タイ知恵袋 知って得するタイ情報

タイで車を購入するなら新車と中古車どっちがいいの?手順や中古車相場、日本人が気を付けなければいけない点をまとめました

投稿日:2017-10-20 更新日:

タイにある程度長期滞在される方が欲しくなるものの一つが自家用車。

バンコクのBTSや地下鉄沿線にお住まいであればそれほど必要性を感じないかもしれませんが、それでも日用品の買い物に車があったらかなり便利ですし行動範囲も広がります。

またバンコク以外だとそこまで公共交通機関が整備されていないところが多いので、車かバイクがなければ日常生活もままならないということもあり得ます。

我が家もタイに来て1か月目で必要に迫られバイクを購入、そしてさらに最近車も購入しました。

バイクは中古だと3万~4万バーツなので失敗してもまだ諦めがつきますが、車の場合は支払金額の桁が変わってくるので、絶対に失敗したくないと思うのは我が家だけではないでしょう。

というわけで今回は、実際に車を購入してみて分かった絶対に失敗しないために行うべきことや、注意すべき点を紹介します。

タイで購入するなら新車と中古車どちらがいいの

 

この質問の答えは、その人の経済状況やタイにどれくらい滞在する予定かによって答えが変わってくるでしょう。

ただいずれにしてもまず言えるのは、トヨタやホンダや日産など日本車を買った方が良いということ

タイでは日本車のシェア率がかなり高く、修理するようなことになっても日本車の方が直しやすいからです。

金銭的に余裕がある場合や今すぐに車が欲しい人、5年以上タイに滞在する予定の場合、またタイ語をあまり話せない方の場合は、日本のメーカーの新車を購入するのが賢明でしょう。

タイは車の修理にかかる金額は日本と比べるとかなり安いのですが、ネックになるのが言語の問題。

車のどこがどんな感じで不調なのかというのを、タイ人の修理工の人に伝えるのはかなりのハードル。

日本のメーカーの新車を買ってオイル交換などをまめに行えば、5年程度は修理が必要な不具合は生じない可能性が高いでしょう。

仮に何年か乗ってどこか直す必要が生じる頃には、きっとタイ語が話せるようになっているはずです。

また大切な点として、タイ独特の中古車相場も覚えておく必要があります。

というのも、日本と違いタイの中古車相場はびっくりするくらい下がりません。

タイで重視されるのは何キロ走ったかではなく、販売されて何年たったかということ

例えば、上の画像はこの記事執筆中に実際に販売されている車の情報。

日本でもおなじみのニッサン・マーチですが、96000キロ走った2013年車が約30万バーツ(約102万円)、24万キロ以上走った2010年車でも約25万バーツ(約85万円)で販売されています。

この車が特別なのではありません。

日本では24万キロ走った車に値段が付くことはまずありませんが、タイの中古車市場ではこの値段で普通に販売されています

このようにどれだけ距離を走っても、高年式であれば日本円で80万円を切ることはまずありません。

それどころか、15~20年落ちの車でも20万バーツを切る車はなかなか現れません。

それでどれだけ走っても高く売れる見込みがあるので、新車で購入することには一定のメリットがあるといえるでしょう。

一方タイの中古車相場に関してはこんな気になるデータも。

新車で購入した場合1年目で30%価値が下がり、2年目はさらに20%下がりますが、それ以降は下がり幅が小さくなるというデータです。

ということは3~5年落ちの車を買えば値段も新車の半額程度で買えますし、もし売ることになってもそれなりの高値で売れるということになります

日本のメーカーの車でかつしっかりした販売店で買えば、5年落ちの車でも何の問題もないはずです。

特にここ最近タイの中古車市場は年式が新しめの中古車が多く出回っているので、ある程度時間をかけて探せば中古車でも十分満足できる車が見つかるでしょう。

今まで述べたようなことを踏まえ、今回我が家は高年式の中古車の中から探すことにしました。

というわけで今後は、タイで中古車を探すという観点で話を進めていこうと思います

タイ人に圧倒的人気なのはトヨタとホンダ

これはどのタイ人に聞いても口を揃えて言うことですが人気があるのは日本車、それもトヨタかホンダです

日産やスズキやいすゞの車もたくさん走っていますが、人気があるのは断トツで先にあげた2社の車。

そのため中古車市場でもトヨタとホンダの車は、他のメーカーよりも5万バーツ程度高い場合がほとんどです。

それでメーカーにこだわらず程度のいい車を少しでも安く買いたい場合は、人気のないニッサンやスズキなどから選ぶことをおすすめします。

ニッサンマーチやニッサンアルメーラなどは中古車市場に多く出回っていて、同じ年式のトヨタ車やホンダ車と比べかなり安く買える車です。

一方将来的に売却することを考えている方は、人気のあるトヨタかホンダの車を買った方が良いでしょう

値段が全然落ちないので、状況にもよりますが買ったときとそれほど変わらない値段で売ることも可能かもしれません。

まずはタイ中古車の相場を知ろう

中古車を買うにあたって重要なことの一つは、タイ中古車の相場を知ること。

相場を知る目的は、中古車なのに値段が下がらない車や高年式なのにリーズナブルでコスパに優れた車を見つけること

サイトで検索する上で注意してほしいことが一つだけあります。

それはたとえバンコクに住んでいなくても、地域を選ぶときにバンコクを選択するかタイ全土で検索するということ

というのも、程度の良い中古車のほとんどはバンコク市内にあります。

たとえ陸送費用が掛かったとしても、あるいはわざわざ飛行機でバンコクまで取りに行くことになったとしても、バンコクで探した方がいい車をトータル的には安く買える場合がほとんどです。

相場を知るうえでおすすめなのがこのサイト

このサイトは英語対応していて、私がタイ人に中古車を買いたいと相談した時にまず教えてもらったサイトです。

検索ボックスにメーカー名やその他の条件を入れると、条件に合った車が出てきます。

このサイトでタイ中古車の相場を研究し、欲しい車の目星を付けておくとよいでしょう。

もう一つ使ってみて欲しいサイトがTOYOTA SURE

このサイトはタイ語のサイトですが、タイ語が分からなくても検索することはできると思います。

もちろんトヨタ車以外も検索可能。

ちなみにタイ人に聞いたところ、TOYOTA SUREはタイ全土の各県に一つはある大きなチェーン店で、保証もしっかりしていて、信用できる販売店だととのこと。

先ほど中古車はバンコクで買った方が良いといいましたが、もし検索してみて住んでいる近くのTOYOTASUREに気に入った車が見つかれば実際に見てみることもできるでしょう

町の小さな中古車屋さんやネットで購入するのは絶対にやめた方がいい理由

タイには中古車屋さんが数えきれないほどあります。

またネットで格安の車を販売していたり、道端に並べて売っていたりします。(ขายと書いてある車は売っている車です

このカローラ。

実際に私が買おうかどうか迷った車です。

走行距離は31万キロで、値段はなんと44000バーツ。

下手したらバイクより安い値段だったので、2年くらい乗れればいいかなと思い真剣に考えました。

さすがに44000バーツの車はなかなかありませんが、7~10万バーツ出せば低年式高走行距離の車が結構見つかります。

ただ、タイ語が話せない方は絶対に買うのをやめておいた方が良いでしょう。

これは先週チェンマイで起こった洪水です。

しかも田舎ではなくチェンマイ空港すぐ近くの幹線道路の様子

タイではこのような洪水が頻繁に起こるので、よく車が水没します

また、水没した車がそれを偽って販売されていることもよくあります。

一度水没した車は外見がなんともなくてもすぐに故障、しかも再起不能な故障をする可能性がかなり高い危険な車です。

また事故歴を隠したり、走行距離を巻き戻す装置を使って偽って販売するのもタイでは常套手段

よほどタイ語がうまい人であれば細かい点まで追求することもできますが、外国人がだまそうとしているタイ人の車屋さんを見分けるのはまず無理でしょう。

もちろん小さくても誠実なタイ人の車屋さんもたくさんありますが、余計なストレスを抱えたくないという方は日本人がいて日本語が通じる販売店で買うことをおすすめします。

まとめ

日本人がタイで車を購入するのは一大イベント。

ただ長く住めば住むほど車が必要になってくるのも事実です。

車の購入を考えている方がまず行うべきことは、タイの車の値段の相場を知ること

そして車を乗りつぶすつもりなのか、それとも売却も視野に入れた購入をするのかどうかを決めることです

もし乗りつぶすつもりなら、日産やスズキの車を選んだ方が高年式車を安く買うことができます。

タイでは新車から7年間は車検がないので、できるだけ新しい車を買った方がお得です。

そして先ほども述べたTOYOTASUREのような、大きくてしっかり保障のある販売店で購入しましょう。

もしタイ人の車屋さんで買うときは、タイ人の友人かタイ語が堪能な日本人に同行してもらい、車の状態だけではなく名義変更の手順などもしっかり確認したうえで購入した方が良いでしょう。

特に車種にこだわりはないが壊れない車に乗りたいという方にはVIOSがおすすめ

タイで車を買うならVIOS(ヴィオス)をおすすめする5つの理由と、絶対にVIOSを買ってはいけない人とは

皆さんはTOYOTA・VIOS(ヴィオス)という車を知っていますか。 日本にいるとほぼ目にすることがない車ですが、タイでは至る所で走っています。 TOYOTAがタイやシンガポールやインドネシアなど、東 ...

タイのガソリンスタンドでちょっとお得に給油する方法とは

タイのガソリンの種類や読み方・給油方法とちょっとだけお得に給油する方法を教えます

  タイで車やバイクを運転する人なら必ず行かなければいけない場所の一つがガソリンスタンド。 バイクだと満タンにしても100バーツちょっとしか入らないので、ちょくちょくスタンドに行かなければい ...

車を買ったらドライブレコーダーも絶対に付けましょう

タイで運転するにあたりドライブレコーダーを付けるべき理由と選ぶ5つの基準とは

日本でもすでに必須アイテムになりつつありますが、外国人がタイで自分の車を運転するにあたり、絶対につけた方がいいアイテムがドライブレコーダーです。 今回は、タイでのドライブレコーダーの重要性や、実際に購 ...

販売店にやってもらうのが一番ですが、自分でも名義変更は可能ですよ

タイで車やバイクの名義変更をするにあたって必要なものや書類、手順や方法をまとめました

タイでは、長期滞在可能なビザがなくても必要な書類さえ揃えば、車やバイクを自分の名義にして所有することが可能です。 今回タイのランプーンでバイクの名義変更をしたので、手順などを説明したいと思います。 こ ...

-タイ知恵袋, 知って得するタイ情報

Copyright© ジョニーさんは北海道タイ間をパイパイマーマー , 2018 All Rights Reserved.