パイパイマーマーとはタイ語で行ったり来たりという意味。北海道とタイをこよなく愛するジョニーのブログです。お得な情報や、目からウロコの情報を中心に更新中

ジョニーさんは北海道タイ間をパイパイマーマー

タイ知恵袋 知って得するタイ情報

日本人がタイで中古車を購入したり買取査定して欲しい時、ガリバーラチャダー店をおすすめする5つの理由【PR】

投稿日:2017-10-20 更新日:

アドセンス728×90

タイにある程度長期滞在される方が欲しくなるものの一つが自家用車です。

バンコクのBTSや地下鉄沿線にお住まいであれば、それほど必要性を感じないかもしれませんが、それでも日用品の買い物に車があったらかなり便利ですし、行動範囲も広がります。

また、バンコク以外だとそこまで公共交通機関が整備されていないところが多いので、車かバイクがなければ日常生活もままならないということもあり得ます。

我が家も、タイに来て1か月目で必要に迫られバイクを購入、そしてさらに最近車も購入しました。

バイクは中古だと3万~4万バーツなので失敗してもまだ諦めがつきますが、車の場合は支払金額の桁が変わってくるので、絶対に失敗したくないと思うのは我が家だけではないでしょう。

というわけで今回は、実際に車を購入してみて分かった、絶対に失敗しないために行うべきことや、注意すべき点を紹介します。

【スポンサーリンク】

タイで購入するなら新車と中古車どちらがいいの

 

この質問の答えは、その人の経済状況や、タイにどれくらい滞在する予定かによって答えが変わってくるでしょう。

ただいずれにしてもまず言えるのは、トヨタやホンダや日産など、日本車を買った方が良いということ。

タイでは、日本車のシェア率がかなり高く、修理するようなことになっても日本車の方が直しやすいからです。

金銭的に余裕がある場合や今すぐに車が欲しい人、5年以上タイに滞在する予定の場合、またタイ語をあまり話せない方の場合は、日本のメーカーの新車を購入するのが賢明でしょう。

タイは車の修理にかかる金額は日本と比べるとかなり安いのですが、ネックになるのが言語の問題です。

車のどこがどんな感じで不調なのかというのを、タイ人の修理工の人に伝えるのは、かなりのハードル。

日本のメーカーの新車を買って、オイル交換などをまめに行えば、5年程度は修理が必要な不具合は生じない可能性が高いでしょう。

仮に何年か乗ってどこか直す必要が生じる頃には、きっとタイ語が話せるようになっているはずです。

また大切な点として、タイ独特の中古車相場も覚えておく必要があります。

というのも、日本と違いタイの中古車相場は、びっくりするくらい下がりません。

タイで重視されるのは、何キロ走ったかではなく、販売されて何年たったかということ。

例えば、上の画像はこの記事執筆中に実際に販売されている車の情報。

日本でもおなじみのニッサン・マーチですが、96000キロ走った2013年車が約30万バーツ(約102万円)、24万キロ以上走った2010年車でも約25万バーツ(約85万円)で販売されています。

この車が特別なのではありません。

日本では24万キロ走った車に値段が付くことはまずありませんが、タイの中古車市場ではこの値段で普通に販売されています。

このように、どれだけ距離を走っても、高年式であれば日本円で80万円を切ることはまずありません。

それどころか、15~20年落ちの車でも20万バーツを切る車はなかなか現れません。

それで、どれだけ走っても高く売れる見込みがあるので、新車で購入することには一定のメリットがあるといえるでしょう。

一方タイの中古車相場に関しては、こんな気になるデータもあります。

新車で購入した場合、1年目で30%価値が下がり、2年目はさらに20%下がりますが、それ以降は下がり幅が小さくなるというデータです。

ということは、3~5年落ちの車を買えば、値段も新車の半額程度で買えますし、もし売ることになってもそれなりの高値で売れるということになります。

日本のメーカーの車で、かつしっかりした販売店で買えば、5年落ちの車でも何の問題もないはずです。

特にここ最近タイの中古車市場は、年式が新しめの中古車が多く出回っているので、ある程度時間をかけて探せば中古車でも十分満足できる車が見つかるでしょう。

今まで述べたようなことを踏まえ、今回我が家は高年式の中古車の中から探すことにしました。

というわけで今後は、タイで中古車を探すという観点で話を進めていこうと思います。

タイ人に圧倒的人気なのはトヨタとホンダ

これはどのタイ人に聞いても口を揃えて言うことですが、人気があるのは日本車、それもトヨタかホンダです。

日産やスズキやいすゞの車もたくさん走っていますが、人気があるのは断トツで先にあげた2社の車。

そのため、中古車市場でもトヨタとホンダの車は、他のメーカーよりも5万バーツ程度高い場合がほとんどです。

それで、メーカーにこだわらず程度のいい車を少しでも安く買いたい場合は、人気のないニッサンやスズキなどから選ぶことをおすすめします。

ニッサンマーチやニッサンアルメーラなどは、中古車市場に多く出回っていて、同じ年式のトヨタ車やホンダ車と比べかなり安く買える車です。

一方、将来的に売却することを考えている方は、人気のあるトヨタかホンダの車を買った方が良いでしょう。

値段が全然落ちないので、状況にもよりますが買ったときとそれほど変わらない値段で売ることも可能かもしれません。

まずはタイ中古車の相場を知ろう

中古車を買うにあたって重要なことの一つは、タイ中古車の相場を知ることです。

相場を知る目的は、中古車なのに値段が下がらない車や、高年式なのにリーズナブルでコスパに優れた車を見つけること

サイトで検索する上で注意してほしいことが一つだけあります。

それは、たとえバンコクに住んでいなくても、地域を選ぶときにバンコクを選択するか、タイ全土で検索するということです。

というのも、程度の良い中古車のほとんどはバンコク市内にあります。

たとえ陸送費用が掛かったとしても、あるいはわざわざ飛行機でバンコクまで取りに行くことになったとしても、バンコクで探した方がいい車をトータル的には安く買える場合がほとんどです。

相場を知るうえでおすすめなのが以下のサイトです。

 

このサイトは英語対応していて、私がタイ人に中古車を買いたいと相談した時に、まず教えてもらったサイトです。

検索ボックスに、メーカー名やその他の条件を入れると、条件に合った車が出てきます。

このサイトでタイ中古車の相場を研究し、欲しい車の目星を付けておくとよいでしょう。

もう一つ、使ってみて欲しいサイトがTOYOTA SUREです。

โตโยต้า ชัวร์ มาตรฐานใหม่ของรถใช้แล้ว รับรองโดยบริษัทโตโยต้า</title><meta name="Description" content="ศูนย์ ซื้อ ขาย แลกเปลี่ยน รถมือสอง คุณภาพดี รับประกันคุณภาพ พร้อมข้อเสน...
ศูนย์ ซื้อ ขาย แลกเปลี่ยน รถมือสอง คุณภาพดี รับประกันคุณภาพ พร้อมข้อเสนอสินเชื่อพิเศษ รับประกันความคุ้มค่าโดยบริษัทโตโยต้า มอเตอร์ ประเทศไทย จำกัด

 

このサイトはタイ語のサイトですが、タイ語が分からなくても検索することはできると思います。

もちろんトヨタ車以外も検索可能。

ちなみにタイ人に聞いたところ、TOYOTA SUREはタイ全土の各県に一つはある大きなチェーン店で、保証もしっかりしていて、信用できる販売店だととのこと。

先ほど中古車はバンコクで買った方が良いといいましたが、もし検索してみて住んでいる近くのTOYOTASUREに気に入った車が見つかれば、実際に見てみることもできるでしょう。

町の中古車屋さんやネットで購入するのは絶対にやめた方がいい理由

タイには中古車屋さんが数えきれないほどあります。

またネットで格安の車を販売していたり、道端に並べて売っていたりします。(ขายと書いてある車は売っている車です

このカローラ。実際に私が買おうかどうか迷った車です。

走行距離は31万キロで、値段はなんと44000バーツ。

下手したらバイクより安い値段だったので、2年くらい乗れればいいかなと思い真剣に考えました。

さすがに44000バーツの車はなかなかありませんが、7~10万バーツ出せば低年式高走行距離の車が結構見つかります。

ただ、タイ語が話せない方は絶対に買うのをやめておいた方が良いでしょう。

これは先週チェンマイで起こった洪水です。

しかも、田舎ではなくチェンマイ空港すぐ近くの幹線道路の様子です。

タイではこのような洪水が頻繁に起こるので、よく車が水没します。

また、水没した車がそれを偽って販売されていることもよくあります。

一度水没した車は、外見がなんともなくてもすぐに故障、しかも再起不能な故障をする可能性がかなり高い危険な車です。

また、事故歴を隠したり、走行距離を巻き戻す装置を使って偽って販売するのもタイでは常套手段。

よほどタイ語がうまい人であれば細かい点まで追求することもできますが、外国人の場合、だまそうとしているタイ人の車屋さんを見分けるのはまず無理でしょう。

もちろん、誠実なタイ人の車屋さんもたくさんありますが、余計なストレスを抱えたくないという方は、日本人がいて日本語が通じる販売店で買うことをおすすめします。

タイで中古車を購入するならガリバーラチャダー店をおすすめする5つの理由

ガリバーは、日本では誰もが知っている中古車販売買取実績ナンバー1の大手企業。

そのガリバーが、実はタイにも進出していることをご存知でしょうか。

現在チェンマイやチェンライやコンケンなど、タイ全土に8店舗あるガリバー。

そんな数あるカリバーの中で、私が今回実際に車を購入してみて絶対におすすめなのがカリバーラチャダー店です。

ラチャダー店は、横浜にある株式会社フロンティアが運営するガリバーのFC店。

私が、今中古車を探している人にガリバーラチャダー店を自信をもっておすすめする、5つの理由を紹介します。

日本人が常駐

タイのガリバーの中で、日本人が常駐しているのはラチャダー店だけです。

日本人専用ダイアルが用意されているので、タイ語が一言も話せなくても大丈夫。

実際私も、最初から最後まですべて日本語だけで車を買うことができました。

車を購入するときは、車の状態の説明だけではなく、支払方法や任意保険の話、その他細かい話がたくさんあります。

また購入後も、自動車税や車検のことなど不明なことがあるときには、日本語でアドバイスしてもらうことが可能。

自動車税や車検の仕組みが分からず、知らず知らずのうちに期限が切れているのに運転してしまっていて罰金を取られたというのは、日本人によくある事例です。

日本人専用ダイヤルは095-826-0480

さらにLineやSMSを使って、こまめに連絡を取り合うことも可能。

他のお店では得られない日本語を使える安心感が、ガリバーラチャダー店をおすすめする一番の理由です。

ちなみに、コンケン店も日本人オーナーが経営しておられるようですが、常駐の日本人スタッフはいないとのこと。

ただ、ラチャダー店経由でコンケンの日本人オーナーを紹介してもらうことも可能だそうです。

任意保険や車検・名義変更の代行サービス

タイで運転するにあたり絶対に必要なのが任意保険。

ただほとんどの方は、タイの任意保険のシステムや、どの保険に入ったらよいか分からないのではないでしょうか。

ガリバーラチャダー店では、任意保険の見積もりから契約まですべてやってくれます。

もちろん保険証書はタイ語ですが、補償内容なども日本語で説明してもらえるので、安心して運転することができます。

また、慣れてないとハードルが高いのが名義変更や車検。

自分で行なうことも可能ですが、これも代わりに代行してくれます。

手数料が若干かかりますが、時間がない方やタイ語がまったく話せない方、車の詳しくない女性の方には嬉しいサービスです。

ガリバーブランドなので信用できる

ガリバーラチャダー店では、「安心して車を買い替えることができるよう、日本の査定基準に基づいた、買取と販売の仕組みを構築」しています。

そのため、正確な車両状態、大きな事故歴や走行距離に巻き戻しがないかなどを厳しくチェック。

さらに、納車後1か月の性能保証も付いています。

車に関してちょっとでも気になることがあれば、Lineで気軽に質問もできるので、安心して車を購入することができます。

適正価格で販売されている

実は最初私は、日本人対応なので価格もその分上乗せされているのではないかと思っていました。

しかし、実際に車を紹介してもらったところ、他の中古車相場とほぼ変わらないことが分かりました。

今回購入したのは、トヨタVIOS 2011年車 Gクラス 走行距離約4万キロで、価格は389000バーツ。

これは、VIOS Gクラスとしては妥当な金額です。

むしろ少し安いかもしれません。

実際、ガリバーラチャダー店の在庫ラインナップを見ても、それほど高いという印象は受けないと思います。

ガリバーラチャダー店の在庫ラインナップはこちらから

このように、日本語で購入できるという付加価値がありながら、価格は他と変わらないというのも嬉しいポイントです。

もちろん、条件を伝えて在庫にない車を探してもらうことも可能。

また、今回の私の場合もそうだったのですが、近日中に買取予定でまだ在庫リストには載っていない車もあります。

まずいち早く、日本人専用ダイアルに電話するか、メールで問い合わせをすることが、いい中古車に巡り合えるカギといっても過言ではないでしょう。

バンコク以外でも納車可能

今回購入するにあたり、実は私は現車を一度も見ずに購入しています。

普通ではありえないことですが、現在バンコクから車で8時間ほどのチェンマイ近郊に住んでいるというのと、電話やLineで車の状態の説明を十分に受けることができたので購入を決断。

安心のガリバーブランドというのと、日本語で納得いくまで質問できたのも決め手の一つでした。

実際に納車は、ガリバーのスタッフが、ラチャダー店から私の住んでいるコンドミニアムまで運転して運んでくれました。

バンコク以外でも納車してくれるので、地方にお住まいの方にもガリバーラチャダー店はおすすめです。

まとめ

タイで中古車を買うというのは一大イベントです。

そして私たち日本人が、星の数ほどあるタイの中古車市場の中から、絶対に買って後悔しない車を探すには、プロの手を借りるのが一番です。

もちろん、ガリバーですので買取も行っています。

日本人だからといって買いたたかれることもありませんし、バンコク市内なら無料出張サービス、遠方でもLineを使って査定してくれるサービスもあるので、買取を検討中の方も一度問い合わせてみるとよいでしょう。

ガリバーラチャダー店の日本語HPはこちら

Facebookページはこちら。イベントや新しく入庫した中古車の紹介もあります

The following two tabs change content below.
ジョニー

ジョニー

北海道とタイが大好きで、行ったり来たりしているアラフォー男子で、妻と二人暮らし。
フリーランスの整体師で、いずれタイマッサージも極めてみたいと思っている。
夫婦とも、美味しいものとお酒が大好きで、スマホのアルバムも気づけば食べ物の写真ばかり。コスパが良いものにも目がない。

アドセンスPC用

アドセンスPC用

当サイトおすすめ記事ベスト5

1

私が2017年上半期に買ったものの中で、最も良かったものは間違いなく「FireTVstick」です。 初めて聞く方も多いかもしれません。 こんな感じのやつです。 今回は、我が家が惚れ込んでいる「Fir ...

2

パソコンを選ぶとき、皆さんはどんなことを重視されるでしょうか。 有名メーカーがいいとか、とにかく安い方がよい、購入後のサポートが手厚い方がよい…など、人によってパソコン購入時に重視するポイントは異なり ...

3

昨年始めに契約して以来、我が家になくてはならないサービスになっているのが、Amazonプライムです。 元々、上記バナーにあるように、Amazonプライム会員だと、日時指定やお急ぎ便が無料、という認識し ...

4

2016年年末のこんなツイートを、ニュースなどでご覧になった方もいらっしゃるかもしれません。 水曜日のカンパネラのケンモチヒデフミさんのツイートです。 アメリカは高額医療で有名ですが、手術したらこんな ...

5

今は、海外旅行に行くときの保険は、クレジットカード会社付帯のもので十分に賄える、良い時代になりました。 ただ、いざ海外で病院にかかると、日本では考えられない額の請求が来るので、いくつかのカードの保険を ...

-タイ知恵袋, 知って得するタイ情報

Copyright© ジョニーさんは北海道タイ間をパイパイマーマー , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.