パイパイマーマーとはタイ語で行ったり来たりという意味。北海道とタイをこよなく愛するジョニーのブログです。お得な情報や、目からウロコの情報を中心に更新中

ジョニーさんは北海道タイ間をパイパイマーマー

クラビー タイ知恵袋

クラビに行ったら絶対に外せないアイランドホッピング。失敗しないツアー選びに役立つ情報を中心におすすめをまとめました。

投稿日:

AD728×90




クラビに行ったら絶対にやってほしいことの一つは、アイランドホッピングツアーです。

というか、アイランドホッピングしないなら、クラビじゃなくてもいいのでは…というくらいおすすめです。

クラビには130以上の島がありますが、今回は私たちが行ったホン島ツアー情報を中心に、アイランドホッピングに行くうえで、知っておいた方が良い情報を紹介します。

(今回の記事は、アオナンビーチ発着のツアー情報になります)

クラビのアイランドホッピングツアーとは

クラビのアイランドホッピングツアーは、数えきれないくらい種類がありますが、どこのツアー会社でも扱っているのは、以下の3つのツアーになります。

  • ピピ島を中心にMAYAビーチやバンブー島など7か所を周遊 1800バーツ~
  • ポダ島・タップ島・チキン島・プラナン島の4島巡り 800バーツ~
  • ホン島を中心に4か所を周るツアー 1200バーツ~

ロングテールボートにするか、スピードボートにするかによっても、料金は変わってきます。

スピードボートの方が早く着きますが、ボンボン跳ねるので、酔いやすい人はロングテールボートのほうが良いでしょう。

また、ほとんどのツアーには、以下のものが料金に含まれています。

  • ホテルからボート乗り場への送迎
  • シュノーケル用具
  • ライフジャケット
  • 昼食・フルーツ・飲料水1本
  • 英語ガイド

水着や、日差しを避けるものや、タオルなどは、持参しなければいけません。

また、入島料がかかる島もあるので、現金もある程度持参したほうが良いでしょう。

まずは行きたい島を決めよう

 

とりあえずアイランドホッピングに行ってみたいという方は、比較的アオナンビーチ周辺の4島を周る、「ポダ島・タップ島・チキン島・プラナン島の4島巡り」が良いでしょう。

ボートに乗る時間も他のツアーに比べて短くて済むので、酔いやすい人にもおすすめです。

ツアーがたくさんありすぎて決められない…という方は、行きたい島をいくつかピックアップしてみましょう。

ツアー受付窓口の人に、行きたい島を伝えれば、それに合ったツアーを提案してくれるでしょう。

もし、ツアーがないと言われたら、別のところに行きましょう。

いくつものツアー会社があり、すべてのツアーを一つの窓口で取り扱っているわけではないからです。

また、行きたい島によっては、ツアーではなくその島に行くボートを予約したほうが、経済的な場合もあります。

アイランドホッピングツアーの予約や値段交渉

よほどの繁忙期でない限り、予約は前日で大丈夫です。

さすがに当日いきなり行くのは厳しそうですが、前日の夕方の予約でも大丈夫なことが多いので、しっかり考えて決めましょう。

ちなみに、料金は交渉次第でディスカウント可能です。

特に、複数人数で申し込む場合は、少し強気の値段交渉で行った方が、安く行くことができるでしょう。

ツアー斡旋所はいくつもあるので、1か所断られても、何か所かまわってみると良いでしょう。

ちなみに私たちは、一人1500バーツのツアーを、750バーツまでディスカウントに成功しました。

アオナンビーチにいるツアー詐欺まがいに注意

アオナンビーチなどにいると、自称ツアーガイドだという、怪しいおじさんが近づいてくることがあります。

ガイドライセンスのようなものを見せてきたり、いろいろと魅力的な条件を出して、その場で契約させようとします。

私たちは5人で動いていたのですが、5人だけのプライベートボートを出してくれるとか、入島料をタイ人価格にしてあげる…、ということだったので、怪しいなと思いながらもお金を前払いしました。

翌朝、ボート乗り場まで行ってみると、私たちのツアー申し込みはされていましたが、他の団体と一緒のロングテールボートツアーになっていました。

怪しいおじさんの携帯にかけても、電源が切られています。

ボート乗り場の人に事情を話したら、再度おじさんに電話したり、会社の方に無線で連絡してくれたりしましたが、結局繋がりませんでした。

ちなみにこのおじさん、その日の夕方頃に電話かけてきて、こっちが何で電話に出ないのか追及すると適当にごまかし、さらに翌日のアイランドツアーを勧めようとする、どうしようもなく図々しい人です。

私たちの場合、ツアーの申し込みがまだされていたので良かったのですが、お金だけ持ち逃げされることもあり得ます。

それで、ちゃんと店舗を構えている斡旋所で申し込むことを、強くお勧めします。

ホン島ツアー

ボートが出発するのは9時頃なので、それに間に合うようにホテルに送迎バスが来るはずです。

ボートが出発したり戻ってくるのは、カジキマグロのオブジェの前です。

人でごちゃごちゃしていますが、テーブルがあるのでそこで受付を済ませましょう。

ツアー受付をすますと、腕にブレスレットをはめられます。

これを失くすと100バーツだそうです。

ボートが出発すると、ライフジャケットとシュノーケリングセットが配られます。

ライフジャケットは、サイズがいろいろあるので、自分に合うサイズを探しましょう。

また、シュノーケリングセットも、失くすと1000バーツだそうです。

 

これが、私たちの乗ったロングテールボート。

運転手さんの腕のせいかもしれませんが、全然揺れませんでした。

ちなみに、ボートが移動中は席に座っているように言われます。

もちろん禁煙です。

私たちのボートに乗っていた中国人家族が、たばこを吸おうとしたり、ボート内で動き回ったりして、厳しくガイドさんに注意されえちました。

ホン島ツアーの場合、島に上陸しないで、シュノーケリングだけ楽しむようなポイントもいくつかあります。

ただ、クラゲが出たりすると、シュノーケリングポイントを飛ばしたりすることもあります。

ホン島上陸

寄り道をしながらボートで1時間ほどで、ホン島に到着。

ここは、入島料300バーツかかります。

入島料を払ったあとは、桟橋を渡ってホン島に上陸です。

ホン島は、きれいなビーチと、シュノーケリングスポットとして有名です。

水の透明度が、アオナンビーチとは比べ物になりません。

1時間半ほど滞在できるので、ゆっくりビーチを楽しむことができます。

お店などは見当たらなかったので、水分などは持参したほうが良いでしょう。

砂浜も、きめが細かい砂なので、寝転がってボーっとするのも良いでしょう。

思い思いの楽しみ方をしていれば、あっという間に集合時間になってしまうと思います。

昼食はPhak Bia島に移動

そろそろお昼です。

お昼ご飯は、ホン島の上の方にある、Phak Bia島に移動して取ることにあります。

昼食&自由時間として1時間くらい、この島で過ごします。

私たちのツアーは、タイ料理のバイキングでした。

ビーチで海を見ながらのんびり昼食タイムです。

そして、時間があまるので、海に入りに行く人もたくさんいました。

Lading島で自由時間

昼食後、ボートで10分ほどのところにあるLading島に移動します。

ここで、最後の自由時間。

1時間ほど滞在すると思います。

Lading島は、ビーチだけではなく森を散策することもできます。

魚はあまりいませんが、水はきれいです。

おそらくここが、ツアー最後のビーチになると思うので、十分に堪能しましょう。

そんなこんなで、ホン島ツアー終了。

1時間ほどかけて、アオナンビーチに戻ります。

帰りのボートは、半分以上の人が爆睡していました。

最後にツアーガイドさんと記念撮影。

アレックスさん、いろいろありがとうございました。

まとめ

 

クラビにはたくさんのアイランドホッピングツアーがあるので、1回の滞在ですべてを周るのは不可能です。

でもその方が、次の楽しみがあっていいのかもしれません。

ちなみに、私が行きたいと思っている島は、バンブー島・ポダ島・チキン島です。

今回は行けなかったので、次回は絶対に行きたいと思っています。

サンセットとロングテールボートが特徴的なアオナンビーチの魅力や、あまり知られていないPai Plongビーチを紹介。アオナン行くなら必見です‼
アオナンエリアに泊まった人が、一番気軽に行けるビーチが、アオナンビーチです。ホテルによっては、徒歩1分でビーチ到着という方もいることでしょう。クラビにはたく...

また、アイランドホッピング中は、自分で思っている以上に紫外線にさらされます。

実際私の友人の一人は、ツアー後に熱中症っぽくなりました。

是非、以下の記事も必読なさってください。

常夏タイのビーチに行くにあたり、日本から持参したほうが良い、紫外線日焼け対策グッツや防水グッツをまとめました。色白女子は必見です。
クラビやプーケットなどタイのビーチリゾート地では、必要だと思ったものは、たいてい現地で購入することができます。ただ、品質に関しては圧倒的に日本のものの方がい...
The following two tabs change content below.
ジョニー

ジョニー

北海道とタイが大好きで、行ったり来たりしているアラフォー男子で、妻と二人暮らし。
フリーランスの整体師で、いずれタイマッサージも極めてみたいと思っている。
夫婦とも、美味しいものとお酒が大好きで、スマホのアルバムも気づけば食べ物の写真ばかり。コスパが良いものにも目がない。

AD

スポンサーリンク

AD

スポンサーリンク

当サイトおすすめ記事ベスト5

1

私が2017年上半期に買ったものの中で、最も良かったものは間違いなく「FireTVstick」です。 初めて聞く方も多いかもしれません。 こんな感じのやつです。 今回は、我が家が惚れ込んでいる「Fir ...

2

パソコンを選ぶとき、皆さんはどんなことを重視されるでしょうか。 有名メーカーがいいとか、とにかく安い方がよい、購入後のサポートが手厚い方がよい…など、人によってパソコン購入時に重視するポイントは異なり ...

3

昨年始めに契約して以来、我が家になくてはならないサービスになっているのが、Amazonプライムです。 元々、上記バナーにあるように、Amazonプライム会員だと、日時指定やお急ぎ便が無料、という認識し ...

4

2016年年末のこんなツイートを、ニュースなどでご覧になった方もいらっしゃるかもしれません。 水曜日のカンパネラのケンモチヒデフミさんのツイートです。 アメリカは高額医療で有名ですが、手術したらこんな ...

5

今は、海外旅行に行くときの保険は、クレジットカード会社付帯のもので十分に賄える、良い時代になりました。 ただ、いざ海外で病院にかかると、日本では考えられない額の請求が来るので、いくつかのカードの保険を ...

-クラビー, タイ知恵袋

Copyright© ジョニーさんは北海道タイ間をパイパイマーマー , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.