北海道のおすすめ

旭岳温泉ホテルベアモンテ宿泊体験レビュー。じゃらんの「道民還元プラン」だとお得に泊まれておすすめですよ

投稿日:2018-03-08 更新日:

旭岳温泉エリアは夏は登山の拠点、秋は道内有数の紅葉スポット、冬は上質のパウダースノーを求めて多くの人が集まる大人気の観光スポット

そんな旭岳温泉エリアの中でもひときわコスパに優れたホテルが「旭岳温泉ホテルベアモンテ」

今回は実際に泊まってみて分かった、旭岳温泉ホテルベアモンテの魅力を紹介したいと思います。

旭岳温泉ホテルベアモンテの場所やアクセス行き方は

旭岳温泉ホテルベアモンテがあるのは、旭岳ロープウェー乗り場のすぐ近く。

住所は東川町ですが、実際の東川町市街地からは車で30分以上離れています。

札幌方面から車で行く場合は道央道「旭川北」ICで降り、道道1160号線を走ると約1時間15分で到着。

またJR旭川駅9番乗り場から出ている旭岳温泉「いで湯」号に乗ると約1時間で到着します。

バスの時刻表などはこちらの公式HPでご確認ください。

旭岳温泉源泉100%かけ流しが贅沢すぎる

旭岳温泉に泊まる大きな目的の一つは、なんといっても温泉でしょう

旭岳温泉の泉質は日本では極めて珍しい含正苦味食塩石膏泉。

温度は少しぬるめですが、だからこそ無理なく長く浸かる事ができます。

無色無臭なので一見温泉っぽくないのですが、入った後は肌がつるつるでビックリすることでしょう。

大浴場は大理石がふんだんに用いられた「石の湯」と、檜が贅沢に使われた「木の湯」があり、時間で入れ替え制になっているので両方楽しむことができます。

なおホテルベアモンテの温泉は1,080円で日帰り入浴することも可能

さらに事前に予約すれば50分2,160円で貸し切り風呂を利用することもできます。

もっと詳しく

ホテルベアモンテの客室

いろいろなタイプの客室がありますが、今回泊まったのはこんな感じの部屋。

奥にあるソファーをベットにすることができるので、3人まで宿泊可能な部屋。

もちろんアメニティもしっかり完備。

さらに蛇口から出る水はなんと天然のミネラルウォーターです

きっとここの水を飲んだ人のだれもが美味しいと感じることでしょう。

こんなおいしい天然地下水を、毎日生活水としてぜいたくに使える東川町の人がうらやましすぎます。

ベットの枕元にコンセントがなかったのがちょっと不便でしたが、それ以外には特に不満のない客室でした。

ホテルベアモンテには他にも、ロフト付きの部屋など様々なタイプの客室が用意されています。

下記リンクから客室の様子を確認することができます。

ホテルベアモンテの夕食朝食ブッフェがハイレベル

実はそこまで食事には期待していなかったのですが、予想外にハイレベルだったのがブッフェメニュー。

宿泊される方はブッフェ付きのプランにすることをおすすめします

夕食は大雪山旭岳のふもとの地元野菜を使った料理など約45品が並ぶ「山の上の虹色ブッフェ」

海鮮系メニューもしっかりあります。

女性陣に大好評だったプリプリのカキフライ。

カキのグラタンもあり争奪戦になっていました。

ご飯が進む和食のおかずも豊富にあります。

もちろんケーキやアイスなどスィーツもたくさんあります。

ドリンクメニューはこんな感じ。

じゃらんだと60分の飲み放題付きのお得なプランもあります

そこまで豪華というわけではないのですが、全体的にかなり満足度の高い夕食バイキングでした。

そして朝食ブッフェもかなりハイレベル。

品数が多いのでつい食べ過ぎてしまうので要注意です。

ホテルベアモンテから徒歩3分の旭岳ロープウェイ

http://asahidake.hokkaido.jp/archives/blog/asahidake-ropeway-resuming-normal-services-today-%E6%9C%AC%E6%97%A5%E5%96%B6%E6%A5%AD%E4%B8%AD

ホテルベアモンテは旭岳ロープウェイの目と鼻の先にあります。

スキーヤーならスキーを履いたままホテルに戻ってこれるような距離。

せっかくホテルベアモンテに宿泊したからには、ロープウェイに乗って旭岳の絶景を満喫するのがおすすめ

http://asahidake.hokkaido.jp/archives/blog/2018%E5%B9%B4-%E5%88%9D%E9%81%8B%E8%A1%8C

料金や運行時間などはこちら

ロープウェイに乗るときは、じゃらんの旭岳温泉ロープウェイ往復券付きのプランで予約するのがおすすめです

じゃらんのロープウェイ往復券付きプランをチェックしてみる

まとめ

旭岳温泉の中でも一番標高の高いところに位置するホテルベアモンテ。

東川市街地と比べ温度は3~5℃低くなるので、しっかりとした防寒対策が必要です。

特に冬道は危険なので、北海道の運転に不慣れな方はバスで行くという選択肢もあるでしょう。

北海道民の方には1日5室限定ですが、お得な「道民還元」プランも用意されているのが嬉しいですね

ちなみにホテルでは東川町の特製MAPを無料でもらうことができます。

グルメ情報やおしゃれなカフェや雑貨屋情報が詰まっているので、それを見ながら東川町散策するのもおすすめです

今人口8000人の東川町が熱い‼おすすめ観光スポットやグルメなど魅力を徹底解説

北海道のほぼ中央に位置する東川町をご存知でしょうか。 人口減少している郊外の市町村の多い中、2016年国勢調査では人口増加率道内第2位。 今回は国道・鉄道・上水道の「3つの道」がないのに今移住先として ...

旭岳温泉エリアの行き帰りに立ち寄りたいスポットといえば旭山動物園

旭山動物園徹底攻略法‼お得な割引クーポンやおすすめの展示施設5選とぺんぎんの散歩を満喫するコツを教えます

旭川のナンバー1観光スポットといえば旭山動物園 恐らく日本で最も有名な動物園ベスト3に入る旭山動物園は、毎年毎年創意工夫を凝らした様々なイベントが開催されるので、何回行っても飽きない動物園。 今回は旭 ...

The following two tabs change content below.
ジョニー

ジョニー

北海道とタイが大好きで、行ったり来たりしているアラフォー男子で、妻と二人暮らし。
フリーランスの整体師で、いずれタイマッサージも極めてみたいと思っている。
夫婦とも、美味しいものとお酒が大好きで、スマホのアルバムも気づけば食べ物の写真ばかり。コスパが良いものにも目がない。

-北海道のおすすめ

Copyright© ジョニーさんは北海道タイ間をパイパイマーマー , 2018 All Rights Reserved.