パイパイマーマーとはタイ語で行ったり来たりという意味。北海道とタイをこよなく愛するジョニーのブログです。お得な情報や、目からウロコの情報を中心に更新中

ジョニーさんは北海道タイ間をパイパイマーマー

タイ知恵袋 バンコク

バンコクの高級デパート「セントラルエンバシー」を徹底解説。地下の高級フードコート「イータイ」では、あのピンクのカオマンガイも食べられます

投稿日:2017-06-08 更新日:

アドセンス728×90

2014年5月にオープンした、今バンコクで最もおしゃれで高級なデパート、それがチットロムにある「セントラルエンパシー」です。

今回は、セントラルエンパシーの楽しみ方や、高級フードコート「Eathai」(イータイ)の魅力を紹介します。

【スポンサーリンク】

セントラルエンパシーの場所や行き方

セントラルエンパシーは、BTSチットロム駅とBTSプルンチット駅のちょうど中間にあり、どちらの駅とも直通通路で繋がっています。

どちらの駅で降りても、とりあえず5番出口の方に進みましょう。

BTSチットロム駅からの行き方

電車を降りたら、5番出口の方に進みます。

そうすると、「セントラルチッロム」の入り口があるので、簡単なセキュリティチェックを済ませ、店内に入ります。

セントラルエンパシーへの連絡通路は、ワンフロアー下にあるので、エスカレーターを探しましょう。

店内に入って、右側に進むとすぐにエスカレーターがあります。

エスカレーターで降りると、上のような案内があるので、セントラルエンパシーの表示の方に歩いていきましょう。

1分ほど歩くと、見えてきます。

BTSプルンチット駅からの行き方

BTSプルンチット駅から行く場合は、すでにもう見えているので、迷うことはないと思います。

電車を降りたら、5番出口の方に進みましょう。

駅構内にもセントラルエンパシーへの案内があるので、迷うことはないと思いますが、そのまま案内に従って大きい建物の方に進めば、それがセントラルエンパシーです。

1階~4階はハイクラスブランドのテナントが立ち並びます

セントラルエンパシーは、バンコクで最も高級なデパートの一つです。

アラブの石油王なんかをターゲットにしているようで、庶民の我が家には全く手が出るレベルではありません。

ただ、買うかどうかはともかくとして、ウインドショッピングをしながら店内をぶらぶらするのは、とても楽しいところです。

全体的な造りが他のセントラルデパートと比べてゆったりとしていて、ラグジュアリーな気分を味わうことができます。

また、日本にはまだないブランドの店舗も、いくつか入っています。

無印良品やZARAと言った、私たちにもなじみのあるお店も、もちろん入っています。

私たちが行ったのが平日だったせいか、お客さんはかなりまばらでした。

あまりにもボロボロな格好をしていると、店員さんに変な目で見られるので、ちょっと小綺麗な格好をしていくのがおすすめです。

5階・6階は飲食店と映画館

セントラルエンパシーには、今バンコクで人気のある有名レストランが、数多く出店しています。

ランチやディナーが目的で、ここを訪問される方も多いようです。

 

 

「日向鮨」

なかなかいいお値段がします。

トンカツの「まい泉」

日向鮨を見た後だったので、かなりリーズナブルに感じました(笑)

ブーバッポンカレー(カニのカレータマゴ炒め)で有名な「ソンブーンシーフード」

バンコクには何店舗かありますが、ここは空いていてねらい目かもしれません。

誰もが頼むであろうブーパッポンカレーは、1200バーツでした。

ご飯と一緒に食べたら、最高に美味しいメニューの一つです。

今バンコクで、最もおいしいピッツアが食べられるイタリアンの人気店「PEPPINA」も、6階に入っています。

「PEPPINA」をまだ食べたことない方は、是非トリュフのピッツアと、カニのパスタを食べてみてください。

今バンコクで一番勢いのあるイタリアンレストランPEPPINA(ペッピーナ)。もしかしたら本場イタリアよりも美味しい窯焼きピッツアやパスタが食べられる、一度は行って欲しいお店です
今バンコクで一番おいしいイタリアンが食べられると評判のお店、それが「PEPPINA」です。本格的な窯焼きピッツアや、日本でも食べたことがないような美味しいパスタが食...

 

6階には映画館もあります。

なんと、映画館を2人で貸切るプライベートシアターもできるようです。

6階にある、大きな本屋さん。

周りにはおしゃれなカフェもあるので、本を読みながらゆっくり時間を過ごすこともできるでしょう。

5階と6階にある飲食店街には、もちろん高級店もありますが、そうでないお店もたくさん入っています。

ウインドショッピングに疲れたら、このフロアでのんびり過ごすのもおすすめです。

地下2階にある高級フードコート「イータイ」(Eathai)

実は、貧乏な我が家がセントラルエンパシーを訪れた理由は、地下2階にあるEathaiというフードコートです。

Eat(食べる)+Thai(タイ)を組み合わせて作られた造語のEathai(イータイ)

名前からも分かるように、このフードコートにはタイ料理しかありません。

ただ、このフードコートのすごいところは、タイの有名な屋台のお店や、イサーン料理やタイ北部料理など、タイ全土の郷土料理のお店を、一か所にまとめてしまったということです。

わざわざイサーン料理を食べに飛行機で現地に行くのに比べると、格安で食べることができます。

また、バンコクの人気の屋台にわざわざ行くのは大変でも、ここに来れば並ばずに食べる事ができます。

しかも、とても清潔な環境が保たれているので、観光客の方には特におすすめです。

イータイ(Eathai)のシステム

エスカレータで地下2階に降りると、そこはもうイータイの入り口です。

このようなカードが、一人1枚配られます。

子供にも小学生以上なら配られるようです。

タイのフードコートは、最初にお金をカードにチャージするシステムが多いですが、イータイの場合はチャージしなくても大丈夫です。

このカードを見せれば、すぐに料理を注文することができます。

清算は、帰るときに行うことになります。

裏面に書いてありますが、無くすと1000バーツ取られます。

それで、もし不安であれば、子供の分は断ったほうがいいかもしれません。

席数はかなりあるのですが、ご飯時にはあっという間にいっぱいになってしまいます。

まず、席を確保しましょう。

席を確保したら、食べたいものを探しに行きます。

かなりの数の屋台があるので、ぐるっと一周するだけでも相当時間がかかります。

食べたいものが決まったら、オーダーし先ほどのカードを渡すと、バーコードを読み取って注文を確定させてくれます。

すぐに出来上がりそうなら、その場で待っていて、出来上がったものを受け取って自分の席まで運びましょう。

ただ、少し時間がかかりそうなら、他の屋台に移動したり、自分の席に戻ってきても大丈夫です。

その場合、フロアで席への案内をしていたり、お皿を片づけているイータイの従業員にレシートを渡しましょう。

あとは、出来上がったら、レシートを渡した人がお店まで取りに行ってくれ、それを席まで運んできてくれます。

食べ終わったら、上りエスカレーターの方に行くと、手前にレジがあり、そこで食べた分だけお金を払って終了です。

ちなみに、料理を席まで持ってきてもらう分の料金も、あらかじめ加算されて高めの値段設定になっているようです。

料理見本があるので注文しやすい

タイ料理を注文するときに困ることの一つは、料理名を見てもイメージできないことです。

英語表記があっても、なかなかどんな料理が出てくるか、イメージできないのではないでしょうか。

イータイには、もちろん英語表記があるだけではなく、各屋台前に料理の見本があります。

食べたい料理を探して指をさせばいいだけなので、タイ語が話せない旅行者でも全く問題なく注文できるでしょう。

イータイ(Eathai)ではピンクのカオマンガイも食べられます

日本人が大好きな「カオマンガイ」

そして、バンコクで長年断トツで大人気なのが、チットロムにある「ラーン・ガイトーン・プラトゥーナム」のカオマンガイです。

従業員がピンクの制服を着ているので、ピンクのカオマンガイとも呼ばれています。

BTS駅から少し歩きますし、いつ行っても混んでいて、行列ができています。

暑い中歩いたり、30分並んだりするのはとてもきついですが、なんとイータイに来れば、「ラーン・ガイトーン・プラトゥーナム」のカオマンガイが、涼しくて清潔な中で食べる事ができるんです‼

「ラーン・ガイトーン・プラトゥーナム」の屋台がこちら。

トリップアドバイザーの緑のステッカーが目印になります。

分からなければ、近くのイータイの従業員に、「カオマンガイ ユー ティナイ」(カオマンガイはどこ?)と聞いてみるか、上の写真を見せましょう。

私が見た限り、カオマンガイの屋台は1つしかなかったと思います。

カオマンガイは、茹で鳥のものと揚げ鳥のものがありますが、おすすめはその二つをミックスしたものです。

「カオマンガイパソム」と注文すると、ミックスカオマンガイを作ってくれます。

なお、大盛りが良ければ「カオマンガイビセー」と言いましょう。

また、血の塊を最後に乗せるので、乗せてほしくない時は「マイサイ ルアット」という言葉も、忘れずに付け加えましょう。

【タイ旅行者必見】意外と知らない人が多い、カオマンガイが食べられる屋台の見分け方と、揚げ鳥カオマンガイやミックスカオマンガイの注文方法を、どこよりも詳しく説明してみた
日本人が大好きなタイ料理の一つがカオマンガイです。漢字で書くと「海南鶏飯」と書くようですが、中国南部で誕生したものがタイに渡ってきて、今では代表的なタイ料理...

 

注文してから、鳥をカットしてくれます。

手際よくカットしているのを見ると、毎回、よく手を切らないなと思ってしまいます。

出来上がる前に、自分でカオマンガイにかけるタレを容器に入れましょう。

一般的には、揚げ鳥カオマンガイにはチリソース(上の写真ではボトルの左側)、茹で鳥にはショウガが効いた特タレ(上の写真では一番大きな四角い器)をかけます。

チリソースはどこの店も一緒ですが、ショウガが効いたタレは、お店によって全く違います。

このタレが美味しいかどうかが、カオマンガイの味を大きく左右します。

そして、ついに完成。

シューシーな鶏肉と絶妙なタレが相まって、もう止まらない美味しさです。

「ラーン・ガイトーン・プラトゥーナム」本店で食べるのに比べると、料金は2倍以上しますが、それでも100バーツ程度です。

行列に並んだり、ハエが飛び交う中食べたり、暑い中歩いていくことを考えたら、観光客の方は特にイータイで食べる事をおすすめします。

イータイのカオニャオマムアンもおすすめ

観光客の方に是非チャレンジしてほしいメニューの一つが、「カオニャオマムアン」です。

マムアンとはマンゴーの事です。

日本では高級な果物の代名詞のようなマンゴーですが、タイではマンゴーが安く、タラートだと4個で100円とかで買えてしまいます。

そして、「カオニャオマムアン」とは、ココナッツミルク、砂糖、塩で炊いたもち米にマンゴーを添えた、タイでは定番のメニューです。

ココナッツミルクを、もち米とマンゴーにかけて、一緒に食べます。

日本でも甘いお餅を食べるので、日本人の好きな味だと思います。

日本では食べる事のできないスィーツなので、イータイに来た時にはデザート代わりに是非オーダーしてみてください。

タラートイータイはタイ土産も充実

イータイ(Eathai)と同じフロアには、タイの果物やタイ土産として喜ばれそうなものが、販売されている「タラートイータイ」があります。

日本では見たことがないような果物も、多く売られています。

タイ土産として、我が家イチオシのハチミツも売られています。

高級デパートの割には、リーズナブルな価格なものが多いので、ここでタイ土産を揃えることもできるでしょう。

コアラのマーチマンゴー味も売っています

タイ限定で販売されている、コアラのマーチ「マンゴー味」。

タイでもなかなか売っているのを見かけることがない、レア商品のひとつですが、ここにはたくさん売られています。

定価99バーツのものが、私たちが行ったときは89バーツにディスカウントされていました。

箱の中で7袋に小分けされているので、バラマキ用のお土産にちょうどよい商品でしょう。

まとめ

今回は、BTSチットロムとBTSプルンチット直結の、セントラルエンパシーを紹介しました。

特に、地下のフードコート「イータイ」(Eathai)は、他のフードコートよりは高いですが、タイ各地の料理や、バンコクの人気の屋台のメニューを、清潔な環境で食べられるおすすめの場所です。

どこで食べるか迷ったときには、是非行ってみてください。

The following two tabs change content below.
ジョニー

ジョニー

北海道とタイが大好きで、行ったり来たりしているアラフォー男子で、妻と二人暮らし。
フリーランスの整体師で、いずれタイマッサージも極めてみたいと思っている。
夫婦とも、美味しいものとお酒が大好きで、スマホのアルバムも気づけば食べ物の写真ばかり。コスパが良いものにも目がない。

アドセンスPC用

アドセンスPC用

当サイトおすすめ記事ベスト5

1

私が2017年上半期に買ったものの中で、最も良かったものは間違いなく「FireTVstick」です。 初めて聞く方も多いかもしれません。 こんな感じのやつです。 今回は、我が家が惚れ込んでいる「Fir ...

2

パソコンを選ぶとき、皆さんはどんなことを重視されるでしょうか。 有名メーカーがいいとか、とにかく安い方がよい、購入後のサポートが手厚い方がよい…など、人によってパソコン購入時に重視するポイントは異なり ...

3

昨年始めに契約して以来、我が家になくてはならないサービスになっているのが、Amazonプライムです。 元々、上記バナーにあるように、Amazonプライム会員だと、日時指定やお急ぎ便が無料、という認識し ...

4

2016年年末のこんなツイートを、ニュースなどでご覧になった方もいらっしゃるかもしれません。 水曜日のカンパネラのケンモチヒデフミさんのツイートです。 アメリカは高額医療で有名ですが、手術したらこんな ...

5

今は、海外旅行に行くときの保険は、クレジットカード会社付帯のもので十分に賄える、良い時代になりました。 ただ、いざ海外で病院にかかると、日本では考えられない額の請求が来るので、いくつかのカードの保険を ...

-タイ知恵袋, バンコク

Copyright© ジョニーさんは北海道タイ間をパイパイマーマー , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.