パイパイマーマーとはタイ語で行ったり来たりという意味。北海道とタイをこよなく愛するジョニーのブログです。お得な情報や、目からウロコの情報を中心に更新中

ジョニーさんは北海道タイ間をパイパイマーマー

北海道のおすすめ 北海道グルメ 札幌市内の美味しいお店

道民がみんな大好きな札幌市中央区のザンギの名店「布袋」。ボリューム満点かつコスパ最高のザンギ定食は必食です

投稿日:2017-06-19 更新日:

AD728×90




北海道の名物料理の一つが「ザンギ」です。

今回は、美味しいザンギが味わえる老舗の中華料理屋さんの札幌市中央区の「布袋」を紹介します。

札幌市の中心部にあるので、観光客でも行きやすい立地ですよ。

ザンギとは

上の写真がザンギです。

北海道の人以外が見たら、「これは鶏のから揚げじゃん‼」と言うことでしょう。

でも、これがザンギなんです。

ザンギの調理法としては鶏肉を醤油とニンニクなどの調味料で味付けし、そこへ片栗粉及び小麦粉を混ぜ揚げたものである。また、ザンギの名称は、鶏以外の食材(獣肉 : 豚・羊・鹿、魚介類 : タコ・イカ・鮭など)のから揚げに対しても用いられ、料理法として一般名詞化している。鶏肉以外で作る場合、材料名を足して「蛸(タコ)ザンギ」などと呼ぶことが多い。

ザンギの調理は、下味付けの際に醤油やショウガ、ニンニクなどで味付け(下味を付ける場合には前日から漬け置く場合もある)、その食材に粉(小麦粉・片栗粉又は、両方)・卵などを合わせ高温の油で揚げて施したものがザンギとされる。しかし、明確な区別がない場合も多いようである

          Wikipedia 「から揚げ」の項より引用

Wikipedia読んでも、から揚げとの違いはよく分かりませんね(笑)

私の中では、ショウガとニンニクと醤油に漬け込んで、片栗粉で揚げた濃い目のから揚げがザンギという定義なのですが、北海道民の中でもザンギの定義は統一されていません。

とにかく、道民がみんな大好きなおかずで、居酒屋でも絶対に頼んでしまうのが、ザンギです。

布袋の場所や行き方・駐車場や営業時間

住所 札幌市中央区南1条西9丁目1‐3

電話番号 011 272 4050

営業時間 [月・火・木・金] 11:00~21:30(通し営業)
     [水] 11:00~14:00
     [土・祝] 11:00~21:00(通し営業)

定休日 日曜日・第3土曜日

電車通りに面しているので、迷うことはまずないでしょう。

かなり歴史を感じる外見の「布袋」。

でも、ランチ時には行列ができる、大人気のお店です。

店内は、カウンター席とテーブル席合わせて24席です。

ランチタイムには、ほぼ間違いなくだれかと相席になります。 

ちなみに駐車場はないので、隣か向かいにあるコインパーキングに停めることになります。

隣のコインパーキングは、うっかりするとお金を払うのを忘れて出ていきそうな造りになっているのですが、監視カメラがしっかりあるので注意しましょう(笑)

布袋の一番人気メニューはザンギ定食

布袋のメニューを見ると、おいしそうな中華メニューが並んでいます。

そんな中でも一番の人気メニューが、大きなザンギが7個付いてくるザンギ定食A(890円)と、ザンギ4個と小マーボー豆腐のセットのザンギ定食B(890円)です。

布袋のザンギはとても美味しいのですが、さすがに7個だと後半飽きてくるので、私はいつもザンギ定食Bを注文します。

周りを見ていても、ザンギ定食Bが一番人気のような気がします。

小マーボー豆腐とメニューにかいていますが、全然小じゃありません(笑)

ザンギは外はカリッ、中はジューシーな最高の食感です。

温度の違う油で3度揚げすることにより、この最高の食感を出しているそうです。

さらに、アクセントになるのがこちらのたれです。

ちょっと酸味のあるネギたれです。

後半このタレをかけると、ザンギの味が変わり、食欲も一層促進されます。

ちなみに、食べきれなかったザンギはテイクアウトすることができます。

布袋のザンギは、冷めても美味しいので、テイクアウトして二度楽しむのもおすすめです。

我が家も毎回、ザンギをテイクアウトしています。

店内で食事をせずに、持ち帰りザンギメニューだけを注文しに来るお客さんもひっきりなしに訪れます。

持ち帰りザンギは7個で580円です。

布袋のマーボーメンやあんかけ焼きそばもおすすめ

お客さんの4割以上が頼むザンギ定食ですが、布袋の他のメニューも美味しいものがたくさんあります。

特に私は、布袋の麵料理が大好きです。

よく頼むのが、マーボーメンとあんかけ焼きそばです。

http://www.hokkaidolikers.com/articles/3757

もちろん、小盛りザンギ(290円)も別で注文します。

ライスも頼みたいところですが、麺料理のボリュームがかなりあるので、自重しています。

マーボーメンは、もともとまかない料理だったそうですが、いまでは布袋の大人気メニューの一つです。

余談ですが、私は長ネギが嫌いなので、ネギの入っていない布袋のマーボー豆腐が大好きです。

あんかけ焼きそばは、エビやホタテや豚肉がゴロゴロ入っています。

アンもたくさんかかっているので、さすがに最後の方は食べるのがきつくなってきます。

ただ、テーブルには様々な調味料があるので、いろいろ味を変えながら食べると、最後まで美味しく食べる事ができるでしょう。

布袋支店が赤レンガテラスにオープン

2014年に、札幌駅近くの商業施設「赤レンガテラス」の3階のフードコート「バルテラス」の中に、待望の布袋2号店がオープンしました。

赤レンガテラスは札幌駅から徒歩5分ほどですし、地下歩行空間にも直結しているので、観光客の方はこちらの店舗の方が行きやすいかもしれません。

値段はちょっとだけこちらの方が高いですが、人気の布袋ランチA・B定食やマーボーメンもありますし、レディースランチなど赤レンガテラス店にしかない定食もあります。

営業時間は11:00~15:00と17:00~23:00。

なにより日曜日にも営業していますし、フードコートは240席あるので、本店よりも食べるハードルは下がるでしょう。

ただ、やはり大人気店なので、フードコート内でも布袋だけ行列ができている光景もよく目にします。

ちなみに本店だけではなく、赤レンガテラス店でも持ち帰りザンギを買うことができます。

本店よりは少し高くなりますが、こちらでテイクアウトするというのもいいかもしれません。

まとめ

布袋は1998年にオープンして以来、ザンギ大好きな札幌市民の心をぐっとつかんできました。

そして、さらに布袋のザンギはどんどん進化しています。

これからも、安くて美味しいザンギや中華料理をお腹いっぱい食べさせてくれる、素敵な店で居続けてくれたらと願っています。

中国料理布袋のホットペッパー掲載ページがこちら

The following two tabs change content below.
ジョニー

ジョニー

北海道とタイが大好きで、行ったり来たりしているアラフォー男子で、妻と二人暮らし。
フリーランスの整体師で、いずれタイマッサージも極めてみたいと思っている。
夫婦とも、美味しいものとお酒が大好きで、スマホのアルバムも気づけば食べ物の写真ばかり。コスパが良いものにも目がない。

AD

スポンサーリンク

AD

スポンサーリンク

当サイトおすすめ記事ベスト5

1

私が2017年上半期に買ったものの中で、最も良かったものは間違いなく「FireTVstick」です。 初めて聞く方も多いかもしれません。 こんな感じのやつです。 今回は、我が家が惚れ込んでいる「Fir ...

2

パソコンを選ぶとき、皆さんはどんなことを重視されるでしょうか。 有名メーカーがいいとか、とにかく安い方がよい、購入後のサポートが手厚い方がよい…など、人によってパソコン購入時に重視するポイントは異なり ...

3

昨年始めに契約して以来、我が家になくてはならないサービスになっているのが、Amazonプライムです。 元々、上記バナーにあるように、Amazonプライム会員だと、日時指定やお急ぎ便が無料、という認識し ...

4

2016年年末のこんなツイートを、ニュースなどでご覧になった方もいらっしゃるかもしれません。 水曜日のカンパネラのケンモチヒデフミさんのツイートです。 アメリカは高額医療で有名ですが、手術したらこんな ...

5

今は、海外旅行に行くときの保険は、クレジットカード会社付帯のもので十分に賄える、良い時代になりました。 ただ、いざ海外で病院にかかると、日本では考えられない額の請求が来るので、いくつかのカードの保険を ...

-北海道のおすすめ, 北海道グルメ, 札幌市内の美味しいお店

Copyright© ジョニーさんは北海道タイ間をパイパイマーマー , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.