パイパイマーマーとはタイ語で行ったり来たりという意味。北海道とタイをこよなく愛するジョニーのブログです。お得な情報や、目からウロコの情報を中心に更新中

ジョニーさんは北海道タイ間をパイパイマーマー

北海道のおすすめ 北海道アウトドア情報

札幌から1時間半で行ける、浜益川下海浜公園の魅力を徹底解説。コンビニや温泉も近くにあり、キャンプ初心者や子供連れにもおすすめです

投稿日:2017-07-18 更新日:

アドセンス728×90

札幌から1時間半程のところにあり、気軽に行けるということで道央圏のキャンパーに人気なのが、浜益川下海浜公園(ピリカビーチ)です。

日帰りキャンプから、本格的なキャンプまで、いろいろな楽しみ方ができる浜益海浜公園の魅力を紹介します。

【スポンサーリンク】

浜益川下海浜公園の場所や料金やおすすめの駐車場

国道231号線沿いにあるキャンプ場です。

浜益川下海浜公園は、駐車料金だけかかりますがそれ以外は、何人で行っても、何棟テントを立てても追加料金はありません。

駐車料金は、日帰り1000円、1泊2日2000円、2泊3日3000円です。

駐車場は、町営・民間合わせて5つほどありますが、どこも料金は変わりません。

テントを立てたい場所に近い駐車場に入れると良いでしょう。

ちなみに人気なのは、上の写真の2か所です。

上の写真はセイコーマート向かいにある民間のハマナス駐車場、下の写真は、温水シャワーの近くにある町営第3駐車場です。

浜益川下海浜公園の設備

トイレ

キャンプ場内に、上の画像のようなトイレがいくつかあります。

車いす用トイレもあります。(故障中で使用禁止の時もあり)

川下海浜公園のトイレは新しくはありませんが、キャンプ場のトイレの中ではかなり綺麗な部類に入ると思います。

トイレットペーパーもかなりの数が置かれていて、品切れ中ということはほぼありません。

水場

水場もキャンプ場内にいくつか設置されています。

特に大きいわけではありませんが、それほど混雑もしていませんでした。

無料WiFi

これは珍しいと思いますが、川下海浜公園には無料WiFiがあります。

ただ、キャンプ場内どこにいても使えるわけではありません。

私が使ってみた感じだと、トイレの周辺しか使えませんでした。

テントを張る位置によっては、全く利用できないでしょう。

温水シャワー

第3駐車場の横に、有料の温水シャワーが設置されています。

5分間使えて、料金は大人400円、小学生以下は300円です。

使用可能時間は、10:00~16:40になっています。

利用可能時間が限られていますが、温水シャワーの利用を考えている人は、第3駐車場近くにテントを張ると便利でしょう。

無料水シャワー

意外と重宝するのが、無料で使える水シャワー。

海に入った後などは、ここによって砂を流すと良いでしょう。

上のシャワーは、セイコーマートの真向かいあたりにあります。

キャンプ場の他の箇所にもあるかどうかは未確認です。

ゴミは持ち帰り

残念なことに、浜益川下海浜公園には、ゴミ捨て場がありません。

使用済みの炭は捨てることができるのですが、ゴミはすべて持ち帰らなければいけません。

そのためここでキャンプをする時は、できるだけゴミを少なくしたり、空き缶などを潰して小さくする努力をすることが大切です。

紙皿や紙コップを使うと、大きなゴミ袋2つとか持ち帰ることになってしまうので、使い捨てではない容器を用意したほうが良いでしょう。

海水浴キャンプなのに芝生にテントが張れます

浜益川下海浜公園の大きな魅力は、海沿いなのに芝生キャンプができるということです。

芝生キャンプだと、汚れ方が圧倒的に違いますし、寝心地も最高です。

小さい子供がいる方も、芝生キャンプの方が安心でしょう。

海と芝生の間は、このような防護柵で仕切られています。

テントにいながら海を眺めることはできませんが、どこにテントを張っても歩いて5分ほどで海に行くことができます。

ちなみに、砂浜にもテントを張ることは可能なので、どうしても海のすぐ近くでキャンプをしたいという方も安心です。

海の水は、そこまで綺麗な訳ではありません。

ただ、遊泳可能な時間内は監視員もしっかりいるので、小さい子供でも安心して海水浴が楽しめるでしょう。

目の前のセイコーマートが便利すぎる

24時間営業ではありませんが、目の前にあるセイコーマートはかなり重宝します。

氷とか冷たいビール、浮き輪などの海で遊べるもの、お菓子・おにぎりなど、何かなくなったり忘れてきたものがあっても、お金さえあれば大抵のものはなんとかなります。

テントを張る位置によっては、徒歩でセイコーマートに行くことができます。

セイコーマートに近いエリアは、テントが密集する大人気エリアなので、静かにキャンプしたい方はあえて避けるのも、一つの作戦でしょう。

車で7分の浜益温泉

キャンプ場から刳るまで7分ほどのところにあるのが、浜益温泉(浜益保養センター)です。

キャンプ場にも温水シャワーがありますが、個人的には浜益温泉に行くのをお勧めします。

住所は、石狩市浜益区実田254番地4。

営業時間は、3月~11月が10:00~21:00、12月~2月が13:00~20:00。

入館料は大人500円、子供250円。

スタンプカードがあって、10個貯まると1回無料で入れます。

大人数で行く場合は、回数券(5000円で11回分)や、スタンプカードをうまく活用すれば、お得に入浴することができるでしょう。

浜益温泉で評判なのが、露天風呂です。

内風呂は熱いのですが、露天風呂はぬるめなので、長時間入っていることができます。

パークゴルフコースの中にあるので、緑にも囲まれていて癒されます。

温泉には、地元特産のお土産も売っています。

無料の休憩スペースも広く、ゆっくり疲れを癒すことができるでしょう。

近くの飲食店やお土産屋さんが充実

川下海浜公園周辺には、セイコーマート以外にも飲食店が数多くあります。

夜は早めに閉店するので、昼食で利用するのがおすすめです。

特におすすめなのが、こちらのお店。

ラーメンや各種丼物が揃っています。

もちろん、うに丼もあります。

そして、ここでは焼き立てのどら焼きも買えます。

ガラス張りの焼き場で、実演販売しています。

私ももちろん買いましたが、焼き立てはやはり美味しいですね。

15個買うと、1個サービスしてくれます。

地元で採れた魚貝やタコを買うなら、こちらのお店がおすすめ。

ここのいけすには、大きなヒラメも泳いでいました。

タイミングが良ければ、試食もさせてくれます。

ラーメンが食べたければ、こちらのお店がおすすめ。

魚貝たっぷりの浜ラーメンは、なかなか札幌では食べられません。

ちなみにうに丼もあって、2,600円でした。

厚田漁港に買い出しに行こう

川下海浜公園の周辺でも海産物を買うことができますが、本格的に買うときは厚田漁港まで足を伸ばすのがおすすめです。

キャンプ場からだと30分弱で到着します。

我が家は、キャンプの時はほぼ毎回、厚田漁港で買ってきたウニやホタテで海鮮丼を作ります。

厚田漁港で買ってきた採れたてのウニは、海水に付けておいて、弱らないようにしておきましょう。

海水に付けておかなければ、ドロドロになってしまうのですが、ちゃんと冷たい海水に付けて保存しておけば、割った時もしっかりウニの形が残っています。

買ってきた3キロ分のウニのむき身です。

大変だけど、一気に剥いてしまった方が楽です。

ホタテとタコと炊き立てのご飯に寿司酢を混ぜて盛り付ければ、海鮮丼の完成です。

毎回これを食べるためにキャンプに行くと言っても過言ではありません。

ちなみにこの海鮮丼で、原価は1,000円程です。

厚田漁港に気軽に行けるキャンプ場はそうはないので、川下海浜公園に行ったときには、是非厚田漁港に足を延ばしてみてください。

【2017年版】朝市価格でウニやホタテが買える厚田漁港、おすすめメニューやお得に買い物する方法をまとめました

今回は、私たち家族がキャンプに行くときに、必ず寄って新鮮な海鮮物を仕入れる漁港を紹介します。 シーズンになると、札幌周辺に住んでいる人たちがこぞって押し寄せる、厚田漁港の朝市です。 なぜ、多くの人が、 ...

続きを見る

夕陽は必見です

日本海側なので、天気が良ければ、息を飲むくらい美しい夕陽を見ることもできます。

防波堤から見る夕日が特におすすめなので、是非夕方散歩がてら行ってみてください。

海の日やお盆時期は混みあいます

これだけ魅力的で、かつ札幌から近いので、海の日やお盆時期などはかなり混みあいます。

特に駐車場に面した部分は、オートキャンプ場のような形で利用することもが可能なので、競争率もかなり高くなっています。

駐車場の近くとか、セイコーマートに近い場所など、便利なところに確実にテントを立てたいと思ったら、朝の9時半までに行ったほうが良いでしょう。

ただ、場所にこだわらないのであれば、スペースはたくさんあるので夕方に行っても大丈夫です。

まとめ

浜益川下海浜公園は、ゴミを持ち帰らなければいけないことを除けば、理想的なキャンプ場の一つです。

駐車料金以外に料金がかからないのも魅力ですね。

札幌から1時間半と、かなり気軽に行ける場所なので、北海道の短い夏を満喫しに行ってみてください。

日本海側キャンプなら留萌ゴールデンビーチもおすすめです。

【キャンプ大作戦2017年版】北海道で海水浴キャンプするなら、留萌ゴールデンビーチでしょう。料金や、温泉情報、海の日やお盆の様子をまとめました

北海道の夏は本当に短いです。 快適に海に入れる期間は、7月中旬~9月の始めくらいまでなので、賞味2か月弱ということになります。 しかし、だからこそ北海道民は海が大好きです。 今回は、短い夏を満喫するた ...

続きを見る

太平洋側キャンプなら、我が家的には豊浦海浜公園一択です。

海水浴キャンプができる豊浦海浜公園キャンプ場に我が家がよく行く理由を4つ紹介しようと思う。ついでに残念なところも教えちゃいます

北海道の海キャンプと言えば、大きく分けると日本海側と太平洋側に分かれます。 今回は、我が家が太平洋側にキャンプに行くときに、毎回お世話になっている、豊浦町にある豊浦海浜公園を紹介します。 たくさんある ...

続きを見る

実際に使ってみてよかったキャンプグッツがこちら

中級キャンパーの我が家がおすすめする、実際に使ってみてよかったキャンプグッツ3選。貧乏なのでブランドより性能とコスパ重視で選んでいます。

我が家は、毎年2回以上キャンプに行きます。 若いころからよくキャンプに行っていましたが、結婚を機に友人家族とキャンプに行く機会も増え、毎年装備も少しずつ増えています。 今回は、そんな中級キャンパーの私 ...

続きを見る

The following two tabs change content below.
ジョニー

ジョニー

北海道とタイが大好きで、行ったり来たりしているアラフォー男子で、妻と二人暮らし。
フリーランスの整体師で、いずれタイマッサージも極めてみたいと思っている。
夫婦とも、美味しいものとお酒が大好きで、スマホのアルバムも気づけば食べ物の写真ばかり。コスパが良いものにも目がない。

アドセンスPC用

アドセンスPC用

当サイトおすすめ記事ベスト5

1

私が2017年上半期に買ったものの中で、最も良かったものは間違いなく「FireTVstick」です。 初めて聞く方も多いかもしれません。 こんな感じのやつです。 今回は、我が家が惚れ込んでいる「Fir ...

2

パソコンを選ぶとき、皆さんはどんなことを重視されるでしょうか。 有名メーカーがいいとか、とにかく安い方がよい、購入後のサポートが手厚い方がよい…など、人によってパソコン購入時に重視するポイントは異なり ...

3

昨年始めに契約して以来、我が家になくてはならないサービスになっているのが、Amazonプライムです。 元々、上記バナーにあるように、Amazonプライム会員だと、日時指定やお急ぎ便が無料、という認識し ...

4

2016年年末のこんなツイートを、ニュースなどでご覧になった方もいらっしゃるかもしれません。 水曜日のカンパネラのケンモチヒデフミさんのツイートです。 アメリカは高額医療で有名ですが、手術したらこんな ...

5

今は、海外旅行に行くときの保険は、クレジットカード会社付帯のもので十分に賄える、良い時代になりました。 ただ、いざ海外で病院にかかると、日本では考えられない額の請求が来るので、いくつかのカードの保険を ...

-北海道のおすすめ, 北海道アウトドア情報

Copyright© ジョニーさんは北海道タイ間をパイパイマーマー , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.