北海道 北海道グルメやおすすめスポット 札幌近郊のおすすめ

北海道を代表する長沼町のファームレストラン「ハーベスト」のおすすめメニューや楽しみ方を紹介。仲野農園のリンゴで作るアップルパイは激うまだよ

投稿日:

北海道に数多くあるファームレストラン。

その中でも代表的なレストランと言えるのが、長沼町にあるハーベストです。

自然とグルメ両方が楽しめ、さらにお土産まで買えてしまうハーベストの魅力を、今回はレポートします。

長沼町のハーベストとは

住所:長沼町東4線北13

電話番号:(0123)89 2822

営業時間3月~11月 [月~金] 11:00~18:00(L.O.17:00) [土・日・祝] 11:00~21:00(L.O.20:00)

     12月~2月 [月~金] 11:00~17:00(L.O.16:30) [土・日・祝] 11:00~20:30(L.O.20:00)

定休日:木曜日 (冬期間は第一・第三水曜日も)

札幌中心日から車で1時間ほど、長沼町の田園風景のど真ん中にあるのが、仲野農園が運営するハーベスト(Harvest)です。

札幌や千歳方面から行くと、道道45号線からの曲がり口はここになります。

ハーベストや長沼スキー場入り口の看板があるのですが、あまり目立たないのでナビを起動させていくことをおすすめします。

ハーベストは、平日でも大人気です。

食事をされる方は、事前に予約した方がよいでしょう。

なお、土日祝日は当日予約ができないので、前日までに予約しておきましょう。

「丘の上にログハウスを建ててみたい」というオーナーの夢が、ハーベストのきっかけ。

その後、自ら4年もの歳月をかけて完成させたログハウスに、1995年にオープンしたのがファームレストランハーベストです。

仲野農家で採れたリンゴを使ったスィーツや、長沼町産の採れたて新鮮野菜が美味しく味わえるレストランとして、瞬く間に大人気に。

貴重な食育の場にもなるので、家族みんなで来るのがおすすめのレストランです。

まずは併設カフェの「りんごとPOTATO」へ行こう

駐車場に車を停めて、まず目に入るのは、レストラン手前にあるカフェ&ショップの「りんごとPOTATO」です。

こちらの営業時間は、10:30~17:00

早く着きすぎたり、レストランで待ち時間があるといわれたときは、ここで時間をつぶすとよいでしょう。

ここでしか食べられないスィーツが並んでいます。

リンゴ農家直営ショップということもあり、大人気なのがこちらのアップルパイ。

一個300円の焼きたてアップルパイ。

我が家も毎回購入します。

パイも美味しいのですが、中のリンゴの自然な甘さがたまりません。

ボリュームあるのですが、あっという間に食べれてしまう絶品アップルパイです。

仲野農園はブルーベリーも生産しているので、ブルーベリースィーツも揃っています。

人気があるのがこちらのスィーツ。

ブルーベリーが、こんなにも豪快にゴロゴロとトッピングされたタルトやシュークリームは、他ではなかなか食べることができません。

しかも採れたてのブルーベリーを使っているので、めちゃくちゃおいしいですよ。

また、長沼町産の野菜や仲野農園のリンゴジュースも購入可能。

レストランではなく、このカフェ&ショップを目あてに訪問する人も非常に多い、大人気の場所ですよ。

暑い日にはソフトクリームを食べに立ち寄るのもおすすめです。

ハーベストのメニュー

ファームレストランなので、ハーベストのメニューの多くには、野菜が豪快に用いられています。

特に、北海道らしくジャガイモを使ったメニューが多いのも特徴です。

ハーベストに来たら、このセットメニューを頼むという方も多いでしょう。

うちの妻も毎回、「ハイジの白パンセット」にするか、「ペーターの黒パンセット」にするか、ギリギリまで迷っています。

数量限定なので、早めに頼みましょう。

ジューシーな肉のうまみが感じられる、ハーベストのハンバーグも大人気商品です。

スパゲッティやドリア、カレーといったメニューも人気です。

そして、ハーベストの人気ナンバー1メニューが、「農園ポテトセット」

ジャガイモスキーさんにはたまらない内容になっています。

ハーベストの自家農園で採れたジャガイモを使ったクリームコロッケは絶品なので、是非最初はコロッケ付きのメニューを選ぶか、クリームコロッケを追加トッピングすることをおすすめします。

また、カフェで販売されていたアップルパイやブルーベリーシュークリームなども、ここで食べることができます。

特にアップルパイは、事前に伝えておけば焼き立てを食べることができます。

焼きたてのアップルパイは本当においしいので、是非頼むことをおすすめします。

久しぶりに実食

実は我が家が、ハーベストを訪問したのは3年ぶり。

久しぶりなので何を食べようか迷いましたが、私は鉄板メニューのハーベストカレーを注文。

ハンバーグとクリームコロッケとソーセージがトッピングされたメニューで、私は迷ったらこれを頼むことが多いです。

カレールーは、それほど辛くないので子供でも食べられるでしょう。

カレーメニューはボリュームがあるので、ライスを減らしてサラダを付けることができますが、私はいつもこのまま頼んでいます。

男性であればちょうどよい量ではないかと思います。

ちなみに、ライスを減らしてサラダを付けた画像が食べログにありました。

https://tabelog.com/hokkaido/A0107/A010704/1001951/

女性だったら、サラダを付けた方がいいかもしれませんね。

久しぶりにクリームコロッケを食べましたが、やはりおいしいですね。

どちらかというと、しっとりとした固めのクリームコロッケ。

その分ジャガイモの味を味わうことができ、カレーとの相性も抜群です。

ハンバーグも、見た目以上にボリュームがあり、お腹いっぱいになりました。

妻は最後まで悩んだ結果、「ペーターの黒パンセット」に決定。

ビーフシチューが決め手だったようです。

大きくカットされた採れたて野菜や牛肉が、ゴロゴロ入っているビーフシチューはボリューム満点。

パンにも合いますが、ご飯にも合うシチューです。

サラダとキッシュも美味しいのですが、なによりおいしいのがこの黒パンです。

バターを付けなくても十分美味しいパンで、残ったビーフシチューを付けて食べると最高です。

この黒パンが売っていたら買って帰りたいと思う、そんなパンでした。

木の温もりが感じられ、暖かな日差しが差し込む店内で、おいしい食事とコーヒーを飲みながら、田園風景を眺める時間はとても贅沢なひとときです。

一旦入店すると、長時間滞在する人が多いのもうなずけます。

やはりハーベストに行くときには予約は必須でしょう。

まとめ

北海道を代表するファームレストラン「ハーベスト」の魅力を紹介しました。

周りは、子供が走り回れるスペースや、ゆっくり自然の中を散策できる道もあるので、家族みんなで訪問するのがおすすめです。

また、ハーベストを運営している仲野農園では、ブルーベリー狩りやプルーン狩りも体験することができます。

 

北海道の大自然の中で、採れたて野菜や果物、絶品アップルパイが堪能できるハーベストに、是非足を運んでみてください。

ハーベストがある長沼町の名店と言えば、こちらもおすすめ

【名物赤字丼】お店の経営状態が心配で7年ぶりに長沼町のいわきを訪問。赤字丼&黒字丼の原価を徹底予想したよ

「赤字丼」という言葉を聞いたことがありますか? あるお客さんが、「これ赤字じゃないの?」って言ったことが赤字丼の名前の由来。 最近はテレビなどで取り上げられることが多くなってきたので、全国的な知名度も ...

同じ農園系スィーツならこちらも外せません

コッコテラスのベリーパンケーキ
【札幌おすすめスイーツ&卵】ちょっと遠いけど永光農園コッコテラスに行くべき理由やおすすめを厳選紹介

多くの人が大好きなタマゴ 当然我が家もタマゴ大好き夫婦。 今回はそんな我が家が、新鮮タマゴを求めて定期的に訪問するコッコテラスというお店を紹介します 札幌市郊外にありますが、絶対に行ってみて欲しいお店 ...

-北海道, 北海道グルメやおすすめスポット, 札幌近郊のおすすめ

Copyright© ジョニーさんは北海道タイ間をパイパイマーマー , 2018 All Rights Reserved.