クアラルンプール マレーシア知恵袋

KLセントラル駅周辺で絶対に食べた方がよいおすすめグルメ6選とは

投稿日:2018-03-25 更新日:

クアラルンプールの中心地KLセントラル駅エリア。

KLセントラル駅周辺はリトルインディアと呼ばれるインド人街が広がっていて、安くて美味しいインド料理店が数多くあります。

またそれだけでなく中華やマレーシア料理などローカルの飲食店が数多くあり、このエリアだけでマレーシアグルメを堪能することも十分可能。

今回はそんなKLセントラル駅エリアで、絶対に行った方が良いおすすめの美味しい飲食店やグルメ6選を紹介します

朝食食べるならPrter's Pork Noodle がおすすめ

朝食や昼食におすすめなのがローカル飲食店Peter's Pork Noodle

営業時間が7:00~16:00なので、残念ながら夕食時には閉まっています。

Peter's Pork NoodleはMoney's Cornerというホーカー(屋台街)の中にあります。

ほぼ地元のお客さんばかりなので入りにくいかもしれませんが、ホーカー(屋台街)のシステムは簡単なので勇気を出して入ってみましょう。

Peter's Pork Noodleのメニューは基本的に豚肉入り麺1種類だけ。

BIGにするかSMALLにするかを選んで、卵を入れるか入れないかを選びましょう

BIGにして卵を入れてもRM8(約240円)という安さ。

麺も3種類から選べます。

個人的には黄色い中華麺が一番合う気がしましたが、お好みでいいと思います。

注文をしたら席に座って待っていれば、出来上がり次第持ってきてくれます

会計は商品と引き換えでOK

飲み物は有料で席に座っていれば飲み物売りのおばちゃんがまわってくるので、もし欲しければ購入しましょう。

これがPeter's Pork Noodleの豚肉入り麺 卵入り

卵は入れた方が絶対に美味しいです。

日本にはない味のスープでうまく表現できないのですが、とにかく一度食べるとはまります。

200円ちょっとでこれだけ満足できる麺はなかなかありません。

豚肉もひき肉だけではなく、レバーやモツの部分もゴロゴロ入っていて食べ応え抜群。

実はあまりにもはまりすぎてホテルの朝食が付いているのにもかかわらず、こっちを食べに行ってしまいました。

このホーカー(屋台街)には、他にも海南鶏飯やカレー麺の屋台など、安くて美味しいお店たくさん入っています。

そしてローカルのホーカー(屋台街)の中でもかなり清潔な部類に入ると思うので、東南アジアの食堂になれていない人でも抵抗なく食べられると思います。

夜も営業していないのが残念でなりません。

もしホテルに朝食が付いていない場合は、このホーカー(屋台街)に行くことを強くおすすめします

NU Sentral3階のフードコート(Quizinn Foodcourt)

夕方以降にKLセントラル駅エリアに到着された方や、地元ローカル飲食店に入るのが抵抗があるという方におすすめなのが、NU Sentral3階にあるフードコート(Quizinn Foodcourt)

営業時間は10:00~22:00で、直接店舗でお金を支払って購入するスタイルのフードコート。

NU Sentralには他にも飲食店が数多く入っていて、すしざんまいなどの和食店もたくさんあるのですが、せっかくマレーシアに来たからにはローカル料理にチャレンジするのがおすすめ。

マレーシア料理だけでなく、日本料理や韓国料理など世界各地のブースがあります。

新しいショッピングモールのフードコートだけあって、日本とほぼ同じレベルの清潔さが保たれています。

フードコートの左側の入り口近くにある韓国料理店の石焼ビビンバRM17(約510円)

本格的な石焼ビビンバのセットがこの値段で食べれるとは驚きです。

日本食店で購入した天丼RM15 (約450円)

マレーシアの代表的な麺料理パンミー。

汁なしパンミー(約300円)を頼みましたが、予想外に本格的でした。

観光客が多いこともあり、注文も片言の英語と指差しで十分可能。

人気のフードコートなので、混雑する時間帯は先に席を確保してから注文しに行くことをおすすめします

本格的なビリヤ二が食べられるLegend's Claypot Briyani

せっかくリトルインディアに宿泊するからには、本格的なインド料理を食べたいという方も多いでしょう。

そんな方におすすめなのがLegend's Claypot Briyani

店名にビリヤ二と入っていることからも分かるように、KLセントラル駅エリア内でも1,2を争うビリヤ二の名店。

ビリヤ二は鳥やシーフードなど何種類かあり、値段はだいたいどれも500円前後

ビリヤ二以外にもいろいろメニューはありますが、アルコールメニューは扱っていません。

ここで飲むならマンゴーラッシーRM6(約180円)がおすすめ

バナナの葉に乗ったビリヤ二セットが到着。

正直食べ方がよく分からないので、周りのインド人の食べ方を盗み見しながら初ビリヤ二にチャレンジ。

チキンとシーフードのビリヤ二を頼んだのですが、ご飯の下にゴロゴロ具材が隠れていてボリューム満点。

よく分からずに頼んだミーゴレンRM4(約120円)

これが病みつきになる美味しさ。

本格的なインド料理にチャレンジしたいときには、Legend's Claypot Briyaniがおすすめですよ

インドの国民食カレー食べるならEasy Hotel横のカフェに

リトルインディアには本格的なインドカレーが食べられるお店が軒を連ねているのですが、その中でもおすすめなのがEasy Hotelに併設されているお店。

10種類以上のカレーやタンドリーチキンなどが並んでいて、指を差すだけで注文可能。

ご飯の上に何種類もかけてくれます。

朝も7時過ぎから営業していますし、夜も比較的遅くまで営業しています。

いろんなカレーにチャレンジしてみたいという方は、このようなローカルインド料理店に入ってみるのがおすすめです。

中華食べるならPU XIAN WEI RESTAURANT

マレーシアは中華系の人が多いので、かなりの数の中華料理店があります。

KLセントラル駅エリアも例外ではなく、特に駅前のメイン通りの裏側を走るThambipillay通りには中華料理店が密集しているエリアがあります。

その中でも美味しいなと思ったのがPU XIAN WEI RESTAURANT

魚がいっぱい入った大きないけすが目印。

マレーシアはイスラム文化のためアルコールを取り扱っていないお店が多いのですが、中華系のお店であればほとんどのお店でアルコールを飲むことが可能。

ローカルビールのタイガーが大瓶RM17.5(約525円)なので、比較的良心的な値段設定。

メニューは写真付きなので、外国人でも容易に注文することができます。

23:00まで営業しているので、ちょっと遅めにKLセントラル駅エリアに到着しても大丈夫ですよ。

【番外編】揚げバナナの美味しい屋台

営業時間が12:00~17:00までで、しかも16時過ぎには売り切れてしまうことも多いので訪問ハードルは少し高めですが、タイミングが合えば是非食べてみて欲しいのがBrickfields Pisang Gorengの揚げバナナ。

約40円の揚げバナナ

中はトロっ、外側はサクサクのフリッターで、絶妙な食感が最高のスィーツ。

地元民に大人気で、10本以上まとめ買いしている人もよく見かけました。

もしまだ売り切れていなければ、絶対に買って食べてみる事をおすすめします

まとめ

飲食店が充実しているKLセントラル駅エリア。

NU Sentralには和食店も数多く入っていますが、せっかくならマレーシアでしか食べられない料理にチャレンジしてみるのがおすすめです。

特に最初に紹介したMoney's Cornerというホーカー(屋台街)は、日中しか営業していませんが比較的清潔なのでホーカー初心者におすすめ

大人数で食べたいものがまとまらないというときは、NU Sentral3階のフードコートに行くと全員がきっと満足できることでしょう。

The following two tabs change content below.
ジョニー

ジョニー

北海道とタイが大好きで、行ったり来たりしているアラフォー男子で、妻と二人暮らし。
フリーランスの整体師で、いずれタイマッサージも極めてみたいと思っている。
夫婦とも、美味しいものとお酒が大好きで、スマホのアルバムも気づけば食べ物の写真ばかり。コスパが良いものにも目がない。

-クアラルンプール, マレーシア知恵袋

Copyright© ジョニーさんは北海道タイ間をパイパイマーマー , 2018 All Rights Reserved.