⑥はこちら

ちょっと残念なローマのホテルで、かなり残念なコンチネンタルブレックファーストをいただいたツアー5日目の朝。

この日は午前中は半日自由行動なので、我が家は念願だったコロッセオ方面に行きます

ローマで地下鉄初体験

コロッセオ駅は、テルミニ駅から2駅のところ

地下鉄の切符を販売機で買うのにはかなり不安だったのですが、偶然添乗員さんも同じ方向に行くとのことで、教えてもらいながら購入完了。

地下鉄で不安なのは、切符を買うことだけではありません。

トレヴィの泉なみに、ローマの地下鉄にスリが多いとのこと

しかも複数犯で、周りの乗客も助けてくれないという話を聞いて、かなり不安になります

今回は他にも2組コロッセオ方面に行く人がいたので、みんなで固まって警戒オーラを出しまくって、無事到着することができました。

ホームには、銃を持った警官に職務質問されている黒人の人が。

日本ではあまり見ない光景で、気が引き締まります。

ローマの地下鉄には、できるだけ複数で乗ったほうが良いでしょう

ちなみに、地下鉄走行中にバイオリンを演奏して、その後車内の乗客にチップを要求する人も。

視線を合わせず、無視するのがおすすめです。

共通券はフォロ・ロマーノで買おう

コロッセオ駅周辺の観光スポットといえば、コロッセオ・パラティーノの丘・フォロ・ロマーノ

そしてこの3施設共通券(2日間有効)が12ユーロで販売されています

たとえ半日しか観光しなくても、この共通券はお得なので絶対買うのがおすすめ。

この共通券は各施設で買うことができますが、並んでいる列の長さが全然違います。

コロッセオの券売り場には、かなりの長蛇の列がどの時間でも出来ています。

一方、少し丘を登ったところにあるフォロ・ロマーノの券売り場はたいていガラガラ。

なのでフォロ・ロマーノで共通券を買い、フォロ・ロマーノ→パラティーノの丘→コロッセオの順で見学するのが、最も効率の良い周り方と言えるでしょう

ヴィットリアーノ(イタリア統一記念堂)はおすすめ穴場スポット

フォロ・ロマーノの券売り場で共通券を買った後、そのまますぐに施設内に入ることもできます。

しかし、もう少し足を伸ばし、ヴィットリオ・エマヌエーレ2世記念堂(イタリア統一記念堂)に行くのが個人的におすすめです

ヴィットリアーノは、ローマの中心にそびえ立ちランドマーク的な建物で、なんと無料で入ることができます。

大理石の階段をどんどん登っていくと、フォロ・ロマーノやローマ市街を一望できる屋上に出ます

このフロアにはカフェテリアがあって、素晴らしい眺望を楽しみながらエスプレッソや軽食を楽しむことが可能。

さらにこのフロアにはパノラマエレベータがあって、私たちが行った時は一人7ユーロで最上階に登ることができます

65歳以上は半額の3.5ユーロとのこと。

これから行くフォロ・ロマーノも一望できる、絶景スポット

実はこの場所は、ツアーの添乗員さんも知らなかったので、あまりメジャーではないのかもしれません

無料のトイレもあり、博物館も併設されているので、かなりおすすめの穴場スポットと言えるでしょう。

フォロ・ロマーノは日傘必須

ヴィットリアーノを後にし、フォロ・ロマーノに向かいます。

フォロ・ロマーノはかなり広いですが、トイレが少ないので見つけたら入っておきましょう

またかなり歩きますし、日陰もほぼないので、日傘や水分などを持ち歩くのがおすすめ

イタリアの紫外線は、半端じゃありません。

こんな感じの遺跡がゴロゴロ転がっています。

コロッセオを見てからフォロ・ロマーノを見ると、ちょっと感動が薄れそうな気がするので、先にこちらから見るのがおすすめ

フォロ・ロマーノ~パラティーノの丘は、連続して見学することができます。

サラっと見て1時間半くらい、じっくり見たら半日以上かかるでしょう

本来であれば一つ一つじっくり見たかったのですが、このあとコロッセオも控えていたので駆け足で回ります。

なんか全てが凄すぎて、感覚が若干麻痺。

かなり駆け足で、しかも半分位はスルーして、泣く泣くフォロ・ロマーノを後にすることに。

次回訪れた時には、もっとしっかり見たい場所の一つ。

できればオーディオガイドも借りて、それぞれの遺跡の背景を知った上で見ると、より味わい深く楽しめる場所と言えるでしょう。

イタリア周遊8日間旅行記⑧コロッセオ見学で注意しなければいけないこととは

イタリア周遊旅行記⑦はこちら フォロ・ロマーノを駆け足で通過したあと、ついに念願のコロッセオに入場 この旅の中でも楽しみにしていた場所の一つなので、テンション上がります。 この記事を流し読み1 ローマ ...

続きを見る

-イタリア周遊旅行記

Copyright© ジョニーさんは北海道タイ間をパイパイマーマー , 2018 All Rights Reserved.