タイ知恵袋 チェンマイ 知って得するタイ情報

チェンマイで30日延長手続きをする手順や効率の良い動き方と絶対に覚えておいた方が良いことをどこよりも詳しくまとめてみた

投稿日:2018-05-04 更新日:

タイに30日以上滞在したいと思う人、あるいは取得した観光ビザ(60日)を90日間に延長したいと思う人は、各県のイミグレーションに行って延長の手続きをしなければいけません。

今回はタイで延長申請する上で覚えておかなければいけないことや、ロングステイヤーの多いチェンマイで延長申請するときの手順をどこよりも詳しく紹介します

※今回の記事はビジネスビザや学生ビザを持っていない、観光目的の人用の記事になります。

注意ポイント

2018年9月24日より、チェンマイイミグレーションのビザ延長業務は、もともとあった空港近くのイミグレーションで行われることになります。

なので以下に書かれている情報の有効期限は2018年9月21日金曜日までとなります。

新しいイミグレーションでの手続き方法は、2018年10月に記事にする予定です。

ツーリストがタイに30日以上滞在する3つの方法とは

基本的なことですが、日本人はビザがなくてもタイに30日間滞在することが許されています。

そして30日以上滞在したいと思う人は、以下のいずれかの手続きをすることが必要になってきます

  1. 隣国に出国してすぐ戻る(ビザラン)
  2. 観光(ツーリスト)ビザを取得する
  3. イミグレーションでノービザ延長手続きをする

最もお金がかからない方法は1番のビザラン

タイから一度出国し、もう一度入国すればまた30日間ノービザで滞在できます。

もちろん飛行機で出国してもいいのですが、たいていの方が利用するのはバスを使った陸路での出国

ビザランの一例

例えばチェンマイからだと、第2ターミナル(アーケードターミナル)からバスを使ってタイ北部のメーサイまで行き、そこから陸路で橋を渡ってミャンマーのタチレクに入国。

そしてミャンマーに入国したら、またすぐに今来た道を引き返しタイ・メーサイに入国し、またバスでチェンマイに戻る。

朝出れば20時頃には戻ってこれます。費用はバス往復代金含め1100バーツ程度。

陸路でのビザランは年に2回まで認められているので、ビザランを繰り返すだけで90日、さらに延長申請なども組み合わせれば180日まで滞在可能になります。

タイ政府が勧めている方法は2番のビザを取得する方法

例えばタイからだとラオス・ビエンチャンや、マレーシア・クアラルンプールなどが、おすすめの観光ビザ取得場所。

特にラオスのビエンチャンは、現時点では観光ビザの審査がかなり甘めで必要書類も少なく、さらにバスを使った陸路で行くことも可能なので、ツーリストに人気の申請スポット。

観光ビザ申請費用は1000バーツ~1500バーツ程度ですが、どんなに頑張っても1泊2日、たいていの場合2泊3日必要になるので、旅費などを含めると少し費用が掛かります。

【2017年12月版】ラオス・ヴィエンチャンへの行き方やタイのビザを効率よく取る方法、申請場所や必要書類・書き方などをどこよりも詳しくまとめました。

今回は、タイのビザをラオス・ヴィエンチャンで取得したい人向けの記事になります。 実際に、2017年12月に取得した時のことを紹介します。 なおラオスへの入国や出国の方法やタラートサオバスターミナル情報 ...

続きを見る

【2018年】タイ観光ビザをクアラルンプールで効率良く取得する手順や申請書の書き方と注意点をどこよりも詳しくまとめました

タイに60日以上滞在したいと思う人にとって不可欠なのが観光ビザ。 もちろんビザランやノービザ入国を繰り返すという方法もありますが、結果的にビザを取る方が安上りだったりしますし、タイ政府もビザを取って入 ...

続きを見る

なお現時点で取得できる観光ビザはシングルのみなので、タイに再入国後60日間滞在することが可能

そしてこの後説明する手続きをイミグレーションですることにより、さらに30日延長することが可能です。

今回紹介するのは3番のイミグレーションでの延長申請

イミグレーションでの延長申請のメリットは、各県のイミグレーションで1~2時間程度で手続きができるという事。

チェンマイだとプロメナーダに入っているイミグレーションで手続き可能。

デメリットは30日間延長するだけで1900バーツ(約6000円)かかってしまう事ですが、これは致し方ないことでしょう

延長審査が厳しい県のイミグレは避けよう

これはタイあるあるかもしれませんが、タイの延長申請手続きはイミグレーションによって厳しさが全く違います

我が家は今まで、タイのいくつかの県のイミグレで延長手続きをしてきました。

例えばあるタイ東北部の県のイミグレは、1900バーツ払えばだれでもOKみたいなゆるい感じでしたが、その隣の県はどんなに頑張っても延長することは不可

現在私が住んでいる県は特別厳しくはありませんが、「なぜこんなにいるんだ」とか「なにをしているんだ」といろいろ聞かれるので、チェンマイまで行って延長申請することにしています。

全体的な傾向として、小さいイミグレーションは申請者も少ないので少し厳しめな気がしますが、バンコクやチェンマイのような毎日何百人も延長申請をさばかなければいけないイミグレは、必要書類が揃っていて特別挙動不審でなければ延長スタンプを押してくれることでしょう。

ポイント

延長申請の書類には住所を書く欄があります。

それで自分が住んでいる県以外で申請する方は、ホテルの住所を記入するためにその都市に前泊する必要があります。

チェンマイで申請する人がチェンマイ以外の住所を記入した場合、その住所の管轄のイミグレに行ってくれと門前払いされるので要注意です。

滞在延長申請に必要なものとTM7の書き方

今現在イミグレーションでの延長手続きに必要なのは以下のもの

  • パスポート
  • パスポートのコピー(顔写真ページ・入国スタンプ・入国カードの半券)
  • 証明写真1枚(背景が青か白 6×4)
  • 滞在先の詳細な住所が分かるもの
  • 青いボールペン
  • 1900バーツ

申請に必要な書類はTM7という書類ですが、現地で手に入れることが可能

写真屋さんやコピー屋さんも現地にあるので、パスポートと青いボールペンと1900バーツさえあれば、とりあえずなんとかなります。

ただ私が強くおすすめする方法は、写真と必要書類(TM7)を事前に用意すること

写真は現地で撮ると4枚200バーツが相場ですが、街の写真屋さんなら6枚100バーツ程度で現像可能。

写真のサイズは6㎝×4㎝

実際写真を現像してもらうと、間違ってるのではないかと思うくらい大きいサイズですが、恐らくそれで大丈夫。

チェンマイイミグレーションは、少しでも小さい写真の人は撮り直しさせられていたので要注意

延長申請に必要なTM7は事前にダウンロード可能

ダウンロードはこちらから

内容はそこまで難しくないのですが、初めて書く人は間違いなく戸惑います。

私が一番最初に延長申請したときは、TM7の書き方が分からなくてかなり苦戦したのを覚えています。

申請書類が出来上がった順に審査されるので、事前に書いていけばかなりの時間短縮にもつながります

私の汚い字で申し訳ありませんが、記入例も載せておきます。

※画像をダウンロードすれば拡大可能。

サインは、英語でも日本語でも大丈夫

私は1枚の書類に英語と日本語のサインが混在してしまいましたが、何も言われませんでした。

係員が一番注意深く見るポイントは住所欄

ホテル名だけでは絶対OKしてくれないので、番地までしっかり記入しましょう(部屋番号まで書いた方がベスト)

係員はその場で住所が本当に正しいかネットでチェックするので、適当に書いたり架空の住所やホテル名を書くのは絶対NG

ポイント

ここはタイなので、係員の気分次第でどうにでもなってしまいます。

だからイミグレでの延長申請のようなデリケートな案件の場合、係員に好印象を与えた方が絶対に得。

何回かやってみて分かった好印象を与えるポイントは、書類を読みやすい字で書くことと、できるだけ空欄を埋める事。

書ける範囲でしっかり空欄を埋めておけば、多少書く場所が違ってても勝手に直してくれます。

殴り書きのような誰も読めない書類を提出しているファランもよく見かけますが、明らかに係員はいらだっています。

パスポートのコピーに関しては、事前にしていくこともできますが現地でコピーする方がおすすめ

何も言わなくても必要なページをコピーしてくれますし、チェンマイのイミグレはコピーの仕方もうるさいので、イミグレのコピー屋さんに任せましょう。

料金も1枚2バーツと格安です。

チェンマイイミグレーションは2018年9月に移転

チェンマイイミグレーション移転の貼り紙

注意ポイント

2018年9月24日より、チェンマイイミグレーションのビザ延長業務は、もともとあった空港近くのイミグレーションで行われることになります。

なので以下に書かれている情報の有効期限は2018年9月21日金曜日までとなります。

新しいイミグレーションでの手続き方法は、2018年10月に記事にする予定です。

チェンマイのイミグレーションは、現在郊外にあるショッピングモールPROMENADAの中に入っています

プロメナーダへの行き方は以下の記事を参考にしてください。

チェンマイのプロムナードを徹底解説‼イミグレの場所や行き方、おすすめのお店情報をまとめました

チェンマイ市内にある5大ショッピングモールのうち、2013年にオープンしたのがPROMENADA(プロムナード) タイ人にはプロメナーダと言わないと通じません。 ちなみに2016年12月6日より、チェ ...

続きを見る

今最もプロメナーダへ行くおすすめの方法はGrabタクシー(Uberは2018年3月末にタイから撤退しました)

例えば午前8時前後にチェンマイの3地点から、Grabタクシーを使ってプロメナーダへ行く料金の目安はこんな感じ

ナイトバザールエリアからだと75バーツ

ニマンヘミンのMAYAからだと155バーツ

旧市街ターペー門からだと75バーツ

ソンテウの方が安く済みそうですが、郊外にあるプロメナーダへはなかなか乗り合わせる人が少ないので、下手したらGrabタクシーよりも高くなります。

だったら乗り心地も快適なGrabタクシーを利用するのが、賢い選択でしょう。

今海外行くなら必須の配車アプリUberとGrab。実際に乗ってみて分かったメリットやデメリットとおすすめの使い方を紹介

マレーシアに行く旅行者がまずスマホに入れておくべきアプリと言えば、間違いなくUberとGrab 私も半信半疑でスマホにダウンロードしてマレーシアに行きましたが、こんなにお世話になるとは思いませんでした ...

続きを見る

チェンマイイミグレーションがあるのは、プロメナーダのTOMNTOMS COFFEEの真下

上の写真の右側に見えるのが連絡通路です。

中から見るとこんな感じ。

そんなに大きな建物ではないので迷うことはないと思いますが、分からなくなったら連絡通路を目差しましょう

チェンマイイミグレーションで延長手続きする手順を徹底解説

注意ポイント

2018年9月24日より、チェンマイイミグレーションのビザ延長業務は、もともとあった空港近くのイミグレーションで行われることになります。

なので以下に書かれている情報の有効期限は2018年9月21日金曜日までとなります。

新しいイミグレーションでの手続き方法は、2018年10月に記事にする予定です。

まずは必要書類を用意しましょう

先ほども述べたように、写真は事前に用意するのがおすすめですが、パスポートコピーはイミグレのコピー屋さんで取るのがおすすめ

写真は4枚で200バーツ、コピーは1枚2バーツ

パスポートを渡せば、特に何も言わなくてもコピーしてくれます。

※何か聞かれたらそれはおそらく何の申請か聞いているので、「ツーリスト」と言っておけば大丈夫です。

コピーが終わったら、顔写真のページと入国スタンプのページとTM6(入国カード)がコピーされているか確認しましょう

またコピーした紙の余白に、青いボールペンでサインしておきましょう

事前に書類(TM7)を用意していない人は、TOURIST窓口のところに置いてあるので取りに行ってから記入します

記入台はありますが青いボールペンは置いてないので、絶対に持参しましょう

なお先ほどのコピー屋さんでも10バーツで販売しています。

すべての書類が揃ったら、TOURISTという札のところに並びます。

ここで係員が書類の不備や記入漏れをチェック。

ホテルやコンドミニアムの住所確認もここで行ない、1900バーツもここで支払います。

無事に書類チェックが終わったら番号札をくれるので、それを持ってカウンターの右側の⑧と書いてある扉から室内に入ります

中にはいくつかのカウンターがありますが、ノービザ30日延長の人や観光ビザを30日延長する人は真ん中の4番カウンター。

番号札に書いてある番号が呼ばれるまでしばらく座って待ちましょう。

番号が呼ばれたら、まずカウンターの右奥で写真を撮られます

写真を撮られたら、また席に戻り次に名前が呼ばれるまでしばらく待ちましょう。

最後に名前と国名が呼ばれ、延長許可のスタンプが押されたパスポートが返却されます

パスポートのスタンプが間違っていないか確認して終了です。

ポイント

パスポートのスタンプの日付は延長申請手続きした日から30日ではなく、滞在期限が切れる日から30日後の日付。

つまり5月1日まで有効のビザを持っている人が4月15日に手続きした場合でも、パスポートに押される延長スタンプは5月31日になります。

それであまりギリギリではなく、余裕を持った日程で手続きするのがおすすめです。

ちなみにこの日は9時少し前に到着し、終了したのは10時過ぎ。

コピーするもの以外は書類を揃えていったので、かなりスムースな方だと思います。

チェンマイイミグレーションは8:30から手続きを開始しますが、開門前に並ぶメリットはあまりありません。

少し落ち着いた9時前後をめがけていくのがおすすめ

ちなみに中途半端な11時前後に行くと、昼休みが入る関係で午前中に手続きが終わらない可能性が高いので要注意。

その日特別予定がないという方は、14時くらいに行くのが一番空いてて待ち時間も少ないでしょう

注意ポイント

ちなみに、上の画像のように列が2列できている場合が多いのですが、左の列は用紙(TM7)をもらう人と、どこに行ったらよいか分からない人の列

事前に申請書に記入して、パスポートのコピーと写真も用意できた人は、迷わず右のツーリストカウンターの方の列に並びましょう。

プロメナーダからターペー門・ニマンヘミンMAYAまでの、Grabタクシーの料金の目安は以下の通り

 

プロメナーダ前には赤ソンテウも待機していて、帰りだと乗り合わせもしやすいので恐らく安くなりますが、Grabタクシーもそこまで高くないので選択肢の一つになるでしょう。

チェンマイで30日延長手続きする方法まとめ

チェンマイで30日の滞在延長手続きをする方法を紹介しました。

現時点でチェンマイのイミグレーションは、質問されることもほぼありませんし、バンコクのイミグレのような警察ならではの殺伐とした雰囲気もなく、かなりゆるいのでおすすめ

しっかり準備してこの記事を読み込んでもらえれば、全く緊張しなくても大丈夫。

繰り返しになりますが、申請用紙TM7を事前に丁寧に記入し、滞在先の住所も枝番・部屋番号まで分かるようにしておきましょう。

チェンマイで手続きされる方は、この記事と一緒に以下のプロメナーダに関する記事も一緒に読んでおきましょう

チェンマイのプロムナードを徹底解説‼イミグレの場所や行き方、おすすめのお店情報をまとめました

チェンマイ市内にある5大ショッピングモールのうち、2013年にオープンしたのがPROMENADA(プロムナード) タイ人にはプロメナーダと言わないと通じません。 ちなみに2016年12月6日より、チェ ...

続きを見る

延長するより観光ビザを取得した方がいい場合も多々あります。観光ビザを取得するなら以下の記事も必読

【2017年12月版】ラオス・ヴィエンチャンへの行き方やタイのビザを効率よく取る方法、申請場所や必要書類・書き方などをどこよりも詳しくまとめました。

今回は、タイのビザをラオス・ヴィエンチャンで取得したい人向けの記事になります。 実際に、2017年12月に取得した時のことを紹介します。 なおラオスへの入国や出国の方法やタラートサオバスターミナル情報 ...

続きを見る

【2018年】タイ観光ビザをクアラルンプールで効率良く取得する手順や申請書の書き方と注意点をどこよりも詳しくまとめました

タイに60日以上滞在したいと思う人にとって不可欠なのが観光ビザ。 もちろんビザランやノービザ入国を繰り返すという方法もありますが、結果的にビザを取る方が安上りだったりしますし、タイ政府もビザを取って入 ...

続きを見る

【最新】チェンマイの日本食レストランの中で、いま全力でおすすめしたい美味しいお店13選とは

【2018年版】チェンマイ市内の日本食レストランの中で今全力でおすすめできるお店13選とは

ここ数年、急激な勢いで増殖しているチェンマイ市内の和食店 もちろんチェンマイに来る日本人が多いという事もありますが、それ以上に日本食レストランはタイ人やファラン(西洋人)に大人気。 タイ人好みの感じに ...

続きを見る

チェンマイのおすすめグルメまとめ

実際に食べ歩いてみて分かった今チェンマイでおすすめの最強カオマンガイ店6選とは

日本人が大好きなタイ料理の一つカオマンガイ 日本で食べると1000円近くすることもありますが、タイで食べると30~50バーツ程度(約100~165円)で食べることができます。 今回はチェンマイ市内の美 ...

続きを見る

チェンマイでガイヤーン食べるならここがおすすめ‼実際に食べ歩いて分かった今おすすめするイサーン料理店厳選4選

タイで絶対に食べたいタイ料理の一つがガイヤーン(焼き鳥)+ソムタム+カオニャオ(もち米)の最強トリオ 私は最初全くソムタムの魅力が分かりませんでしたが、今では毎日でも食べたいタイ料理の一つです。 今回 ...

続きを見る

チェンマイ旧市街のおすすめ厳選カフェ7選とは

チェンマイ旧市街にある日本人におすすめの居心地最高なカフェ7選

チェンマイはタイの中でもカフェ文化が根付いた街の一つ 料金が日本より安めかつ至る所にあるので、日本で自動販売機でジュースを買うような気軽な感覚でカフェに入ったりすることもよくあります。 今回は数えきれ ...

続きを見る

チェンマイサンデーマーケット&モン族市場楽しみ方最強ガイド

在住者が教えるチェンマイサンデーマーケット徹底攻略法。おすすめの場所や時間や楽しみ方、注意点を紹介します

毎週日曜の夜に開かれるチェンマイの一大イベントといえばサンデーマーケット チェンマイではチャンクラン通りで毎日ナイトバザールが開催されていますが、サンデーマーケットはナイトバザールとはまた違った趣があ ...

続きを見る

チェンマイでお土産買うなら外せないモン族市場の場所や行き方と絶対に喜ばれるおすすめのお土産をまとめました

チェンマイに行ったら買いたいお土産の一つが、独特の配色が特徴の北方山岳民族グッツ。 特に少数山岳民族の一つモン族の雑貨や衣装は人気が高い商品の一つで、お土産にしても喜ばれる事間違いなしです ナイトバザ ...

続きを見る

The following two tabs change content below.
ジョニー

ジョニー

北海道とタイが大好きで、妻と二人で行ったり来たりしているアラフォー男子

ここ数年は、タイにいる期間の方がちょっと長め

フリーランスの整体師でいずれタイマッサージも極めてみたいと思っているが、文章書くのも大好きなのでブロガーもありかなと思う今日この頃

美味しいものとお酒とアウトドア、それにコスパが良いものが大好き

ちょっと詳しいプロフィールはこちら

更新情報やちょっとしたことはツイッター(@johnny__88)でつぶやいています

ジョニーさんの口コミサイト「ジョニコミ」もよろしく

ちなみに私のように、甘いものやお酒や炭水化物が大好きだけどダイエットもしたいという方に絶対おすすめなのが、今話題沸騰中のサプリ「八糖仙」

実は私は炭水化物カットダイエットも試したことがあるのですが、ストレスの割に効果がなく断念。

ただ八糖仙を飲むようになってから、食事制限なしかつ毎晩ビールを飲んでも、現状維持どころか少しずつダイエットにも成功しています。

≫呑んで、食べても糖質ブロック~八糖仙~(公式サイト)

≫お試しパックが先着1,000名様【980円】~八糖仙~

ただ妻の場合は、「八糖仙」よりもこちらの特定保健用食品の方が、心も体もスッキリできて自分に合っているとのこと

特に女性は一度試してみる価値があるでしょう。

≫『ぽっこり』に悩んでいる人達に大絶賛!⇒今、話題の対策方法とは…。

-タイ知恵袋, チェンマイ, 知って得するタイ情報

if (d.getElementById(id)) return; js = d.createElement(s); js.id = id; js.src = "//connect.facebook.net/ja_JP/sdk.js#xfbml=1&version=v2.10"; fjs.parentNode.insertBefore(js, fjs); }(document, 'script', 'facebook-jssdk'));

Copyright© ジョニーさんは北海道タイ間をパイパイマーマー , 2018 All Rights Reserved.